海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 07:19:40.18 ID:CAP_USER*.net
    【スコア】
    インテル 3-1 パレルモ

    【得点者】
    1-0 11分 アデム・リャイッチ(インテル)
    2-0 23分 マウロ・イカルディ(インテル)
    2-1 45分 フランコ・バスケス(パレルモ)
    3-1 54分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788875

    セリエA第28節が6日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとパレルモが対戦した。前節、ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”に敗れた5位インテルは、6位ミランとの勝ち点差が1に縮まった。

    それでも、2日に行われたコッパ・イタリア準決勝セカンドレグでは、PK戦の末に決勝進出こそ逃したものの、ユヴェントス相手にファーストレグの3点差をひっくり返す好ゲームを披露。

    この勢いをリーグ戦にもつなげたいところだ。長友は公式戦2試合連続の先発出場を果たしている。

    立ち上がりはインテルが試合の主導権を握ると、11分に先制点が決まる。左サイドからのパスをエリア手前中央で受けたアデム・リャイッチがドリブルで右方向に運びながら右足でミドルシュート。これがゴール左隅に決まった。

    勢いづくインテルはさらに23分、ロドリゴ・パラシオが右サイドからクロスボールを入れると、ニアサイドに飛び込んだマウロ・イカルディが左足でゴール左に流し込み、リードが2点に広がった。

    早い時間に反撃のゴールがほしいパレルモは45分、右サイドをパス交換で突破すると、抜け出したアンドレア・リスボリが右足でクロス。最後はゴール前に走り込んだフランコ・バスケスが、左足ダイレクトで豪快にゴール正面に蹴り込んで、前半のうちに1点を返す。

    いい流れでハーフタイムを迎えたパレルモは後半立ち上がりも積極的な姿勢を見せ、同点を目指す。ところが、次のゴールを奪ったのはインテルだった。54分、右サイドに流れたイカルディが右足でクロスを上げると、ファーサイドでフリーとなっていたイヴァン・ペリシッチがダイビングヘッド。このシュートがゴール左に決まり、スコアは3-1となった。

    パレルモは81分、エリア内左に抜け出したロビン・クアイソンがゴール前にラストパスを通し、ウロシュ・ジュルジェヴィッチが左足で合わせたが、GKの好セーブに阻まれ得点とはならない。

    結局インテルがこのまま逃げ切ることに成功し、試合は3-1で終了。勝ったインテルは5位をキープし、4位フィオレンティーナとの勝ち点差が2に縮まった。なお、長友はフル出場している。

    次節、インテルは12日にボローニャと、パレルモは13日にナポリとそれぞれホームで対戦する。
    GettyImages-514046294-500x333
    サッカーキング 2016.03.07. 06:44
    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160307/408394.html

    インテル、ホームでパレルモに快勝しフィオレンティーナに接近 長友はフル出場
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00000037-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457302780/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 01:14:09.60 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグ第29節 クリスタル・パレス1-2リバプール

    1 - 0 49' レッドリー   
    1 - 1 72' ロベルト・フィルミーノ 
    1 - 2 90' ベンテケ(PK)

    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784829

    クリスタル・パレス

    マッカーシー;ウォード、ダン■、スアレ、ドゥレイニー、カバイェ(69分マッチ)、ボラシエ、イェディナク、レッドリー(82分ゲイル)、ザハ、アデバヨール(81分サコ)

    リヴァプール

    ミニョレ;ロヴレン、サコ、アルベルト・モレノ■、フラナガン(61分コウチーニョ)、ミルナー■■■(62分)、ロベルト・フィルミーノ(88分K・トゥレ)、ヘンダーソン■、ララナ、エムレ・ジャン、オリジ(80分ベンテケ)


     プレミアリーグは6日に第29節2日目を行った。リバプールは敵地でクリスタル・パレスと対戦。1-1で迎えた後半アディショナルタイムにPKを獲得したリバプールが2-1で逆転勝利をおさめ、今季初のリーグ戦3連勝とした。

     前節マンチェスター・シティに勝利し、キャピタル・ワン杯決勝のリベンジを果たしたリバプールは、シティ戦から最終ラインの2人を入れ替え、10日のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦の第1戦マンチェスター・ユナイテッド戦に向けて、DFナサニエル・クラインやMFコウチーニョ、FWダニエル・スターリッジをベンチスタートさせた。なお、MFルーカス・レイバは大腿四頭筋を痛め、欠場している。

     積極的な入りを見せた両チームだが、チャンスを多く作ったのはクリスタル・パレスだった。前半7分、FWエマニュエル・アデバヨルが左サイドを駆け上がり、PA内左から中央へ折り返したボールにMFヤニック・ボラジーが滑り込んで右足で合わせたが、GKシモン・ミニョレに防がれる。11分には左からDFパプ・スアレが上げたクロスをニアでアデバヨルがヘッドも、クロスバーを叩いてしまう。

     対するリバプールはボールをゴール前まで運ぶものの、シュートの形をなかなか作ることができず、苦戦を強いられる。すると後半立ち上がりに先制点を許してしまう。クリスタル・パレスは後半3分、左CKの流れからMFジョー・レドリーが左足ミドル。低い弾道のシュートがゴール前の密集地を抜けてゴール右隅に吸い込まれた。

     反撃に出るリバプールのユルゲン・クロップ監督は後半16分にDFジョン・フラナガンを下げて、コウチーニョを投入。攻撃の枚数を増やしたが、直後の17分にMFジェームス・ミルナーがこの日2枚目の警告を受けて退場となり、残り時間を10人で戦うこととなる。それでも27分にラッキーな形で同点ゴールを奪取した。

     レドリーのバックパスをGKアレックス・マッカーシーが大きく蹴り出そうとしたが、軸足を滑らせてしまい、詰めていたFWロベルト・フィルミーノの足もとにボールが入る。これをフェルミーノが落ち着いて右足でゴール右隅に流し込み、1-1。数的不利だったが相手のミスを見逃さず、リバプールが試合を振り出しに戻した。

     さらにリバプールは後半35分にFWディボック・オリジに代えてFWクリスティアン・ベンテケを投入し、前線のターゲットを増やした。42分には左45度の位置から放ったDFアルベルト・モレノの左足ミドルが右ポストを直撃。このまま試合は終了するかと思われたが、アディショナルタイム5分にベンテケがDFダミアン・デラニーにPA内右で倒されて笛が鳴る。

     スライディングにいったデラニーが足を引っ込めたように見え、ベンテケのシミュレーションかと思われたが、主審はペナルティスポットを指さし、リバプールがPKを獲得。これをベンテケ自らがゴール右隅に沈め、2-1でリバプールが劇的勝利をおさめた。
    2016-03-07_02h15_22
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-01625128-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457280849/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 01:01:32.47 ID:CAP_USER*.net
    2016-03-07_01h41_41
    セリエA第28節が行われ、サッスオーロと日本代表FW本田圭佑の所属するミランが対戦した。

     ミランは、2月27日の前節トリノ戦で1-0の勝利を収め、リーグ戦9試合負けなし。勝ち点「47」で6位につけている。今節は、勝ち点差「6」で7位のサッスオーロとアウェーで対戦。チームとともに好調を維持する本田は12試合連続の先発出場となった。その他、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、カルロス・バッカ、ジャコモ・ボナヴェントゥーラらに加え、マリオ・バロテッリが復帰後リーグ戦9試合目にして初のスタメン入り。なお、イニャツィオ・アバーテが出場停止で、エムバイェ・ニアンは交通事故で負傷し離脱を強いられている。

     試合序盤、本田が立て続けにチャンスを迎える。7分、ボナヴェントゥーラの強烈なミドルシュートを相手GKアンドレア・コンシーリに弾き返される。そこに詰めていた本田が、こぼれ球を左足で蹴り込むが、GKの必死のブロックに阻まれた。8分には、バッカからのスルーパスでエリア内右に抜け出し、逆足の右足を振り抜くが、シュートはまたもGKコンシーリにセーブされた。

     試合を優位に進めていたミランだが、27分にセットプレーから先制を許す。右CKを得たサッスオーロは、ドメニコ・ベラルディがグランダーの鋭いクロスを入れる。ニアサイドの選手はスルーすると、エリア手前中央のアルフレッド・ダンカンが、ダイレクトで左足を振り抜き、ゴール右上隅に突き刺した。サッスオーロはさらに42分、持ち上がったニコラ・サンソーネのボールを受けたベラルディが、エリア内右から左足シュートを放つが、GKドンナルンマに阻まれた。前半はミランが1点ビハインドで折り返す。

     後半52分、サッスオーロはベラルディがエリア内右から、ゴール左隅を狙って左足シュートを放つが、これもGKドンナルンマに弾き出された。55分、サッスオーロはパオロ・カンナヴァーロが右太ももを負傷したため、ルカ・アンテイと交代。ミランはバロテッリを下げて、ジェレミー・メネズをピッチに送り出した。63分、再びサッスオーロにアクシデント発生。シモーネ・ミッシローリも右太ももを痛めて負傷退場し、ダヴィデ・ビオンディーニが投入された。

     なかなチャンスを作れないミランは72分、サッスオーロに追加点を許す。エリア内右に抜け出したシメ・ヴルサリコが深い位置から折り返し。それに中央のニコラ・サンソーネが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。直前のプレーで、ベルトラッチがビオンディーニに脇腹を蹴られて倒れこんでいたため、シニシャ・ミハイロヴィチ監督が猛抗議。この行為で退席処分となった。

     リードを2点に広げたサッスオーロだが、77分にグレゴワール・ドゥフレルがユライ・クツカへのファールで、この日2枚目のイエローカードを受けて、退場処分となった。数的有利となったミランは82分、本田を下げてケヴィン・プリンス・ボアテングを入れて、同点ゴールを狙う。だが、試合はこのままタイムアップ。ミランは0-2でリーグ戦10試合ぶりの黒星を喫した。一方のサッスオーロは3連勝となった。

     サッスオーロは次節、11日に敵地でユヴェントスと対戦。ミランは13日にキエーヴォとのアウェーゲームに臨む。

    サッカーキング
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00408392-soccerk-socc

    【スコア】
    サッスオーロ 2-0 ミラン

    【得点者】
    1-0 27分 アルフレッド・ダンカン(サッスオーロ)
    2-0 72分 ニコラ・サンソーネ(サッスオーロ)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788874
    http://www.gazzetta.it/trsport/tempo-reale/Gara.shtml?match_config=828654&comp=21&day=28&anno=2015
     
    ゲキサカ 本田無念の途中交代、決定機押し込めず…敵地で完敗ミランが公式戦13戦ぶり黒星
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-01625130-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457280092/
        http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457279589/

     
     
    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 19:04:16.35 ID:CAP_USER*.net
    オバメヤン獲得競争は資金力の差でマンU有利? 113億円オファーでドルトムントを口説けるか

    theWORLD(ザ・ワールド) 3月6日(日)18時10分配信
    GettyImages-494719058-compressor
    依然として高い人気を誇るオバメヤン photo/Getty Images

    今夏に獲得なるか

    人気銘柄は早めに奪う必要があるのかもしれない。イングランドプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントでプレイするガボン代表FWピエール・エメリク・オバメヤンとの契約締結に近づいているようだ。

    今季のブンデスリーガで24試合に出場し22ゴールと大爆発中の快速ストライカー、オバメヤンはかねてより今季終了後のオールド・トラッフォード行きがメディアを騒がせている。そしてこのたび英『Daily Mail』が報じたところによると、ユナイテッドは同じくオバメヤンを狙うアーセナルを出し抜くため、およそ7000万ポンド(約113億円に相当)の資金を投入して同選手強奪を画策しているという。同メディアはアーセナルも積極的なアプローチを見せているものの、ユナイテッドが誇る潤沢な資金力の前に屈することになると伝えている。

    なおユナイテッドは依然として来季以降の指揮官の座が不透明な状況にあるが、監督の人事にかかわらずオバメヤン獲得交渉を進めていくことになると英『METRO』は報じた。今夏のマーケットの大きな目玉となるであろうオバメヤンだが、一体どんな決断を下すことなのなるのだろうか。

    http://www.theworldmagazine.jp
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457258656/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 19:51:27.83 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグで降格圏の19位に低迷するニューカッスルの新指揮官候補に、エバートン、マンチェスターUなどを率いたデビッド・モイーズ氏(52)が浮上した。6日付の英紙サンデー・テレグラフなど複数の英メディアは、ニューカッスルのアシュリー・オーナーは成績不振を理由にマクラーレン監督を解任する意向と報道。後任候補としてモイーズ氏と近く交渉を開始し、早ければ数日中にも就任が決まる可能性があるという。

     モイーズ氏は02~13年にエバートンを指揮。3度のリーグ年間最優秀監督賞に輝いた手腕が評価されて、13年7月にファーガソン監督の後任として当時MF香川が所属していたマンチェスターUの監督に就任したが、成績不振で14年4月に解任された。その後、14年11月からRソシエダードを率いたが、昨年11月に解任されていた。ニューカッスルは14日にFW岡崎が所属する首位レスターと対戦。モイーズ新監督が誕生すれば、その采配が優勝争いに影響を与える可能性もありそうだ。
    2016-03-06_20h52_13
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160306-00000153-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457261487/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ