海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/22(火) 16:30:15.14
    ネイマールは彼の現在のクラブであるパリ・サンジェルマン(PSG)に、『Otro』のインタビューを通じ、力強くはっきりとしたメッセージを送った。

    「私はここにいて幸せです。このクラブの選手であり、プロであり、PSGのために最善を尽くします」と同ブラジル人選手は語った。

    「私は100パーセントのプレーでチームに貢献し、とりわけチャンピオンズリーグで勝つために努力します」と、ネイマールはフランスリーグ王者を狙うべく新たな発言を付け加えた。

    PSGでの試合にて再び出場を果たした後、一ヶ月間負傷に苦しんだネイマール。FCバルセロナのファンとできるだけ早く和解し、同クラブへの帰還を願っていた夏の一件もあったことで、PSGは未だ彼が今夏みせた離脱意思を許していない。

    「私はクラブの気持ちを理解していますが、彼らにも私を理解するように頼みます。どんな仕事をするにしても、満足できない状況であれば、その場から去り、状況を変えようとするものです。それが、私のやりたかったことでした。今はクラブのために最善を尽くします」とネイマールは自身の気持ちを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010009-sportes-socc
    10/22(火) 12:54配信
    no title

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    2019-10-19_10h25_14

    1: [] 2019/10/22(火) 21:59:55.78 BE:971283288-PLT(13000)
    「北朝鮮のホテルでカーテン・窓開けたまま外出、部屋に戻ったら閉められていた」

    北朝鮮でW杯予選出場選手が告白…2年前の女子代表も疑惑提起

    ラフプレー相次ぎサッカーファン激怒「これでも南北五輪やるのか」

    サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア予選のため先日訪朝した韓国代表選手たちから、ホテルの部屋で北朝鮮当局に盗聴されたという話が飛び出した。

    韓国代表チームのDF権敬原(クォン・ギョンウォン、27)=全北現代モータース=は20日、浦項スティーラースと行ったKリーグのホームゲーム直後、記者らに「正直言って盗聴された。不思議な感じがした」と語った。韓国代表チームは14日に平壌順安空港に到着、翌日北朝鮮とW杯アジア2次予選(0-0で引き分け)を行ったが、2泊3日間にわたり平壌市内の高麗ホテルに滞在した。権敬原は「(試合当日の午前)ホテルの部屋でカーテンを開け、窓を開いて外を見ながら話をした。昼食を済ませて戻ってくると、カーテンが開かないようにしっかり止められていて驚いた。(これをきっかけに)同じ部屋だった英権先輩(金英権〈キム・ヨングォン、29〉=ガンバ大阪=)とお互い言葉に気をつけることにした」と語った。  

    ラフプレーに続き、盗聴疑惑まで浮上したことから、ネット上には怒りの声が寄せられている。ポータルサイト「ネイバー」ユーザー約3500人が権敬原のインタビュー記事に「怒っています」というアイコンをクリックした。コメントも1300件以上寄せられている。「これでも(大統領は)南北五輪共催などと言っている」など、北朝鮮や韓国政府への批判が主だ。

    サッカー・コミュニティー・サイト「fmkorea」にも、「これではただの拉致ではないか」「部屋の中でつい変なことを言ってしまったら、すぐに連れて行かれるのは目に見えている状況だ」といった批判コメントが相次いでいる。あるネットユーザーは「来年のホームゲームの時、
     
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/22/2019102280033.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/22 09:51

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/22(火) 20:02:39.80
    10/22(火) 9:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00224726-soccermzw-socc

    19日の広島戦の前半31分、ドウグラスの“技ありシュート”が決まる
    no title


    清水エスパルスのFWドウグラスは19日のJ1第29節のサンフレッチェ広島(1-2)戦で、相手の意表を突く直接FKでゴールを挙げた。壁の下を抜ける技ありの“コロコロFK”は海を渡ったスペインで“逆パネンカ”として話題となっているようだ。

    【動画】「逆パネンカを発明」「天才的な技法」とスペイン紙称賛 清水FWドウグラスの“技ありシュート”が決まった瞬間


    ホームに広島を迎えての一戦、ドウグラスは古巣相手に先制のゴールを奪った。前半31分にゴール正面の位置で獲得したFKで、キッカーを務めたのがドウグラスだ。勢いのある助走から得意の左足を一閃、と見せかけてインサイドキックで丁寧にコースを狙ってシュートを放つと、ボールは壁に入った選手の足元を抜け、そのままゴール左に吸い込まれた。

    強烈な左足のシュートが武器のドウグラスなだけに、このフェイントの効果は絶大だったようだ。そして、スペイン紙「AS」電子版は相手の意表を突くこの技ありシュートに注目。動画を公開し、「天才的な方法」とその技術を称賛している。

    強烈なシュートと見せかけ、ふわりとチップキックで狙う“パネンカ”はスペインでもよく見られるプレーだ。しかし、浮き球ではなくグラウンダーで放ったドウグラスのシュートは斬新な驚きを提供。記事では「逆パネンカを発明」と報じられた。

    このトリックプレーで先制した清水だったが、後半に2失点。試合は広島が逆転勝利を収めている。

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/22(火) 19:56:42.29
    レオ・メッシはイギリス紙『The Independent』によって、21世紀最高のフットボーラーに選出された

    メッシはクリスティアーノ・ロナウドを差し置き、21世紀を代表する100人のベストプレーヤー達のランキングトップに立った。

    同ランキングのトップ10にはかつてFCバルセロナのユニフォームに袖を通した選手達が6人も入っている。

    【元バルサの選手一覧】
    チャビ(3位)
    ロナウジーニョ(4位)
    イニエスタ(5位)
    ロナウド(6位)
    アンリ(7位)

    一方、元レアル・マドリーの選手達は5人がランクインした。

    【元マドリーの選手一覧】
    クリスティアーノ・ロナウド(2位)
    ロナウド(6位)
    ジダン(8位)
    カカ(9位)
    カンナバーロ(10位)

    ■TOP10の順番は以下の通り

    1-レオ・メッシ
    2-クリスティアーノ・ロナウド
    3-チャビ・エルナンデス
    4-ロナウジーニョ
    5-アンドレス・イニエスタ

    6-ロナウド
    7-ティエリ・アンリ
    8-ジネディーヌ・ジダン
    9-カカ
    10-ファビオ・カンナバーロ

    10/22(火) 11:29配信 スポルト
    2019-10-22_20h39_47
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010006-sportes-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/10/22(火) 18:00:31.94
    「一番深刻」な可能性も

    ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属のFW宮市亮は、21日の練習を欠席したようだ。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』や『NDR』が報じている。

    19日に行われたブンデスリーガ2部第10節でダルムシュタットをホームに迎え、0-1と7試合ぶりに黒星を喫したザンクト・パウリ。この一戦にフル出場した宮市だが、どうやら試合中にひざに打撲を負い、痛みを訴えていたようだ。

    『ハンブルガー・モルゲンポスト』によれば、宮市は21日の練習を欠席し、検査を受けたという。また、『NDR』ではDFジェームス・ローレンスやセバスティアン・オルソンも練習参加が見送られたが、そのなか「一番深刻なのはミヤイチかもしれない」と離脱が懸念されている。

    アーセナルからの加入後、両ひざの十字じん帯を断裂するなど度重なる重傷を経験してきた宮市だが、ヨス・ルフカイ監督の下での今シーズンはこれまでの公式戦11試合すべてにフル出場を果たしている。27日のハイデンハイムとのアウェーマッチまでに回復できるのだろうか。

    10/22(火) 17:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010023-goal-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ