海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    cd151a02

    1:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:14:56.47 ID:bGJ8DV8x0.net
    こいつ練習しないでバロンドール取ったんか?
    2:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:15:39.21 ID:bGJ8DV8x0.net
    歯茎むき出しのくせに生意気やぞ…

    6:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 07:16:28.53 ID:/AsrGA5s0.net
    クリロナとかメッシがうまいのかもしれないけど
    見て楽しいのはこいつやろ
    続きを読む


    1:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:42:47.56 ID:lvKrBWzG0.net
    あなたが思い浮かべたのはアーセナルですね?

    これがメンタリズムです

    10240082
    2:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:43:38.86 ID:E3/6UIuyr.net
    ミランやけど
    3:風吹けば名無し:2017/12/13(水) 06:44:01.23 ID:jqBb4cum0.net
    >>2
    笑えないんだよなあ
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 06:16:48.29 ID:CAP_USER9.net
    キ・ソンヨンへの吊り目ジェスチャーで…
     
    国際サッカー連盟(FIFA)が12月12日、日本にとっても決して無関係ではないひとつの裁定を下した。コロンビア代表MFで、現在アルゼンチンのボカ・ジュニオルスでプレーするエドウィン・カルドナが対象者だ。
     
    同選手が問題行動を起こしたのは、11月10日に水原ワールドカップ競技場で行なわれたコロンビアvs韓国戦の試合中だ。0-2とリードされて迎えた62分。ハメス・ロドリゲスが相手DFにファウルを冒したのをきっかけに、両チーム入り乱れてのもみ合いとなった。その最中、カルドナは韓国の主将であるキ・ソンヨンに対して両目を吊り上げるジャスチャーを示したのだ。

    まさしく、アジア人の目が細いことを揶揄する人種差別のアクション。韓国国内のみならず世界中からバッシングされ、批判の的となった。試合の翌日、カルドナはすぐさまコロンビア代表チームの公式ツイッター上で動画をアップし、深く陳謝した。
     
    「僕はどんな個人も、国家も、人種も差別するつもりなんてなかった。でも結果的に攻撃されたと感じた、不快に思ったのなら謝りたい。分かってほしいのは、僕はそんなに乱暴な人間ではないということだ。誤解を与えるようなことをしてしまい、本当に申し訳なかった」
     
    あれからおよそ1か月。ついにFIFAが処分内容を公表した。国際Aマッチ・5試合の出場停止と、2万スイスフラン(約228万円)の罰金──。これだけを見るとかなりの厳罰のように感じるが、実はそうでもない。
     
    ミソなのは対象が「公式戦」に限定されたものではなく、広範な「Aマッチ」であるという点。つまりカルドナは年明け以降のコロンビア代表戦で不出場を続け、それが5試合に達すれば、ワールドカップ本大会のピッチにも立てるということだ。
     
    ロシア・ワールドカップでコロンビアは日本と同じグループHに組み込まれ、ポーランド、セネガルと鎬を削る。攻撃的MFの主要メンバーであるカルドナの欠場を回避でき、ホセ・ペケルマン監督もほっと胸をなでおろしていることだろう。

    12/13(水) 5:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00033697-sdigestw-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 06:29:09.71 ID:CAP_USER9.net
    グレミオ 1-0 パチューカ クラブW杯準決勝】

    現地時間12日に行われたクラブW杯準決勝グレミオ対パチューカの一戦は、延長戦の末、1-0でグレミオが勝利した。パチューカのMF本田圭佑はフル出場している。

    試合後、取材に応じた本田圭佑はまさに完全燃焼といった様子だった。

    「悔いはない。初戦からこの南米王者との試合まで3日間しかなかったけど、パチューカは良くやったと思う。実力が足りなかっただけ。むしろ悔しいというよりは、パチューカに感謝している。会長含めて、クラブ関係者に。こういうチャンスをもらえたことがありがたい気持ちでいっぱい。やるべきことはやったし、そういう意味では悔いはない」

    パチューカは南米王者グレミオを追い詰めた。本田にも決定機があり、まさに互角と言っていい戦いだった。本田は「もう少し圧倒されるイメージで入ったが、思った以上に持たせてくれた」と振り返る。

    死闘を演じた要因は何だったのか。

    「向こうも僕らの初戦と同様に硬かった。勝機があるとしたらそこだったと思っていた。こっちはリラックス、向こうは緊張。そこで前半の決めどころで、決めていれば勝つ可能性が数%でも高まった。ただ、パチューカの実力から言えばすべてを出し切ったと言っても過言ではない」

    短い取材だったが、本田の表情からはやり切った満足感が漂っていた。120分の連戦となったが、「子どものころは毎日やっていた。今はアドレナリン出ているから」と疲労もないことを明かした。

    パチューカは16日、3位を懸けてレアル・マドリー対アル・ジャジーラの敗者と対戦する。

    (取材・文:植田路生【アルアイン】)

    12/13(水) 5:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00246464-footballc-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/13(水) 06:31:32.01 ID:CAP_USER9.net
    ブンデスリーガ第16節が12日に行われ、香川真司が所属するドルトムントはマインツと対戦した。

    先発した香川はFKから1点目の起点になると、89分にピエール・エメリク・オーバメヤンとのコンビネーションから2人で相手守備陣を崩してチーム2点目をゲット。香川のリーグ戦3点目でリードを広げた。

    試合はそのまま2-0で終了。ドルトムントはペーター・シュテーガー監督体制初戦で勝利を飾り、第7節以来の勝ち点3を手にした。

    12/13(水) 6:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00683688-soccerk-socc

    写真
    2017-12-13_07h07_09

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ