海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク


    tumblr_nbfnieMv4J1qahomqo3_500
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 00:37:10.84 ID:???0.net
    香川、練習試合でゴール

    1部 | 05.09.2014 17:04:03

    ドルトムント、プロ対U23のミニゲーム

     香川真司のドルトムントは9月5日、同クラブのU23チームと35分ハーフの練習試合を行った。長期の負傷離脱から復帰したイルカイ・ギュンドアンとヤコブ・ブワシュチコフスキの両MFも前半のみ出場。香川は1得点を挙げ、プロチームが3-1で勝った。

    http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000300993.php
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409931430/


    続きを読む

    2014-09-05_12h07_39
    パリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、4日に行われた親善試合のエストニア戦で2ゴールを決めて通算50ゴールとし、スウェーデン代表の歴代最多ゴール数を更新した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

     イブラヒモヴィッチは同試合で、開始直後の3分にボレーシュートを決めて、これまでスベン・ライデルが保有していた最多記録の49得点に並ぶ。さらに 24分には、グラウンダーのクロスをヒールで流し込み、代表通算50得点となるゴールを挙げて、1932年以来となる記録更新を果たした。試合はこの2 ゴールでスウェーデン代表がエストニア代表に2-0で勝利している。

     2001年に代表デビューして以来、99試合目の出場となった32歳のイブラヒモヴィッチは、試合後のインタビューでべストゴールを問われると、「最も 美しいのはイングランド戦のゴールだ。誰もそれを越えることはできない。でも俺にとって全てのゴールが大切なものだ」とコメント。2012年11月14日 に行われた国際親善試合のイングランド戦で決めたオーバーヘッドで、年間最優秀ゴール賞となるFIFAプスカシュ賞も獲得したゴールをベストだとしてい る。

     スウェーデンのマルメでデビューしたイブラヒモヴィッチは、アヤックス、ユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミランとビッグクラブを渡り歩き、2012年からはパリSGでプレー。同クラブで通算95試合に出場し81ゴールを挙げている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00228922-soccerk-socc
    続きを読む

    tumblr_nbe2beangX1t7h8o0o5_500
     日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは4日、TSVシュタインバッハ(6部)と練習試合を行い、6-0で勝利を収めた。内田は先発し、前半だけプレー。シャルケの一員としては実に207日ぶりとなるカムバックを果たしている。

     2月9日、対ハノーファー戦で太もも裏の肉離れを負い戦列を離れた内田は、驚異的な回復を見せてブラジル・ワールドカップに出場。しかし今夏、チームに合流してから膝蓋腱炎を発症し、再び個人での調整が続いていた。

     4日、ドイツ紙『ビルト』が報じた内容によると、現役時代に同じく膝蓋腱炎に悩まされたチームマネージャーのホルスト・ヘルト氏は、内田について「我々 にとって非常に重要な選手だ。だからこそ、慎重にならなければならない。『今日痛くても、明日は痛くない』なんてこともザラにある。慢性的な痛みに苦しめ られる可能性があるため、安易に考えてはいけないんだ」と話しているという。また、同紙は、「最悪の場合、膝蓋腱を除去する必要があり、その後はひざを まっすぐ伸ばすことも不可能になる」とも、記している。

     しかし、同マネージャーが話したように、内田がシャルケの重要な戦力と考えられているのは明らか。同選手が開幕に間に合わないことが判明しようとも、同クラブは今夏、右サイドバックの補強を行っていない。
     
     13日に行われるブンデスリーガ第3節のボルシアMG戦で内田が復帰できるか、イェンス・ケラー監督を含め、首脳陣は注意深く見守っていくようだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00228891-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ