海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    a1299624

    1:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 22:42:36.28 ID:CAP_USER9.net
    福島県いわき市は2018年度、サッカースタジアム整備の事業可能性調査に乗り出す。同市を拠点に将来のJリーグ入りを目指す社会人チームのいわきFCと連携し、整備の在り方などを検討する。15日発表した18年度一般会計当初予算案に事業費2229万円を計上した。
     
    市によると、専門機関に委託し、設置主体といった事業の枠組みや収支の試算、必要な機能や規模、立地場所などを調べることを想定する。
     
    市は、スポーツを基軸に人材育成や交流人口の拡大、市民の健康増進を図ろうと、地域特性を生かした事業を支援する地域未来投資促進法に基づく基本計画を策定。昨年12月に国の同意を得た。調査は計画の第1弾で、一部財源に関連の交付金を活用する予定。
     
    市は「スタジアムがまちづくりに対し、どんな効果を及ぼすか、幅広く検討したい」と説明する。
     
    いわきFCは15年12月、米ブランド「アンダーアーマー」を展開するドーム(東京)を親会社として始動。昨年の天皇杯全日本選手権でJ1のチームを破るなど快進撃を続け、新シーズンはこれまでの福島県リーグ1部から東北社会人リーグ2部に昇格する。
     
    J2昇格に必要なライセンスを得るには収容1万人以上、J1昇格では1万5000人以上のスタジアムを本拠地とすることが条件の一つになっている。

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180216_61054.html
    続きを読む

    1:豆次郎 ★:2018/02/16(金) 19:40:51.64 ID:CAP_USER9.net
    2/16(金) 19:23配信
    イニエスタ来夏に中国移籍か 年俸3500万ユーロ
    アンドレス・イニエスタ

    バルセロナのスペイン代表MFイニエスタが来夏に中国の天津権健へ移籍する可能性が出てきたと、16日にスペイン紙スポルトが伝えている。既にオファーは届いており、年俸3500万ユーロを提示されているという。

    天津権健の代理人は2度スペインを訪れているが、イニエスタは現時点で決断をしておらず、3月末に返答があるとのこと。バルセロナは選手の意思を尊重することを決めている。米MLSや中東からのオファーもあるが、バルサ残留か中国への移籍の二者択一といわれている。スペイン代表に集中するため、少なくともW杯前までには決断をすると伝えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00127623-nksports-socc

    続きを読む

    1:風吹けば名無し:2018/02/16(金) 20:41:09.80 ID:xfK1dn6ja.net
    それは浦和レッズの槙野選手ですね
    large
    2:風吹けば名無し:2018/02/16(金) 20:41:36.29 ID:robw9jgk0.net
    代表かはともかく柏木が嫌い
    4:風吹けば名無し:2018/02/16(金) 20:42:44.62 ID:HbrdYSwFM.net
    >>2
    わかる
    生理的に無理
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 16:43:14.91 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチがすでに移籍後の準備を始め、米ビバリーヒルズの物件を探し始めていることが分かった。英『デイリー・メール』が報じている。

    イブラヒモビッチはユナイテッドとの契約を今シーズン終了まで残しているが、以前からLAギャラクシーへの移籍が噂されてきた。同紙によると、家族はすでにカルフォルニアへ渡り、MLS移籍に向けて住宅購入を検討し始めているという。

    昨季から負傷続きのイブラヒモビッチは昨年12月26日のプレミアリーグ第20節バーンリー戦(2-2)以降、試合に出場していない。ジョゼ・モウリーニョ監督はイブラヒモビッチの状態に疑問を呈し、今冬の移籍市場で放出される可能性も報じられていた。

    その冬のマーケットでクラブはFWアレクシス・サンチェスの獲得に成功。イブラヒモビッチに出場機会が増える気配は見られず、去就に注目が集まっている。
    2018-02-16_18h46_10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650593-gekisaka-socc
    続きを読む

    1:3倍理論 ★:2018/02/16(金) 15:05:05.96 ID:CAP_USER9.net
    元日本女子代表(なでしこジャパン)のFW永里優季が、66年ぶりの五輪連覇を目指す羽生結弦の演技を観戦し、自身のツイッター(@Yuki_Ogimi)で感想を語っている。

    平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子ショートプログラムが16日に行われ、2014年ソチ五輪の金メダリストである羽生は最終第5グループの1番目に登場。ほぼ完璧な演技で自身の持つ世界最高記録(112.72点)に迫る111.68点を叩き出し、首位に立った。

    永里は演技終了直後、観客が羽生を称えて彼の好きなプーさんのぬいぐるみを次々と氷上へ投げ込んだことを受け、「プーさんが多すぎる件」と一言。

    しかし、その10分後に「プーさんに気を取られてしまったので仕切り直して」と再びツイートし、「羽生選手の演技、心揺さぶられました。一つ一つの演技がElegantで、着地が決まるたびに心踊らされて、フィギュアスケートを通して自分を表現することが大好きなんだなと感じました」と、同じアスリートとして刺激を受けた様子だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-01650591-gekisaka-socc
    16:名無しさん@恐縮です:2018/02/16(金) 15:10:27.32 ID:nI/19QM60.net
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ