海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    Cc8b-VVWwAAsUDB
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/08(火) 00:28:02.98 ID:CAP_USER*.net
    47e52792-c503-40c0-a85a-84f649327883
    6日に行われたポルトガル国内リーグの第25節ブラガ対ポルト。

    今節は2位スポルティングと首位ベンフィカが“クラシコ”で激突し、ベンフィカが勝利したため2位スポルティングと差を詰めるチャンスだった3位ポルト。

    しかし4位ブラガに先制を許すと、85分に一度は追い付く粘りを見せたものの、89、90+4分と立て続けに失点し1-3で敗戦。

    逆にブラガに迫られ、ベンフィカとは勝ち点差6に広げられる結果となってしまった。

    なかでも酷かったのが1点を追う後半アディショナルタイム、守護神イケル・カシージャスが犯したこのプレー。

    http://qoly.jp/2016/03/07/fc-porto-iker-casillas-incredible-mistake

    動画
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457364482/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 22:42:18.33 ID:CAP_USER*.net
     日本サッカー協会(JFA)の大仁邦彌会長は7日、なでしこジャパン(日本女子代表)がリオデジャネイロ・オリンピック 女子サッカー アジア最終予選で敗退し、4大会ぶりに五輪出場を逃したことを受け、佐々木則夫監督が退任することを示唆した。

     なでしこは同日行われたが五輪出場を逃したことを受け、大仁会長は「新体制がスタートするので、その中でどういう風にするか」と体制が変わることを示唆。一方で、新監督については「女子委員会が検討をしてからになる」と明言を避けた。

     現在57歳の佐々木監督は、2008年になでしこジャパンの指揮官に就任すると、同年の北京五輪で日本史上初の4強入りに貢献。2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会では初優勝を果たした。

    その後も2012年のロンドン五輪で銀メダルを獲得すると、2015年夏に行われた女子W杯カナダ大会では連覇を果たせなかったものの、チームを2大会連続の決勝に導いた。また、2011年にはFIFAバロンドール女子最優秀監督賞とAFC最優秀監督賞を受賞していた。
    2016-03-07_23h31_09
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00408750-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457358138/

     
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 21:59:07.99 ID:CAP_USER*.net
    日本代表候補が7日、千葉県内に集合し、3日間の短期合宿をスタートさせた。負傷のため参加を辞退したGK六反勇治(仙台)を除く25選手が集合。FW金崎夢生(鹿島)とMF米本拓司(FC東京)は週末のJリーグで負傷したため、大事を取って別メニューで調整。米本はこの日で途中離脱することが決まった。

    練習の冒頭、バヒド・ハリルホジッチ監督はピッチの中央に選手、スタッフを集め、約10分間にわたって熱弁を振るった。国内組を集めた異例の代表候補合宿。「私の我慢にも限界はある」と猛ゲキを飛ばした。

    昨年12月20日にも国内組を都内のホテルに集め、昼食会を兼ねたミーティングを開いた。指揮官は就任2年目を迎える今年を「A代表の第2段階」と位置づけ、「これから何をすべきか。トレーニングの仕方、向上してほしいことを伝えた」と、ポジションごとに取り組むべきメニューなどを伝えた。

    しかし、開幕して2節を終えた今季のJリーグを視察したうえで、「まだまだ満足いっていない」と指摘。攻撃では「少ないタッチ数での速い攻撃」、守備では「縦も横もコンパクトにしたゾーンプレス」を掲げ、「クラブのタクティクスには触れることはできないが、A代表ではそれをやる」と、選手に頭の切り替えを求めた。

    ハリルホジッチ監督が指摘したのは「Jリーグは引いて守るチームが多い」ということだった。A代表ではボールを失った瞬間、高い位置から奪い返しに行くアグレッシブでコンパクトなディフェンスを提唱。DF昌子源(鹿島)は「コンパクトにしていれば、取られた瞬間、すぐにアプローチに行ける。縦も横もコンパクトにして、逆サイドの選手が何もしないのではなく、関わって中に絞って行こうということだった」と、指揮官の狙いを代弁した。

    霜田正浩技術委員長は「今後は相手も強くなるので、求めることも高くなる。少しピリピリした感じになっている」と指摘。3月のW杯アジア2次予選を突破すれば、今秋にはいよいよW杯アジア最終予選が始まる。DF槙野智章(浦和)は「もっと良くするためのメッセージだと思う。欧州組の選手と比べたら、国内組の選手は黄色信号だと思っている。監督が僕らに警報を鳴らしているのはあると思う」と、指揮官の言葉を受け止める。

    ハリルホジッチ監督は「自分たちのクラブとはまったく違うことを要求する。A代表でプレーしたいのか、したくないのか。A代表は第2段階に入ったので、そういうことを要求する」と強い口調でまくし立てた。
    2016-03-07_23h10_29
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-01625165-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457355547/

     
    続きを読む

    1: ◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 21:30:02.21 ID:CAP_USER*.net
    五輪消滅直後に…なでしこ6発 遅すぎた初勝利 

    4戦目でようや◇リオデジャネイロ五輪アジア最終予選 日本6―1ベトナム(2016年3月7日 金鳥スタ)

    サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選第4戦が7日、行われ、なでしこジャパンはベトナムと対戦。試合直前に五輪出場が完全消滅する中、FW大野忍(32)の得点などで6―1と、4戦目にして初勝利を挙げた。  

    日本は4日の中国戦からスタメン8人を入れ替え、主力のMF宮間、FW大儀見らがベンチスタートとなった。序盤から攻める日本は前半12分、FW岩渕の右足シュートが左ポストを叩いたようやく同39分、カウンターから左サイドで抜け出したMF中島からのゴロのクロスに岩渕が直接、右足を合わせて先制した。  

    同42分にPKで同点とされたものの、同45分に右サイドからクロスを岩渕がつなぎ、FW大野の左足で放ったミドルシュートがゴール左隅上に飛び込み勝ち越した。  

    後半35分には途中出場のFW大儀見からの左クロスをMF川澄が頭で押し込み3点目同38分に中島、終了間際にも途中出場のFW横山、FW大儀見が決めてダメを押した。  

    4戦目での初勝利。4大会連続の五輪出場はならなかったものの、最終戦となる9日の北朝鮮戦でもなでしこらしく、全力で戦う。
    2016-03-07_21h43_25
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00000133-spnannex-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457353802/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ