海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 12:48:28.41 ID:???*.net
    早くも来季に向けての動きがあったのだろうか。バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督が、来季からマンチェスター・シティの指揮を執ることで「合意」に達したと、スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

    同メディアがフランセスク・アギラール記者の署名記事で伝えたのは、グアルディオラ監督とシティの「口頭による合意」だ。何らかの契約にサインしたのではなく、シティのフットボールディレクターのチキ・ベギリスタイン氏に来季の監督就任の意思を伝えたという。

    ベギリスタイン氏は以前バルセロナの強化担当を務め、グアルディオラ監督とも仲が良い。今季開幕前にもシティがグアルディオラ招へいに動いているという報道があったが、このときは実現しなかった。

    しかし、ベギリスタイン氏は2012年秋にシティで現職に就いた当初から、グアルディオラ監督の就任を望んでいたとされる。

    『ムンド・デポルティボ』はこの人事について、現在指揮を執るマヌエル・ペジェグリーニ監督も賛成していると伝えている。今季いっぱいで契約が切れるグアルディオラ監督との再契約を目指すバイエルンにとって、残された時間は少ないとも報じているが…。
    2015-10-08_13h51_21
    GOAL 10月8日(木)12時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000008-goal-socc

    契約延長交渉が進まないグアルディオラ監督、来季マンC就任で合意か
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00357591-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444276108/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 22:42:54.29 ID:???*.net
     クロアチアのリエカから今年1月に鳴り物入りでレスターに加入したアンドレイ・クラマリッチだが、今季は出場機会の確保に苦労している。

    2014年のクロアチアリーグ最優秀選手にも輝いた逸材の厳しい現状を英『フォー・フォー・ツー』が伝えた。

     リエカ時代は半年で18試合に出場して21得点を挙げていたが、イングランドでは壁にぶつかっている。昨季はレスターで13試合に出場し、そのうち先発は6試合のみ。今季に至っては1試合12分しかプレー時間を与えられていない。

     この現状にクラマリッチは「なぜ自分がプレーできないのかわからない」と不満を爆発させる。それと同時に「ファンは僕を愛してくれているし、サポートしてくれ、出場機会が少ないことを残念がってくれる」と控え要員の葛藤を明かした。

     さらに「僕はもっとプレーするに値する。それは自信にも影響するだろう。これから何が起ころうとしているかわからないんだ」と不透明な自らの未来に不安をのぞかせ、クラウディオ・ラニエリ監督のサッカーに馴染めない苦悩を語っている。

     昨季の加入直後は先発の機会も多かったが徐々に出場時間を減らし、4月以降はほとんどが途中出場だった。シーズン終了後にはナイジェル・ピアソン監督が去り、ラニエリ監督が就任したことで状況は変わるかに見られたものの大きな変化はない。

     クラマリッチは2人を比較して「ピアソンとラニエリは大きく違う。ラニエリはより守備に注力し、前線ではどんなことをしても構わない」とと説明した。

    岡崎慎司とジェイミー・ヴァーディーというハードワークが売りの2人を主力として起用し、プレミアリーグ5位と好調のチームを象徴する発言だろう。

     相手DFの裏を取ってゴールを陥れるプレーが真骨頂のクラマリッチにとっては難しい時期が続く。それでも必ず生粋のストライカーの力が求められる時は来るはずだ。その時まで努力を怠らず、真価を発揮できるか。クロアチア期待の星は早くも正念場を迎えている。 
    20151007_kramaric_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151007-00010024-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444225374/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 23:01:39.88 ID:???*.net
     8日のW杯アジア2次予選で日本代表と対戦するシリア代表のファジル・イブラヒム監督が7日、オマーン・マスカット市内のホテルで公式会見に出席し、「シリアにとって明日の試合は重要な一戦。準備は万端だ」と意気込みを語った。

     ここまで2次予選3戦全勝でE組首位に立つシリア。2勝1分の勝ち点7で2位につける日本との直接対決を制し、勝ち点差を「5」に広げれば、来年3月29日に日本のホームで行われる最終戦を待たずに、自力で首位通過を決めることができる。

    「日本のことはすべて分かっている。日本の監督も我々のことを理解しているだろう。つまりすべては明らかになっている。明日の試合は勝ち点に倍の意味がある。勝ち点6の価値がある試合だ」

     日本との首位攻防戦をそう位置付けるイブラヒム監督は「日本チームをリスペクトするが、恐れてはいない」と力説。日本よりも5日ほど早い先月30日からオマーン・マスカットで合宿を張り、日本戦に向けて準備を進めてきた。

     国内の政情不安により、中立地での開催となるが、マスカットはこれまでにも何度も合宿を行ってきた地。オマーンメディアからの「マスカットは第2のホームか?」という質問に「ここは我々のホームだ」と即答した。

    「シリア国内はひどい状況にある。地域によっては本当に大変なことになっている。しかし、我々はあくまでサッカーで戦う。我々の存在を示したいという気持ちもある。

    国が病んでいる状況ではあるが、我々は決して死なない」。背負うものの重さと責任が、シリア代表の大きな力となっている。
    2015-10-08_07h35_36
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151007-01181536-gekisaka-socc
     引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444226499/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 01:45:18.94 ID:???*.net
    日本代表は6日、ロシアW杯アジア二次予選のシリア戦に向けてオマーンで練習を行った。

    この日合流した本田圭佑、南野拓実以外の面々は2日目の練習となった。キャプテンの長谷部誠はオマーンの気候について「やはりこの暑さは1つの問題にはなると思います」と話す。

    さらに「時には効率も考えなければいけない」と言うように、試合展開や時間帯に応じたプレーをすることの重要性を口にした。

    シリアはこの2次予選で3戦全勝といまだ負けがない。無失点試合も続いており「簡単な試合にはならないと思います」と、長谷部はグループ最大のライバルを警戒した。

    そうした相手から勝利を掴むには何をすべきか。ハリルジャパンの大黒柱は「チームとしてゴールへの意識を強く持たなければいけない。中盤の位置で言えばボランチの選手もどんどんゴールに絡むプレーってをしなきゃいけない」と、2列目、3列目の選手も積極的に攻撃参加するという考えを示した。

    長谷部は約4年半、無得点が続いている。最後にネットを揺らしたのが2011年のアジアカップで、相手はシリアだった。

    「ゴールに関しては自分のウィークポイントだと思う。そういうところでも貢献していかないといけない」と話し、得点でチームを助ける意欲も見せた。
    20151007_hasebe_getty-560x373
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151007-00010001-footballc-socc
    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444236318/

     
    続きを読む

    1: 依頼@Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 19:36:04.35 ID:???*.net
    本田のクラブ批判発言を受け、選手に自制を求める
     
    ACミランの日本代表MF本田圭佑は、4日のナポリ戦後にクラブ首脳陣やシニシャ・ミハイロビッチ監督への痛烈な批判を展開したことで、クラブから罰金を受けることが明らかになった。イタリアの地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」などが報じている。

    6日午前9時、アドリアーノ・ガリアーニCEOはミラン、ミハイロビッチ監督のみならず、イタリアメディアやサポーターを批判した本田の報道の報告書を目にしたという。

    記事では「朝の報道をまとめた報告書にガリアーニは最悪の気分となった。ミランの危機に、本田が辛辣な表明を行った。選手に自制するように命じた」と、強化責任者のイライラを報じている。そして、本田のクラブ批判に対して、ミランは罰金を命じたという。

    「トゥット・スポルト」紙も「ミランは本田にびっくり。厳しい罰金が待っている」と報じている。

    「目指すところの逆算で行動を取ってきているわけですから、それにふさわしくない行動っていうのは、逆に言えば取りたくないというのが、自分のフィロソフィー。自分の正義を貫くことが今後の自分にとっても、自分が自分であるためにも必要なこと」

    こう語った本田に対しては発言の趣旨で正論と認めるメディアもあれば、リーグ戦で1年間ノーゴールという惨憺たる現状で「なんで出られなくなったのか分からない」と本人が話した部分を取り上げ、ミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長が経営権を掌握する地元テレビ局「メディアセット」は、パフォーマンスの乏しさから「(今季)最悪の1人」と断罪している。

    いずれにしても胸の内をぶちまけ、波紋を広げた本田は、ひとまずペナルティを支払うことになりそうだ。
    2015-10-07_20h08_12
    Soccer Magazine ZONE web 10月7日(水)17時41分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151007-00010014-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1444214164/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ