海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 21:18:00.63 ID:CAP_USER9.net
    12/16(土) 21:10配信
    フットボールチャンネル

    12月16日、日本対韓国の一戦が行われ1-4で敗北ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    韓国戦、屈辱の4失点で逆転負け【どこよりも早い採点】
    【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

    中村航輔 5.5 好セーブを見せるも4失点を喫した。彼の責任にするのは酷
    車屋紳太郎 4 自陣での不用意なミスで与えたファウルが失点に繋がる
    昌子源 4.5 高さではノーチャンス。ボールよりターゲットマンに密着したかった
    三浦弦太 5 ラインを上げようと積極的に周囲を動かした
    植田直通 4.5 マークの受け渡しが上手くいかず、対人の強さという自身の持ち味も埋没
    今野泰幸 4.5 自身の周りを使われ、対応に追われる。セカンドボールも拾えず
    井手口陽介 4.5 失点シーンはクロッサーにアプローチすべきだった
    倉田秋 4.5 高いエリアでアグレッシブにプレーも、周囲との効果的な絡みは少なかった
    土居聖真 5 後半は独力で局面を打開しようと奮闘するも、流れを引き戻すことはできず
    伊東純也 5 PKを獲得するなど序盤は怖さを見せた。以降は守備に追われて前で力出せず
    小林悠 4.5 PKで先制点もその後は孤立。守備のスタートポジションを下げても良かった

    三竿健斗 5 劣勢の状況で代表デビュー。積極的にボールに関わろうとした
    川又堅碁 5 サポートがない中、最前線で闘志は見せた
    阿部浩之 5 精度の高いクロスを川又に合わせた

    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 4 試合の入りは素晴らしかったが、ペースを掌握できず逆転許す

    フットボールチャンネル編集部
    20171216_japan_tnk-1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171216-00247124-footballc-socc
    続きを読む

    2017-12-16_21h23_00

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 21:09:59.39 ID:CAP_USER9.net
    東アジアE-1サッカー選手権
    東京/味の素スタジアム
    日本(55位)vs韓国(59位)

    日本代表 1-4 韓国代表

    [得点者]
    小林 悠 (前半3分)
    キム シヌク (前半13分)
    チョン ウヨン (前半23分)
    キム シヌク (前半35分)
    ヨム ギフン (後半24分)

    前半3分【日本】GOOOOOAL!!
    PKを獲得すると、キッカーは小林。右足を振り抜くと、低く抑えられた鋭いシュートがGKの手を越えてネットの左隅に突き刺さる。

    前半13分【韓国】GOOOOOAL!!
    左サイドからキムジンスが左足でクロスを入れる。昌子を振り切ったゴール前のキムシヌクが高い打点で合わせ、ネットにたたき込む。

    前半23分【韓国】GOOOOOAL!!
    ペナルティエリア手前の右でFKを獲得すると、キッカーはJリーグでもプレー経験のあるチョンウヨン。右足で縦回転の掛かった強烈なシュートを放つと、ぶれたボールはそのままネットに突き刺さり、逆転に成功。

    前半35分【韓国】GOOOOOAL!!
    イジェソンが中盤から強引に持ち上がると、ペナルティエリア手前の中央から左前のスペースへパスを出す。完全にフリーとなっていたキムシヌクが受け、GKと1対1の状態で左足を振り抜く。シュートはゴールマウスに吸い込まれ、日本を突き放す。

    後半24分【韓国】GOOOOOAL!!
    ペナルティエリア右脇でFKを獲得すると、キッカーはヨムギフン。左足でニアサイドを狙った強いシュートを放つと、ボールは相手に当たってネットを揺らす。

    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/live/2017121602
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2017/12/16(土) 18:18:11.02 ID:CAP_USER9.net
    12/16(土) 18:17配信
    日韓戦スタメン発表!!中国戦から3人変更

    EAFF E-1選手権の男子は16日、味の素スタジアムで最終戦を行い、日本代表は第2試合で韓国代表と対戦する。午後7時15分のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、12日の中国戦(2-1)から先発3人を変更した。

    中国戦で左太腿裏を肉離れし、代表チームを離脱したMF大島僚太に代わってMF井手口陽介が9日の北朝鮮戦(1-0)以来、2試合ぶりに先発。さらにGK東口順昭、DF山本脩斗に代わってGK中村航輔、DF車屋紳太郎が同じく2試合ぶりのスタメンとなった。

    それ以外は中国戦と同じメンバーで、4バックは右からDF植田直通、DF三浦弦太、DF昌子源、車屋と並ぶ見通し。中盤は井手口、MF今野泰幸、FW倉田秋で、前線は右にFW伊東純也、左にMF土居聖真、中央にFW小林悠が入る。キャプテンの昌子のほか、今野、倉田、小林の4人が3試合連続で先発する。

    日本はここまで2連勝で首位。韓国は1勝1分の勝ち点4で2位につけており、日本は引き分け以上で2大会ぶり2度目の優勝が決まるが、負けた場合は韓国が逆転優勝となる。最新のFIFAランキングでは日本の55位に対し、韓国は59位。過去の対戦成績は日本の13勝23分38敗で、直近では15年8月に中国で開催された東アジア杯で対戦し、1-1で引き分けている。


    [日本代表]
    先発
    GK 12 中村航輔
    DF 3 昌子源(Cap)
    DF 5 車屋紳太郎
    DF 6 三浦弦太
    DF 22 植田直通
    MF 2 井手口陽介
    MF 13 土居聖真
    MF 17 今野泰幸
    FW 7 倉田秋
    FW 11 小林悠
    FW 14 伊東純也
    控え
    GK 1 東口順昭
    GK 23 権田修一
    DF 4 谷口彰悟
    DF 19 初瀬亮
    DF 20 室屋成
    DF 21 山本脩斗
    MF 8 高萩洋次郎
    MF 16 三竿健斗
    FW 9 川又堅碁
    FW 15 金崎夢生
    FW 18 阿部浩之
    監督
    バヒド・ハリルホジッチ
    2017-12-16_18h33_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-01647780-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 16:54:31.54 ID:CAP_USER9.net


    日韓戦、直近5試合を振り返る。日本は2010年以降負けなし継続中
    12/15(金) 7:19配信

    フットボールチャンネル

    これまで数多くの死闘を演じてきた日本と韓国。16日にはE-1選手権最終戦で激突することになるが、今回はどのような試合になるだろうか。東アジアのタイトルをかけた1戦を前に、両国が対戦した直近5試合を振り返る。

    ・ザック体制下で初の海外遠征。南アW杯後初の日韓戦

    国際親善試合(2010年10月12日)
    【試合結果】
    韓国 0-0 日本

    【得点者】
    なし

    南アフリカW杯後、初の日韓戦はスコアレスドローに終わった。この試合は韓国のソウルで行われ、アルベルト・ザッケローニ監督体制で初めての海外遠征だった。得点こそ奪えなかったが相手ゴールに迫る形を見せている。

    W杯で1トップとして獅子奮迅の働きを見せた本田圭佑はトップ下として出場。ブラジルW杯まで続くザック体制では、本田がこのポジションでどれだけ輝くかが生命線となった。

    この年の2月と5月に日本は韓国に連敗しているが、敵地での引き分け以降、日本は“永遠のライバル”に対し負けなしを続けることになる。

    つづく

    12/15(金) 7:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00246814-footballc-socc
    続きを読む

    1:Egg ★:2017/12/16(土) 16:25:23.29 ID:CAP_USER9.net
    J1昇格プレーオフを制し、来季から2シーズンぶりにJ1に復帰する名古屋は16日、公式サイトで同日と17日に予定していた2018シーズンのシーズンチケット即売会を中止すると発表した。

    名古屋は公式サイトで「12/16(土)・17(日)で実施を予定しておりました2018シーズンのシーズンチケット即売会について、最少催行人数(50名)に達しなかったため、実施を中止させていただく事となりました」と報告。「事前にお申込みをいただいたお客様にはメールで代替の購入方法を12/11(月)にご連絡させていただいております」とした。

    名古屋は昨季年間16位となり、クラブ史上初となるJ2降格が決定。今季はJ2で3位となり、自動昇格こそ逃したが、昇格プレーオフを制して、1年でのJ1復帰を決めていた。

    名古屋、来季のシーズンチケット即売会中止…申込みに50人集まらず
    2017-12-16_17h25_42
    12/16(土) 15:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000551-sanspo-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ