海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    E6ADA6E897A42015E383A6E3838B-thumbnail2
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/01(金) 10:51:48.73 ID:???*.net
    武藤にマインツオファー 初の日本人2トップ実現か
    [2015年5月1日8時41分 紙面から]

     サッカー日本代表の東京FW武藤嘉紀(22)が、ブンデスリーガ1部マインツから正式オファーを受けていることが、4月30日までに分かった。マインツ関係者が明かした。

     もしかしたら夢の「代表コンビ」が実現するかもしれない。現在マインツが採用している1トップ岡崎慎司(29)に、左のサイドアタッカーとして武藤が加わればコンビが形成される。2トップでの起用で代表コンビとなれば、ブンデス史上初となる。

     昨冬にプレミアリーグのレスターなどが獲得に動いたように、岡崎の今夏での移籍はまだ不透明だが、仮に契約を残す来季までプレーするとなれば、日本人にとって夢の組み合わせとなる。実現可能な理由はブンデスリーガに外国人(EU圏外)枠がないため。代わりに、ドイツ国籍枠6人+下部組織出身枠6人が必須条件。マインツには岡崎の他に、韓国代表DF朴柱昊やMF具滋哲らE
    U圏外の選手が多く在籍しているが、枠には全く支障がない。

     ◆マインツ 1905年、ドイツ・ラインラント-プファルツ州に創設。現ドルトムントのクロップ監督のもと、04年にブンデスリーガ1部に昇格。後に2部に降格したが、09年に再び1部へ昇格。10-11年は史上最高の5位となり、欧州リーグ出場権を獲得。今季は30節終了時で10位。本拠地コファス・アリーナは収容約3万4000人。マルティン・シュミット監督。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1469723.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430445108/

     
    続きを読む

    CD4W-5fUkAAnIOM
     ボルシア・ドルトムントは現地時間30日、MFケヴィン・グロスクロイツが膝に手術を受けたことを発表した。

     この結果、約4週間の離脱と診断され、今季の出場はDFBポカール(ドイツカップ)決勝戦を含めて絶望的となっている。

     2日に行われるホッフェンハイム戦の記者会見でユルゲン・クロップ監督は「ケヴィンは今朝、膝の手術を受けた。離脱期間は約4週間だ。我々は彼が100パーセントかどうか4週間待たなくてはいけない」と、離脱を嘆いている。

     今季中の復帰が絶望的となったグロスクロイツ。同日のドイツ紙『ビルド』では、2016年まで契約をしている同選手がこのまま移籍するかもしれないと述べている。

     同紙によれば、グロスクロイツの契約延長交渉は行われておらず、移籍金を得るには今夏売却する必要がある。

     ドルトムント側はたびたび問題行動を起こすグロスクロイツに対して、契約延長は否定的。しかし、同日にMFイルカイ・ギュンドアンが契約延長を拒否し、今夏放出は濃厚となった。

     DFマッツ・フンメルスの去就もいまだ決まっておらず、来季ヨーロッパリーグ出場となれば、3選手が抜けるのは大きな打撃となる。

     新監督トーマス・トゥヘル氏はMFヨハネス・ガイス(マインツ)、ゴンサロ・カストロ(レバークーゼン)等の補強を希望しているが、うまくいく保証はない。

     来季はまず、メンバーをそろえることに頭を悩まされそうだ。
    続きを読む


    463968144-500x375
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 23:08:25.78 ID:???*.net
    香川の親友が来季新天地に

    ドルトムントはドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンと契約延長を行わないことを発表した。「ESPN」が報じている。

    日本代表MF香川真司の親友でもあるギュンドアンは2016年に契約満了となる。

    今回の発表で、ドルトムントは移籍金が発生する今季終了後、ギュンドアンの放出に動く可能性が高まった。

    ギュンドアンはマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、バイエルンなどへの移籍の可能性が浮上していた。

    ドルトムントはユルゲン・クロップ監督も今季終了後の退任を発表しており、激震のオフとなりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150430-00010009-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430402905/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 21:32:36.59 ID:???*.net
    今季開幕前にも獲得に動く

    マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、今季終了後に4500万ポンド(約81億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)に電撃移籍する可能性が浮上している。地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

    ディ・マリアは今季開幕前にレアル・マドリードから英史上最高の移籍金となる6000万ポンド(108億円)で加入。前半戦は大活躍したが、ここ5試合はベンチスタートが続いている。

    PSGは今季開幕前にもディ・マリア獲得に動いていた。だが、ファイナンシャルフェアプレーに抵触し、80億円の罰金を支払ったことから最終的に 獲得を見合わせた経緯があった。

    ディ・マリア自身もパリでのプレーに前向きなコメントを地元メディアに出していた。

    記事によると、PSGのブラン監督はディ・マリアを獲得リストの上位に置いており、27億円値下げしてオファーを出すと報じられた。ドリブラーの去就に大きな注目が集まっている

    Soccer Magazine ZONE web 4月30日(木)20時37分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150430-00010007-soccermzw-socc

    写真
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430397156/

     
    続きを読む


    1ce4529d
    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 20:43:31.38 ID:???*.net
    6月からスタートする2018年ロシアW杯アジア2次予選の組み合わせが決定した。E組に入った日本の対戦相手はシリア、アフガニスタン、シンガポール、カンボジアの4ヵ国だ。

    アジアでの戦いは本当に難しい、というのが率直な感想だね。といっても、勝ち抜きに苦労しそう、というわけじゃない。その反対で、相手のレベルが低すぎるんだ。たとえるなら、天皇杯でプロと高校生が戦うようなもの。

    貴重な国際Aマッチデーをなんの強化にもならない、勝って当たり前の相手との試合に費やさなければいけない。一方で、他の大陸の国は力の拮抗(きっこう)した相手としびれるような予選を戦うというのに、これでは世界との差を縮めるのは難しい。アジアの抱える大きな問題だね。

    前回のブラジルW杯、日本は1次予選、2次予選を免除されて3次予選から参加し北朝鮮やウズベキスタンなど歯応えのある相手と対戦した。でも、今回はレギュレーション変更によってシード国も2次予選から戦うことになってしまった。一体、AFC(アジアサッカー連盟)は何を考えているのだろう。

    よく「W杯予選は何が起こるかわからない」というけど、今回の2次予選に関してはまったく当てはまらない。どう考えても何も起こらない。どんなメンバーで臨もうと、誰が監督だろうと日本は最終予選に進出する。それほど実力差が大きいんだ。

    だから、ここでの結果や内容は最終予選に向けてほとんど判断材料にならない。なんとか盛り上げたいメディアは「○○に大量得点で快勝!」とか「××がハットトリック!」とか煽(あお)ると思うけど、相手の力を理解した上で、冷静に受け止めなければいけない。


    メンバー起用についても、すべての試合に無理してベストメンバーで臨む必要はない。唯一、歯応えのありそうなシリアとの2試合だけ、ハリルホジッチ監督の考えるベストメンバーにすればいい。他の試合は今までなかなか出場機会に恵まれず、アピールしたくてウズウズしている選手をどんどん起用してほしい。

    現実的には難しいだろうけど、16年リオデジャネイロ五輪代表を目指すU-22代表のメンバーで戦ってもいいくらいだ。

    いずれにしても、今後の代表強化には不安がいっぱい。2次予選は来年3月まで、最終予選は来年9月から再来年9月まで、ともに長期間、多くの国際Aマッチデーを費やして行なわれる。その間にはスポンサーの名を冠した国内での“興行”(親善試合)もやらなければならない。果たして、そんな状況で強化のために最も必要な強豪とのアウェー戦を組めるのだろうか。日本サッカー協会にはなんとか頑張ってもらいたいね。

    スケジュール的に厳しいとはいえ、そうなることは以前からわかっていたわけだし、たとえ国際Aマッチデーでもすべての国が試合を行なうわけではない。相手国を欧州に限定せず、南米、北中米、アフリカと視野を広げ、自分たちから厳しい環境を求め、打って出ていくべきだ。オーストラリアや韓国などアジアの強豪だっていい。

    マッチメイクにはそれなりの予算がかかってしまうだろうけど、得られる成果を考えれば安いもの。弱い国が世界で勝とうとするなら、その程度の努力や投資はすべき。協会の覚悟が問われるね。

    (構成/渡辺達也)

    週プレNEWS 4月30日(木)11時0分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150430-00047124-playboyz-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430394211/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ