海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1:X_ファイル ★:2018/10/16(火) 23:46:12.08 ID:CAP_USER9.net
    ◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

    日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

    後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

    同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

    岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。
    2018-10-17_00h25_29
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc
    続きを読む

    1:ゴアマガラ ★ :2018/10/16(火) 22:47:49.63 ID:CAP_USER9.net
    日本がFIFAランキング5位の強豪ウルグアイ相手にゴールラッシュで勝利

    森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合でFIFAランキング5位のウルグアイ代表と対戦。MF南野拓実(ザルツブルク)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)がゴールを奪い、壮絶な打ち合いを制して4-3で勝利した。ウルグアイメディア「El Observador」も「攻撃陣のスピードでアドバンテージを得ている」と速報している。

    12日の国際親善試合パナマ戦(3-0)で勝利した日本に対し、ウルグアイは同日の韓国戦で1-2とまさかの黒星を喫して、この日の対戦を迎えた。日本はFIFAランキング5位の強豪相手にロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のDF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、大迫の5人をピッチに送り出した。

    序盤から攻勢に出た日本は、前半10分にいきなりスコアを動かす。トップ下でスタメン出場の南野が、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで華麗な反転ターンを披露。そのまま右足を振り抜き、ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラの手を弾くようにゴールネットを揺らした。

    前半28分に一度は追いつかれるも、同36分に中島が強烈なミドルを放ったこぼれ球にいち早く反応した大迫が勝ち越し点を奪った。その後、後半12分にFWエディソン・カバーニに同点ゴールを許すも、後半24分に酒井の縦パスに堂安が左足を振り抜いて再び勝ち越し。その7分後には南野がこの日2得点目を挙げ、4-2と突き放すことに成功した。

    日本は1点を返されたものの、チームで守り抜いて4-3で勝利した。記事では、「日本は攻撃陣のスピードでアドバンテージを得ている」と綴り、日本がスピード感溢れるゲームメイクでウルグアイを押し込んだと分析。日本のゴールラッシュに地元メディアも驚きを隠せなかったようだ。
    2018-10-16_23h42_35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00141696-soccermzw-socc
    続きを読む

    2018-10-16_23h24_40

    1:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 22:13:35.05 ID:4T1CEXMK0.net
    1人だけ動きヤバくて草
    2:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 22:13:50.58 ID:r1aRTMzL0.net
    めっちゃホルホルしてまうわ
    3:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 22:13:54.62 ID:D82/r1b20.net
    ウルグアイ誰もボール取れないのは笑った
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/10/16(火) 21:39:50.04 ID:CAP_USER9.net
    南野2得点、堂安の代表初ゴール、大迫で4得点!

    10月16日に埼玉スタジアムで行なわれたキリンチャレンジカップの日本代表対ウルグアイ代表。

    エディンソン・カバーニやディエゴ・ゴディンなど“ガチ”な面々を揃えたウルグアイ。大迫勇也や長友佑都、そして中島翔哉や南野拓実、堂安律が加わった新生森保ジャパンがどう立ち向かうのか、その試合内容にも注目が集まった。

    ツイッター上では、試合前から強豪との対戦に、試合前からサポーターの楽しみな声で溢れた。前半、試合開始後は10分の南野の先制点に大いに沸き、大迫の勝ち越して点には歓喜の声があふれた。

    後半早々はウルグアイの本気が垣間見えたプレーに感嘆し、ミスを逃さないカバーニのゴールにため息。しかし直後に堂安のゴールで再度勝ち越すと、日本代表の若き戦力に称賛の声で溢れた。

    試合終了直後の声を、いくつかピックアップして紹介しよう。

    「やっぱウルグアイ、フィジカル強かった」
    「このチーム中島選手が完全にチームを動かしてる。観ていて相当楽しい」
    「失点はウルグアイが、カバーニが本気出すとこうなる」
    「そりゃ簡単には勝たせてくれないよ。日本は隙だらけだもん」
    「南野2ゴールに堂安世界初ゴールに大迫って今日の試合 #ハンパねぇ」
    「ウルグアイを本気にさせたな。良い試合だった」
    「2度追いつかれて3度突き放したのは強いぞジャパン」
    「バカ試合と言うか、凡ミスもあるけど両チームの攻撃陣が上手い」
    「日本の4点目!えぐい。日本の新ストライカー南野誕生だわ」
    「堂安代表初ゴールおめ!身体つっよ。びっくりした」
    「マジで中島がとんでもない。ターン上手すぎて笑う」
    「中島の笑顔マジプライスレス!お疲れ!」
    「得点も失点も我々ガンバ産です。正直スマンかった」
    「ちょっと失点の仕方が気になるなぁ。 ウルグアイ相手とはいえちょっと」
    「5分の「締め方」が良かった。しっかり勝ち切った日本すごい!」

    4-3で勝利した森保ジャパンは、これで親善試合3連勝。アジアカップを見据えたサバイバルは続くが、南米の強豪相手にここまで渡り合えた選手たちに、称賛の声はしばらくやみそうにない。

    10/16(火) 21:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00048815-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む


    2018-10-16_22h14_02
    1:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:16.29 ID:8xPhM2Hc0.net
    世界ランク5位相手に4得点勝利
    2:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:26.45 ID:RgXjUmffa.net
    ないです
    3:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:30:47.24 ID:8xPhM2Hc0.net
    >>2
    あるぞ
    14:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:31:26.17 ID:RgXjUmffa.net
    >>3
    ありません
    18:風吹けば名無し:2018/10/16(火) 21:31:44.12 ID:8xPhM2Hc0.net
    >>14
    ある
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ