海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    news_293234_1

    1: 風吹けば名無し 2020/01/27(月) 19:33:44.48 ID:VRg2C5q5a
    SBで新境地開拓して
    もはやどこで使っていいのかわからんレベルまで来てしまった件

    2: 風吹けば名無し 2020/01/27(月) 19:34:10.70
    デュエル弱すぎ定期

    3: 風吹けば名無し 2020/01/27(月) 19:34:11.61 ID:VRg2C5q5a
    直近のダービーとか化物だったゾ

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:37:45.87
    「キング、帰ってきてくれてありがとう」
    no title


    トルコに到着したルーカス・ポドルスキへの”過激な”歓待ぶりが話題となっている。

     契約満了でヴィッセル神戸を退団し、23日にトルコのアンタルヤスポル加入が決まったポドルスキが、27日に自身のSNSを更新。次のようなメッセージとともに、飛行機でトルコに向かうところから始まり、メディカルチェックを受けるまでの動画を投稿した。

    【動画】「すごいことになってる」トルコで”過激”な歓待を受けるポドルスキ


    「次の挑戦はアンタルヤ。サッカーに対する信じられないほどの愛と情熱を持つ国、トルコに戻って来た。クラブのために戦うのが待ちきれない」
     

    その動画には、トルコの降り立ち、空港でファンにもみくちゃにされて熱烈な歓待を受ける元ドイツ代表FWの姿が収められている。

    SNS上でもファンから以下のような投稿が続々と寄せられた。

    「再びようこそ!」
    「トルコに戻ってきてくれてありがとう」
    「伝説のプレーヤーだ」
    「なぜガラタサライに来てくれなかったんだ」
    「キング、帰ってきてくれてありがとう」
    「なんかすごいことになってるな」
    「ガラタサライ戦が楽しみだ」

    3度のワールドカップを経験し、神戸でもクラブ初タイトルとなる天皇杯制覇に貢献したポドルスキ。その”勝者のメンタリティー”で、現在リーグ15位に沈むチームの救世主となるか。

    1/27(月) 19:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069232-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:22:29.34
    オーストリア2部のクラーゲンフルトのテストを受けていたサンフレッチェ広島の元日本代表FW工藤壮人(29)だが、テストは不合格だったようだ。オーストリア『クライネ・ツァイトゥング』が報じた。

    2019シーズンはレノファ山口FCでプレーしていた工藤。明治安田生命J2リーグで27試合に出場し4ゴールを記録。シーズン終了後に広島へ復帰していた。

    工藤は、先週からクラーゲンフルトでテストを兼ねたトレーニングに参加。WACアマチュア、グミュントとのフレンドリーマッチで2試合に出場。工藤は3ゴールを記録していたが、帰国の途についているという。

    工藤を高く評価していたスポーツディレクターを務めるマティアス・イムホフ氏は「この冬の移籍を契約しないことに決めたが、マサトに注目していく。長い旅をしてくれたことに感謝する」とコメント。今冬での獲得を見送ったようだ。

    また、ロバート・ミシュ監督は「彼はいい選手だ。間違いない。しかし、チームにいるストライカーより良くは無い」と厳しい評価。「常に、我々はクオリティがあって初めて、獲得できると言ってきた」とコメントし、ゴールを記録しながらも満足行くパフォーマンスを見せられなかったようだ。

    1/27(月) 22:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00369076-usoccer-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2020/01/27(月) 21:58:01.20
    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリアラジオ『TMW Radio』のインタビューに応じ、セリエAなどについて語った。

    過去にユヴェントスやインテルなどビッグクラブの指揮官を歴任し、ミランではスクデットを獲得した経験を持つザッケローニ氏。そんなザック氏が今シーズンのセリエAにおける優勝争いについて自身の見解を示した。

    「ユーヴェが本命であることに変わりはない。ナポリが途中で脱落し、インテルもポイントを取りこぼし始めた。ラツィオはコッパ・イタリアから敗退。期待に応えることができなかったが、素晴らしい成績を残す可能性はある。それでもユーヴェが他のどのチームよりも実力がある。ただカルチョには不確定要素がつきまとう。サプライズが起きるかもしれないね。ユーヴェの覇権が終わることで、リーグにより関心が寄せられるようになるだろう」

    「インテルについては現在、中盤の選手の得点が少ないように思う。(アシュリー)ヤングや(ヴィクター)モーゼスを獲得し、両サイドの補強に努めている。(アントニオ)コンテはチェルシー時代にもモーゼスを配下に持ったが、あの時はスペースがなかった。これからモーゼスが貪欲な姿勢で実力を示すことができるか見守りたい。ファンは一定のレベルの選手を待ち望んでいる。素晴らしい貢献ができると良いね。セリエAは再び世界で最難関リーグになったのではないかと思う」

    続いてザッケローニ氏は、低迷していたミランに変革をもたらした新加入のFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて言及。38歳のスウェーデン人FWを絶賛した。

    「リーダーシップを発揮し、チームに平静をもたらした。イブラは偉大なプロフェッショナルだ。かつてのような運動量はないが、決定力は健在だ。彼がバロンドールを受賞したことがないなんて恥ずべきこと。行く先々で優勝した選手であり、重要な局面で均衡を動かすことができるという点では、(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドにも勝る。彼ほど何度も移籍を経験し、様々なリーグで優勝を重ねてきた選手はいない。スペインは最も難しいリーグではない。イタリアには他にはない戦術という要素がある。C・ロナウドはやって来たばかりだが、イブラはここで長年プレーし、優勝してきた」

    1/27(月) 19:42配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010029-goal-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ