海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします




    news_172347_1

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 02:22:41.95 ID:???*.net
    [9.20 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント3-0レバークーゼン]

    ブンデスリーガは20日、第5節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでレバークーゼンと対戦し、3-0で勝った。トップ下でフル出場した香川は前半19分の先制点をアシストすると、後半13分に自ら追加点。チームの開幕5連勝に大きく貢献した。

    開幕4連勝中の勢いそのままに立ち上がりから攻勢に出るドルトムントは前半14分にMFヘンリク・ムヒタリアンがMFイルカイ・ギュンドガンとのワンツーから強烈な右足ミドルを放つ。同15分には香川のサイドチェンジからMFヨナス・ホフマンが右サイドを抜け出し、マイナスの折り返しを香川がワンタッチで落とし、ギュンドガンが右足を振り抜いたが、ゴール左に外れた。

    先制は前半19分。自陣深い位置で相手のスローインをDFマッツ・フンメルスが跳ね返すと、こぼれ球をハーフウェーライン手前から香川が倒れ込みながら左足で前線にロングフィードを送る。GKベルント・レノがゴールを空けて飛び出すが、目測を誤ってクリアし切れず、ホフマンが無人のゴールへ右足で流し込んだ。

    香川は2試合ぶり今季3アシスト目。ドルトムントが先制に成功した。レバークーゼンも直後の前半20分、MFハカン・チャルハノールのスルーパスにFWハビエル・エルナンデスが抜け出したが、右足アウトサイドで狙ったシュートは枠を捉え切れない。同38分には今夏の移籍市場でドルトムントから加入したMFケビン・カンプルが右足でシュートを打ったが、GKロマン・ビュルキが抑えた。

    1点差で折り返した後半立ち上がりに両チームがビッグチャンスを迎える。ドルトムントは後半6分、MFユリアン・バイグルのスルーパスからFWピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール前に抜け出すが、GKが1対1でセーブ。レバークーゼンも直後にエルナンデスが決定機を迎え、後方から押し倒されたように見えたが、主審の笛は鳴らなかった。

    すると後半13分、ドルトムントは相手陣内でDFマティアス・ギンターがボールを奪い、右サイドに開いたホフマンにパス。縦に抜け出したホフマンがマイナスに入れたボールをギュンドガンが横につなぎ、
    ムヒタリアンのラストパスに香川が反応した。PA内右で受けると、競り合いながら右足アウトサイドでシュート。これがゴール右隅に吸い込まれ、待望の追加点を奪った。

    香川のリーグ戦でのゴールは3試合ぶり今季2得点目で、ELプレーオフを含めると公式戦5ゴール目。後半19分にはホフマンに代わってMFアドナン・ヤヌザイがピッチに入った。同29分、ギンターが獲得したPKをオーバメヤンが決め、3-0。勝利を決定づけた。

    後半31分、右サイドのスペースを突いたオーバメヤンがマイナスのクロス。ヤヌザイが滑り込みながら左足で合わせたが、クロスバーを大きく越えた。ヤヌザイの後ろでは香川がより良い体勢で待っていたが、ボールは届かず、思わず大きなジェスチャーで悔しがった。

    最後まで攻め続けたドルトムントだが、試合は3-0で終了。開幕から無傷の5連勝で勝ち点を15に伸ばすと、得失点差でバイエルンを抑え(ドルトムント+15、バイエルン+13)、首位をキープした。DFBポカール、ELを含めると、公式戦11戦11勝。トーマス・トゥヘル新監督を迎えたドルトムントの快進撃はまだまだ止まらなそうだ。

    ゲキサカ 9月21日(月)2時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-01108669-gekisaka-socc

    ホフマン 19' 1 - 0  
    香川真司 58' 2 - 0  
    P・オバメヤン(PK) 74' 3 - 0
     
    ドルトムント:
    ビュルキ;フンメルス、パパスタソプロス■、ギンター、シュメルツァー、ホフマン(64分ヤヌザイ)、ギュンドアン、ムヒタリアン(81分ラモス)、香川真司、ヴァイグル、P・オバメヤン(88分カストロ)

    http://www.bundesliga.com/jp/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442769761/

     
    続きを読む

    2015-09-20_23h25_30

    香川の貴重な追加点でドルトムントが2-0でリード!この試合1G1Aの活躍中

     続きを読む

    2015-09-20_23h25_30

    香川のロングパスからホフマンがゴール!ドルトムントが先制!

     続きを読む

    2015-09-20_23h25_30


    続きを読む


    news_172329_1
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 21:40:00.84 ID:???*.net
    セリエAは20日、第4節を行い、DF長友佑都の所属するインテルは敵地でキエーボと対戦し、1-0で競り勝った。これで無傷の開幕4連勝を飾り、首位をキープ。早くも今季3度目の“ウノゼロ”(イタリア語で1-0の意)となった。長友はベンチ入りしたが、2試合連続で出番がなかった。

    開幕3連勝中のインテルがこの日も勝負強さを見せた。0-0の前半42分、左サイドのスローインからMFジョフレイ・コンドグビアがゴール前にアーリークロス。相手DFに当たったこぼれ球をFWマウロ・イカルディが左足で押し込み、先制点を奪った。

    1点リードで前半を折り返すと、後半はインテルが堅い守備でキエーボの反撃を封じる。後半25分にはセンターバックのDFジェイソン・ムリージョがDFアンドレア・ラノッキアと負傷交代するアクシデントもあったが、90分間を無失点で終えた。前節のミラノダービーに続く2試合連続の1-0勝利。4試合で計5得点ながら失点がわずかに1と攻守ががっちり噛み合い、開幕からの連勝を4に伸ばしている。

    ゲキサカ 9月20日(日)21時34分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-01107796-gekisaka-socc

    [9.20 セリエA第4節 キエーボ0-1インテル]

         42' イカルディ

    キエーヴォ:
    ビサーリ;ガンベリーニ、ツェサル、ゴッビ、フレイ、リゴーニ■(80分ペーペ)、カストロ、ビルサ(76分ムポク■)、ヘテマイ、パロスキ(68分イングレーゼ)、メッジョリーニ■

    インテル:
    ハンダノヴィッチ;アレックス・テレス、サントン、ムリージョ(70分ラノッキア)、コンドグビア(85分ブロゾヴィッチ)、グアリン■、メデル、ペリシッチ、フェリピ・メロ、イカルディ、ヨヴェティッチ(75分パラシオ)

    http://www.gazzetta.it/trsport/tempo-reale/Gara.shtml?match_config=828411&comp=21&day=4&anno=2015
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1442752800/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ