海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします




     パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、LFP(フランス・リーグ機構)から4試合の出場停止処分を受けたことについて言及した。10日付のフランス紙『レキップ』がコメントを伝えている。

     イブラヒモヴィッチは、3月に行われたボルドー戦で主審を務めたリオネル・ジャフレド氏について、「15年間の選手生活の中で、ここまで最低な審判は初めて見た。このクソな国でな。この国はパリ・サンジェルマンに相応しくない」と侮辱的な発言をした様子がカメラに収められ、フランス・サッカー界だけでなく政治家なども巻き込んだ騒動に発展。発言後、イブラヒモヴィッチはクラブ公式HPを通じて謝罪のコメントを発表したが、9日に4試合の出場停止を科されることが発表されていた。

     この処分に対し同選手は「満足したよ。俺が言ったことが証明されたからな。今、誰もが自分自身の眼で見ることが出来る。今の状況はバカげたものになり、プロフェッショナルなものではなくなっている」と、不満をぶち撒けている。

     続けて、処分が4試合になったことについては「もっと多ければ嬉しかったね。それ(シーズン終了まで出場停止)ならもうバカンスに行くことが出来たからな」と、皮肉たっぷりのコメントを残した。

     自身の発言については「処分される理由がない。俺の発言は審判に向けて言ったものではない。俺たちは普通に話していただけだ。そして彼(ジャフレド主審)もそれを認めている。もしそれが彼に向けられていたのなら、俺は彼に謝っていただろうね」と、あくまで内輪の会話での発言をカメラがとらえてしまったもので、ジャフレド氏に向けた内容ではなかったと主張している。

     イブラヒモヴィッチは、リーグ第33節のニース戦、同34節のリール戦、同32節延期分のメツ戦、第35節のナント戦を欠場することになる。一方、処分の適応は14日からとなるため、11日に行われるフランス・リーグ・カップ決勝のバスティア戦は出場が可能となっている。
    2015-04-11_13h35_51
    続きを読む

    2015-04-10_11h40_59
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/11(土) 05:44:09.58 ID:???*.net
    10日付の英紙ガーディアンは武藤がチェルシーと正式契約した場合、1年目の15~16年シーズンはオランダのフィテッセに期限付き移籍する可能性があると報じた。

    同紙によれば、現在も友好関係にあるチェルシーからフィテッセに多くの選手がレンタルされており、経験を積ませるために武藤にも同様のプランがあると報道した。また、武藤が日本代表で11試合に出場し、慶大の経済学部を卒業したばかりであることなどを紹介した。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/11/kiji/K20150411010146310.html
    2015年4月11日 05:30
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428698649/

     
    続きを読む

    イタリア『fcinternews.it』によると、インテルDF長友佑都が11日のセリエA第30節エラス・ヴェローナ戦で先発出場する可能性があるという。

    インテルはDFダヴィデ・サントンが筋肉の疲労により招集メンバーから外れ、欠場が決まっている。イタリア『スカイ・スポーツ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、右サイドにはDFダニーロ・ダンブロージオが起用される見込みだ。一方、左サイドはDFフアン・ジェズスが入るとみられている。

    だが、『fcinternews.it』は、ロベルト・マンチーニ監督が3バックを採用する可能性も排除はできないとしている。その場合、3-5-2の左サイドに長友が入ることもあり得るそうだ。

    長友は2月に太ももの筋肉を痛めて離脱。前節パルマ戦で招集復帰を果たしたが、出場機会はなかった。約2カ月ぶりの試合出場となるだろうか。
     2015-04-11_11h11_52
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 20:11:01.99 ID:???*.net
    横浜F・マリノスに所属する元日本代表MF中村俊輔が、11日に発売される『ワールドサッカーキング2015年5月 創刊10周年記念特別号海外日本人プレーヤー 蹴球維新』内のインタビューにて、2009-10シーズンに所属したエスパニョール時代について語った。

    2009年6月、セルティックでの名声を引っさげて挑んだリーガ・エスパニョーラ。しかし現実は厳しく、リーグ戦13試合無得点と満足できる成績は残せなかった。失意のスペイン挑戦について中村は「失敗は許されない状況だった。何だかバカにされたまま帰るようで悔しかったけど、うまくいかなかった要因として自分がスペイン語を話せなかったのもいけない」と振り返り、「それまではプレーで納得させることでうまくやってきましたけど、そうじゃない時には言葉の問題も出てくる」と言葉や文化面で上手く適応出来なかったと分析している。

    高校以降はほとんどの場面で成功を収めていた中村にとっては、クラブで味わう実質初めての挫折であり「現地のテレビなんかでも『最悪の補強』みたいに扱われて…。そういう屈辱的な扱いをされたことが悔しいですね。でもサッカー人生にはいろいろあるし、W杯に出られなかった地獄に比べれば…いや、同じくらいかな。そのくらいエスパニョールでは悔しい思いをしました」と、2002年の日韓・ワールドカップで日本代表から落選して以来となる屈辱だったという。

    それでも、当時の苦悩については「あの経験があったから、俺はまだやれている気がする。そういう経験があったからこそ、もっとやりたいというか、うまくなりたいという気持ちを持ち続けられているんだと思います」と述べ、2013年に横浜FMで自身2度目となるJリーグ最優秀選手賞(JリーグMVP)を獲得できた要因になったと明かしている。

    11日に発売される『ワールドサッカーキング2015年5月 創刊10周年記念特別号 海外日本人プレーヤー 蹴球維新』内のインタビュー内では、過酷な環境でのプレーを強いられたレッジーナ時代や、チャンピオンズリーグでマンチェスター・Uを相手に直接FKを決めるなど大活躍を見せたセルティックでの4シーズン、過去のチームメートとの逸話などを赤裸々に語っている。
    2015-04-10_21h23_40
    SOCCER KING 4月10日(金)19時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00300590-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428664261/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ