海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク

    1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/10/08(火) 13:45:40.83 ID:???i
    title_main_03


    リオ五輪監督はオレだヨ!怒りのラモス氏サッカー協会に直談判も
    東スポWeb 10月8日 11時19分配信

    五輪監督を志願するラモス氏
     元日本代表MFラモス瑠偉氏(56=ビーチサッカー日本代表監督)が2016年リオデジャネイロ五輪のサッカー男子代表監督に“立候補”することになった。近日中にも日本サッカー協会の大仁邦弥会長(68)に直訴する方針という。

     9月のビーチサッカーW杯(タヒチ)で日本をベスト8へ導いたラモス氏は母国ブラジルで開催される五輪の監督就任をかねて熱望。

    「日の丸を背負って戦うのは名誉だけど、やっぱり(11人の)サッカーの監督がやりたい。
    ビーチで結果を出せばやれるんじゃないかな。
    A代表とは言わないけど五輪なら…。そのためにやっているんだから。次はリオデジャネイロ。ブラジルだし、オレしかいないでしょう」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000010-tospoweb-socc

    続きを読む

    1909314_w2


    日本代表MF長谷部誠と清武弘嗣が所属するニュルンベルクは7日、チームの指揮を執っていたミヒャエル・ビージンガー、アーミン・ロイターズハーンの両監督を解任した。クラブの公式サイトで発表されている。

    ニュルンベルクは今シーズンのブンデスリーガで未勝利が続いている。6日のハンブルガーSV戦では0ー5と大敗し、クラブが監督交代を決断した。

    マルティン・バーダーSD(スポーツディレクター)は、今回の決定について、以下のように説明している。

    「HSV戦の大敗、そしてこれまでのシーズンを分析し、徹底的に話し合って(解任を)決めた。苦渋の決断ではあったが、ニュルンベルクのためにやむを得なかった」

    「ミヒャエル・ビージンガー、アーミン・ロイターズハーンにこの決定を伝えるのは、我々にとっても辛かった。2人とも、クラブに強い愛情を持ち、常に身も心も打ち込んでいた」

    「残念ながら、DFBポカール敗退、ブンデスリーガで勝ち点5しか獲得していない現状を考え、我々はこの決断に至った」

    ニュルンベルクは昨年12月、ディーター・ヘキング監督の後任として、ビージンガー、ロイターズハーンの二頭体制をスタートさせていた。2012ー13シーズン後半戦は勝ち点24を獲得し、10位でシーズンを終えている。

    後任については、これからじっくりと探すことになる。新監督決定までは、U-23ニュルンベルクのロジャー・プリンツェン監督が暫定的にトップチームを率いることになる。

    GOAL
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000038-goal-socc
    続きを読む

    1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/10/08(火) 08:05:44.30 ID:???i
    b0171914_11243896


    ザック監督明言 W杯ブラジル大会でも3―4―3採用
    スポニチアネックス 10月8日 7時1分配信

     日本代表のザッケローニ監督は来年のW杯ブラジル大会でも3―4―3布陣を採用することを明言した。

     「基本は4バックだが、戦い方は2つ持っていた方がいい。ただ、うまく機能させるには時間が必要。
    仕上げはある程度、時間のあるW杯直前の合宿になるだろう。ただ、私の3バックは3トップで戦いたいから。そのためには中盤に4人が必要。
    そうなるとDFは3人になる」とあくまで守備偏重ではないことを強調。
    セルビア、ベラルーシ戦でも試合の中で採用することが濃厚だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000018-spnannex-socc

    続きを読む

    1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/10/07(月) 20:52:43.94 ID:???i
    uchidaatsuto_a11


    2アシストの内田、ネイマールらと英メディア選定の欧州ベスト11に
    2013.10.07. 19:51


     6日、イギリスメディア『WhoScored.com』は、10月1日から6日にかけて行われたヨーロッパ各国リーグ戦から欧州ベストイレブンを選定。シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が選ばれた。

     内田は5日に行われたブンデスリーガ第8節のアウクスブルク戦にフル出場。1-1で迎えた28分にアダム・サライの逆転弾をアシストすると、87分にもダメ押しとなるマックス・マイヤーのチーム4点目をお膳立てし、2アシストを記録。4-1の勝利に大きく貢献した。

     同メディアは内田を4バックの右サイドバックとして選出。バルセロナ所属のブラジル代表FWネイマールや、レアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスらとともに名を連ねた。

     また、ドイツメディア『Spox.com』も、ブンデスリーガ第8節のベストイレブンを発表。こちらも内田をベストイレブンに選出している。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20131007/139632.html

    続きを読む

    719 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/10/07(月) 12:42:10.38 ID:8OWfi3140
    wK50


    現地メディアが本田を酷評 「最悪の試合」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000010-goal-socc

    メディアも本田が精彩を欠いたと見ており、『スポーツ・エクスプレス』は「本田の最悪の試合」との見出
    しで、本田に4.5点という厳しい評価を与えた。同紙は「彼は誰よりもシュートを打ったが、全体的には
    無力で、シュートはその結果だった」と批判している。

    また、元CSKA監督のゲンナディ・コスティレフ氏も、次のように本田に厳しいコメントを残した。

    「本田は自分がすでにミランにいると考えているかのようだ。これほどやる気のない彼は初めてだよ。
    ボールを失ってもファイトせず、まったく無関心だった。交代は当然だったよ。だが問題は、代役が
    いないということだ」



    続きを読む

    ↑このページのトップヘ