海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:42:11.01 ID:CAP_USER*.net
    Sportiva 2016.01.06
    http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2016/01/06/post_921/index.php

    2015年は原口元気にとって大きな転換点となる1年だった。14年夏、中学時代から所属していた浦和レッズから、ドイツのヘルタ・ベルリンへ。最初の14~15シーズン途中には、チームの成績不振による監督交代を経験。ダルダイ新監督就任直後から6試合連続で試合出場がなくなった。
     
    だが、第25節、第26節に途中出場すると、第27節からシーズン終了までは先発が続いた。そしてダルダイが続投した今季の前半戦、不出場は1試合のみ。さらに出場した試合は、リーグ戦、カップ戦ともに、1試合を除いて先発した。
     
    原口のレギュラー定着と比例するかのようにベルリンも戦いを安定させ、今季は前半戦を3位で折り返した。昨季は15位フィニッシュ。ここ5年は1部と2部を行ったり来たりしていたヘルタにとって、意外な結果という他に表現が見当たらない。ブンデス前半戦最大のサプライズといっていい。
     
    ヘルタの何が変わったのか。一時帰国中の原口に聞いた。

    「全然、チームとして変わりましたね。攻撃も守備も、やるべきことが明確になっています。選手の側からしたらすごくやりやすいですし、チームとしてもそれが連動しているので、やりやすさを感じています」

    76年生まれのダルダイ監督の評判は必ずしも芳しいものではない。外部との対応を含めて、人格的にも評価されていた前任のルフカイ監督とは、何かと比較されがちだ。だが、ダルダイの采配そのものは的確だと、原口は感じているようだ。ダルダイは、ブンデスの中堅から下位にありがちな、パワーとスピード任せのサッカーから脱却を図った、と言う。

    「緻密さがあると思うんです。結構細かく相手をスカウティングして、それによって選手を変えたり、今回はこう攻めようとかいう話に、毎回時間を使っている。イメージですけど、ブンデスの下のチームって、結構アバウトにサッカーやっているなと思う。守備を頑張って、ハードワークしてカウンター、というのが真ん中から下のチームだと思うんです。

    対戦していても、『こいつら、どうやりたいかわかってないな』というのがあるんですよね。僕たちにも去年は『これ、どうやったらいいんだろう』というのがあった。そういうバラバラ感を他の下位のチームには感じるし、今は正直、そういうチームに負ける感じはしないんです」緻密な分析と細かな戦術。そこに絶妙なバランスを感じると原口は言う。

    「(日本)代表だと(決まりごとが)もっと細かくて、それを全部頭に入れて表現しようとすると難しいんですけど、(ダルダイ監督は)ある意味ピンポイント。指示が少ない中で、的確にできているかな、と。それで迷わずできるというか。そういうところはうまいのかなと思います。細かすぎないけど、ちゃんと決まりごとはある」

    だからこそ、後半戦に向けても手応えを感じている。 

    「もちろん流れというのがあるので、勝てない時期とかもあるのかもしれないですけど、粘り強く戦えるチームなので大崩れはしないかな、と」仮にこのまま3位でフィニッシュすれば、来季はチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことができる。原口にとってCL出場は目標の一つではあったが、ヘルタでそれを経験することは想定外だった。

    「CLはもっと上のクラブに行ってから出るイメージだったので。でもヘルタで出られたら一番うれしいですね」

    一方で原口は、自身の今季の出来には満足していなかった。「チームのためのプレーが伸びた反面、自分の結果、数字が足りないので複雑といえば複雑なんですけど、その両方を求めて後半戦はやりたい。両方を求めて両方できたらそれこそ上のクラブに行けると思うし、片一方だけで器用貧乏、チームの歯車だけにはなりたくないし」

    >>2以降につづく

    2: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 07:42:35.13 ID:CAP_USER*.net
    そして、少し語気を強めて続けた。「チームで一番活躍したい。はい、そう思います」ピッチで手応えを得ながら、昨年は結婚もした。穏やかな口調と表情から、公私ともに充実していることがうかがえる。

    「いろいろ落ち着きましたね。冷静に、良い時も悪い時も客観視して自分を見れているなというのがあるし、一喜一憂はしなくなったというのもあります」血気盛んでならした、少し感情の起伏の激しかった原口も大人になったのかと思いきや、そうではない一面も残っていた。

    「味方とぶつかったり、喧嘩っぽくなることはありますよ。でも、ドイツだと普通だし、結構やり合わないと分からないしね。『お前は日本人っぽくないな』と言われることもあります。『ハジメ(細貝萌)みたいに、日本人選手はおとなしいんだろ? でもお前、ちょっと日本人じゃないのか?』と。『常にアグレッシブだな』みたいな感じなんですかね」

    間もなく後半戦が始まる。本気でCLを狙いにいきたいところではあるが、原口に焦りはない。「2015年は自分の目標に近づけた年かなと思うので、引き続きやっていきたい。別にボーンって上昇する必要はないと思う。

    少しずつ積み重ねて、自分のペースで自分の目標に向かっていく年にできたらいいなと思っています」

    後半戦、ヘルタと原口はどんな戦いを見せるだろうか。(おわり)

    写真 原口元気選手
    no title
    ヘルタ・ベルリン公式HP プロフィール
    http://www.herthabsc.de/de/teams/profis/page/133-383-133--.html?p=342&t=html/portraits&id=17434
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452206531/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 22:10:53.41 ID:CAP_USER*.net
    メッシ、ピケ、アラバそしてポグバ

    ペップ・グアルディオラ監督は、今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退任し、来季マンチェスター・シティ新監督に就任することが濃厚視されている。名将を迎えるマンCは、潤沢なオイルマネーを背景に来季バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを筆頭に衝撃のカルテット補強に打って出る可能性が浮上した。英地元紙「サン」が報じている。

    石油王シェイク・マンスール会長の君臨するシティは来季、グアルディオラ監督を招聘(しょうへい)し、3年で世界最強軍団の建設を目指す方針だという。

    このために大補 強に打って出る戦略を固めており、「金銭的な制限は存在しない」と記事では分析されている。指揮官が、バルセロナ時代の教え子であるメッシを週給80万ポンド(約1億4400万円)という年俸換算75億円という衝撃のフットボール史上最高給で強奪を狙う構えだとリポートされている。

    さらにはバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケ、バイエルンでの教え子、オーストリア代表DFダビド・アラバに加え、ユベントスの世界最高のミッドフィルダーと称されるフランス代表MFポール・ポグバの3人も獲得ターゲットになっている。

    世界最高選手のメッシ筆頭に驚天動地のカルテット総取りで、シティを世界最高の集団にアップグレードする方針のようだ。

    記事ではペップ・シティの完成フォーメーシ ョンを紹介。システムは4-4-1-1で、GKはイングランド代表ジョー・ハート。4バックは左からアラバ、ピケ、ニコラス・オタメンディ、バカリ・サーニャ、ダブルボランチはポグバ、フェルナンジーニョ。左の攻撃的MFはラヒーム・スターリング、右はケビン・デ・ブライネ。トップ下がメッシで、1トップはセルヒオ・アグエロと予想されている。

    センターラインを一気に強化したチームは、コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレも試合に出られないほど。衝撃のラインナップを名将の新体制で実現するのだろうか。
    2016-01-08_06h26_57
    Soccer Magazine ZONE web 1月7日(木)18時48分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160107-00010016-soccermzw-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452172253/

     
    続きを読む

    GettyImages-500822832-compressor
    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 02:18:49.06 ID:CAP_USER*.net
     【ケルン(ドイツ)=共同】ドイツのサッカー専門誌キッカーは7日付で今季前半戦の攻撃的MFのランキングを発表し、ドルトムントの香川真司が2位に、ハノーバーの清武弘嗣が7位に入った。1位はバイエルン・ミュンヘンのミュラーだった。FW部門では、今季マインツに加入した武藤嘉紀が7位に選ばれた。

     香川の選出について「トゥヘル新監督になり才能を再び開花。2012年にドルトムントのリーグとカップ戦優勝の立役者となったころを思い起こさせる」と説明した。

     ランキングはキッカー誌が1950年代から毎年2回発表している。香川は最初にドルトムントに在籍した11年1月と12年7月に発表されたランキングで、いずれも1位だった。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK40774_X00C16A1000000/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452187129/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 21:36:04.66 ID:CAP_USER*.net
    マンチェスター・ユナイテッドは7日、ドルトムントがレンタル移籍の契約解消に合意したことで、ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが復帰すると発表した。

     ヤヌザイは昨年9月にユナイテッドからドルトムントへレンタル移籍。期間は今年6月30日までとなっていた。出場機会を求めての移籍となったが、ドルトムントでもポジション争いに苦戦し、ブンデスリーガ前半戦の出場はわずか6試合にとどまり、先発出場はなかった。

     一方でユナイテッドは、得点力不足や負傷者が相次ぐなど前線の構成に苦労していた。そのため、ユナイテッドはヤヌザイを予定より早めて復帰させたいと考えていたようで、先月28日のプレミアリーグ第19節チェルシー戦ではヤヌザイが観戦している姿が確認されており、今冬の復帰が噂されていた
    2016-01-07_22h45_38
    ゲキサカ 1月7日(木)21時33分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160107-01582637-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452170164/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 20:29:10.99 ID:CAP_USER*.net
    ギ握る次節ローマ戦

    日本代表FW本田圭佑所属のACミランに、激動の瞬間が訪れる可能性が浮上している。

    2016年初戦となった6日の本拠地ボローニャ戦で0-1と敗れたチームに対し、シルビオ・ベルルスコーニ会長が激怒。続く9日のローマ戦の結果次第では、大ナタを振るうとイタリア紙「ラ・スタンパ」が報じている。

    同紙によると、開幕前の夏の移籍市場で8000万ユーロ(約108億円)という補強費を投下しながら、過去数年と同じような体たらくになっていることに対し、会長の我慢は限界にきているという。仮に、次節のローマ戦で改善の兆しが見せられなかった場合、シニ シャ・ミハイロビッチ監督の解任に踏み切ると報じている。

    後任についても言及されている。現在、チームのプリマヴェーラ(ユースチーム)の監督を務めるチームOBのクリスティアン・ブロッキをトップチームに昇格させ、ユベントスとイタリア代表でそれぞれ世界一に輝いているマルチェロ・リッピ氏を同時に招聘(しょうへい)すると報じている。

    監督とヘッドコーチか、スポーツディレクターと監督なのか、肩書は定かではないが、タンデム体制にすることを模索し、その場合の年俸や効果などを検討しているという。

    資金難でも避けられない判断
     
    ただし、ミランは2人前の監督であるクラレンス・セードルフ氏、前任のフィリッポ・インザーギ氏を 解任によってチームから離脱させたことで、現在のミハイロビッチ監督と合わせた3人分の給与を負担している状況にある。

    まして、タイ人の実業家ビー・タエチャウボル氏にミランの親会社であるフィニンベスト社の株式48パーセントを売却する交渉が、6度に及ぶ“ドタキャン”で流れて資金難に陥っている。

    冬の移籍市場での強化資金や選手の人員整理に苦慮している状況だが、それでも監督交代がチーム浮上のために避けては通れないという判断なのだろうか。2戦連続スタメン出場を続けている本田にとっても、監督交代が起こった場合の評価は不透明だ。

    9日のローマ戦は、都市間のライバル意識を持つ相手というだけでなく、ミランにとってビッグマッチになりそうだ。
    2016-01-07_21h24_34
    Soccer Magazine ZONE web 1月7日(木)19時38分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160107-00010017-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1452166150/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ