海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    24806411
    セリエAのナポリが、エールディビジのフィテッセに所属するFWハーフナー・マイクの獲得を検討しているようだ。オランダメディア『AD.nl』が報じている。

     今季限りで契約が満了するハーフナーは、フィテッセが契約延長を打診しているものの退団が濃厚とみられている。同メディアによると、ハーフナーの代理人が交渉のためナポリに向かったという。また、ブンデスリーガの複数クラブも興味を示していると伝えている。

     ハーフナーは11年12月にJリーグのヴァンフォーレ甲府から2年半の契約でフィテッセに完全移籍。翌12年1月27日のPSV戦で移籍後初ゴールを記 録すると、12-13シーズンにはエールディビジで日本人最多となる11得点を記録した。さらに今シーズンも10得点を挙げて2シーズン連続の2桁得点を 記録していた。

     昨オフにFWエジソン・カバーニら主力を放出たナポリだが、その一方でレアル・マドリーからFWゴンサロ・イグアインら3選手、リバプールからGKペ ペ・レイナらを補強した。欧州CLのグループリーグでは最終戦で敗退となったが、コッパ・イタリア(国内杯)では2年ぶり5回目の優勝を掴み取った。リー グ戦は残り2試合を残して、現在3位につけている

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140510-00135323-gekisaka-socc
    続きを読む

    pre13122011250001-p1
    現地時間11日(以下現地時間)のイングランド・プレミアリーグ最終戦で、首位マンチェスターCのホームに赴く12位ウェストハム。マンCにとってはタイ トルの懸かる一戦となるが、ウェストハムのサム・アラーダイス監督は9日、リヴァプールの主将MFスティーヴン・ジェラードに優勝させてやりたいと語り、 マンC撃破に力を込めた。ロイター通信が報じている。

     残り1試合となったプレミアでは、マンCが2位リヴァプールに勝ち点2差で首位につけており、11日にウェストハムを下せば無条件で2シーズンぶりの優 勝が決まる。この試合を引き分け、リヴァプールがニューカッスルを下した場合は勝ち点で並ばれるが、得失点差で13ものアドバンテージがあるため、引き分 けでも優勝が決まる可能性が高い。

     そうした状況のマンCと対戦するアラーダイス監督は、クラブの公式HP上で「中立的な観点から言えば、リヴァプールが優勝するところを誰もが見たいと 思っているだろう。個人的な意見では、私はスティーヴン・ジェラードが戴冠を果たす姿を見たい。それは彼がリヴァプールで唯一獲得していないものだ。彼は 1つのクラブに全キャリアを捧げてきた選手だ」とコメント。ジェラードの貢献が報われて欲しいとの見解を示した。

    続きは↓リンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140510-00000017-ism-socc

    続きを読む

    402324_heroa
    バルセロナDFダニエウ・アウベスによるライフスタイルのレッスンは、まだ終わっていなかったようだ。4月27日のビジャレアル戦で、開催地マドリガルのスタンドから投げ込まれたバナナを拾って食べ、愚かな人種差別に対して効果的な返答をしてみせたのに続き、今度はそのバナナを投げた26歳の男性に対して理解を示すように訴えたのである。

    バナナを投げた男性は、厳しいリアクションを受けることとなった。ビジャレアルからはマドリガルへの生涯入場禁止を命じられ、クラブとの一切の協力関係を認めないとされた。スポーツ法では2年のスタジアム入場禁止を科された。刑事事件としても逮捕され、人種差別による罪で3年の禁固刑となる可能性がある。

    そして今、男性はビジャレアルの下部組織という職場でも解雇されそうになっている。ビジャレアルによる当初の1万2000ユーロ(約168万円)という罰金に加え、国の内務大臣が求めた6000ユーロ(約84万円)も加わった。

    だが、この男性の“救済”に動いたのがD・アウベスだ。『RAC1』のインタビューで、同選手は次のように述べている。

    「彼にまた仕事をあげてほしい。僕は誰のことも傷つけたくないんだ。おそらく彼は、ジョークをしたかっただけなんだよ。それで大混乱になってしまったんだ。彼が再びチームに戻されることを求めたい」

    「一部バルササポーターの批判? 僕のあり方が受け入れられるなら良いし、そうじゃないなら別のところへ行く。好まれようが、そうじゃなかろうが、僕はこのクラブの素晴らしい歴史の一部なんだ。でも、僕にはエネルギーが必要なんだよ。幸せでいなければいけないんだ」
    http://news.livedoor.com/article/detail/8817702/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ