海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 05:16:15.91 ID:???*.net
    イングランド・プレミアリーグ第34節が現地時間26日に行われ、チェルシーはアウェイでアーセナルと対戦してスコアレスドローに終わっている。

    優勝へ向けてアーセナルは勝利が必須の中、チェルシーは引き分けでも許される有利な状況で迎えた。

    無得点のまま進んだ同試合の後半、アーセナルサポーターから「退屈だ、退屈だ」と試合に対してのチャントが歌われる中でも、チェルシーは動じずに相手を無失点に抑えて貴重な勝ち点1を得ることに成功。

    さらに試合後の記者会見でチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、「10年間タイトルがないことの方が私は退屈と思うがね」と、2003-2004シーズンを最後にリーグ優勝のないアーセナルサポーターのチャントを皮肉っている。

    チェルシーは延期されていたレスターとのミッドウィークの仕合と来週末のクリスタル・パレス戦に連勝すれば、2009-10シーズン以来となる5季ぶり5度目の優勝が決まる。
    2015-04-27_07h01_20
    4月27日(月)3時49分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150427-00010003-footballc-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430079375/

     
    続きを読む


    2015-04-27_00h09_23
    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 23:32:56.96 ID:???*.net
    26日に行われたプレミアリーグ第34節、エヴァートン対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は、3-0でホームのエヴァートンが勝利した。

    12位のエヴァートンは、最高のスタートを切った。開始5分、相手のセットプレーをはね返して速攻を仕掛けると、右からのクロスはDFに引っかかってしまうが、こぼれ球を拾ったマッカーシーがブリントとマクネアの間をドリブルで抜けてペナルティーエリア右からゴールネットを揺らした。

    出鼻をくじかれたユナイテッドは、前節チェルシー戦と同じように厳しい展開となる。7分に元エヴァートンのフェライニが高い位置でボールを奪い、そのままシュートを放ったが、バーの上に外してしまった。

    すると、エヴァートンは前半のうちにリードを広げる。35分、右からのCKにストーンズがニアでヘディング。ゴールの中をケアしていたヤングも及ばず、2点差になる。

    ユナイテッドは後半のスタートから、抑えられていたフェライニを下げてファルカオを投入。しかし、この采配は効果を発揮しない。63分にはディ・マリアも入ったが、さらに追い込まれるだけだった。

    エヴァートンは74分、バークリーのパスで裏を取ったミララスがダメ押しの3点目を奪って勝負あり。

    ユナイテッドは88分にファン・ペルシを入れたが、最後まで得点を奪うことはできなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00000029-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430058776/

     
    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 19:39:56.90 ID:???*.net
    移籍の可能性が浮上するRマドリードを牽制、「片方の足に1億ポンドはかかるだろう」

    チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督がベルギー代表MFエデン・アザールをレアル・マドリードに放出する場合に「足1本につき1億ポンド(約180億円)」とし、サッカー史上最高額の360億円の移籍金を要求することを明言した。ESPNが報じている。

    今季プレミアリーグの年間最優秀選手の大本命に挙げられるほど大活躍を続けているアザールに関しては、レアル・マドリードの下部組織の監督を務めるジネディーヌ・ジダン氏も「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに並ぶトップ3」と絶賛。

    ジダン氏はウェールズ代表FWギャレス・ベイルに関しても、レアル・マドリードに移籍前に称賛していた経緯があったために、地元メディアはレアルがアーザルも獲得に動く可能性を報じている。

    これに関して、モウリーニョ監督は古巣の動きを牽制するような発言をしている。

    「もしも、レアル・マドリードが彼を求めるなら、私は一番最初に知ることになるだろう。もしも、彼らが獲得するには、片方の足に1億ポンドはかかるだろうね」指揮官はそう話し、アザールの移籍金が史上最高額の360億円に達することを示唆。

    アザールの人間性も評価、「最高の青年」

    一方で「彼らが契約しようとしているとは信じられない。なぜなら、伝えてこないから。私と会長とCEOの関係は背後で色々行う余地はないんだ」と語り、かつて指揮を執ったレアル首脳陣との信頼関係を強調している。また、モウリーニョ監督はアザールの人間性も高く評価しているようだ。

    「彼は特別な選手であろうとしながらも、普通の人間でありたいと願っている。フットボールの世界には特別な選手は特別な人間であるというような文化が多分に存在するが、彼は違う。彼は最高の少年で、ゴールデンボーイだ。その振る舞い、周囲へのリスペクト、相手への敬意。彼は主審を欺く行為をしないし、ダイブもしない。相手にとっても最高の青年だと思うよ」記事の中で、モウリーニョ監督は愛弟子をそう絶賛している。

    Soccer Magazine ZONE web 4月26日(日)12時43分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150426-00010000-soccermzw-socc

    エデン・アザール
    no title
    http://japan.chelseafc.com/player/479
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1430044796/

     
    続きを読む

    filippoinzaghi-cropped_1lax7sui3n3nz1we1kbt1cjgc1
     日本代表FW本田圭佑が所属するミランは現地時間の25日、アウェイでウディネーゼと戦い1-2で敗北した。低迷を続けるミランだが、この一戦がチームに大きな亀裂をもたらす結果となったようだ。イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』を含む複数のメディアが報じている。

     試合後、指揮官のフィリッポ・インザーギ監督は、クラブバスで選手たちに激怒。「君たちはミランのユニフォームを着るに相応しくない」と怒りを露わにしたという。しかしながら指揮官の言葉に反発した選手がいたようだ。同紙によれば、ある選手はインザーギ監督に対し次のように発言した。

    「たしかに私たちはミランのユニフォームを着るに相応しくないかもしれない。しかし、あなたこそ、ミランの指揮官に相応しくないだろう」

     さらには、ウディネーゼ戦での無残な戦いぶりに名誉会長であるシルビオ・ベルルスコーニ氏も激怒したとみられており、インザーギ監督の解任を求めたようだ。アドリアーノ・ガッリアーニCEOの電話を経て、昨日の時点での解任を思いとどまったとされているが、もはや我慢の限界に達していることは明らかといえる。

     26日にはタイ資本家のビー・テチャウボン氏とのクラブ買収に関する会談を控えているミラン。泥沼状態はいつまで続くことになるのだろうか。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ