海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1:Egg ★:2018/04/25(水) 09:53:32.46 ID:CAP_USER9.net
    北海道コンサドーレ札幌がクラブのJ1記録を更新する6戦負けなしと好調だ。

    今季から就任したペトロビッチ監督の下、攻撃サッカーを展開。シュート数はリーグ最多の121本を数える。得点は11点だが、うち8点をヘッドで決めている。

    左利きのアタッカーが多いこともあってか、通常は多くなる右足での得点が1点もなく、頭での得点が全体の72・7%を占める(オウンゴール除く)。この数字に、札幌躍進の理由が垣間見えた。

    長身のジェイや都倉だけが頭でゴールを量産しているわけではない。158センチのチャナティップが2点、172センチの宮吉も1点。チームのクロス成功数、成功率ともリーグ1位で、小柄な選手でも頭で合わせられる高精度のクロスが、三好、駒井らから上がっている。

    ペトロビッチ監督は、短期間で劇的にチームを変えた。1試合平均のボール保持率は昨季の45%→54%にアップ。同パス成功数も120本近く増加した。

    クロス攻撃は昨季から武器の1つとなっていたが、その前段階の崩しがより洗練され、「クロス→ヘッド」の精度、威力が増した。あと4勝で並ぶ外国籍監督の歴代最多勝記録も、W杯中断期間の前に更新しそうな勢いだ。【石川秀和】

    4/25(水) 7:28配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00189271-nksports-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 07:47:12.23 ID:CAP_USER9.net
    サッカー日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任について国内では賛否両論だが、海外では、「W杯出場に導いた監督にとんでもない仕打ち」(フランスの日刊紙『パリジャン』記者のドミニク・セベラック氏)といった見方が大勢を占めるようだ。

    欧州のサッカー事情に詳しいスペイン在住カメラマンのムツ・カワモリ氏が解説する。

    「特に問題視されているのは、解任理由の説明が明確でなかったことです。これまで欧州の人々が抱いていた“日本人は誠実”という印象の反動もあり、“もう誰も日本の監督なんて引き受けないだろう”といわれている」

    ハリル前監督は怒り心頭で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が手渡ししようとした契約解除の書類の受領を拒否。すでに来日して、27日には反論会見を開く予定という。

    一方で、早くも“再就職先”の交渉を進めているようだ。ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏はこう話す。

    「ブラジルW杯で指揮をとったアルジェリアや、エジプトなどが招聘すると囁かれている」

    そこに“参入”するかもしれないのが韓国だ。

    「昨年8月のW杯予選でハリルジャパンがオーストラリアを破った際に韓国でのハリル評価は高まり、昨年12月の東アジア選手権の開催中には韓国サッカー協会幹部が接触したとの情報も飛び交った。ハリル氏が掲げるカウンター主体の戦術は日本より韓国向き。さらに“アジアのサッカーを知っている”というアドバンテージもあるから、韓国が名乗りを上げる可能性は十分あるでしょう」(サッカー協会関係者)

    敵の敵は味方──ハリル氏が日本の宿敵を率いて“復讐”する日が来るのだろうか。

    ※週刊ポスト2018年5月4・11日号

    写真


    4/25(水) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00000003-pseven-spo
    続きを読む

    1623363

    1:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 06:53:26.35 ID:i3VoYPlGp.net
    それならホームで試合するのが罰ゲームみたいになるやん
    もちろんアウェイで点取る方が難しいのはわかるで?
    2:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 06:53:59.72 ID:i3VoYPlGp.net
    ホームで点取った方が有利にしろよ
    3:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 06:54:12.32 ID:i3VoYPlGp.net
    そっちの方が盛り上がるし
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/25(水) 06:15:54.21 ID:CAP_USER9.net
    「タカは華々しい活躍を見せている」と指揮官
     
    ドイツ国内での評価がうなぎ上りだ。ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで出色の出来を披露する日本代表FW、宇佐美貴史である。
     
    日曜日の31節、3-0の快勝を収めたインゴルシュタット戦では、僚友・原口元気が先制アシストを決めると、宇佐美は2点目と3点目をCKキックから導き、ふたりで全得点に絡んで見せた。ドイツ・メディアはこぞってこの日本人デュオの活躍を称え、フリードヘルム・フンケル監督は「昔からよく知るゲンキ(原口)が来てからというもの、タカ(宇佐美)は華々しい活躍を見せているね」と目を細める。
     
    ドイツ全国スポーツ紙『BILD』は、「チームにすっかり溶け込めているし、僕たちふたりは本当に楽しんでプレーしている。個人的には冬のウインターキャンプでいい準備ができたのが大きかった」と宇佐美の声を伝えた。さらに選手本人は「(2部で)チャンピオンになりたい。そして、デュッセルドルフに残りたい」と、その胸中を明かしている。

    現在、宇佐美は1部のアウクスブルクからの期限付き移籍中で、レンタル元との契約は2019年6月まである。フォルトゥナは来シーズンに1部を戦う上で重要な戦力と捉えており、それはフンケル監督も同意見だ。アウクスブルクが売却に応じるかどうかだが、クラブのスポーツ・ディレクターであるシュテファン・ロイターが『BILD』紙の取材に応え、口を開いた。かつてボルシア・ドルトムントなどで一時代を築いた、元ドイツ代表の名DFである。
     
    「フォルトゥナでのウサミは素晴らしいね。もしプレーヤーが私の元へ来て、他のクラブでの解決策を探し求めているなら、基本的に話をする準備はあるよ。だが結論を出すためには、すべてのサイドの条件がフィットしなければならない」条件面さえ整えば完全移籍の交渉に応じる、とも取れる発言だ。『BILD』紙も「フォルトゥナが適正な買い取り額を提示すれば問題はないだろう。そもそもウサミとアウクスブルクは上手く行っていなかったのだから」と記している。

    ◆原口とともに“ダブル買い取り”の可能性も
     
    ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト『LIGA-ZWEI』は、フォルトゥナに対して早急な決断を求める。「ウサミはハラグチとともにワールドカップを戦う日本代表のメンバーに選ばれるだろう。もしそこで名を上げれば、市場価格はグッと吊り上がるはずだ。フォルトゥナは早めに決断して、アクションを起こす必要がある」と論じるのだ。
     
    原口も宇佐美と状況は同じで、レンタル元のヘルタ・ベルリンとは来年6月まで契約が残っている。
    左に原口、右に宇佐美を配する日本人アタッカーの両翼が機能しているフォルトゥナだけに、フンケル監督は原口の完全移籍も視野に入れているかもしれない。
     
    いずれにせよ、西野朗新政権が発足した日本代表にとって両雄のハイパフォーマンスは、頼もしい限りだ。今週土曜日のディナモ・ドレスデン戦でも揃ってスタメン出場を果たすか。勝てば1部昇格が決まり、他会場の結果次第では2部優勝が確定する注目の一戦だ。

    4/25(水) 5:56配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00039355-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ