海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    2018-02-22_08h09_56
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/22(木) 07:15:13.63 ID:CAP_USER9.net
    2/22(木) 6:35配信
    マンUの“絶対的守護神”が神セーブ連発! セビージャの猛攻耐え抜き敵地でドロー

    【セビージャ 0-0 マンU チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


    現地時間21日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはセビージャのホームに乗り込んで対戦。

    試合開始して4分、セビージャのルイス・ムリエルに強烈なシュートを打たれるがGKダビド・デ・ヘアがセーブし失点を免れる。対するユナイテッドも38分、スコット・マクトミネイがシュートを放ちセビージャのゴールを脅かす。しかし、GKセルヒオ・リコに阻まれて先制ならず。前半終盤はセビージャに何度もチャンスを作られたが、GKデ・ヘアがセーブを連発し相手に得点を許さない。

    後半に入ってもセビージャペースは変わらず。83分にはロメル・ルカクがゴール前でキープした後、反転してゴールを決めたがハンドの判定によりノーゴールに。結局、お互いに得点を奪うことが出来ず0-0の引き分けに終わっている。2ndレグは現地時間3月13日にユナイテッドのホームで行われる予定だ。

    【得点者】
    なし

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00257321-footballc-socc

    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/21(水) 22:39:43.87 ID:CAP_USER9.net
    俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で急死した。

    徳島県小松島市出身の大杉さんは、サッカーJ2徳島ヴォルティスを前身の大塚製薬時代から熱心に応援。関東近県のアウェー戦のみならず、徳島のホームや遠方のアウェー戦にもスタジアム観戦に駆けつける熱烈なサポーターとして知られた。そのため、突然の訃報には徳島ヴォルティスサポーターや他クラブのサポーターからもツイッター上などで悲痛な声が続出。「徳島ヴォルティス」がツイッターのトレンドにも上がった。

    ツイッターでは「同士を亡くした感じで心に穴があいてます」「どうか天国から徳島ヴォルティスを、Jリーグを応援してください」「終身名誉徳島ヴォルティスサポーター大杉漣、永遠に。。。」「開幕勝利を観たかっただろうに」など大杉さんを悼む声が次々に上がり、「徳島ヴォルティスには大杉さんの魂を胸にぜひJ1に昇格してほしい!」「徳島ヴォルティスは絶対に昇格しないと」と5年ぶり2度目のJ1昇格を願う声も。徳島は2013年にJ1昇格プレーオフを制して四国初のJ1昇格を果たしたが、1年で降格。今季は25日にホームで行われるJ2開幕戦で岡山と対戦する。
    2018-02-21_22h58_48
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000144-spnannex-socc
    続きを読む

    GettyImages-921954028

    1:豆次郎 ★:2018/02/21(水) 21:13:17.24 ID:CAP_USER9.net
    2/21(水) 20:53配信
    日刊スポーツ

    <ACL:水原1-2鹿島>◇1次リーグH組◇21日◇水原

    鹿島アントラーズが敵地でACL今季初勝利を挙げた。

    初戦から内田らスタメンを3人変更した鹿島は前半8分に新10番を背負ったFW金崎がMF遠藤のパスに反応し右足でシュートを決め先制、25分にはPKのピンチを迎えるもGKクォン・スンテがファインセーブ。後半14分にも金崎は追加点を奪った。鹿島は終了間際に1点を返されるも、リードを守りきった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00132016-nksports-socc
    続きを読む

    1:shake it off ★:2018/02/21(水) 21:00:36.02 ID:CAP_USER9.net
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループステージ第2節が21日に行われ、セレッソ大阪(日本)と広州恒大(中国)が対戦した。

    前節試合終了間際に水沼宏太のゴールで勝ち点3を奪ったC大阪は、先発出場の2トップを柿谷曜一朗と杉本健勇から、山村和也とヤン・ドンヒョンに変更した。

    前半は広州にチャンスを作られる。14分、ソウザが頭でキム・ジンヒョンにバックパスを送るも、アランに奪われてループシュートを放たれる。しかし、キム・ジンヒョンが冷静に抑えて、ゴールを許さない。さらに17分、自陣深い位置でパスを回されると、ペナルティエリア中央で受けたアランにDFをかわされて、シュートを放たれた。このシュートはゴールのわずか右にそれて、危険なピンチを脱した。

    後半に入るとC大阪にチャンスが訪れる。33分、左サイドからのCKを得ると、丸橋祐介のクロスにソウザが頭で合わせてネットを揺らした。しかし、直前にマテイ・ヨニッチがオフサイドの判定を受けていたことで、ゴールを記録することはできなかった。

    その後、柿谷と杉本を投入してC大阪が広州を攻め立てるも最後までゴール奪えず、今季初のホームでの試合をスコアレスドローで終えた。C大阪は次節、3月6日にブリーラムと対戦する。

    【スコア】
    セレッソ大阪 0-0 広州恒大
    GettyImages-921941286
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00718867-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ