海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    2014-07-23_18h23_13
    22日、スーパーニュースに生出演したサッカー界の至宝、クリスティアーノ・ロナウド選手(29)が、愛知・名古屋市でサッカー教室を行った。
    人気は絶大だった。
    午前10時、中部国際空港には、大勢の人が集まった。
    およそ5,000人のファンが、大歓声でスーパースターの到着を歓迎した。
    羽田空港から、プライベートジェット機で降り立ったロナウド選手。
    ロナウド選手は「今のわたしの夢は、今シーズンを完璧な状態でスタートし、優勝すること。そして、また来年も日本にやってきたい」と話した。
    歓迎イベントでは、集まったファンに、熱いメッセージを送った。
    22日に来日したロナウド選手は、お台場新大陸のイベントに登場し、夕方、スーパーニュースに生出演した。
    スーパーニュース出演後も、バラエティー番組の収録をこなしたロナウド選手。
    23日も、名古屋に到着したあと、分刻みでの超ハードスケジュールをこなし、午後には、ナゴヤドームでサッカー教室に参加した。
    愛知県内から集まった子どもたちや、東日本大震災で被災した小学生ら50人に直接指導を行った。
    子どもは、「夢のサッカー選手に会えたので、これからも頑張りたいなと」、「迫力がめっちゃすごいです」、「あそこのゴールに、思いっきりシュートしてたところが、すごくプロみたいで、すごかった」などと話した。
    ロナウド選手を目指す子どもたちに、大きな夢を与えた。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00273153.html
    続きを読む

    2014-07-19_12h46_52
     日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは22日、MFヤン・キルヒホフが負傷のため数日間離脱することになったと発表した。クラブ公式HPが伝えている。

     キルヒホフは、合宿初日の練習中に負傷。ミュンヘンの病院で検査を行った結果、右ひざ内側じん帯損傷と診断された。また、膝蓋骨の腱に炎症を起こし離脱している内田に加えて、MFレオン・ゴレツカも筋肉の張りを訴え、個別メニューをこなしている。

      シーズン開幕前の大事な合宿中に選手の負傷が続いているシャルケだが、イェンス・ケラー監督は「篤人やゴレツカがチームと練習ができなくても、彼らが合宿 に参加していることが重要なんだ。合宿では戦術的なことも話し合っているし、チーム作りをすることも大切な目的の1つだ」と語っている。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9071112/
    続きを読む

    2014-07-23_13h51_33
    レアル・マドリード本拠地サンチャゴ・ベルナベウでのお披露目会見に臨んだ
    ハメス・ロドリゲスが乱入者に抱きつかれ一時中断する騒ぎがありましたが、
    ハメスの優しい神対応に観客席のファンも拍手喝采!



    続きを読む

    720p-Dunga Brazil Coach
    ブラジル代表の新指揮官にドゥンガ氏が就任した。22日に正式発表されている。

    か つてピサ、フィオレンティーナ、ペスカーラでプレーした同監督は、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)まで4年にわたってすでにブラジル代表 を指揮し、2007年にコパ・アメリカ、2009年にコンフェデレーションズカップを制している。南アフリカW杯南米予選はトップで通過した。2008年 には北京オリンピックで銅メダルを獲得している。

    1994年アメリカW杯でブラジルが優勝した際のキャプテンだったドゥンガ氏が、セレソ ンに戻ってきた。任務は、地元開催のW杯で落胆したチームの再建だ。ブラジルの100年の歴史において最もつらい敗戦となったドイツ代表との準決勝 (1-7)から、ちょうど2週間が経ったところだ。ドゥンガ監督は次のように話している。

    「W杯のすべてが間違っていたわけじゃない。W杯は、才能だけではなく、ピッチでの仕事がいかに重要かを証明したんだ」

    「私 は(アッリーゴ・)サッキ、(アーセン・)ヴェンゲル、(ルート・)フリットらとの経験が、私の成長の上で大きかった。初めての代表では、チームの価値を 取り戻す必要があったね。そして結果も出さなければいけなかった。今やらなければいけないのは、2018年のロシアW杯に向けてセレソンを準備していくこ とだ」

    「我々はブラジルの特長に沿ったプレーをしようとしなければいけない。10~15年後ではなく、すぐにうまくやれる選手たちを招集する。若手を使うことはできるが、若いというだけでピッチに立たせることはない。力がなければいけないんだ」

    「ブ ラジルのサポーターは傷ついている。だが、彼らは代表への情熱を持ち続けているんだ。しかし、傷をいやすことができるのは、結果だけなんだよ。夢を売るよ うなことはしたくない。サッカーとは予想ができないものだ。自分たちがベストだと考えることはできない。我々はすでにベストだった。世界最高というポスト を取り戻さなければいけないんだ。だが、一朝一夕でできることじゃない。謙虚になることが必要なんだよ」

    「W杯に出場することだって、決して簡単ではないだろう。どの相手もブラジルとの試合では全力でプレーしてくるんだ。ブラジルを倒したんだと言えるようにね。我々は、戦う前からW杯に優勝すると考えるような罠に陥ってはいけない。試合での90分こそが現実なんだ」

    アンケートでは、ブラジルサポーターの75%から80%がドゥンガ監督の復任に反対している。

    「それは尊重する。だが、多くの人が私を支えてくれているよ。私をよしとしてくれる15~20%の人たちから力とエネルギーをもらい、残りの80%の信頼をつかまなければいけない。それは、結果を出すことでしかできないことだ」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9069676/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ