海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク


    48inui-sc-141114-n-017-ns-big
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 18:03:05.68 ID:???0.net
    フランクフルトのトーマス・シャーフ監督(53)とブルーノ・ヒュブナー・スポーツディレクター(53)が15日、都内で行われた会見で所属のMF乾貴士(26)を絶賛した。

    2人は東京スポーツ・レクリエーション専門学校を運営する滋慶学園グループとの教育提携契約のために来日し、前日14日の日本-ホンジュラス戦を観戦。ヒュブナーSDは、乾と交代した東京FW武藤を引き合いに「代わりに出場した乾の方が良かった」と強調。その上で「長谷部の存在は心強いだろうが、もう少し早くドイツ語を覚えてくれてもいいと思う」と課題も挙げた。フランクフルトは来年7月下旬に日本で親善試合を行いたい意向で、今後も補強ポイントのストライカーとサイドバックを中心にJリーグにも注目していくという。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20141116-1396836.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416128585/


    続きを読む

    nakatasi
    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 13:19:34.80 ID:???0.net
    前園氏は“戦力外”?中田氏の交際「全く知らなかった。報告もない」

    サッカー元日本代表の前園真聖氏(41)が16日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。交際が報道された元サッカー日本代表の中田英寿氏(37)と女優の柴咲コウ(33)の交際について「全く知らなかった。報告もないですよ」と語った。

    前園氏と中田氏は、1996年のアトランタ五輪でブラジルを撃破した“マイアミの奇跡”時のメンバー、CM共演するなど“ゾノとヒデ”として人気を集めた。

    前園氏は「(中田氏とは)今年初めに食事して以来会っていない、メールもしていない」と接点が薄いことを明かし、かつて「結婚願望はないと言っていた。いろいろなお付き合いはありましたが」と話した。

    番組MCの「ダウンタウン」の松本人志(51)、東野幸治(47)やゲストのSMAP中居正広(42)らから「メールで(交際について)聞いたのか」と振られた前園氏は「してません」と応え、中居が「戦力にならない…」と嘆くと、申し訳なさそうに恐縮していた。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/16/kiji/K20141116009295550.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416111574/


    続きを読む


    165520_heroa7777

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 10:09:11.10 ID:???0.net
     Jリーグが来季以降に実質的な外国資本企業のクラブ運営を認める方針であることが15日、分かった。現在の規約では外資系企業によるクラブの過半数の株式保有を認めていないが、日本法人を設立して運営に当たれば規約違反にはならないと解釈。

    外資参入で爆発的に予算が増え、強豪の仲間入りを果たしたイングランド・プレミアリーグのチェルシーのようなビッグクラブを作り、Jリーグ全体のマーケットを拡大する狙いがある。

    世界と戦うために、Jリーグが大改革へ打って出る。観客動員やスポンサー収入が頭打ちな現状を打破すべく、数年前から外資参入の是非を検討。今年にはJリーグ幹部が、インドネシア人の大富豪でイタリア1部(セリエA)のインテルでオーナーを務めるエリック・トヒル氏と会談を行うなど、規制緩和に向けた動きを続けてきた。

    1月に就任した村井満チェアマン(55)は、リクルート社の香港法人で社長を務めるなどアジアでの経営経験が豊富。アジアを中心としたマーケット拡大に強い関心を持っていた。

    外資の直接参入でなく日本法人に経営を行わせることで、不慮の撤退を防止する。Jリーグ関係者は「日本法人ならば、仮に裁判になった場合にも迅速に対応できる」と明かした。

    外資の参入は世界的な潮流でもある。03年にロシア出身の石油王、ロマン・アブラモビッチ氏がチェルシーを買収。数百億円の個人資産を投入して、12年には欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制するまで成長させると、多くのクラブで同様の動きが加速した。

    マンチェスターCにも08年に中東の資本が入ると、昨季を含めて2度のプレミアリーグ優勝を飾った。選手の年俸だけで約424億円を費やしている。Jクラブはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で08年のG大阪以来優勝から遠ざかるなど、アジアでも資金力の差に泣かされてきた。

    5月にはマンチェスターCを傘下に持つシティ・フットボールグループ(CFG=本社・英国)が、横浜Mに19・95%を出資。Jリーグのチームに外資系企業が本格出資するのは初めてだった。今後はCFGが横浜Mへの関与を強める可能性もある。

    現在のJ1の平均予算は30億円。これに数倍の予算を持つ超ビッグクラブが生まれれば、クラブW杯のタイトルを本気で狙うことも夢ではなくなる。

    11月16日(日)7時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141115-00000322-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416100151/


    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 09:41:11.92 ID:???0.net
    コルドバに所属する日本人FWハーフナー・マイクが、リーガエスパニョーラへの適応に苦労していることを告白した。

    フィテッセからコルドバに加入した際には“攻撃の柱”となることを期待されながらも、リーガここ6試合で招集外となるなど厳しい時期を過ごしているハーフナー。スペイン『EFE通信』とのインタビューに応じた同選手は、現在の心境を次のように語っている。

    「(リーガへの適応)がこれほど難しいものになるとは考えていなかったです。スペインサッカーのレベルはオランダよりも高いですね。これからも厳しい姿勢で練習に励む必要があります。コルドバで新たなチャンスを得られることを期待しています」

    「ただ自分自身を乗り越えること、厳しい姿勢で仕事に励むだけです。またスペインサッカーに適応するためには、出場機会を得ることが必要です。適応のためにはプレーをしなければなりません」

    またリーガ適応の鍵を握る、スペイン語の学習について触れた。「学校でクラスを持っていますが、早く覚えたいです。今はシスコ、イアゴ・ボウソン、イニゴ・ロペスらと英語でコミュニケーションを取っています」

    一方で、10月にハビエル・アギーレ監督率いるも言及している。「代表に招集されることは良いことです。ですが、プレーすることなく(コルドバに)戻ったことについては失望を感じました」

    11月16日(日)2時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141116-00000031-goal-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416098471/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ