海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします




    2015-04-07_21h49_24

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 21:02:07.97 ID:???*.net
    [4.7 ACLグループリーグ第4節 鹿島2-1広州恒大 カシマ]

         1 - 0 19 遠藤康(PK)  
         1 - 1 74' エウケゾン
         2 - 1 93 高崎寛之

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第4節が各地で行われた。H組の鹿島アントラーズはホームでグループ首位広州恒大(中国)と対戦し、2-1で勝利した。

    鹿島はここまで3連敗。今節の結果次第で敗退が決まる可能性があった。相手は3月18日の敵地戦で3-4と競り負けている中国王者の広州恒大。また、鹿島にとっての大一番に、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督も観戦に訪れた。

    立ち上がりから鹿島が形を作った。前半8分にはMF柴崎岳のCKをMF遠藤康がヘディングで合わせる。このシュートはDFの網に引っかかってしまったが、同19分、鹿島は遠藤のアーリークロスが相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。これをこの日、27回目の誕生日を迎えた遠藤自らが沈め、先制に成功した。

    ただ、広州恒大も徐々に盛り返す。しかし、前半28分のFWエウケソンの抜け出しには、GK曽ヶ端準が判断のいい飛び出しで防ぐ。同34分のエウケソンのFKも、曽ヶ端が手に当てると、ポストに救われる幸運があり、同点弾を許さなかった。

    後半、先に決定機を迎えたのは鹿島。6分、MF梅鉢貴秀の横パスを受けた柴崎がコースを突いた右足シュートを放つ。しかし、GKリー・シュアイの好セーブに防がれ、追加点が奪えない。鹿島リードの展開ながら、重苦しい空気が漂い出す。

    すると後半29分に予感が的中。左サイドからFWガオ・リンにクロスを許すと、DF昌子源に競り勝ったエウケソンに左足で押し込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。

    しかし、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。柴崎のFKから途中出場のFW高崎寛之が決めて鹿島が勝ち越し。劇的勝利を飾った鹿島は、グループ最下位のままだが、突破に望みを繋げた。次節は21日、適地でのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)戦となっている。

    ゲキサカ 4月7日(火)20時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00420242-gekisaka-socc

        
    鹿島アントラーズ:
    曽ヶ端準■;西大伍、ファンソッコ■、昌子源■、山本脩斗、柴崎岳、梅鉢貴秀■(82分青木剛)、カイオ、遠藤康(82分中村充孝)、土居聖真(78分高崎寛之)、金崎夢生

    広州恒大:
    李帥;梅方、張琳?、キムヨングォン、馮粛霆(65分鄒正■)、劉健■(65分鄭智■)、黄博文■、趙旭日、リカルド・グラル(89分于漢超)、エウケゾン、?林
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428408127/

     
    続きを読む

    no title
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 17:06:32.65 ID:???*.net
    規律委員会において2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節の試合で起きた行為に対し、キム ミンヒョク選手(サガン鳥栖)の処分を下記のとおり決定いたしました。

    【処分内容】
    4試合の出場停止

    【出場停止試合】
    2015Jリーグヤマザキナビスコカップ
    2015年4月8日(水)開催 予選リーグAグループ第3節
    アルビレックス新潟 vs サガン鳥栖

    2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ
    2015年4月12日(日)開催 第5節 サガン鳥栖 vs モンテディオ山形
    2015年4月18日(土)開催 第6節 ヴァンフォーレ甲府 vs サガン鳥栖

    2015Jリーグヤマザキナビスコカップ
    2015年4月22日(水)開催 予選リーグAグループ第4節
    FC東京 vs サガン鳥栖

    【処分理由】
    2015年4月3日(金)2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節(鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖)の試合において、キム ミンヒョク選手は鹿島アントラーズ金崎夢生選手に対するホールディングの反則により、主審より警告を命じられた。その際、倒れた金崎選手を左足で踏みつける行為が映像により確認され、この一連のプレーに関し、Jリーグ規律委員会に対して鹿島アントラーズより所定の手続きに則り申請があった。同委員会にて申請を基に、同行為について映像を用いて確認・検証し、また、審判員・マッチコミッショナー等およびキム選手にも事実関係を確認した。

    上記の事実関係の確認を踏まえ、本件について(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、キム選手の金崎選手の顔部分を踏みつけた行為は、「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当し、試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」と判断、4試合の出場停止処分とする。

    2015/04/07 16:31
    http://www.jleague.jp/release/post-34744/

    【お詫び】キムミンヒョク選手への処分について| サガン鳥栖
    http://www.sagan-tosu.net/news/info.html?seq=245
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428396516/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 13:53:50.33 ID:???*.net
    ビッグクラブへの移籍は必ずしもバラ色の人生ではない。

    チェルシーへの移籍報道があったからだろう。4月6日の小平グランド(FC東京の練習場)は、報道陣で賑わっていた。

    しかし、お目当ての武藤は2日前の甲府戦(J1・4節/結果は1-0でFC東京の勝利)で首と肩を負傷していた影響もあり、身体のケアを優先して練習後の囲み取材には応じなかった。

    FC東京のクラブ関係者は「なにも聞いていない」という武藤のチェルシー移籍が、果たして今夏に成立するかは現時点で分からない。たとえ本人に訊いたとしても、それに関してはなにもコメントしないだろう。

    ガセか、真実か。それは時間が経てばいずれ分かること。こうした移籍話が出て、なにより気になるのは「このタイミングで武藤はビッグクラブに移籍すべきか」という点だ。

    確かに昨季はプロ1年目ながらJ1で新人最多タイの13ゴール。ベストイレブンに選ばれ、今年1月にはハビエル・アギーレ監督の“秘蔵っ子”としてアジアカップにも参戦した。

    アタッカーとしてのポテンシャルは一級品で、プロになってわずか1年足らずでそれなりの実績も作ったが、武藤は現時点でチェルシーに相応しいタレントとはどうしても思えない。

    ビッグクラブに移籍すれば、バラ色の人生が待っているわけではない。
    それは、宮市亮のここまでのキャリアが証明している。

    2011年に19歳の若さでアーセナルに正式加入するも、蓋を開けてみたらレンタル生活の繰り返し。ボルトン時代に19歳と1か月28日でプレミアデビューを果たしたとはいえ、大きな怪我もあり期待を裏切っている感が否めない。

    ドイツからの出戻りとはいえ同世代の宇佐美貴史、あるいは柴崎岳がJリーグで確実な成長を遂げ、
    日本代表でも存在感を増していく一方、宮市は“影の薄い欧州組”になりつつある。日本代表で確固たる地位を築けていない武藤が、この夏にチェルシーに移籍したとしても、あの分厚い選手層を突き破りピッチに立ち続けなければ、やはり“影の薄い欧州組”となる可能性は高い。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150407-00010001-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 4月7日(火)13時33分配信
    2015-04-07_14h20_34
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150407-00010001-sdigestw-socc.view-000
    規律を重んじるモウリーニョ監督のもとで常時試合に出続けるには、高い戦術理解力も要求される。
    チェルシーへの移籍が実現しても、その後の行く末は楽観視できない

    続きを読む

    CBpGdpdUsAAKP90
    1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 11:18:47.74 ID:???*.net
    バルサFW久保がFC東京入り内定 近日中にも帰国
    4月7日(火)11時10分配信

    スペイン1部リーグの名門バルセロナ(下部組織)に所属するMF久保建英(13)がJ1のFC東京入りすることが決定的となった。関係者の話を総合すると、6日までに入団が内定。近日中にも帰国し、同クラブの下部組織で練習を開始するという。

    久保は10歳でスペインに渡り、下部組織のリーグで得点王やMVPを獲得する活躍で“日本のメッシ”と称された。5年後に迎える2020年東京五輪に向け、早くもエースとして期待されている逸材。日本サッカー協会もこの日、久保を「飛び級」でU―15日本代表に初選出した。

    一方、所属のバルセロナは昨年、18歳未満の選手獲得における登録違反で国際サッカー連盟(FIFA)から「市場での選手獲得禁止」の処分を受けた。違反の該当者で1年以上も公式戦に出場できなかった久保はバルサ退団を決意し、日本復帰を模索していた。

    かつて所属した川崎ら各クラブが水面下で争奪戦を繰り広げたが、FC東京入りを決断。スペインでも大きな注目を集めた久保が日本で再スタートする。

    Yahoo!ニュース(東スポWeb 4月7日(火)11時10分配信)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00000018-tospoweb-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1428373127/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ