海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    news_slider_247580_1

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/19(火) 22:52:43.58 ID:CAP_USER9
    2018 ワールドカップ ロシア大会

    6/19(火)21:00~
    グループH
    モルドヴィアアリーナ

    【結果】
    日本代表 2-1 コロンビア

    【得点者】
    香川真司 (前半6分) PK
    フアン キンテーロ (前半39分)
    大迫勇也 (後半28分)

    https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018061901/

    続きを読む

    news_slider_247580_1
    続きを読む

    2018-06-19_21h16_50


    開始6分でPKから先制。相手はひとり少ない状態に
    ロシア・ワールドカップは6月19日、ロシア東部のサランスク、モルドビア・アレーナで、日本代表対コロンビア代表が日本時間の21時にキックオフされた。

    前線の布陣は1トップに大迫勇也、2列目に乾貴士、香川真司、原口元気が起用された。本田圭佑はベンチスタートとなった。ボランチには柴崎岳、長谷部誠のコンビが入り、最終ラインは、右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都と並んだ。GKには川島永嗣が起用された。一方のコロンビアは、エースのハメス・ロドリゲスが負傷の影響でベンチスタートとなった。

    日本は立ち上がり、ブロックを構築した守備でコロンビアの勢いを抑えると、いきなりビッグチャンスが訪れる。後方からのフィードに反応した大迫が相手DFと競り合いながらも裏のスペースに抜け出すと、左足で決定的なシュート。これは相手GKに阻まれたものの、リバウンドに反応した香川が放ったシュートは、相手DFカルロス・サンチェスがハンドで阻止。日本にはPKが与えられ、C・サンチェスは退場処分に。そして、キッカー香川は、落ち着いてGKの逆を突いたシュートでゴールネットを揺らす。日本が開始6分、香川のPKで先制した。

    幸先の良いスタートを切った日本だが、10人のコロンビアも個の能力の高さを前面に出して反撃。だが日本もカウンターから、さらにビッグチャンスを作り出す。15分にはスピーディーな攻撃から、乾が決定的なシュート。しかし、これはゴール右に外れてしまった。

    コロンビアは31分、早くもフアン・クアドラードに代えてバリオスを投入する。

    日本はコロンビアの攻勢を凌ぎながら、徐々にボールを支配する時間も高めていく。32分には敵陣に押し込むと、大迫がゴール前で再び決定機を迎えるが、シュートは大きく枠を外れてしまう。

    すると日本は39分、ゴール前で長谷部がファウルを取られ、コロンビアにFKを与えてしまう。そして、ゴール右斜めの位置からキッカーのキンテロが放ったシュートは、川島の必死のセーブも及ばず、ゴールラインを割ったという判定に。コロンビアが1対1の同点に追いつく。

    結局、前半は1対1のままタイムアップ。同点で後半を迎えることとなった

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00042484-sdigestw-socc
    続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/06/19(火) 21:08:31.85 ID:CAP_USER9
    ロシア・ワールドカップは19日にグループHの初戦が行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。試合はいきなり日本代表MF香川真司のPKで先制した。

    試合は6分、PA内でコロンビアのカルロス・サンチェスが、手を出してシュートを阻止したとして主審は日本にPKを与えた。ハンドの判定となったカルロス・サンチェスは一発退場となった。このPKを香川真司が冷静に右隅に決めて日本がいきなり先制点をダッシュした。

    西野朗監督は初戦に香川、乾貴士をスタメンに起用。本田圭佑、岡崎慎司はベンチスタートとなっている。
    2018-06-19_21h16_50
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00010013-goal-socc

    続きを読む

    adachi-130604_1710_aaaa

    1:3倍理論 ★:2018/06/19(火) 19:25:59.67 ID:CAP_USER9.net
    コロンビアについては「4年前のほうがいいチーム」

    6月18日、いよいよ日本代表のワールドカップ(W杯)が始まる。初戦の相手はコロンビア。4年前のブラジル大会で最後に屈した相手だ。

    このとき日本を率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、18日付イタリア紙『Gazetta dello Sport』のインタビューで、当時や日本のことについて振り返っている。

    19日に自分が率いていない日本代表が初戦を迎えることについて、ザッケローニ氏は「不思議な気持ちだ」と述べた。

    「いまの主力選手のほとんどは、私の選手でもあった。私は彼らに、チームにとても愛着を感じているんだ。ブラジルW杯で、我々はグループリーグ敗退に終わった。だが、私はベスト8進出をほぼ確信していた。そして準決勝を戦うことを夢見ていた。あの時の日本ほど良いプレーをした私のチームはない」

    さらにザッケローニ氏は、山口蛍の名前を出して「なんとかレアル・マドリーに行かせてあげられないかと考えた時期があった」と、日本の背番号16を元フランス代表のクロード・マケレレにたとえて称賛している。

    「彼はフィジカルでは劣るがよりテクニカルで、ひと言で表現するなら“爆発力のあるマケレレ”だった」
     
    ザッケローニ氏の日本贔屓は広く知られている。今回のインタビューでも同氏は、「日本の人たちが大好きなんだ。彼らのことを尊敬している」と賛辞を寄せた。

    「日本では、他人に迷惑をかけないことが第一のルールなんだ。ただ、だからといって、彼らが楽しんでいないわけではないんだよ」

    グループHの日本はコロンビアのほか、セネガル、ポーランドと対戦する。決勝トーナメントに進むチャンスはあるのかとの質問に、ザッケローニ氏はこう答えている。

    「ポーランドは素晴らしいライバルだ。私は(FWの)アルカディウシュ・ミリクのプレーが好きでね。それにもちろん、コロンビアもいる。ただおそらく、彼らは最高レベルに到達するための列車を逃してしまった。4年前のほうがいいチームだったように思う」

    4年の月日が経ったいまも変わらず愛情を抱き続けているザッケローニ氏に、日本代表はどんな戦いを見せてくれるのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00042472-sdigestw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ