海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 12:02:13.22 ID:CAP_USER9.net
    「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に元サッカー日本代表の久保竜彦が出演。日本代表として活躍したストライカーが、アウトな発言を連発していた。

    「試合後のインタビューにやる気がない、“アウト”な元サッカー日本代表」として紹介された久保竜彦。実際に当時のインタビュー映像を見てみると、

    「ん~あんま分かんないっス」

    「あ、しんどかったです。キツかった」

    「うれしいです。とってもうれしいです」

    と、やる気のないように見える受け応えばかりだった。

    理由を尋ねられると、「早く(ビールを)飲みたいっていうのが…」と正直に告白。

    「(頭の中が)ビールビールってなってるから多分質問も聞いてなかったと思う」と続け、マツコ・デラックスも「聞いてなかったのね」と苦笑い。

    矢部も「すごいな」と感心していると、山里亮太(南海キャンディーズ)が「いや、すごくないっしょ!!!」と反論するも、久保は「まぁでもカラッカラっすからね」と応じ、山里を黙らせていた。

    その後話題は、日本代表が嫌で嘘をついていた話に。

    「最初のころは、足痛いとか熱がありそうとか」と、言い訳して辞退しようとしていたことを恥ずかしそうに告白。

    その後、「ジーコ監督の時は呼ばれたら行ってたし、頑張ったし、監督の好き嫌いはありますね」と発言し、マツコが「はっきり言っちゃえばトルシエ監督が嫌いだったんでしょ?」とツッコミを入れた。

    久保もハッキリと「そうですね(笑)」と答え、スタジオは爆笑に包まれた。

    次回は3月2日(木)、ゲストは奥田瑛二。
    2017-02-24_12h35_31
    ザテレビジョン 2/24(金) 11:15配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00000036-the_tv-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 10:41:02.24 ID:CAP_USER9.net
    クラブは日本人ファンを意識、キックオフ時間を現地午前11時に変更の動き

    テネリフェのMF柴崎岳は心身の不調から立ち直りつつあり、いよいよトレーニング復帰への道筋が見えるところまでたどり着いた。クラブは“柴崎効果”を最大限に享受するため、日本で視聴しやすい時間に合わせる形で、公式戦のキックオフ時間を午前中に変更しようとする動きがあると、地元ラジオ局「ラジオ・マルカ」が報じている。

    柴崎は現地時間24日、“個人的な事情”によって旅立ったバルセロナから帰還後、トレーニング場へと顔を出した。練習復帰への道筋が見えつつあるなか、クラブは柴崎の公式戦デビューに備えて着々と準備を進めているという。それは所属するリーガ2部の、公式戦キックオフ時間の変更だ。

    テネリフェの本拠地カナリア諸島と日本の時差は9時間、3月以降に迎えるサマータイムでも8時間の差がある。そのためスペインで午後のキックオフとなると、日本時間では深夜のキックオフとなる。

    できる限り視聴者を増やしたいと考えているテネリフェ側は、キックオフ時間をなんと午前11時にできないかと考えている模様だ。

    もし午前11時にキックオフした場合、日本では午後8時、サマータイムになると午後7時に試合を観戦することができる。そうすれば日本人サッカーファンを、多く取り込めるとの目論見があるようだ。

    アジアでの放映権を意識して、近年はスペインでも“ランチタイム・キックオフ”が広まりつつあるが、午前中にキックオフとなれば異例のことになるのは間違いない。

    Football ZONE web 2/24(金) 9:50配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010003-soccermzw-socc

    写真


    続きを読む

    jle16122119060015-p1

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 08:49:39.26 ID:CAP_USER9.net
    サッカーJ1が、25日に開幕する。芸能界きってのサッカー通として知られる、歌手でタレントの小柳ルミ子(64)が、人生で初めての順位予想に挑戦した。昨年12月のサンケイスポーツ大型企画「極(きわみ)対談」で意気投合した浦和の日本代表DF槙野智章(29)ら、小柳自身が“サカ友”と呼ぶサッカー界との幅広い交友を踏まえ、新シーズンの行方を占った。

     --いよいよJ1があす開幕する。国内外あわせ、年間2190試合も見るという小柳さんが注目するチームは

    「“サカ友”でもある篠田監督が率いるFC東京が気になりますね。FW大久保嘉人選手ら新戦力が加入し、昨季とはまったく違う顔ぶれ。その選手たちをリオデジャネイロ五輪日本代表のMF中島翔哉選手がいかに操れるのか。どこまで順調にチームづくりが進んでいるのか。直接監督に探りを入れてみます(笑)」

     --“サカ友”といえば浦和のDF槙野も気になるのでは

    「昨年末に対談をさせてもらって以降、頻繁に連絡を取り合っています。この冬の沖縄合宿のときにメールしたら『ルミ子さん、つらいです』と返ってきましたが、頑張っているようでした。昨年のクラブW杯のときも『(Jリーグで逆転優勝を許した)鹿島の試合は見ない』と悔しさをあらわにしており、昨季の雪辱に燃えています。槙野選手、そして浦和も楽しみですね」

     --昨季J1王者の鹿島は

    「本当に強いと思います。昨年のシーズン途中に進退問題が浮上した石井監督と、出席した年末のJリーグ表彰式で話す機会がありました。物腰の柔らかな印象を受けましたが、その目からは力強さを感じました。困難を乗り越え、指揮官として迷いがない。こういう監督に率いられるチームは、全員が一丸となって戦うことができるんです」

     --注目の選手は

    「鹿島のDF昌子源選手ですね。昨年はリーグ制覇の原動力となり、ひと皮むけた気がします。クラブW杯決勝では、レアル・マドリード(スペイン)を相手に素晴らしい守備をみせてくれました。表彰式で、クリスティアーノ・ロナウドにやられた場面を私が指摘したら『連係ミス。そういうところを修正しなければいけないんです』と反省していました。非常に貪欲で、もっと伸びると思いますし、日本代表のレギュラーに定着してほしいですね」

     --ベテランも頑張っている。昨年は川崎のMF中村憲剛が36歳でリーグMVPに輝いた

    「大きな賞を受賞するとモチベーションになります。私も(1971年『わたしの城下町』で)日本レコード大賞最優秀新人賞をいただきましたが、それはスタッフやファン、関係者の力があったからこそ。サッカー選手の場合は仲間の支えもありますが、個人の力も大きい。それが報われたのですから、受賞が励みとなり、さらなる活躍を見せてくると期待しています」

     --開幕戦で気になるカードは

    「もちろん、鹿島-FC東京は見逃すことはできません。ほかに挙げるなら、C大阪-磐田。セビリア(スペイン)から日本代表MF清武弘嗣選手が復帰したC大阪と、横浜Mから加入したMF中村俊輔選手のいる磐田との一戦。かつて日本代表を引っ張った中村選手のプレーから、清武選手も何かを感じ、刺激を受けてほしいんです。3月から再び始まるロシアW杯アジア最終予選では彼の活躍が不可欠。今回の移籍を前向きにとらえ、日の丸を胸に奮起してほしいですね」

     --最後にズバリ。優勝はどこか

    「“サカ友”の存在を抜いて考えると…。やはり鹿島ですね。大型補強をし、何よりも勝負強さが際立ってきました。今年は1シーズン制に戻り、長丁場になりますが、浦和、川崎にも可能性はあり、最終的には昨季同様にこの3チームの優勝争いになると思います」

    サンケイスポーツ 2/24(金) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000023-sanspo-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 08:16:55.42 ID:CAP_USER9.net
    ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが22日と23日に各地で行われた。

    日本人が所属するクラブでは、MF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)が敵地でヘンク(ベルギー)と対戦し、0-1で敗戦。ファーストレグは引き分けていたため、2戦合計2-3で敗退が決定した。なお、先発出場した瀬戸は82分までプレーした。

    DF内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)はPAOK(ギリシャ)とホームでドロー。2戦合計4-1で突破が決定した。内田はベンチ外だった。

    FW久保裕也が所属するヘント(ベルギー)はファーストレグでトッテナム(イングランド)に1-0と勝利。敵地でのセカンドレグは打ち合いとなったが、2-2の引き分けに終わり、ベスト16進出を決めた。なお、今冬加入した久保はELのメンバー登録外となっている。

    その他、マンチェスター・U(イングランド)やローマ(イタリア)の突破が決定。強豪対決となったフィオレンティーナ(イタリア)対ボルシアMG(ドイツ)の一戦はアウェーのボルシアMGが4-2で勝利を収め、逆転でベスト16進出を決めた。

    ELベスト16の組み合わせ抽選は24日に行われる。

    ■EL決勝トーナメント1回戦セカンドレグ結果
    フェネルバフチェ(トルコ) 1-1(合計:1-2) クラスノダール(ロシア)
    リヨン(フランス) 7-1(合計:11-2)  AZ(オランダ)
    フィオレンティーナ(イタリア) 2-4(合計:3-4) ボルシアMG(ドイツ)
    スパルタ・プラハ(チェコ) 1-1(合計:1-5) ロストフ(ロシア)

    トッテナム(イングランド) 2-2(合計:2-3) ヘント(ベルギー)
    オスマンルスポル(トルコ) 0-3(合計:0-3) オリンピアコス(ギリシャ)
    シャフタール(ウクライナ) 0-2(合計:1-2) セルタ(スペイン)
    コペンハーゲン(デンマーク) 0-0(合計:2-1) ルドゴレツ(ブルガリア)

    ヘンク(ベルギー) 1-0(合計:3-2) アストラ(ルーマニア)
    シャルケ(ドイツ) 1-1(合計:4-1)  PAOK(ギリシャ)
    ベジクタシュ(トルコ) 2-1(合計:5-2) ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)
    ローマ(イタリア) 0-1(合計:4-1) ビジャレアル(スペイン)

    サンテティエンヌ(フランス) 0-1(合計:0-4) マンチェスター・U(イングランド)
    ゼニト(ロシア) 3-1(合計:3-3) アンデルレヒト(ベルギー)※アウェーゴールルールによりアンデルレヒトが突破
    アヤックス(オランダ) 1-0(合計:1-0) レギア・ワルシャワ(ポーランド)
    アポエル(キプロス) 2-0(合計:4-3) アスレティック・ビルバオ(スペイン)

    UEFA EL公式サイト 試合詳細
    http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2017/matches/round=2000793/match=2019667/index.html

    ■ELベスト16進出チーム
    <イタリア>
    ローマ
    <イングランド>
    マンチェスター・U
    <スペイン>
    セルタ
    <ドイツ>
    ボルシアMG、シャルケ
    <オランダ>
    アヤックス
    <フランス>
    リヨン
    <ロシア>
    クラスノダール、ロストフ
    <トルコ>
    ベジクタシュ
    <ギリシャ>
    オリンピアコス
    <ベルギー>
    ヘント、ヘンク、アンデルレヒト
    <デンマーク>
    コペンハーゲン
    <キプロス>
    アポエル
    2017-02-24_08h40_58
    SOCCER KING 2/24(金) 8:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00555129-soccerk-socc

    久保裕也所属のヘント、ELベスト16進出! 2戦合計3-2でトッテナム下す
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010003-footballc-socc
    続きを読む

    1:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/24(金) 06:13:44.60 ID:CAP_USER9.net
    スペイン2部のテネリフェに所属する柴崎岳が現地時間23日に練習を再開した。

    午前10時から行われた全体練習には合流しなかったものの、練習場内のジムで汗を流した。チーム練習は1時間半弱で終了し、柴崎は最後までグラウンドに出ることはなかった。

    その後、他の選手も帰途に着く中、クラブスタッフらと代理人のロベルト佃氏を交えて数分間コミュニケーションをとったのち、11時45分ころ練習場をあとにしている。

    柴崎本人は取材に訪れた報道陣の問いかけに無言を貫いたものの、日本から応援にやってきたファンと写真を撮るなどわずかながら笑顔を見せた。

    フットボールチャンネル編集部の取材に応じた代理人のロベルト佃氏は、柴崎の復帰時期について「まだ次も試合があるのでコメントしないようにしている。クラブと話をして徐々に徐々にやっていく」と明言を避けた。

    また、一時期不調の原因ではないかと話題になったホテル暮らしを今後も続けるかについては「とりあえずはそうです」と継続を認めている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010001-footballc-socc



    中央がロザーノ
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ