海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    CczrYrKW4AAzmkc

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/06(日) 04:23:21.43 ID:CAP_USER*.net
    キックオフ:26:30 / 試合会場:ヴィカレージ・ロード・スタジアム

    ワトフォード 0-1 レスター・シティ

    得点 リヤド・マレズ(後半11分) リーグ15得点目

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784836

    岡崎慎司 → アンディ・キング (後半1分)
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457205801/

     
    続きを読む

    CcsUOVDWEAAkeL_


    続きを読む

    2016-03-05_23h44_58
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 23:37:25.29 ID:CAP_USER*.net
    2016年3月5日(土) キックオフ:21:45 / 試合会場:ホワイト・ハート・レーン

    トテナム・ホットスパー 2-2 アーセナル

    0-1 アーロン・ラムジー(前半39分)
    1-1 トビー・アルデルヴァイレルト(後半15分)
    2-1 ハリー・ケイン(後半17分)
    2-2 アレクシス・サンチェス(後半31分)

    警告・退場
    ヘクター・ベレリン(前半26分)
    エリク・ラメラ(前半28分)
    フランシス・コクラン(前半29分)
    フランシス・コクラン(後半10分) 退場
    アレクシス・サンチェス(後半21分)
    エリック・ダイアー(後半28分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784835
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457188645/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 18:32:18.97 ID:CAP_USER*.net
    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのファンが、今シーズン同クラブがプレミアリーグで優勝した際に獲得できる賞金10万ポンド(約1650万円)を、早期払いの2万9000ポンド(約478万円)で獲得することが明らかとなった。4日付のイギリス紙『レスター・マーキュリー』などが報じている。

    レスターファンのジョン・プライクさんはブックメーカー『ラッドブロークス』で今シーズン開幕前、レスターのリーグ優勝に20ポンド(約3300円) を賭けており、当時の倍率は5001倍だった。

    第28節を終えて2位トッテナムと勝ち点差「3」で首位を走るレスターがこのまま優勝すれば、プライクさんは賞金10万ポンドを手にすることとなるが、『ラッドブロークス』は損失を抑えるため、現時点で切り上げた場合の支払額を2万9000ポンドで提示。プライクさんはこれを受け入れたとされる。

    同金額はレスターに関わる賞金では今シーズン最高額となっており、プライクさんは「大金だから無視できなかったよ。20ポンドで手にできたんだから悪くない」と語っている。

    なお、開幕前に『ラッドブロークス』でレスターの優勝に賭けた顧客数は47名となっており、早期払いを受け取った顧客はプライクさんで4人目となった。

    レスターは5日にリーグ戦第29節でワトフォードと対戦する。
    2016-03-05_18h48_40
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00408009-soccerk-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457170338/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 18:01:42.84 ID:CAP_USER*.net
    レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、指揮官に就任してから2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節レバンテ戦で10試合を終えた。就任後10試合の成績が、直近の4人の指揮官と比較して最低だということがわかった。4日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

    1月にレアル・マドリードのトップチームを率いているジダン監督。就任後公式戦10試合を戦って7勝2分け1敗で、勝ち点で計算すると「23」となる。これはレアル・マドリードの直近5人の指揮官で最低だということがわかった。

    最も良い成績を収めたのが2010年から指揮官を務めたジョゼ・モウリーニョ氏。8勝2分けと就任後10試合を負けなしで、勝ち点「26」の成績を残した。

    モウリーニョ氏に次ぐのは勝ち点「25」を積み上げたカルロ・アンチェロッティ氏。2013年からチームを率いて、アトレティコ・マドリードに敗戦したものの、就任後10試合で8勝1分け1敗だった。

    また、2009-10シーズンにレアル・マドリードを率いた、現在マンチェスター・Cの監督を務めるマヌエル・ペジェグリーニ氏は就任10戦を8勝2分けで勝ち点「24」。ジダン監督の前任だったラファエル・ベニテス氏は7勝3分けと負けなしで、ペジェグリーニ氏と同じく勝ち点「24」の成績を収めた。

     レアル・マドリードは5日、リーガ・エスパニョーラ第28節でセルタをホームに迎える。
    2016-03-05_18h31_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00407953-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457168502/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ