海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    1: 征夷大将軍 ★ 2020/10/25(日) 08:11:53.25 _USER9
    ポルト 1-0 ジル・ビセンテ ポルトガル1部第5節

    ポルトガル1部リーグ第5節のポルト対ジル・ビセンテが現地時間24日に行われた。試合は1-0でホームのポルトが勝利した。ポルトのMF中島翔哉は今季初の先発出場でアシストを記録している。ジル・ビセンテのMF藤本寛也は、85分から途中出場した。

    21日のチャンピオンズリーグで今季初出場を果たした中島は、ジル・ビセンテ戦で今季初の先発入り。リーグ戦初出場となる。

    中島は中盤の左寄りの位置に入り、低い位置でボールを触っていった。そのため、なかなかフィニッシュに絡むことができないが、41分の先制点をアシストする。ペナルティーエリア左でパスを受けた中島は、縦に持ちだして左足でクロス。このボールにエバニウソンがダイレクトで合わせてリードを奪った。

    後半に入って68分、中島は惜しい枠内シュートを放つが、相手GKに止められて追加点とはならない。その後も中島は鋭いパスを通すなど存在感を見せたが、味方の退場も影響して79分に交代した。

    その後、ジル・ビセンテは藤本を投入するなどして同点弾を目指すも、10人のポルトが逃げ切りに成功。1-0で試合は終了した。

    【得点者】
    41分 1-0 エバニウソン(ポルト)

    football channe 2020.10.25
    20201024_nakajima_getty-560x373
    https://www.footballchannel.jp/2020/10/25/post394700/

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/25(日) 00:57:44.77 _USER9
    カンプ・ノウで行われた伝統の一戦はレアルに軍配

    伝統の“エル・クラシコ”が新たな歴史を作った。バルセロナは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第7節でレアル・マドリードを本拠地カンプ・ノウに迎え、1-3で敗れた。新型コロナウイルスの影響を受けて今回は無観客試合で実施。公式戦245回目の対戦で、互いに96勝52分けという互角で迎えた一戦は、レアルに軍配が上がった。

    いきなり試合は動いた。先制したのはレアル。前半5分、右サイドの元フランス代表FWカリム・ベンゼマから中央走り込んだウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが豪快に蹴り込んで決めた。

    だが、ホームのバルサもすぐさま反撃に出る。同8分、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの浮き球パスに左サイドで駆け抜けたスペイン代表DFジョルディ・アルバが反応し、中央へラストパス。これをスペイン代表FWアンス・ファティが決めて追いついた。

    17歳359日でクラシコ初ゴールをマークしたファティは、レアルFWヴィニシウスの19歳233日を大幅に更新し、21世紀のクラシコ最年少ゴール記録となった。

    だが、後半試合が動く。同14分、左サイドでFKを獲得したレアルは、ゴール前へボールを入れると、ペナルティーエリア内でバルサのフランス代表DFクレマン・ラングレがレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのユニフォームを引っ張って倒れためPKを獲得。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認後、このPKをS・ラモスがきっちりと決めて勝ち越しに成功した。さらに終了間際にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチが”ダメ押し点”を挙げた。

    バルサのロナルド・クーマン監督にとって初采配となったクラシコだったが、「カンプ・ノウ」では5試合連続で負けなし(2勝3分け)だったレアルのジネディーヌ・ジダン監督に軍配が上がることとなった。
    2020-10-25_11h27_18
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dfce5587a6a005fbdcd8f9f575521bd74d2b546f

    続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/24(土) 20:49:00.17 _USER9
    隔離中に丸刈りに変身、SNSで投稿した写真に海外メディア注目

    海外サッカーのイタリア1部セリエAユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインスタグラムを更新。新型コロナウイルス感染により隔離中のストライカーは室内で撮られた写真を公開しているが、その左腕につけられた時計に海外メディアが注目した。その額、なんと150万ドル(約1億5700万円)という超高級時計をクローズアップしている。

    左腕から眩い輝きが放たれていた。テーブルの前に腰掛け、カメラ目線を決めたロナウド。最近、丸刈りにしたヘアスタイルで襟付きの赤のシャツをビシっと決めている。しかし、ひと際目を引いたのが、両手を合わせるようにしている左手首の袖口から覗いた時計だ。重厚感のあるデザインはもちろん、銀色に輝き、存在感を存分に放っている。

    この逸品に注目したのが、ベルリンに拠点を置き、ファッション、音楽などを扱うカルチャーメディア「HIGHSNOBIETY」だ。「クリスティアーノ・ロナウドの超高価フランクミュラーにはひれ伏すばかり」と見出しを打って特集し、「今週、ロナウドはインスタグラムで150万ドル(約1億5700万円)するフランクミュラーの『トノウ・トゥールビヨン』を披露した」と紹介している。

    記事では「この時計は、多くの家よりも高価であるが、味気ないものでもある」と指摘しているが、1億5000万円超えという時計を隔離中に着用し、平然と過ごしているからさすがだ。いまだ戦線に復帰できない状況とあり、投稿には1日で1200万件を超える「いいね!」が殺到し、ロナウドの様子に大きな注目が集まっていた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/78e6c518036e6dc6b993027a4466981345de8991
    no title


    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 18:58:41.64 _USER9
    浦和 3-1 C大阪
    [得点者]
    28'豊川 雄太 (C大阪)
    34'興梠 慎三 (浦和)PK
    44'山中 亮輔 (浦和)
    71'マルティノス(浦和)

    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:12,863人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102405/live#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    4: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 18:59:33.43 _USER9
    >>1
    浦和、C大阪に鮮やか逆転勝利!! 興梠、山中、マルティノス弾でホーム埼スタ2連勝

    [10.24 J1リーグ第24節 浦和 3-1 C大阪 埼玉]

    J1リーグは24日、第24節を開催し、埼玉スタジアムでは浦和レッズとセレッソ大阪が対戦。前半28分にFW豊川雄太の得点でC大阪が先制するも、同34分のFW興梠慎三、同44分のDF山中亮輔の得点で浦和が逆転。後半26分にMFマルティノスが加点し、浦和が3-1の勝利を収めた。

    ここ3戦無敗(2勝1分)の浦和は10月18日の前節・仙台戦(○6-0)から先発1人を入れ替え、山中らを先発起用。一方、2連勝中のC大阪は前節・横浜FM戦(○4-1)から先発1人を入れ替え、豊川らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

    前半22分に好機を創出したのはC大阪。MFレアンドロ・デサバトが自陣から送ったパスに反応した豊川が最終ライン裏を突くと、PA内に侵入して右足を振り抜くが、鋭いシュートはGK西川周作に阻まれてしまう。しかし、同28分にC大阪が先制に成功する。ルーズボールを処理しようとしたDF岩波拓也の後方から迫った豊川が前に体を出してボールを奪い切ると、カバーに入ったDF槙野智章を中央へ切れ込んでかわし、PA外から右足のシュートを突き刺してスコアを1-0とした。

    1点のビハインドを背負った浦和は前半33分、ドリブルを仕掛けた汰木がPA内でDF瀬古歩夢のファウルを誘ってPKを獲得すると、興梠がきっちり沈めて試合を振り出しに戻す。J1通算得点を155とした興梠は、154で並んでいたFW前田遼一(岐阜)を抜き、通算得点ランキング単独4位となった。さらに同44分には中盤でボールを受けたDF山中亮輔が果敢に放った左足ミドルが、PA内の瀬古に当たってコースが変わると、そのままゴールマウスに収まって浦和が2-1と逆転に成功した。

    2-1と浦和がリードしたまま後半を迎えると、C大阪は同14分に瀬古に代えてMF藤田直之、同20分にFW奥埜博亮に代えてFWブルーノ・メンデスを投入して状況を打開しようと試みる。同24分には右サイドを駆け上がったDF片山瑛一のクロスからB・メンデスが放ったヘディングシュートは西川に弾き出されてしまう。すると、同26分、左サイドをえぐったMF汰木康也の折り返しを受けたFWレオナルドが右足で狙う。シュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれたが、こぼれ球をMFマルティノスが押し込んで浦和がリードを2点差に広げた。

    2点のビハインドを背負ったC大阪は後半28分、FW高木俊幸、MF西川潤、DF小池裕太を同時投入して反撃を試みる。しかし、浦和が体を張った粘り強い守備でしのぎ切り、3-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。
    2020-10-24_19h54_30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a285871703fda8755b84d7bb906f9b5288f9e021

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 17:56:24.47 _USER9
    G大阪 2-1 柏
    [得点者]
    52'パトリック (G大阪)
    80'オルンガ  (柏)
    89'アデミウソン(G大阪)

    スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
    入場者数:10,602人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2020/102409/live/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    4: 久太郎 ★ 2020/10/24(土) 17:57:42.05 _USER9
    >>1
    宮本ガンバが終盤のアデミウソン弾で 苦手・柏に劇的勝利! 9戦負けなしでついに3位に浮上!

    [J1リーグ第25節]G大阪 2-1 柏/10月24日/パナスタ

    いきなりヒヤリとさせられたのは、ホームのガンバ大阪だ。

    柏レイソルお得意のショートカウンターを封じるべく最終ラインが高めのライン設定を施すと、4分にクリスチアーノにあっさり突破され、7分にもオルンガの飛び出しをGK東口が身を挺してブロックするピンチに見舞われる。大事には至らなかったものの、守→攻の切り替え時に井手口と山本の2ボランチが柏のプレッシングの標的となり、なかなかボールを前に運べない時間帯が続いた。

    それでも敵陣で小野瀬や左SBの福田が少しずつ起点を作りはじめ、緩やかながらボール支配を高めて劣勢を挽回していく。柏のファウルを誘ってはリスタートから好機を窺い、17分には宇佐美が際どいシュートを放った。

    ともに連動したプレスが機能し、攻守両面で引き締まった好ゲームを展開。ただ、積極性を打ち出すもののチャンスを掴めないG大阪に対して、柏は31分にFKから江坂がフリーヘッドで合わせた一撃がバーを超え、35分にも井手口からボールを奪うショートカウンターをはめ込んだが、クリスチアーノの決定打は大きく枠を外れてしまう。より効果的な攻めを構築した柏ではあったが、フィニッシュ精度を欠き、0-0で前半を折り返した。

    ハーフタイムにG大阪の宮本監督は「クロスへの入り方」「セカンドボールへの対応」「球際の強さ」を改善点に上げて、選手たちを送り出す。すると、52分だった。小野瀬がブレ球ショットでGKキム・スンギュをテストしてCKを掴む。その左CKからインスイングで宇佐美が鋭いボールを供給し、パトリックと競り合ったキム・スンギュが思わずファンブル。ボールはそのままゴールラインを割り、G大阪が願ってもない先制点を奪取した(公式記録上はパトリックの得点)。

    ペースを握っていた柏は当然、猛烈な反攻に転じる。ハイプレスの位置をいっそう高め、G大阪を自陣に押し込んでいく。江坂が神出鬼没な動きをさらに活発化させ、オルンガやクリスチアーノが最終局面でアイデアを絞り出してはG大阪ゴールに迫った。63分、G大阪に立て続けにビッグチャンスを与えるも、ここはキム・スンギュが堅守で凌ぎ切って追加点を許さない。

    そんな柏の執念が実ったのは79分。浮き球から江坂がスルーパスを送り、抜け出したオルンガが左足ショットでGK東口を制して、試合を振り出しに戻した。

    勝てば3位に浮上できるG大阪は渡邉、矢島を投じる人海戦術で勝ち越し点を追う。そして89分、劇的ゴールが生まれる。アデミウソンが強烈な左足ミドルをねじ込んで、ふたたび突き放したのだ。

    試合はこのままG大阪が逃げ切って2-1の快勝。これで先制すると12勝3分けの戦績だ。前回対戦で0-3の完敗を喫した苦手な相手にリベンジを果たし、本拠地パナスタでの対柏戦・初勝利ともなった。
    2020-10-24_19h46_35
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00f9eadbf46d5ae92671f741cf6078baad0e915f

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ