海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    450387_heroa
     レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがイギリス紙『 デイリーメール』のインタビューに応じ、古巣マンチェスター・Uについて言及した。3日に同紙が伝えている。

     C・ロナウドは2003年にスポルティング・リスボンからマンチェスター・Uへ加入。在籍した2009年までに、チャンピオンズリーグ制覇とプレミアリーグ連覇を達成している。

    「私はユナイテッドを愛している」と語るC・ロナウドは、「それは何度も同じことを言っているので誰もが知っていることだ。ユナイテッドは私の心の中にあ る。熱狂的なサポーターも、親友もそこにはたくさんいる。私は、いつか戻りたいと思っている」と古巣への復帰願望を明かした。

     マンチェスター・Uは今夏、S・リスボンからDFマルコス・ロホ、レアル・マドリードからMFアンヘル・ディ・マリアのアルゼンチン代表2選手を獲得す ると、移籍最終日となる1日にはアヤックスからオランダ代表MFダレイ・ブリント、さらにはレンタル移籍でモナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカ オを獲得した。

     C・ロナウドは、マンチェスター・Uの積極的な補強について「去年は恐ろしいシーズンだったが、今年はディ・マリアもファルカオも入ったし良くなると思 う」とコメント。「彼らはトッププレーヤーだ。間違った補強だとは思わない。マンチェスターは3試合で勝ち点2しかなく、良いスタートは切れなかった。ク オリティの高い選手を必要としていたんだ」と古巣の補強を評価している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00228806-soccerk-socc
    続きを読む


    tumblr_narzinf3bL1r90nv2o1_500
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 16:54:34.13 ID:???0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000051-dal-socc
    サッカーイタリア1部リーグ(セリエA)開幕戦でゴールを決めたACミランの日本代表FW本田圭佑に イタリアが注目した。4日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが「再発見 ミランの本田」として特集を組んだ。

     それによると、新しい本田はインザギ監督も見間違えるようなプレーで納得させた。また「トーレス、ボナベントゥーラの新加入、パッツィーニの復帰などはあるが、誰も本田のポジションを奪うことはできない。監督は本田の起用が安定策と考えている」とレギュラー争いに有利だとした。

     また時にはベッカムと同じドライバーの送迎でミラノの中心地でショッピングをしていることや、プライバシー重視で長男誕生を1年も公にしなかったエピソードなども報じた。
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409817274/

    続きを読む

    2014-09-04_15h40_58
    4日、Jリーグは規律委員会において、川崎フロンターレ所属のFW大久保嘉人に対し2試合の出場停止処分を科すことを決定した。

     8月30日に行われたJ1第22節名古屋グランパス戦で、大久保が看板広告を破損させたとの報告を受け、映像や写真等を確認した上で審議を行った結果、 試合中にスタジアム内の広告看板を蹴り損壊させた行為は、「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」に相当すると判断さ れ、2試合の出場停止処分が下った。

     これにより大久保は、13日のJ1第23節徳島ヴォルティス戦、20日のJ1第24節FC東京戦に出場できないことが決定した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00228746-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-09-04_13h41_26
    [9.3 国際親善試合 ドイツ2-4アルゼンチン]

     アルゼンチン代表は3日、ドイツ代表と国際親善試合を行い、4-2で勝利した。W杯決勝の再現となった一戦で大勝をおさめたアルゼンチン。W杯決勝を無念の負傷欠場となったFWアンヘル・ディ・マリアが1ゴール3アシストとすべてのゴールに絡む大活躍で、勝利に導いた。

     完勝だった。敵地戦とは思えないほど、主導権を握りながら試合を進めたアルゼンチンは前半20分、ディ・マリアが左足アウトサイドで絶妙クロスを上げる と、FWセルヒオ・アグエロが右足で合わせて先制。同40分にはディ・マリアがスルーパスで右サイドを抜けると、狙い澄ましたクロスをFWエリク・ラメラ が左足ボレーで合わせる。

     後半に入ってすぐの2分に得たFKをディ・マリアが蹴り入れると、DFフェデリコ・フェルナンデスが打点の高いヘディングシュートでゴールネットを揺ら す。同7分には右サイドを抜けたディ・マリア自らダメ押しとなるループシュートを決めて、世界王者ドイツにトドメを刺した。

     ディ・マリアは、ブラジルW杯では準々決勝のベルギー戦の前半に右足を痛め、途中交代を強いられた。アルゼンチンはこの後、決勝まで勝ち進んだが、ディ・マリア自身は準決勝、決勝の舞台に立つことはなかった。

     『ESPN』によると、試合前、リベンジマッチと煽る周囲をよそに、「単なる親善試合だ。それ以上の何でもない」と静かに闘志を燃やしていたディ・マリア。静まりかえったデュッセルドルフ・LTUアレナが、“仕事人”が完璧な任務を遂行したことをあらわしていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00138840-gekisaka-socc
    続きを読む


    pre14083111430008-p1
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 11:10:50.63 ID:???0.net
    いまだ公式戦未勝利も「現状は想像していたよりも悪くない」

     就任以来、いまだ公式戦で勝ち星がなく、メディアとサポーターから批判を浴びているマンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が「トットナムの監督の方が楽」と“KY発言”に及んだという。英地元紙ミラーが報じている。

     昨季リーグ7位に終わった名門再建を託されながら、いまだ公式戦で勝ち星がないオランダ人監督。総額150万ポンドの移籍金を夏のマーケットに投入したことで、さらなるプレッシャーにさらされることになったが、「この仕事を引き受けたことに後悔はない。確かにマンチェスター・ユナイテッドを率いることは大きな仕事だ。だが、現状は想像していたよりも悪くない」と強気な姿勢を崩していないという。

    「自分はもっと楽な仕事を選ぶこともできた。もしも、トットナムに行っていたら、仕事はユナイテッドほど大変なものではなかった。私にはスパーズに行くことは簡単なことだった。だが、私はフットボール界で最も大変なチャレンジに挑むことになる。私はトットナムではなく、この国のナンバー1クラブに加わりたかった」

     ブラジルワールドカップでオランダ代表を3位に導いた指揮官にはプレミアの強豪トットナムからのオファーがあったようだが、昨季マンUよりも1つ順位が上だったトットナムと若き名将マウリシオ・ポチェッティーノ監督を見下すような発言は、まさに“KY”というしかない。

     同紙によると、ファン・ハール監督は「金銭的にはトットナムもユナイテッドと同じように魅力的だったが、ユナイテッドはいまだイングランド最高のクラブ。トットナムは違う」とも発言。トットナムを引き合いに出しながら、マンUの監督を率いる厳しさをひたすら強調していたという。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140904-00010001-soccermzw-socc
    引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1409694733/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ