海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: 豆次郎 ★ 2019/06/15(土) 20:50:36.94
    6/15(土) 20:32配信
    神戸イニエスタ、リーグ4試合ぶりの復帰戦で今季初ゴール! 右足一閃でニアサイド破る

    6試合ぶりに先発出場のイニエスタが華麗なミドル弾で先制点をマーク

    ヴィッセル神戸は15日、J1リーグ第15節で首位のFC東京とアウェーで対戦。この一戦でリーグ戦4試合ぶりの出場を果たした元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、後半4分に鮮やかなミドルシュートを突き刺し、先制点を奪った。

    負傷によりリーグ戦出場は第11節鹿島アントラーズ戦(0-1)以来4試合ぶり、スタメンだと第9節の川崎フロンターレ戦(1-2)以来6試合ぶりの出場となったイニエスタは、前半5分に2人に囲まれながらも華麗なステップで抜き去り、同9分にはアウトサイドでのスルーパスから元スペイン代表FWダビド・ビジャの決定機を生み出すなど、復帰戦とは思えないキレのある動きを見せていた。

    そして0-0で迎えた後半4分、右サイドのDF西大伍のクロスがファーサイドに流れると、ペナルティーエリア内で構えていたイニエスタがボールを受け、フリーの状態で右足を振り抜くと、鋭い弾道のコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

    復帰戦で今季リーグ戦初ゴールを決めたイニエスタ。首位のFC東京相手に、13位に沈むチームを奮い立たせる貴重なゴールを奪った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00196354-soccermzw-socc
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/06/15(土) 18:56:53.99
    フランス1部のマルセイユは15日、ファン投票で選ばれるクラブのシーズンベストプレーヤー賞「オリンピアン・ドゥ・ラ・セゾン」に日本代表DF酒井宏樹が選出されたことをクラブ公式サイトおよびSNSで発表した。

    投票はクラブのインスタグラムアカウントで行われていた。酒井は最終的に、2017/18シーズンの同賞受賞者でもあったフランス代表FWフロリアン・トバンを抑えてベストプレーヤーに選出された。

    酒井は2018/19シーズンのマルセイユでリーグ戦27試合を含む公式戦32試合に出場。右サイドだけではなくチーム状況に応じて左サイドバックとしても貢献し、5月のトゥールーズ戦ではリーグアンでの自身初ゴールも挙げた。チームとしてはリーグ5位で来季の欧州の大会の出場権獲得を逃す悔しいシーズンとなったが、その中でも酒井の見せた奮闘は評価された。

    「何よりも彼の戦う力がこのトロフィーの獲得に繋がった」とクラブは酒井を称え、「酒井宏樹は決して諦めない選手。その献身性と闘争心で(本拠地)ベロドロームのファンのお気に入りの選手となった。同じポジションではトップリーグ最高の選手の一人」と評している。
    20190513_sakai_getty
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00326211-footballc-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/15(土) 18:29:32.55
    元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスに、ドルトムント復帰の可能性が浮上しているようだ。ドイツ『ビルト』など複数メディアが伝えている。

    今季バイエルン・ミュンヘンとの激しい優勝争いの末、惜しくも2位で終えたドルトムント。来季こそ雪辱を果たすために大型補強に動いており、ユリアン・ブラントやトルガン・アザール、ニコ・シュルツらドイツ国内で実績のある選手たちを次々に獲得している。

    そんなドルトムントだが、驚きの復帰計画を画策しているようだ。『ビルト』によると、バイエルンDFフンメルス獲得のために動き出しているという。

    報道によれば、両クラブの正式な交渉は始まっており、バイエルン幹部はニコ・コヴァチ監督へフンメルスを売却する可能性をすでに伝え、指揮官の了承も得たようだ。移籍金は1500~2000万ユーロ(約18億~24億円)にボーナスが付く形で決着するという。なお移籍は本人次第であり、バイエルンでは年俸1200万ユーロ(約15億円)を受け取っているが、ドルトムントでは減俸を受け入れることが必要になると見られている。

    バイエルンの下部組織出身であるフンメルスは、2008年にドルトムントへ完全移籍。当時の指揮官ユルゲン・クロップの下で絶対的なレギュラーとなり、ブンデスリーガ2連覇やDFBポカール優勝を経験した。すると2016年にバイエルンへと復帰し、リーグ3連覇を達成している。

    ドルトムントからバイエルンへと移籍した際には激しいファンの反発を受け、直接対決ではブーイングも浴びていたフンメルス。しかし、今夏再びドルトムントへ電撃復帰することになるのだろうか。

    6/15(土) 17:32配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00010024-goal-socc

    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/06/15(土) 15:13:43.04
    スペインのレアル・マドリードが14日、日本代表の18歳MF久保建英の加入を正式発表した。

    スペイン国内では、久保がレアルのライバルであるバルセロナに15歳まで所属していたことを引き合いに出しながら「バルサが『18歳の選手には払えない』とはねつけた年俸1億2000万円に近い金額を用意」(マルカ紙)と報じられ、発表前から大きな注目を集めていた。

    もちろん南米でも久保のレアル入りが、話題に上らないハズがない。

    14日にブラジルで南米王者を決めるコパ・アメリカが開幕。日本代表は初戦のチリ戦(日本時間18日午前8時開始)に向けてサンパウロ市内で直前合宿中だ。注目度ダントツの久保は、現地13日の練習でも軽快な動きを見せていた。その久保についてワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏が「レアル入り正式発表の時期が良くない」とこう懸念する。

    「コパ・アメリカは、南米各国のプライドが真っ向からぶつかり合う大会です。勝つためには危険なプレー、汚いプレーも辞さない選手ばかりで、あたかもピッチ上で<ケンカが繰り広げられている>ようなもの。まるで<戦場>のような場所にレアル入りの決まった小柄で無名の日本人選手がマッチアップの対象だった場合、よりタイトな守備を相手選手は仕掛けてくるでしょう。レアル入りが正式発表されるのは、閉幕してからでも良かったのでは? 個人的には強くそう思います」

    まったくだ。久保が屈強な南米選手にぶっ潰され、悶絶するシーンが見えるようである――。

    6/15(土) 12:04配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000022-nkgendai-socc

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ