海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    the-ball-488700_640

    1: Egg ★ 2020/03/30(月) 09:13:21.23
    新型コロナウイルスの感染拡大で中断しているサッカーの欧州各国リーグが、シーズン終了を待たずに打ち切りになる恐れが出てきた。欧州連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長(52)が、今季日程を消化できない可能性があるとイタリア紙「レプブリカ」に語った。28日(日本時間29日)、ロイター通信が伝えた。

    各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。UEFAのチェフェリン会長が衝撃的な発言をした。

    「おそらくシーズンは失われる…」

    各国リーグの打ち切りを示唆したのだ。欧州では3月に入り、最高峰のチャンピオンズリーグ(CL)をはじめとして軒並み中断。再開時期は5月中旬、6月、6月末の3案が示されているが、実現しなければシーズン終了もやむを得ないと判断。無観客試合については「他に選択肢がなければ、シーズンを終わらせることを優先すべきだ」と、実施の可能性を否定しなかった。

    イングランド・プレミアリーグで日本代表MF南野拓実(25)が所属するリバプールは首位を独走。勝ち点82で2位のマンチェスター・シティーに25差を付け、リーグ制覇をほぼ手中(あと2勝)にしている。ただ、打ち切りとなればこのまま順位が確定するのか、リーグ戦が不成立になるのか、現状では決まっていないという。

    フランスリーグもパリ・サンジェルマンが2位に勝ち点12差と突き放す。スペインリーグは首位バルセロナと2位レアル・マドリードが同2差と激しい争いを演じている。上位だけでなく、各リーグの残留争いも過酷だ。現時点で順位が確定すると、不満が噴出することは避けられない。

    欧州CLは3月11日に準々決勝進出4チームが決定。しかし、残る4チームを決める17、18日の決勝トーナメント1回戦から中断した。欧州リーグも同2回戦の途中で中断。A代表が争う欧州選手権も1年延期が決まっている。

    「各リーグとクラブにとって最善策を見つけたい」。チェフェリン会長は具体的な答えを示すことができなかった。

    3/30(月) 7:00配信 サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000005-sanspo-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/29(日) 22:49:50.28
    スペイン2部デポルティポでプレーする日本代表MF柴崎岳が29日、自身のブログを更新し、新型コロナウイルスの感染拡大について「スペインでの光景、状況を日本で繰り返さないために、今一度本当に危ないんだと危機感を持って下さい」と訴えた。

    すでに28日に動画でのメッセージを発信していた柴崎だが、この日はブログでスペインの現状について言及。「コロナウイルスは一国の問題ではなくなっています。
    世界や僕がいるスペインの状況を見て、近い将来、今見ているこのひどい光景が日本にも訪れるかもしれないと思うと背筋が凍ります。

    日本で、たかが数十人亡くなったと思っている人は自分の知らない誰かが亡くなったとしか思えず、危機感を持てないのも無理はないかもしれません。
    ですが数日後、また数百人、数千人、数万人となった時にはもうすでに遅いです。まだ入り口の段階だからこそ、食い止めなければ歯止めをかける事は難しいと思います」と書きつづり、自宅待機の重要性を説いた。

    3/29(日) 19:47配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-03290124-sph-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/30(月) 08:00:50.80
    イタリア代表MFザニオーロらとともに“期待の若手”として海外も注目
    no title
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、世界最高峰のリーグと言われるリーガ・エスパニョーラ挑戦1年目で24試合に出場して3得点2アシストと及第点の結果を残している。シーズン終了後には、保有権を持つ名門レアル・マドリード復帰やレアル・ソシエダへの再レンタルが囁かれるが、英メディアは久保を21歳以下のトップタレントの1人として紹介している。

    【動画】「ドリブルの魔法使い」と英紙称賛 華麗ターンにダブルタッチ…マジョルカ久保建英が今季見せたTOP5スキル

    「まだ耳にしていない、クラブが契約すべきヨーロッパの21歳以下のタレントTOP5」

    このように特集したのは、英紙「デイリー・スター」だった。記事では、「欧州5大リーグの20歳以下で1000分以上プレーした選手は46人いる。そのなかには、あまり世に知られていない宝石がいくつかある」と言及。デヤン・クルゼフスキ(パルマ/スウェーデン代表MF/19歳)、ドゥシャン・ヴラホビッチ(フィオレンティーナ/U-21セルビア代表FW/20歳)、ラファエル・レオン(ACミラン/U-21ポルトガル代表FW/20歳)、ニコロ・ザニオーロ(ローマ/イタリア代表MF/20歳)とともに18歳の久保に触れた。

    2019年夏に名門レアルと契約した久保は、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチ要員に降格するも再びスタメンの座をつかみ、ここまでリーグ戦24試合で3得点2アシストをマークしている。

    「クボはまだ18歳だが、すでに日本代表として7キャップを刻んでいる。レアル・マドリードは昨夏に彼をFC東京から獲得し、マジョルカへローンに出ている。端的に言えば、彼はドリブルの魔法使いだ。90分ごとのドリブル成功数は6.54回。欧州5大リーグでこれ以上の数値を残しているのは13人だけだ。ゴールに絡む成績(3得点2アシスト)は向上させる必要があるが、一度ボールを受け取ったらファンを確実に興奮させる」

    “ドリブルの使い手”として海外でも注目を集める久保。スペインリーグは新型コロナウイルスの影響でシーズンを無期限で中断しているが、再びピッチで躍動する久保の姿をファンは心待ちにしている

    3/29(日) 19:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00254196-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/29(日) 23:14:31.22
    レアル・マドリードからマジョルカにレンタル移籍中の日本代表MF久保建英が、スペイン『アス』が選ぶ来季のマドリー予想スタメンに選出された。

    現在18歳の久保は昨年6月にFC東京からマドリーに移籍。マドリー・カスティージャ(Bチーム)に登録されたが、同年8月にマジョルカにレンタル移籍となった。久保は今季マジョルカで公式戦25試合に出場し、3得点3アシストを記録している。

    同紙は「ベルナベウを興奮させるポテンシャルイレブン」と題し、来季のスターティングメンバー11人を予想。レアル・ソシエダにレンタル中のMFマルティン・ウーデゴーやセビージャにレンタル中のDFセルヒオ・レギロン、ドルトムントにレンタル中のDFアクラフ・ハキミらとともに選出されている。

    1年程度の延期となった東京五輪への出場、さらにはA代表での今後の活躍にも期待がかかる久保。来季はマドリーの選手としてジネディーヌ・ジダン監督の下でプレーすることになるのだろうか。

    『アス』が選出した来季のマドリー予想スタメン(4-3-3)は以下の通り。

    ▽GK
    ティボー・クルトワ
    ▽DF
    セルヒオ・レギロン
    ラファエル・ヴァラン
    セルヒオ・ラモス
    アクラフ・ハキミ
    ▽MF
    マルティン・ウーデゴー
    カゼミーロ
    久保建英
    ▽FW
    ロドリゴ・ゴエス or ヴィニシウス・ジュニオール
    カリム・ベンゼマ
    マルコ・アセンシオ

    3/29(日) 20:45配信
    20200324_kubo_getty-560x373
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00368812-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/03/29(日) 23:03:36.08
    ソン・フンミンやパク・チソンらに加えて香川と中田が選出
     
    新型コロナウイルスの影響で各国リーグが中断されるなか、スペインサッカーメディア「fichajes.net」は「サッカーはないが、歴史はたくさんある」として「アジアサッカー史上最も重要な5人の選手」を紹介。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを筆頭に、日本代表MF香川真司(サラゴサ)や元日本代表MF中田英寿らが取り上げられている。

    日本の「小さな魔法使い」――香川真司が決めた伝説の「凄絶ループ」弾

    最初に取り上げられているのは、トッテナムのソン・フンミンだ。「27歳にして世界で最も価値のある選手の1人」と紹介されているアタッカーは、ここまでハンブルガーSVやレバークーゼン、トッテナムで活躍。3度のAFCアジア年間国際最優秀選手を受賞するなど、アジア最高の選手の1人と言っていいだろう。年齢的にもさらなる活躍が期待されており、これからどんな記録を作り出していくかが楽しみだ。

    その他には、イランサッカー界のレジェンドで国際試合149試合109ゴールを記録した元イラン代表FWアリ・ダエイ、マンチェスター・ユナイテッドで205試合に出場した元韓国代表MFパク・チソンが入っている。

    日本からは2人。「アジア人選手史上最高の成績を残している」と紹介された香川は、ドルトムントやユナイテッド、ベジクタシュなどで活躍。ドルトムント時代には現リバプールのユルゲン・クロップ監督の下でプレーし、多くのタイトル獲得に貢献している。また最後には、イタリアを中心にイングランドでも活躍した中田の名前も。「FIFA史上最高の100人の選手の歴史の中に日本人選手としては唯一、名前を残している」として、史上最も重要な5人の1人に名を連ねた。

    現役でプレーしているのはソン・フンミンと香川のみ。この5人に食い込んでくる次なるアジア人選手は誰なのだろうか。

    3/28(土) 6:45配信
    2020-03-30_00h40_30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200328-00253611-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ