海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 08:50:55.68 ID:CAP_USER9.net
    J2東京Vが、今季限りでローマを退団する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)獲得に動いていることが24日までに分かった。現在、昇格プレーオフ圏内の6位につける東京Vは、10年ぶりのJ1復帰への切り札としてトッティをリストアップ。スポンサーの後押しもあり、既に条件提示もしたという。まだ現役続行か引退かを表明していないローマの王子の決断が注目される。

    超大物のJリーグ入りの可能性が急浮上した。イタリアの関係者によれば、08年以来のJ1復帰を目指すJ2東京Vが、今夏の補強の目玉としてトッティをリストアップ。代理人を務めるトッティの実兄に対して「既に条件も提示済み」という。

    トッティは言わずと知れたイタリアが世界に誇るスーパースター。全盛期に届いたRマドリードからのオファーを断ってローマ一筋を貫き、ローマサポーターからは絶大な人気を誇っている。それでも、クラブは今季限りで契約を更新しないことを決定。トッティのローマでの歴史は24年で幕を閉じることになった。

    ローマはトッティに対しフロント入りを打診。だが、トッティ自身は周囲に「まだ現役でボールを蹴りたい」などと漏らしているといい、現時点で現役続行か引退か自身の去就を表明していない。トッティは、来季はインテル・ミラノの指揮官に就任するスパレッティ監督との確執がささやかれた1年半前にも、代理人を通じて同じイタリア人のフィッカデンティ監督が率いる鳥栖と接触。日本行きを検討しており、今回も可能性はゼロではないという。

    トッティ獲得は東京Vのスポンサーも後押ししているもようで、トッティの16~17年シーズンの年俸100万ユーロ(約1億2400万円)を超える条件を提示しているという。14年W杯を制した元ドイツ代表FWポドルスキは7月に神戸に加入するが、06年W杯で世界一となった「ローマの王子」も来日となればJリーグがさらに盛り上がることは間違いない。

    ◆フランチェスコ・トッティ 1976年9月27日生まれ、ローマ出身の40歳。ローマの下部組織で育ち、93年に16歳でトップデビュー。退団が決まった16~17年シーズンまで24年間ローマ一筋で、愛称は「ローマの王子」。

    00~01年シーズンには元日本代表MF中田らとともにリーグ初制覇。イタリア代表としても06年W杯ドイツ大会制覇に背番号10をつけて貢献。セリエA通算619試合で歴代2位の250得点。1メートル80、82キロ。利き足は右。

    写真

    6/25(日) 6:35配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00000079-spnannex-socc
    続きを読む

    J-League

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 18:14:32.97 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは6月20日に行われた実行委員会で、来シーズンからJ2リーグの3位から6位クラブによる昇格プレーオフに加え、その勝者とJ1リーグ16位クラブとの間で入れ替え戦を導入する方針を固めたという。

    J1とJ2との入れ替え戦は04年から08年までの5年間に渡って行われた経緯があり、10年ぶりの復活となる。05年には甲府と柏が対戦し、甲府がホーム&アウェーの2戦合計で8−3と柏に大勝して嬉しいJ1初昇格。前年の入れ替え戦で残留を果たした柏は初のJ2降格となり涙に明け暮れた。

    翌06年はJ2・3位の神戸が2戦合計1−1ながらアウェーゴールルールの適用で福岡に競り勝ち、1シーズンでのJ1復帰。福岡は1シーズンでJ2に降格となっている。

    このように否が応でもドラマ性に富んだ厳しい戦いが繰り広げられる入れ替え戦は、双方のサポーターのみならず、大いに注目を集めた。レギュラーシーズンとは異なる熱い戦いはことさら歓喜と落胆が強調され、スペシャリティに満ちた試合の醍醐味を提供したと言えるだろう。

    個人的には入れ替え戦の復活は歓迎したい。2クラブずつが自動降格、自動昇格となり、1クラブずつの入れ替え戦というバランスが良い。15年、16年の悪しきチャンピオンシップよりよっぽど実りの多い変革ではないか。

    ただし、入れ替え戦を復活させるなら、昇格プレーオフは撤廃すべきというのが筆者の意見である。

    そもそも昇格プレーオフ自体にも反対の立場である。6位にまで昇格のチャンスを広げることでクラブや選手にモチベーションを与え、ファンやサポーターへの興味を持続させ、それが活性化につながるという意図であろうが、それには同意しかねる。

    シーズンを通して勝点を積み重ねてきた結果である順位は、もっと尊重されるべきだ。

    勝点1の差、もっと言えば1ゴールの差、それらが順位となって表れる。だからこそ、1つひとつのプレーをないがしろにしないような努力が必要で、それが選手のレベルアップ、リーグのレベルアップになる。

    3位と4位、ましてや5位や6位ではまったく成績が異なる。3位と6位は本来、同じテーブルについて昇格を争ってはいけないと考える。

    昇格プレーオフでは順位の上のチームにホームゲームを戦えるというアドバンテージを与えているが、そんなに勝点1や1ゴールの差は軽いものであろうか。

    それ以前にホーム&アウェーで対戦しないというのも納得がいかない。ホームが有利なのだから問題ない、という意見は一見頷けるものかもしれないが、ホームであるが故のプレッシャーもあるだろうし、下位のクラブはアウェーに乗り込み勝つしかないという、いわばクリアなメンタルで試合に臨むことができる。

    引き分けでもオッケーというのは有利なようでいて、難しい局面、メンタルを強いられるものだ。

    昇格プレーオフを2試合戦い、さらに入れ替え戦を2試合戦うというのはいくらなんでもハードすぎる。試合が増えることでリーグの日程にも少なからず影響が出るだろう。リーグのレベルアップを考えるなら、選手のコンディションこそ考えなければいけない。選手は興行のための道具ではないのだから。

    12年から開催され、昨年までの5回の昇格プレーオフでは、3位のクラブが昇格を勝ち得たことがない。逆に6位のクラブが2回昇格している。これを『下克上』と呼ぶのはいささか抵抗がある。プレーオフが盛り上がったから良し、ではなく、1年を通じた戦いにこそ焦点を当てるべきである。

    改めて私見を整理しておく。入れ替え戦は賛成である。昇格プレーオフは廃止する。今後はコロコロと変更せず、J2の優勝クラブ、2位クラブが昇格、3位が入れ替え戦というレギュレーションを固定すべきだと考える。

    (山内雄司=スポーツライター)

    [ 2017年6月23日 05:45 スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/yamauchi/kiji/20170622s00002366275000c.html
    続きを読む

    1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2017/06/25(日) 00:55:47.32 ID:CAP_USER9.net
    今年1月に結婚したサッカー日本代表DF長友佑都(30)=インテル=と女優の
    平愛梨(32)の挙式・披露宴が24日、都内のホテルで行われた。

    サッカー、芸能関係者ら約300人が出席。関係者によると、披露宴では平の所属事務所の先輩にあたる「DA PUMP」のISSA(38)や三浦大知(29)、長友の友人・清水翔太(28)が歌のプレゼント。お色直しで長友が中座する際には、代表イレブンが胴上げで祝福したという。

    披露宴の最後に、妹の平祐奈(18)がプロデュースしたメッセージDVDがサプライズで流されると、平は号泣。「『自分の人生よりも、この人と一緒にいたい』と思えたので結婚しました。佑都さんにお父さんと同じものを感じました。佑都さんといると怖いものはありません」と声を詰まらせながら家族への手紙を読み上げ、ともに夫婦として歩んで行く決意を新たにしたようだった。

    ◆主な出席者 AKINA、浅野拓磨、天野ひろゆき、ISSA、乾貴士、上戸彩、ウエンツ瑛士、宇佐美貴志、内田篤人、ウド鈴木、香川真司、亀梨和也、亀田興毅、亀田大毅、川島永嗣、久保裕也、坂下千里子、三瓶、清水翔太、城田優、高橋茂雄、武井壮、橘慶太、出川哲朗、友近、中尾明慶、NANA、南原清隆、長谷部誠、ビビる大木、HIRO、松浦亜弥、三浦大知、武藤嘉紀、八乙女光、八木真澄、山田涼介、吉田麻也(50音順、敬称略)
    2017-06-25_06h50_53
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000216-sph-ent
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/06/24(土) 23:01:13.22 ID:CAP_USER9.net
    桐谷美玲が6月17日にインスタグラムを更新。親友でモデルの佐藤ありさと、その夫であるサッカー日本代表の長谷部誠との3ショット写真を投稿している。

    「同写真では桐谷と佐藤が横並びになって椅子に座り、カメラに笑顔を向け、長谷部はその2人の後ろでこちらも爽やかスマイルを見せている。

    男性からすれば、美女に挟まれた長谷部がとにかく羨ましい1枚となっています。長谷部夫妻が一緒に収まった写真が公開されるのは今回が初めてのことですが、その“デビュー写真”に桐谷が写っているのは意外でしたね。それほど、親交も深いということでしょう」(エンタメ誌ライター)

    ただ、この写真を見た桐谷ファンからは「美玲ちゃんもサッカー選手と結婚するのでは?」「桐谷狙いのサッカー選手が長谷部に接点を作るようにお願いしてそう」「やっぱり、柴崎と付き合ってるのかな?」など、桐谷とサッカー選手との繋がりを邪推する声も多く見られている。

    「桐谷といえば、これまで何人かとの熱愛が噂されましたが、その中にはスペインリーグ2部・CDテネリフェに所属している柴崎岳と一緒にいたという目撃情報がSNSで目立っていたことがあった。

    桐谷自身も大のサッカー好きですし、親友の旦那がサッカー日本代表ということであれば、桐谷が望まなくともサッカー選手との交流がこれから自ずと増えてくるはずですし、柴崎以外の選手との熱愛が報じられる可能性も十分にありますね」(前出・エンタメ誌ライター)

    実現すれば“アモーレ”どころの騒ぎじゃない。

    (田中康)

    アサジョ / 2017年6月24日 18時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_31949/

    写真


    続きを読む

    2017-06-25_06h23_12

    1:動物園φ ★@\(^o^)/(★ 994d-s9Ok):2017/06/25(日) 05:53:56.60 ID:CAP_USER9.net
    ヘタフェ 3-1 テネリフェ

    1-0 9分 ファウルリン
    2-0 13分 パチェコ
    2-1 17分 ロサノ
    3-1 37分 パチェコ

    http://www.livescore.com/soccer/spain/segunda-division-play-off/getafe-vs-tenerife/1-2519956/

    2試合合計3-2でヘタフェが昇格
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ