海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    news_292395_1

    1: 風吹けば名無し 2019/12/08(日) 09:43:58.06
    ソンフンミン、75 mドリブル後ゴール!
    世界新記録なんだって!

    • 単独ドリブル突破、世界最長距離で世界新記録。

    • EPL初、8名突破成功。

    • 34km速度で約75m12秒突破。

    #孫興民 #ソンフンミン #トッテナム

    https://t.co/PYgGLwCPek



    https://youtu.be/SgsR5OUY1yk



    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/12/08(日) 17:25:51.01
    GOAL12/8(日) 17:14配信
    バルセロナのFWルイス・スアレスはマジョルカ戦後のゴールについて「キャリアのベストゴール」と自画自賛した。


    バルセロナは7日、リーガ・エスパニョーラ第16節でマジョルカと対戦。試合はバルセロナが圧倒し、前半のうちに2点を先取。1点を返されるも直後にリオネル・メッシがゴールを挙げ、43分にはスアレスがヒールキックで見事にネットを揺らした。後半にもゴールを追加し、5-2と大勝を収めている。

    スアレスは「これは僕のキャリア最高のゴールだった」と満足していることを明かした。

    「角度が厳しかったので、最後の選択肢はヒールでのシュートだった。あまりチャンスがないと思ったから、バウンドさせようとしていたんだ」

    また、エルネスト・バルベルデ監督もスアレスのゴールを称賛。「驚いたよ。味方へのパスだと思ったね。素晴らしいゴールだった」と述べている。
    2019-12-08_18h03_31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010032-goal-socc

    動画↓20秒位から
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1203452603646062592/pu/vid/476x270/cxIerayo-rwd0U6Q.mp4

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/12/08(日) 16:53:15.22
    リーガエスパニョーラ第16節のバルセロナ対マジョルカ戦が現地時間7日に行われ、ホームのバルサが5-2で勝利を収めた。バルセロナのFWリオネル・メッシはこの試合でハットトリックを達成している。

    マジョルカに所属する日本代表MF久保建英の“古巣対決”であることにも注目が集まった一戦。ルイス・スアレスによるヒールキックでの圧巻のスーパーゴールも飛び出した。だが主役となったのはやはりこの男だった。

    メッシは前半17分にエリア手前からのミドルシュートでチームの2点目を記録。41分にもゴール正面からの絶妙なシュートを左隅に突き刺し、83分にもスアレスの落としにダイレクトで合わせてハットトリックを達成した。

    今季は負傷のため出遅れ、トップチーム定着後ではキャリアで最も遅い第8節でようやく初ゴールを挙げたメッシ。だがそこから8試合で12得点と相変わらずの異常なペースでゴールを量産し、これで早くもリーガの得点ランク単独首位に浮上している。

    ハットトリックは今季2回目であり、リーガで通算35回目。クラブ公式ウェブサイトなどによれば、34回で並んでいた元レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)を上回る単独最多記録となった。

    さらにこの日の1点目により、メッシはリーガで14年連続の二桁得点を達成。欧州5大リーグでは他に誰も成し遂げていない記録だという。

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/12/08/post351858/
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/12/08(日) 12:05:16.58
    マジョルカを率いるビセンテ・モレノ監督が日本代表MF久保建英のパフォーマンスを称えた。スペイン『アス』が報じている。

    マジョルカは7日、リーガ・エスパニョーラ第16節でバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、2-5で敗れた。バルセロナ下部組織育ちの久保は、初凱旋試合で先発出場。レアル・マドリー行きを選択したことで古巣サポーターからブーイングを浴びたが、積極的にボールに絡むだけでなく、持ち前のテクニックでバルセロナの守備陣を脅かし、2ゴールの起点にもなって存在感を示した。

    チームは敗れたものの、モレノ監督は久保を高く評価。「彼は18歳だが、とても成熟しており、常にボールを求め、このステージでも委縮していない。彼は非常に明確なアイデアと多くの個性を持っている。この選手は限界がどこにあるのか、まだわからない」と更なる成長に期待を寄せた。

    また、ブーイングを浴びたことについては「彼と話していないけど、カンプ・ノウでプレーすることにとても興奮していた。彼は素晴らしい試合をしたと思うし、非常に満足していると思うよ」と語った。

    12/8(日) 10:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474926-gekisaka-socc
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 12:03:59.61
    レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレスに年俸の値上げを拒絶され、仲違いの末にクラブを退団したクリスティアーノ・ロナウド。ユヴェントス移籍から1年半後の現在、彼はマドリーを去ったことは誤りだったと考えている。『ABC』紙の報道によれば、ロナウドは複数の元同僚に移籍を後悔していると漏らしているようだ。

    今シーズン、ロナウドはパフォーマンスの低下(12試合7ゴール)から多くの批判を受けている。セリエAとリーガの違いを知り、バロンドールを狙うことが難しいと身をもって感じているという。ロナウドはプライドの高さからマドリーを去ったことを密かに後悔していると同紙は報じている。

    決して公に発言することはないが、レアル・マドリーに残留していれば、2018年と2019年のバロンドールを連続で受賞できたとロナウドは信じている。
    2019-12-08_14h24_59
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010007-sportes-socc
    12/8(日) 11:22配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ