海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    CXppMCvUQAEMh4m
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 22:15:08.45 ID:CAP_USER*.net
    浦和>◇決勝◇1日◇味スタ

     浦和DF槙野智章(28)は試合後、負傷した右手の治療のため、病院に直行した。右手親指付け根の裂傷は深く大きく、なんと20針も縫ったという。

     槙野は前半4分、G大阪FWパトリックのシュートを阻もうと身体を投げ出した際、味方のGK西川と交錯。スパイクのポイントが右手の手のひらに突き刺さり、大量出血していた。

     普段は激しいコンタクトプレーも涼しい顔でこなす槙野だけに、痛みにもだえる姿をみるだけでも、傷はひどいものだと明らかだった。

    それでもいったんピッチ外に退き、応急処置を受けると、すぐにピッチに戻ってプレーを続行。右手をかばうことなく、屈指の身体能力を誇るパトリックらとの肉弾戦を、85分間も続けていた。
    2016-01-01_22h41_01
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000121-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451654108/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 18:23:19.80 ID:CAP_USER*.net
    アーセナル(イングランド)のアルセーヌ・ヴェンゲル監督は現地時間30日、冬の移籍市場が開く1月は、クラブにとって「忙しい」時期になると述べ、新戦力獲得の可能性を示唆した。

    アーセナルが今夏の移籍市場で加えた新戦力は、GKペトル・ツェフ1名。プレミアリーグでは唯一フィールドプレーヤーを1人も獲得せずに今シーズンに臨んでいるが、前半戦を首位で折り返し。2003-04シーズン以来のプレミア制覇をねらえる位置で、新年を迎える。

    とはいえ、現在フランシス・コクランやサンティ・カソルラなど、中盤を筆頭に故障者が相次いでいるだけに、指揮官にとって1月は、より多忙な月になるだろう。

    ヴェンゲル監督は「すでに忙しいよ。参加しているすべての大会に対処するには、人員不足だ。特に中盤はね」と新戦力獲得の必要性を認めた。

    獲得が噂されるバーゼル(スイス)MFモハメド・エルネニーについて問われると、「その選手について、現状で何かを発表することはできない。まだ何も決定していないからね」と返答するにとどめている。(STATS-AP)
    2016-01-01_21h17_53
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000014-ism-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451640199/

     
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 15:35:26.02 ID:CAP_USER*.net
     日本代表FW武藤嘉紀(23)=マインツ=が1日、羽田空港からドイツへ出国した。昨年末には英紙でイングランド・プレミアリーグの名門マンチェスターUが移籍金として1500万ポンド(約26億7600万円)を提示したと報じられた件について、「どこまで具体的な話かは言えない」とした上で、「まさか、このタイミングでそういう話があるとは思っていなかった」と打診があったことを認めた。

     武藤昨年3月、同じくプレミアの強豪チェルシーから正式オファーを断り、昨年7月にF東京からドイツ1部マインツに加入したが、前半戦だけですでに7ゴールを挙げている。再び英国の熱視線を浴びた形だが、「しっかり今の立ち位置を考えて、自信をもってからそういう話を受けたい。今は地に足をつけて、マインツで結果を残すことを優先したい。もっとドイツで『ムトーは止められない』と危険な選手と思わせられる選手になりたい」と当面は移籍の考えがないことを明かした。

     後半戦の具体的な目標として、13―14年シーズンに日本代表FW岡崎慎司(29)=レスター=が残した欧州主要リーグ最多得点「15」を越えること。「決して抜けない数字ではに。挑戦するという意味では、狙うにはいい数字なのではないかと思う」と“岡崎超え”を誓い、日本を離れた。5日からマインツのスペイン合宿に参加し、後半戦開幕戦となる23日・敵地インゴルシュタット戦に備える。
    2016-01-01_16h51_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00000087-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451630126/

     
    続きを読む

    1: ふんわり ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 16:12:25.04 ID:CAP_USER*.net
    【浦和レッズ 1-2 ガンバ大阪 天皇杯決勝】

     今季を締めくくる最後の戦い、天皇杯決勝が元日に行われ、浦和レッズとガンバ大阪が対戦した。

     現時点のベストメンバーで臨んだG大阪に対し、浦和レッズは準決勝からスタメンをわずかに変更。1トップにエース興梠が入り、2シャドーは武藤と李が入った。右サイドは関根に代わって梅崎が起用されている。
     
     序盤は両チームにアクシデントが続く。浦和は槙野が味方GK西川と交錯した際に右手を切ってしまい流血と痛みを抱えながらのプレーを強いられる。一方、G大阪は12分に米倉が筋肉系の負傷のため退場し、井手口と交代を余儀なくされた。
     
     最初のビッグチャンスは25分、G大阪は宇佐美のボールキープを利用して攻め上がった藤春のクロスにパトリックが頭で合わせるも、シュートは枠のわずか右に外れる。
     
     両チームとも一歩も引かず迎えた32分、ついにゴールが生まれる。中盤でのボール奪取から素早く切り替えて前線へ縦パスを送ると、飛び出したパトリックが並走してきた森脇をスピードで振り切ってフィニッシュ。G大阪が先制点を手にした。
     
     直後の34分、失点シーンで悔しい思いをした森脇がミドルシュートを狙うもGK東口の手の中へ。その後も攻め続ける浦和は35分、今度は梅崎が右サイドからクロスを上げ、中央で李が潰れながらヘディングシュート。これは左ポストを直撃したが、こぼれ球を興梠が豪快にたたき込んで同点に追いついた。
     
     浦和がボールをキープしながら好機をうかがっていた53分、G大阪はセットプレーのワンチャンスを生かす。コーナーキックで槙野のマークを振りほどいたパトリックがフリーで右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。
     
     G大阪はリードを奪った直後からシステムを4-4-2に変更。宇佐美がパトリックと2トップを組み、倉田が中央から左サイドへ回った。対する浦和は57分に関根と”ガンバキラー”ズラタンを同時投入して流れを変えようと試みる。さらに浦和は67分、最後の交代枠で高木を送り出し、両サイドを超攻撃的な組み合わせにして勝負に出る。
     
     すると73分、完璧な崩しで左サイドの高木がクロスを上げ、李が頭で合わせる。しかしこのボールは惜しくもゴールの右へと逸れた。74分にも浦和がチャンスを迎え槙野がゴール前でシュート体勢に入るが、GKが果敢な飛び出しで阻止。勝利への執念を見せる。
     
     浦和は同点ゴールを目指してサイドを起点にG大阪ゴールに襲い掛かる。だが、怒涛の波状攻撃をもってしても内田を投入するなど逃げ切りを図るG大阪の守備を最後まで崩しきれず、1-2で接戦を落とした。
     
     今季はJリーグチャンピオンシップで2位、ヤマザキナビスコカップ準優勝と目の前でタイトルを逃し続けてきた昨季の三冠王者G大阪。”三度目の正直”でファイナルを制し、”シルバーコレクター”という不名誉な称号を返上。追い求め続けたタイトルを手にして2015シーズンを終えている。
     
    【得点者】
    32分 0-1 パトリック(G大阪)
    34分 1-1 興梠慎三(浦和)
    53分 1-2 パトリック(G大阪)
     20160101_patric_getty-560x373
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451632345/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ