海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    B2EufPuIgAAfH1s
    ミランのフィリッポ・インザーギ監督にとってうれしくない知らせだ。MFナイジェル・デ・ヨングが負傷したのである。

    デ・ヨングはフース・ヒディンク監督が率いるオランダ代表に招集されていた。オランダはEURO2016予選でラトビアと対戦し、その後メキシコとの国際親善試合に臨む。だが、デ・ヨングは大腿二頭筋を痛めたことで、代表チームを外れることになったのだ。

    このため、デ・ヨングは代表ウィーク後の23日に行われるインテルとのダービーマッチに出場できるか疑わしくなっている。ミランは前節でサンプドリアと対戦し、2-2と引き分けているが、デ・ヨングはこの一戦でフル出場していた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/9454142/
    続きを読む


    2014-11-11_09h22_36
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 23:49:33.17 ID:???*.net
     9日に行われたインテル対ヴェローナの試合でルカ・トーニのPKを止めてインテルを敗戦の危機を救ったサミール・ハンダノビッチが驚くべき記録の持ち主であることが分かった。

    彼はこの試合でセリエA通算20本目のPKセーブとなったようだ。大手サッカーデータ提供サービス『Opta』が伝えている。

    セリエA通算20本のPKセーブは歴代2位の記録。1位は元イタリア代表でインテルでも活躍したジャンルカ・パリュウカ氏の持つ24本だ。しかし、パリュウカ氏は40歳まで現役を続けたうえでの記録のため、現在30歳のハンダノビッチのペースは驚異的と言える。

    20本セーブしてきたということは、PK阻止率も非常に高く、これまでに与えたPKの数から算出すると40%近い確率で止めていることになる。

    ウディネーゼに在籍していた2011-12シーズンには1シーズンで6本のPKを止めるセリエA新記録も樹立した。また、今季は3本PKを与えて未だに1本も決められていない。

    文字通り「最後の砦」としてゴールマウスに君臨するハンダノビッチ。

    11試合を終えて9位、さらに14失点と守備に不安を抱えるインテルに、もし彼がいなかったらどうなってしまっているのだろう。想像するだけでも恐ろしい話だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141110-00010026-footballc-socc

    サミール・ハンダノビッチ
    http://www.inter.it/jp/squadra/G0898
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415630973/


    続きを読む

    no title
    ◆キリンチャレンジカップ2014第1戦 日本―ホンジュラス(14日・豊田スタジアム)

     日本代表は10日、愛知県内で合宿をスタートさせた。セリエAで4戦連続、代表でも6戦連続不発のFW本田圭佑(28)=ACミラン=は「当然ストレス はある」とし、無心で結果を出して逆襲すると誓った。ハビエル・アギーレ監督(55)は母国メキシコでの表彰式のため、この日のミーティング後に帰国。だ が、不在時の練習法など具体的な指示はなく、初招集選手を中心に戸惑いの声が上がった。

     ◆本田に聞く

     ―キャプテンについては今回どう考えている?

     「(遠藤ら)経験のある選手も戻っている。前日、当日までどうなるかも分からないが、キャプテンを与えられたからといって、役割は変わらない」

     ―アギーレ監督が一時不在となる影響は?

     「監督はすごい賞をもらいに自国へ帰る。当然、監督も協会も2試合の重要性は理解していて、(表彰式の)日程変更を要請したけど実現しなかった、と聞い ている。(ホンジュラス戦の)前日には帰ってくるわけだし、2~3日の話でしょう。監督がいようがいまいが、大事な2試合という位置づけは変わらない」

     ―右サイドでは、内田との共闘も期待される。

     「篤人は間違いなく、日本でも数少ない経験を持っている選手だと思う。彼が入ることで、間違いなく代表はパワーアップするはず」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000290-sph-socc
    続きを読む

    no title
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 20:34:55.46 ID:???*.net
    サッカー日本代表のMF本田圭佑(28)=ACミラン=が10日、『ストレス』を連発した。同日午前に中部国際空港着の航空機でDF内田ら欧州組5人とともに帰国。

    ホンジュラス戦(14日・豊田ス)に向けた愛知県内の代表合宿初日の練習を終えて、所属するACミランでリーグ戦4戦不発に終わってい現状に言及した。

    「当然、ストレスよね。チームが勝ち点が(思うように)とれていないというストレス。チームが良い方向に回っていないストレスがあるのは当然でしょ」と消化不良でのアギーレ・ジャパン合流であると明かした。

    本田はミランでは今季11試合すべてに先発し、右FWに定着。開幕7戦6発で一時はイタリア1部・セリエAの得点ランク首位に躍り出るなどストライカーとして覚醒した。

    だがここ4戦は不発でチームも3分け1敗と勝ち点を伸ばせていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000188-sph-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415619295/


    続きを読む

    no title
    1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 18:56:46.13 ID:???*.net
     ワールドカップ(W杯)ブラジル大会以来の代表復帰となった内田の表情がさえない。注目を集めた“代表引退宣言”に絡む一部報道に「しゃべってこなかったのにしゃべったように書いてあって怖い」とぼやく。

     怒りは収まらない。「W杯が終わってから一言も話していないのに、代表に復帰する、しないの話が進んでいく」とまくし立て、「しゃべらなくても記事をかけるのならもうしゃべらない」と皮肉混じりに批判した。

     体調も万全ではない。今季出遅れの原因となった右ひざの不安は解消しておらず、8日の試合中に踏まれた左手の包帯も痛々しい。試合出場については「(出場は)ドクターと話し合ってから」と煮え切らなかった。

     本田は「誰もが認めるサイドバックが入ることでチャンスができる。選手が競い合えばチームに底力もつく」と復帰を歓迎する。26歳の実力者に精神的、肉体的準備が整うまでにしばらく時間がかかるかもしれない。(奥山次郎)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000554-san-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415613406/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ