海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1:砂漠のマスカレード ★:2018/08/16(木) 15:37:34.05 ID:CAP_USER9.net
    FC東京から横浜Mに期限付き移籍したU-19日本代表FW久保建英(17)が16日、横浜市の日産スタジアムで入団会見を行った。

    FC東京への感謝も述べつつ、新天地では「チームの一員として少しでも順位を上げられるように頑張るしかないと思います」と抱負を語った。

    【以下、会見の主な一問一答】

    -移籍を決めた理由は。

    「自分としてはチーム(F東京)が非常にいい成績を残している中で新たなチャレンジをしたいと思って決断しました」

    -FC東京に対してはどのような思いか。

    「自分の成長を考えてくれて送りだしてくれたことに非常に感謝しています」

    -今年のマリノスの戦術的な部分の印象と自分がプレーするイメージは。

    「すごく攻撃的で、いいチームだなと思っています。割と他のチームと比べてもボールを保持する時間が長く、ポゼッションという部分も上回っていて、バランスも取れていてなおかつ攻撃型ですごくいいチームだなと思っています」

    -どこで勝負したいか。

    「監督が求めているポジションであれば、どこでもやるつもりでいますし、自分はアタッカーなので前目の方、シャドーだったりウイングだったり、どこでもできるように」

    -順位的に厳しいところにいるが。

    「チームの一員として少しでも順位を上げられるように頑張るしかないと思います」

    -リーグ戦初ゴールへの思いは。

    「決められるんだったら早く決めたい。だれでもそうだと思うんですけど」

    -W杯に帯同して刺激を受けたと思うが4年後は。

    「今ここでW杯の話をしてもしようがないと思うので、今はマリノスのために少しでも勝利に貢献できる選手になりたいと思います」

    -18歳になる来年にバルセロナに復帰するという報道もあるが。

    「いまはマリノスのために少しでも勝利に貢献できる選手になりたいと考えています」

    -イニエスタ選手が活躍しているが。

    「ああいった有名な選手が入ったことでJリーグの注目度も上がってきていると思っていますし、そういうアプローチも大切だなと思っているので、いい刺激になるんじゃないかと思います」

    -8月26日にはイニエスタとの直接対決もありますが

    「それまでにチーム内での競争があると思うんですけど、そこで負けないように頑張ってチャンスをもらえれば、相手がどこであろうとチームのためにプレーするだけなので、相手がだれだとか彼だとかは考えている余裕もないので」

    -背番号15はFC東京と一緒だが。

    「自分は15番が好きって言うのがありますけど」

    -理由は?

    「特にないですけど、何で好きなの?と聞かれて答えられるわけではないですが(笑)」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000069-dal-socc
    8/16(木) 15:03配信

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/08/16(木) 13:37:41.11 ID:CAP_USER9.net
    スペイン、ドイツ以外のメディアも動画と共に報道

    J1リーグ第22節が15日に開催され、ヴィッセル神戸は首位のサンフレッチェ広島と対戦。先制を許すも、アンドレス・イニエスタが”値千金”の2試合連続ゴールを決め、試合は1-1で引き分けた。

    【動画】イニエスタがまたもゴラッソ!鮮烈ミドルで2試合連続弾

    イニエスタにとっては前節に続く連続ゴール、しかも細かいステップとフェイントでDFを置き去りにして放ったミドルシュートの質の高さが、世界中で称賛されている。

    まずこの一報は、いち早く彼の母国であるスペインにも伝わり、複数のメディアが、元代表MFの活躍を大々的に報じた。

    スペイン紙『Mundo Deportivo』は、「神戸のイニエスタは、この1週間で2つの優秀なゴールを決め、契約を十分に果たしているようだ。まず、土曜日に最初のゴールを決め、水曜日は広島との試合で1-1の引き分けに持ち込むゴールを決めた」と、神戸の公式アカウントが投稿したゴール動画を引用して報道した。

    スペインの全国紙『Marca』は「イニエスタが日本でスタンフォードブリッジのゴールを再現」と銘打ち、「このゴールは、2009年にスタンフォードブリッジでのチェルシー戦でみせた、有名なゴールを連想させた」と、2008-09シーズンのチャンピオンズ・リーグでバルセロナが決勝進出を決定付けた試合を引き合いに、絶賛している。

    同じく全国紙の『AS』も、 「イニエスタッソが日本に上陸!」と報じた。“イニエスタッソ”とは、彼が決めるスーパーゴールに対する愛称で、「先週末に相手を粉砕し、この水曜日も相手を粉々にしてしまった」と綴った。

    また、連続ゴールの立役者であるルーカス・ポドルスキの母国、ドイツのタブロイド紙『Bild』は、「ポルディが、イニエスタの夢のゴールをサポートした!」と神戸の“ホットライン”を称賛している。

    加えて、イングランド紙『Daily Mail』は「バルセロナの伝説、イニエスタのゴールが神戸を救い、リーグ首位の広島に引き分けた」と大々的に報じた。

    欧州を中心に、世界のメディアもイニエスタ、ポドルスキの活躍に注目している。そして特筆すべきは、彼らの活躍とともに、神戸や広島というチームも世界に広く知れ渡ったことだ。ふたりのW杯優勝経験者の存在は、Jリーグが世界に認識されることにも大きく役立っているのだ。
    2018-08-16_14h41_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00045739-sdigestw-socc
    続きを読む

    1:豆がーる ★:2018/08/16(木) 10:03:23.67 ID:CAP_USER9.net
    J1のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現役引退後には古巣バルセロナに戻ることになるようだ。バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が明らかにした。

    イニエスタは12歳の時にバルサの下部組織に加入し、その後トップチームへ昇格。バルサ一筋のキャリアを歩み、クラブの象徴的存在の一人となったが、昨季終了後に22年間在籍したクラブを離れて日本へ移籍することになった。

    現在34歳のイニエスタは、神戸と3年契約を結んだと言われている。その契約期間以降まで現役を続行するかどうかは現時点では未定だが、引退後にはバルサで何らかの役職に就くことが予定されているという。

    バルトメウ会長がクラブ会員との会合で述べたコメントを、スペイン『カデナ・セール』などが伝えている。「(バルサでの)選手としての時期は終えたが、戻ってきて別の仕事をすることになる。すでに彼とそういう話はしている」と会長は語った。

    先週末のジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールを決めたイニエスタは、15日に行われたサンフレッチェ広島戦でも2試合連続ゴールを記録。スパイクを脱いでバルサへ戻る前に、まだまだ日本と世界のサッカーファンを楽しませてくれそうだ。



    https://www.footballchannel.jp/2018/08/15/post285551/
    続きを読む

    1:豆がーる ★:2018/08/16(木) 09:44:17.39 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがトレーニング中に膝を負傷し、戦線離脱となりそうだ。離脱期間は2カ月から最大4カ月にもなる見込みだという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    デ・ブライネは現地時間15日の午前中の練習で右膝をひねってしまったという。詳細については検査結果を待っている状況だが、長期離脱の可能性も出てきた。

    ベルギー代表としてロシア・ワールドカップに出場し、3位決定戦まで戦ったデ・ブライネ。長めの休暇を取り、先週ようやくチームに合流。12日に行われたアーセナルとのプレミアリーグ開幕戦(2-0)はベンチスタートで、後半15分から途中出場していた。

    27歳の攻撃的MFは昨季にプレミアリーグで37試合8得点16アシストを記録。リーグ新記録である勝ち点100での優勝に大きく貢献し、自身も「年間最優秀プレーメーカー」に選出された。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティの中心に君臨した。

    開幕戦でアーセナルを下して絶好のスタートを切ったシティだが、次節の本拠地ハダースフィールド・タウン戦以降、敵地ウォルバーハンプトン戦、本拠地ニューカッスル戦などは、絶対的司令塔を欠いて戦わなければならない可能性がある。(Football ZONE web編集部)

    https://article.auone.jp/detail/1/6/11/93_11_r_20180816_1534379641835006

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/08/16(木) 09:08:15.84 ID:CAP_USER9.net
    ハノーファーに所属するFW浅野拓磨の評価が急上昇しているようだ。

    現地時間10日、浅野はリーガエスパニョーラの強豪アスレティック・ビルバオ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた。今季シュツットガルトから加入した23歳は練習試合7試合で6ゴールを挙げる活躍を見せている。

    そんな浅野に対しアンドレ・ブライテンライター監督は「タクマは色々な攻撃的ポジションをこなせる選手だ。スピードがあり判断力にも優れている。またメンタルもタフである」と高評価を与えている。

    今季のハノーファーは2トップを採用すると見られている。ニクラス・ヒュルクルクはスタメンの座をほぼ手中にしているなか、もう一つの椅子を浅野とハンブルガーSVからレンタルで加入してきたボビー・ウッドが争う形になっている。

    15日付けの独メディア『ラッテンクロイツ』では浅野の走力、運動量、そしてゴールへの意欲がウッドを上回っているとしている。

    ハノーファーは19日にDFBポカール(ドイツ杯)初戦を戦い、25日にはブンデスリーガ開幕戦で日本代表のFW大迫勇也の所属するブレーメンと対戦する。昨季の浅野はシュトゥットガルトでわずか718分の出場時間に終わりロシアワールドカップも選出されなかった。そんな男が今季どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

    8/16(木) 8:20 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00285557-footballc-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ