海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    242520fa

    1:名無し募集中。。。:2017/11/23(木) 12:11:19.04 ID:0.net
    ジダン
    ロナウド
    ラウール
    オーウェン
    デルピエロ
    トッティ
    ベッカム
    リバウド
    リケルメ
    ロナウジーニョ
    カカー
    フィーゴ
    ルイコスタ
    シェフチェンコ
    ヴィエリ
    アンリ
    ネスタ
    カンナバーロ
    プジョル
    レコバ
    バラック
    ロベルトカルロス
    バディストゥータ
    クレスポ
    カーン
    ファンニステルローイ
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/11/23(木) 12:00:37.82 ID:CAP_USER9.net
    2017年11月22日 20時0分
    【天才レフティーの思考|No.7】サッカーセンスの見極め方について持論を展開

    天才を知る者は天才である――。

    そんな金言を証明するかのように、日本が誇る希代のファンタジスタは「その人のサッカーセンスは、自主練を見れば分かる」と断言する。J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は、クラブと代表の両方で数多くの選手と共闘し、対峙してきたなかで、サッカーセンスの見極め方について持論を展開した。

    まずは“サッカーセンス”について、中村は一人の選手を例に挙げて語り始めた。

    「例えばトゥーは、相手FWと空中で競り合う時、相手がヘディングする気がないと感じたら、空中でヘディングの体勢から急に胸トラップに切り替える」

    中村が口にした「トゥー」とは、日本代表で長らく共闘した京都サンガF.C.のDF田中マルクス闘莉王その人だ。中村は中盤、闘莉王は最終ラインでプレーし、日本代表を牽引。2010年南アフリカ・ワールドカップのグループリーグ第2戦・オランダ戦では、中村が後半19分から途中出場し、同じピッチに立った。

    互いをよく知る二人だが、中村は闘莉王の機転を利かせたプレーにセンスを感じるという。闘莉王が相手FWと競り合う場面を例に、ヘディングの体勢からでも巧みに胸トラップへ切り替え、ボールを収めたプレーを称賛する。

    機転を利かせたプレーに「一言でセンス」

    「競っていたと思ったら、上手く胸でボールを落として、巧みにマイボールにしてしまう。相手FWからすると、競った直後に振り向いた時、もうトゥーがボールを持って動き出しているから、『あれ、いない!?』となる」

    中村は、試合中の状況や局面に応じた臨機応変さと瞬間的な判断力の重要性を強調し、「それは本当に一瞬の判断だけど、一言で言えばセンスですよね」と総括した。闘莉王のワンプレーからサッカーセンスの一端をひも解いたうえで、そうした面が垣間見えるのが自主練だと主張する。

    中村は、選手が自主トレーニングしている様子を見れば、その選手にサッカーセンスがあるか、おおよそ分かると明かす。あくまでも自主練と力説する真意はどこにあるのか。中村は“見るべきポイント”について、次のように語っている。

    「自分に必要なものや足りないものが客観的に分かっていて、自主的に練習しているかどうかですよね」

     その選手がどんな意図を持ち、どんな意識で自主練に取り組んでいるのか。中村の目にはそれが透けて見えるという。そして、“サッカーセンスとは何か”の根源的な問いに立ち返るように、中村は再び闘莉王を引き合いに出し、次のように切り出した。

    確信とともに「必ず自主練に反映される」



    「先にトゥーのプレーを例に挙げたけど、空中戦の自主練で、相手選手がいることを想定して取り組んでいるかどうか。何気ない数メートルのパスも同じ。逆サイドの奥まで意識して、そのショートパスを出しているかどうか。様々な状況を踏まえて、自主練のなかでどこまでイメージを膨らませているか」

     自らの意思で取り組む自主練だからこそ、中村からすればその選手の意識の深層が見えてくるのだろう。ある種の確信とともに断言した。

    「意識しているなら、必ず自主練に反映される。だから、自主練を見ればセンスが分かる」

     それを見抜ける中村もまた、サッカーセンスの塊である。

    【了】

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13928472/

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/23(木) 08:21:25.20 ID:CAP_USER9.net
    札幌のタイ代表MFチャナティップ(24)の来季残留が決定的になったことが22日、分かった。

    チャナティップは今夏に1年半の期限付き移籍で札幌に加入した。来季も契約を残し、周囲の関係者には「引き続き札幌でプレーしたい」と話すなど、残留を熱望。札幌の来季以降の目標である「J1定着」をともに目指すことになる。

    加入後すぐに札幌の主力に定着した“タイのメッシ”は、その異名に恥じないパフォーマンスでリーグ戦14試合に出場。JトップクラスのスピードとテクニックでJ1残留に大きく貢献した。既に札幌の街やクラブに強い愛着を持ち、その明るい性格でチームメートとも友好的な関係を築いている。第二の故郷とまで思う北の地での生活に一切の不満もなく、来季残留は確実だ。

    20日に日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター(プレミアリーグ)に加入する可能性が浮上と米スポーツチャンネル「Fox Sports」アジア版が報じたが、その後クラブがレンタル元のムアントン・ユナイテッドに確認。オファーは届いておらず、クラブ幹部は「非現実的な話。来季も札幌でプレーすることに支障はない」と説明した。

    本人も「そういう話(レスターからのオファー報道)はうれしいけど本当かどうか分からないから」と一蹴。Jリーグでのプレー機会を与えてくれた愛するクラブで来季、さらなる飛躍を遂げる。

    ◆チャナティップ・ソングラシン 1993年10月5日、タイ・ナコーンパトム県生まれの24歳。12年にタイ・プレミアリーグのBECテロ・サーサナでプロデビュー。16年にムアントン・ユナイテッドに移籍し42試合5得点と活躍した。今夏、札幌に期限付き移籍で加入。タイ代表では42試合5得点。1メートル58、56キロ。右利き。

    ≪別メニュー調整もG大阪戦へ問題なし≫チャナティップは別メニューでの調整となりランニングだけで終了。練習後に「問題ないよ」と話したように、四方田監督も「チャナティップは(足の)炎症。明日からやる」と23日からの全体練習合流を示唆。次節26日のG大阪戦(吹田S)出場へ問題ないことを強調した。

    11/23(木) 7:50配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00000068-spnannex-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2017/11/23(木) 06:44:57.11 ID:CAP_USER9.net
    ニュージーランド代表とのロシアW杯大陸間プレーオフを制し、36年ぶりのW杯出場を決めたペルー代表が、ロシアW杯の参加資格を失うかもしれない。22日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

    同メディアによると、ペルーのパロマ・ノセダ国会議員がペルーサッカー連盟を国家の支配下に置くという法案を提出したとのこと。

    国際サッカー連盟(FIFA)はルール上、政治介入を禁じており、法案が成立するようなことがあればペルー代表のW杯出場資格が剥奪される可能性があるようだ。FIFAはペルーに対し、さらなる情報を求めている状況だという。

    また、ペルー代表のW杯出場資格が剥奪された場合、代わりにイタリア代表がW杯出場資格を得る可能性があるとも報じている。

    ただ、イタリアが出場することになれば組み合わせ抽選会のポット分けも変化することになるだろうペルーのW杯出場資格剥奪の可能性が急浮上!? 失格なら…代わりに出場する国は?
    peru_getty-2-560x373
    11/23(木) 5:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00242556-footballc-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ