海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Egg ★ 2019/06/16(日) 09:29:19.71
    スペイン1部の名門レアル・マドリードへの完全移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)が、参加している南米選手権に集中する姿勢を強調した。移籍発表後、現地での練習後に初めて取材に対応。日本人史上初となるビッグクラブ挑戦を控える中、あくまで大会初戦のチリ戦(日本時間18日)での勝利に全力を注ぐことを誓った。

    久保のRマドリード入りを、海外メディアも大きく報じた。

    ◆スペイン紙アス 「久保は18歳にしてバルセロナとRマドリード両方のクラブに在籍したことを誇れる」

    ◆スペイン紙マルカ 「Rマドリードが『日本の真珠』久保をバルセロナから強奪。久保は銀河系を手に入れた」

    ◆英BBC放送(電子版) 「世界で最も有望な若手の1人」

    ◆英紙サン 「東京の『天才』久保が南米選手権の注目選手に」

    ◆FOXスポーツ(イタリア語版) 「Rマドリードもついに『ノミ』を手に入れた」(※小さくて素早い選手として“ノミ”に例えられたメッシの愛称を引用して紹介
    続きを読む

    DiQc_DCXkAAPBHT

    1: 風吹けば名無し 2019/06/16(日) 09:42:38.92
    【GK】
    川島永嗣(36.ストラスブール🇫🇷)
    小島亨介(22.大分トリニータ)
    大迫敬介(19.サンフレッチェ広島)
    【DF】
    冨安健洋(20.ボローニャ🇮🇹)
    植田直通(24.ブルッヘ🇧🇪)
    立田悠悟(20.清水エスパルス)
    板倉滉(22.フローニンゲン🇳🇱)
    原輝綺(20.サガン鳥栖)
    岩田智輝(22.大分トリニータ)
    杉岡大暉(20.湘南ベルマーレ)
    菅大輝(20.北海道コンサドーレ札幌)
    【MF】
    柴崎岳(27.ヘタフェ🇪🇸)
    中山雄太(22.ズヴォレ🇳🇱)
    松本泰志(20.サンフレッチェ広島)
    渡辺皓太(20.東京ヴェルディ)
    久保建英(18.レアル・マドリード🇪🇸)
    三好康児(22.横浜F・マリノス)
    中島翔哉(24.アルドゥハイル🇶🇦)
    伊藤達哉(21.ハンブルガーSV🇩🇪)
    安部裕葵(20.鹿島アントラーズ)
    【FW】
    岡崎慎司(33.レスター・シティ🇬🇧)
    前田大然(21.松本山雅FC)
    上田綺世(20.法政大学)

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/16(日) 00:04:53.96
    FC東京からレアル・マドリードへの移籍が決まった日本代表の久保建英(18)がFC東京を通じてコメントを発表した。全文は次の通り。

    FC東京のファン・サポーターのみなさま、このたび、レアル・マドリードに移籍することになりました。チームが首位をキープしている中、シーズンの途中でチームを離れることは難しい決断でした。ただ、自分で決めた以上は悔いのないよう、責任を持ってしっかりサッカーと向き合いたいと思います。

    日本に帰ってきてから今まで、いろいろなことがありましたが、自分を成長させてくれたFC東京に関わるみなさんには、感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。

    これから先は何が起こるかわかりませんし、不安も少なからずありますが、FC東京で培ってきたもの、そして歩んできた日々が、自分の自信となり背中を押してくれると信じています。

    これからは、FC東京の久保建英ではなくなりますが、一人のサッカー選手として、温かく見守っていただけるとうれしいです。
    2019-06-16_09h36_09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000103-mai-socc
    6/15(土) 23:47配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/16(日) 09:01:26.62
    ■アルゼンチン0-2コロンビア

    後半26分 ロヘル マルティネス
    後半41分 ドゥバン サパタ

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019061525

    [6.15 コパ・アメリカ アルゼンチン0-2コロンビア]

    コパ・アメリカ(南米選手権)は15日、グループリーグ第1節が行われ、B組のアルゼンチン代表とコロンビア代表が対戦。強豪国同士の一戦は、2-0でコロンビアが勝った。

    今大会屈指の好カード。アルゼンチンはFWリオネル・メッシとFWセルヒオ・アグエロ、MFアンヘル・ディ・マリア、DFニコラス・オタメンディらが先発。対するコロンビアはMFハメス・ロドリゲスとFWラダメル・ファルカオ、MFファン・クアドラード、GKダビド・オスピナらが先発に名を連ねた。

    コロンビアは前半9分にアクシデント発生。FWルイス・ムリエルが負傷し、MFロヘル・マルティネスとの交代を余儀なくされた。前半はスコアレスに終わったが、球際でのバトル、シュートシーンでの身体を張ったブロックやカバーなど、互いに気持ちの入ったプレーが目立った。

    アルゼンチンはハーフタイムでディ・マリアに代え、MFロドリゴ・デ・パウルをピッチに送り込む。押し気味に試合を進めるアルゼンチンは、後半21分にPA左からアグエロが上げたクロスをオタメンディがヘディングシュート。しっかり叩きつけたボールはGKオスピナのファインセーブに阻まれ、こぼれ球に反応したメッシがヘッドで狙ったが惜しくもゴール右に外れた。

    ピンチを耐え凌いだコロンビアは後半に入って、なかなかシュートを打てずにいた。それでも26分、ハーフェーライン付近からハメスが左サイドへロングパスを送り、R・マルティネスが中央へカットインして右足を一閃。華麗なステップワークから放たれたシュートはゴール右隅に突き刺さり、均衡を破った。

    アルゼンチンは後半34分、アグエロを下げてFWマティアス・スアレスを入れ、交代カードを使い切った。しかし、コロンビアが突き放す。41分、左サイドでR・マルティネスを追い越したMFジェフェルソン・レルマがパスを受けてクロスを入れると、中央に走り込んだFWドゥバン・サパタが合わせて2-0。途中出場の3人が絡んでリードを広げた。

    試合はそのまま2-0でタイムアップ。コロンビアが最高の形で初戦を制した。なお、第2節は20日に行われ、コロンビアはカタール、アルゼンチンはパラグアイと対戦する

    6/16(日) 8:59配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-43468268-gekisaka-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ