海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    tumblr_n6hi7lJMzH1qhhaooo1_500
    オランダのVVVフェンロー、ロシアのCSKAモスクワを経て、子どもの頃からの夢だったイタリア・セリエAのACミランへの移籍、そしてワールドカップ出場を決めた日本代表での活躍……。

    サッカー日本代表・本田圭佑のワールドカップ直前500日に密着した「プロフェッショナル 仕事の流儀」特別編「本田圭佑スペシャル2014 第1回 密着“世界一”への道 500日の記録」が6月2日、NHK総合で放送された。

    取 材は2013年1月5日、石垣島での極秘の合宿から始まる。世界陸上のケニア人メダリスト、サリム・キプサングを招き行われた、本田が苦手としている“走 ること”の強化を念頭においたトレーニング。これは、2012年W杯アジア最終予選のオマーン戦で、猛暑に体力を奪われミスを連発した反省から自主的に計 画したものだという。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8898854/
    続きを読む

    tumblr_n6ksb8OUSm1sku3jmo5_500
    0-1の劣勢でも本田圭佑は冷静だった。60分、カウンターから香川真司のクロスを受ける と、胸トラップからの流れるような動きで正確なクロスを送り、遠藤保仁の同点弾をアシストした。しかし試合後のミックスゾーンでは、記者の呼びかけに一切 答えることなく、無言のまま通路を抜けて行った。

     一昨日のスポーツ紙の1面で、昨年末に出術したのど元の傷痕を大きく掲載されたせいか もしれない。そんな本田をチームメイトも気遣った。岡崎慎司が「体が重いとか、怠いとかいうより、(本田は)チームの信頼がある。もっともっとキレとプ レースピードを上げて欲しい。絶対と言うことはないけど信頼している。ボールを預ければ必ず返って来る。皆もプレースピードのアップは要求している」と、 本田が本調子ではないことを認めながらも、チームメイトが厳しい要求を出していることを明らかにした。

     去年9月のガーナ戦以来のゴール を決めた遠藤も、「まぁ、残りの期間でトップコンディションになると思う。もちろん(チームも)サポートしないといけないし、信頼もしている。今日も要所 要所で良いプレーがあったので、これからコンディションを上げて行くと思う」と本田の復調を期待し、それを信じて疑わないことを彼なりの淡々とした口調で 話していた。

    続きは↓のリンク先で
    http://news.livedoor.com/article/detail/8897890/
    続きを読む

    7634b3cb
    W杯ブラジル大会の開催が迫ってきた。テレビ朝日「やべっちF.C.」では、ケガから復帰した日本代表キャプテン・長谷部誠にサッカー解説者・名波浩氏がインタビューを行った模様を伝えた。

    ケ ガをした時のことを「(1月14日)スペイン合宿だったんですけど、練習試合で前半15分か20分くらいに膝に違和感あるなっていう感覚になったんです」 と切り出した長谷部は、「監督に違和感あるから交代するっていう合図を出したんですけど、“違和感だったら続けろ”って言われて。次の日起きたら多少腫れ てたので病院に行って。半月版に傷が入っていた」と経緯を説明した。

    2月には新たな傷が見つかり、2回目の手術を行っている長谷部。この 時のことについても「チームに合流してサッカーをやるようになると練習後に腫れが酷くなって、この腫れはちょっと普通じゃないと。それで水を抜いた時にド ス黒い血が出てきてMRIを撮ったらまた新しい傷が入っていた」と話す。

    手術後は国立スポーツ科学センター(JISS)でリハビリを行 い、ここに通う他競技のアスリート達とも親交が生まれたという長谷部。リハビリ中は、同じくJISSでリハビリに励んだ内田篤人が言いだしっぺとなり、皆 で食事をする機会も。こうした交流から改めて自分の置かれる環境に感謝したという。

    それでも、「内田がリハビリのところで“長谷部さんが ご飯連れてってくれるらしいよ”って皆に言って。“いや、いいよ・・・”って。内田はふざけたヤツですよ」と苦笑いを浮かべた長谷部は、名波氏から内田が 過去のインタビューで「長谷部さんを助けたい」などと陰ながら彼をサポートしていたことを聞くと、「あの内田が」と驚きの表情を浮かべた。

    ま た、「でも空気は読みますよ、彼は。例えば、アップとかでもアイツも出来るだけ先頭走ったりとか・・・」と、長谷部は話を続けたが、ここでも名波氏から 「それがね、なぜ前にいるか。キャプテンが前にいるから、見ながらやってるらしい」と聞かされると、「アイツ大分、俺のこと好きですね」と今度は照れ笑 い。おどけながらも「色々考えてくれているんですね」と感心した様子を見せたが、名波氏が「決して次に(キャプテンマークを)巻きたいとかじゃない」と言 われると、そこは「絶対、巻けないと思いますよ」とキッパリ言い切った。

    そんな長谷部や内田が担う右サイドは長友佑都、香川真司、遠藤保 仁ら強力攻撃陣が揃う左サイドに比べると、守備機会の方が多くなりがちだ。本題に話が移ると、「右サイドの内田だったり、岡ちゃん(岡崎)だったり、(酒 井)宏樹や清(清武)が出たりもするんですけど、(彼らと)話すのは“左に負けてらんねぇな”、“俺らもちょっと崩そうぜ”って。対抗意識を持ちながら話 してるんですけど最終的には“俺ら、ああいうタイプじゃねーな”って」と苦々しく笑った。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8894794/
    続きを読む

    tumblr_n6kptpKupx1r7jzw9o1_500
    ◇国際親善試合 日本代表3―1コスタリカ代表(2014年6月2日 米国・タンパ)

     ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、米国フロリダ州で合宿中の日本代表(FIFAランク47位は2日(日本時間3日)、コスタリカ代表(同34位)と国際親善試合を行い、3―1で逆転勝ちした。

     MF香川は前半から大迫へクロスを送り、自らも積極的にシュートも放つなど好機を演出。後半15分には本田にパスを送って同点弾に絡み、同35分にはカ ウンターからドリブルで突破すると、柿谷とのワンツーから相手ディフェンスラインを崩し、難しい体勢から右足で勝ち越しゴールを決めて勝利に貢献した。

     試合後、香川は「逆転で勝ちきって、失点も最小限に抑えられて良かった」と手応えの表情で振り返りながらも、「前半で1点ほしかった。先制される前に取 らないと本番は厳しい戦いになる」と反省の言葉も口にした。先月27日のキプロス戦では総走行距離が9キロと運動量が落ち込み、コンディションが心配され たが「すごくいい状態。これで(W杯)初戦を迎えられるようにキープしてやっていきたい」と明るい表情で語った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000089-spnannex-socc
    続きを読む

    2014-06-03_12h08_54
    [6.2 国際親善試合 日本3-1コスタリカ タンパ]

     米フロリダ合宿中の日本代表は現地時間2日(日本時間3日)、タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムでコスタリカ代表と対戦し、3-1で逆転勝ち した。前半31分に先制を許したが、後半15分、後半開始から出場のMF遠藤保仁が同点ゴールを決めると、後半35分にFW香川真司が勝ち越しゴールを 奪った。後半アディショナルタイムには途中出場のFW柿谷曜一朗がダメ押しゴール。3-1で快勝した日本は6日にも同地でザンビア代表と対戦し、翌7日に W杯が開催されるブラジルへ出発する。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140603-00135992-gekisaka-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ