海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 00:55:59.42 ID:CAP_USER*.net
    英紙報道 ユナイテッド攻撃陣は深刻なゴール欠乏症
     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が今季開幕時にレバークーゼンに放出した
    メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの放出を「失敗」とついに認めた。英地元紙「サン」が報じている。

    チチャリートの愛称を持つエルナンデスはファン・ハール監督体制では出番がなく、「1パーセントしか出場機会はない」と指揮官から非情通告を受けた。

    だが、今夏にレバークーゼンへの移籍後、レギュラーとして大活躍。公式戦22試合19得点というゴールラッシュを披露している一方で、ユナイテッドの公式戦は得点力不足に悩まされており、FWウェイン・ルーニー(7得点)、アンソニー・マルシアル(8得点)、メンフィス・デパイ(5得点)というFW陣3選手を合わせたものとほぼ同数となっている。

    今季得点力不足に悩まされていることもあり、チチャリート放出を失策と批判する声が大きくなっていた。そして、「チチャリート放出は間違いだったの?」との報道陣からの質問に、

    ファン・ハール監督は「多分君が正しいだろうね。しかし、前もって知ることは不可能だ」と回答結果論を強調しながらも、自身の失敗だったことをついに認めた。

    リストラ対象がブンデス19得点「私はいつもこうした決断をしてきた」
     
    開幕前にはチチャリートだけでなく、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、ラダメル・ファルカオ(チェルシー)など多くのストライカー陣を放出。2年間で460億円補強の裏側で、25選手をリストラしているが、その理由については「彼らみんなハッピーではなかった。彼らは出て行くことを望んだ。エルナンデスもその例だ。彼はプレーを望んでいた」と語った。

    「放出は間違いだったのかもしれない。しかし、私は監督人生ではいつもこうした決断をしてきた。今いる選手たちも信頼している」

    公式戦8戦勝ちなしという苦境に立つユナイテッド。大黒柱ルーニーの不調に加え、神童マルシアルも停滞気味で、チチャリートは皮肉にもゴールラッシュを続けている。オランダ人指揮官の苦悩はまだまだ続きそうだ。

    Soccer Magazine ZONE web 1月2日(土)12時14分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010002-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451750159/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/02(土) 23:55:37.69 ID:CAP_USER*.net
    スコティッシュ・プレミアリーグ(スコットランド1部)第22節が現地時間の2日に行なわれ、元日本代表GK川島永嗣が所属するダンディー・ユナイテッドはダンディーとのダービーマッチを戦った。

    川島は昨季限りでベルギー1部のスタンダール・リエージュを退団し今季は無所属状態が続いていた。この試合で先発出場を果たし、ダンディー・Uデビューを果たす。

    ダンディー・Uは15分にスピッタルのゴールで先制するも、41分に川島が痛恨のミスを犯してしまう。ハイボール処理を誤りボールをこぼすと、セカンドボールをFWヘミングがボレーシュートを叩き込んだ。

    続く62分にはロスに逆転ゴールを決められてしまう。

    試合終了間際にはダンディー・Uのデメルが退場となり10人の戦いを強いられると、そのまま1-2で試合は終了した。1年ぶりとなるクラブサッカーでの出場を果たした川島だが、デビュー戦は苦い敗戦となってしまった。

    【得点者】
    15分 0-1 スピッタル(ダンディー・ユナイテッド)
    41分 1-1 ヘミングス(ダンディー)
    62分 2-1 ロス(ダンディー)

    フットボールチャンネル 1月2日(土)23時29分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010021-footballc-socc

    写真
    20160102_Kawashima2_getty-560x373
    スカイスポーツ
    http://www.skysports.com/football/dundee-vs-dundee-u/342197
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451746537/

     
    続きを読む


    w640_h480_56499a5f-15a4-4034-b58d-7021d3093d95
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 00:14:34.77 ID:CAP_USER*.net
    札幌大谷高GKのクセを見抜いた

     約50メートルの鮮やかなアーチがNACK5スタジアムの青空に描かれた。第94回全国高校サッカー選手権大会は1月2日に各地で2回戦が行われ、中京大中京高校(愛知)は札幌大谷高校(北海道)を3-0で破りベスト16へ進出した。

     2-0とリードして迎えた後半12分にスーパーゴールが決まった。センターサークル内でのファウルで直接フリーキックを得ると、中京大中京MF辻星哉は間髪入れずにクイックリスタートを決断。それも、味方へのパスではなく短い助走からそのままゴールを狙った。観衆のどよめきと共に飛んだ超ロングFKは、美しい放物線を描いてそのままゴールへ。3-0とリードを広げ、勝利を確定的なものにした。

     スーパーゴールの立役者には、冷静な分析があった。同じ会場で行われた1回戦で、対戦相手の札幌大谷はGKがかなり前にポジションを取ることを発見していた。

    「最初から狙っていました。前の試合を見てGKが前に出ていると思ったので、『ここだ!』と思いました。どこかで打とうと思っていて、体が反応しました」

     ロングシュートは、辻の得意技なのだという。小学生時代からキック力に恵まれ、広いシュートレンジを武器にしてきたそうだ。コンパクトに足を振るのがポイントだというロングキックは、ハーフウェーラインからならクロスバーを軽く超えることが可能だという。練習試合では何度も決めてきたが、公式戦ではこれが初ゴールになった。「全国の舞台で決められて本当に気持ち良くて、嬉しいです」と、声を弾ませた。
    .
    3回戦は王者星稜戦 「次も決めたい」

     今大会は2戦連続でキャプテンマークを巻いているが、本来は副キャプテン。チームのキャプテンは
    MF石川将暉だ。しかし、石川は昨年12月に左足ハムストリングの肉離れで離脱し、復帰しかけた年末にも再度負傷。現在は時間限定でのプレーなら可能な状況にまで回復しているという。初戦を4-0、2回戦を3-0と大勝したことで、石川を温存することができた。

    「回復できるように勝つから休んどけ、と伝えましたし、逆に休ませてくれとも言われました。その思いに応えたいです。僕は声を出すタイプではないですけど、背中でチームにいい影響を与えてくれと言われました」

     無念の負傷で離脱した仲間を選手権の舞台に立たせたいという思いも、第94回目を数える選手権の大会史に残る圧巻のロングシュートには込められていた。「次もチャンスがあれば自信を持って決めたい」と辻が意気込む中、3回戦の相手は前回王者の星稜高校(石川)に決まった。辻の右足から放たれたボールが青空に描く鮮やかな軌跡は、準々決勝進出、そして、悲願の初優勝を手繰り寄せることができるだろうか。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010012-soccermzw-socc

    動画 
    http://www.youtube.com/watch?v=Fsha6tMJFEA

    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451747674/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 01:56:01.68 ID:CAP_USER*.net
    プレミアリーグ第20節が2日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとボーンマスが対戦した。

    2015年最終戦でマンチェスター・Cと引き分けたレスターは、アーセナルに勝ち点で並ばれると、得失点差で下回り、首位の座を明け渡して2016年を迎えた。ここ2試合白星から遠ざかっており、ホームで3戦ぶりの勝利を狙う。岡崎は2試合連続でベンチスタートとなった。

    一方、16位ボーンマスは残留に向け、なんとか勝ち点を持ち帰りたいところ。

    最初のチャンスはレスター。10分、左からマーク・オルブライトンがアーリークロスを上げると、ファーサイドのリヤド・マフレズがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

    対するボーンマスも14分に決定機を迎える。右からのクロスをエリア内左のジュニア・スタニスラスが頭で折り返すと、ゴール前でフリーとなっていたジョシュア・キングがヘディングで狙ったが、うまくミートできずにシュートは枠の右に逸れた。

    26分、レスターはエリア手前で浮き球をコントロールしたレオナルド・ウジョアが右足ボレー。これがDFに当たってエリア内にこぼれると、うまくトラップしたジェイミー・ヴァーディが飛び出したGKの位置を見て右足で狙ったが、シュートは左ポストを直撃した。

    試合はスコアレスのまま前半を折り返す。

    後半に入り57分、カウンターからヴァーディがスルーパスに抜けだすと、DFサイモン・フランシスがエリア内で後からスライディング。主審はこのプレーをファールと判定し、フランシスにはレッドカードが提示された。

    しかし59分、マフレズが蹴ったPKをGKアルトゥール・ボルツが完全に読み切りストップ。ボーンマスは数的不利に立たされたものの、失点は免れた。

    レスターは65分、オルブライトンに代えて岡崎をピッチに送り出す。すると74分、クロスボールのこぼれ球に反応した岡崎がエリア内左から左足のハーフボレーで狙ったが、シュートはゴール右に外れてしまった。

    終盤は1人多いレスターが敵陣に押し込む時間が続いたが得点は生まれず、試合はスコアレスドローに終わった。

    次節、レスターは13日に敵地でトッテナムと、ボーンマスは12日にホームでウェストハムと対戦する。
    2016-01-03_02h08_16
    SOCCER KING 1月3日(日)1時52分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00385958-soccerk-socc

    【スコア】
    レスター 0-0 ボーンマス
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784741
    http://www.bbc.com/sport/0/football/35180344
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451753761/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ