海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 21:35:47.42 ID:???*.net
    日本代表FW本田圭佑が所属するミランが、同MF香川真司の所属するドルトムントのイタリア代表FWチーロ・インモービレの獲得を目指しているとイタリア・メディア『メディアセット』が23日に報じた。

    ミランは、今冬の移籍市場でローマから期限付き移籍で加入したイタリア人FWマッティア・デストロの完全移籍のオプションを行使せず、インモービレの獲得に動くと報じられている。

    インモービレには、ミランのほか、リヴァプールも関心を強めていることも伝えられている。

    昨シーズンのセリエA得点王のインモービレは、昨夏の移籍市場でトリノからドルトムントに完全移籍。1850万ユーロ(約24億円)の移籍金で新加入したものの、今シーズンのブンデスリーガでは19試合の出場で3得点と本来の力を発揮できずにいる。
    2015-04-24_21h58_30
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00305482-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429878947/

     
    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 17:39:24.31 ID:???*.net
    横浜F・マリノスは24日、明治安田生命J1リーグ1stステージ第7節・湘南ベルマーレ戦に向けて前日練習を行った。

     ホーム通算600点まであと1ゴールとなっている横浜FM。FWアデミウソンは「まずはチームが勝つことが大事」と話すも、「チャンスがあって取れたら嬉しい」と意欲を見せた。

     大きな期待を背負って加入したものの、ここまでノーゴールが続いている。本人のキャリアでも「レギュラーとして出ているチームでこれだけ決められないのは初めて」だという。

     だが、彼はゴールだけを目標にしているわけではない。自身の考えを説明する。

    「例えば自分のことしか考えずにプレーしていたら、もしかしたらゴールを決めていたかもしれない。でもそれはチームに悪影響を与える」

     中村俊輔、ラフィーニャといった攻撃の選手も復帰し、今節も途中出場する可能性が高い。アデミウソンは2人への信頼を示し、特に中村に対しては「日本のクラッキ」と称賛した。

     現在11位と出遅れた横浜FM。アデミウソンは加入後初ゴールを挙げ、チームを勝利に導くことができるだろうか。
    2015-04-24_20h22_20
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150424-00010019-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429864764/

     
    続きを読む

     チャンピオンズリーグ準決勝の組み合わせ抽選会が24日に行われた。

     前回大会で通算10度目の優勝“ラ・デシマ”を達成したレアル・マドリードは、2002-03シーズン以来12年ぶりの決勝、1995-96シーズン以来19年ぶりの優勝を目指すユヴェントスと対戦。前回大会ではグループリーグで対戦し、レアル・マドリードの1勝1分となっている。

     前々回大会王者で通算6度目のチャンピオンを目指すバイエルンは、2010-11シーズン以来、通算5度目の優勝を狙うバルセロナとの対戦が決定。2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝以来の対戦となり、その際はバイエルンが現在の同クラブ指揮官であるジョゼップ・グアルディオラに率いられたバルセロナを2戦合計7-0で粉砕している。

     準決勝ファーストレグは5月5日と6日、セカンドレグは12日と13日に開催。決勝は6月6日、ドイツのベルリン・オリンピアシュタディオンで開催される。

    ■準決勝対戦カード
    バルセロナ(スペイン) vs バイエルン(ドイツ)
    ユヴェントス(イタリア) vs レアル・マドリード(スペイン)
     2015-04-24_19h30_08
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/24(金) 15:13:27.96 ID:???*.net
    以前からマンチェスター・シティが引き抜きを画策していると伝えられる一方で、20日に開かれたCL準々決勝第2レグポルト戦の前日会見で「来年もここにいる」と残留の意思を口にしていたバイエルンのジョセップ・グアルディオラ監督について、クラブのCEOカール・ハインツ・ルンメニゲが発したコメントをドイツ『ビルト』紙が報じている。

    シティを筆頭に他クラブからの関心が報じられてきたグアルディオラの去就に関して、「そのことについては心配していない。(他クラブから求められるというのは)我われの指揮官が優秀であることを示すに過ぎないからね」と余裕を見せるバイエルンの、旧西ドイツ代表のレジェンドは、続けて「(シティのフットボールディレクターを務める)ベギリスタインがかつてバルセロナでペップとともに仕事をしていたことも知っている。

    たが、ペップ・グアルディオラがシティのようなクラブに行くことは、私には想像できない」と発言。シティはグアルディオラにはふさわしくない、との考えを暗に示した。

    さらに、「少なくとも(現契約が満了となる)2016年6月30日までは、彼は我われの監督であると確信しているよ。今シーズン終了後、2015年の下半期になったら交渉を始めることで合意している。ペップ・グアルディオラと契約を延長するのが目標だ。2016年以降もペップが我われの監督である可能性は十分にあると思っているよ」と語り、契約更新への自信をのぞかせている。
    2015-04-24_17h05_15
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150424-00010000-fballista-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1429856007/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ