海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 16:50:12.91 ID:???*.net
    苦しみを乗り越えた先の歓喜

    アトレチコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、チェルシーとACミランでの地獄の苦しみを「ぬれた服を着たまま泳ぐようだった」と振り返っている。スペイン地元紙「エル・パイス」が報じている。

    2011年1月、リバプールからチェルシーに当時の英国史上最高額の移籍金5000万ポンドで加入した。だが、華々しいトーレスのキャリアは、この移籍を機に暗転した。チェルシーではリーグ110試合出場20得点と期待はずれに終わった。昨夏に加入したミランでは、右足首の捻挫などの影響もあり、わずか1得点しか挙げられなかった。トーレスは今 年1月、失意のまま、7年ぶりに古巣のアトレチコ復帰の道を選んだ。

    安住の地に戻ったストライカーは、もがけばもがくほど、泥沼にはまるような地獄の日々をこう回想している。

    「スペイン人は、イングランドのリーグやミランでの短い期間の自分を見ていないから、疑いは理解できる。成績は見るけれど、実際のプレーと成績は違うこともある。数週間や数年間にわたり、うまくいかない状況に陥ってしまうこともある。まるでぬれた服を着たまま泳ぐような感じだった」

    メディアから批判を受け、サポーターからはブーイングを浴び、トーレスは本来の輝きを失っていった。

    「自分がどんな選手であるか、いい選手であることも分かっている。でも、疑いは何度も何度もやってくるん だ」

    そうした日々を乗り越えたトーレスは、17日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のバイヤー・レバークーゼンとのセカンドレグに後半38分から途中出場した。死闘となった一戦は、延長PK戦にもつれ込むと、トーレスは5人目のキッカーとして登場した。これをゴール右隅に成功させ、逆転での8強進出に貢献した。本拠地ビセンテ・カルデロンを歓喜に導いたトーレスの汗でぬれた赤と白のユニホームは軽やかに見えた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150318-00010004-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 3月18日(水)15時41分配信
    2015-03-18_19h42_01
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150318-00010004-soccermzw-socc.view-000
    チェルシー時代を振り返ったトーレス
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1426665012/

     
    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 07:35:37.21 ID:???*.net
    チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが17日に行われ、アトレティコ・マドリードとレヴァークーゼンが対戦した。

    ファーストレグでは、レヴァークーゼンがホームで1-0の勝利を収め、昨シーズンの準優勝チームに対して優位な立場に立った。一方のアトレティコ・マドリードは、守備の要であるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと、ポルトガル代表MFティアゴ・メンデスを出場停止で欠く苦しい状況で第2戦を迎えた。

    最初にチャンスを掴んだのは、アウェーに乗り込んだレヴァークーゼン。10分、左サイドからパスワークで攻めこむと、最後はカリム・ベララビが低いシュート。しかしこれは相手DFに当たり、ゴール左に外れた。

    20分、逆転突破を狙うアトレティコ・マドリードにアクシデントが起きる。GKミゲル・アンヘル・モジャが右太ももを痛め、GKヤン・オブラクとの交代を強いられる。

    しかし、アトレティコ・マドリードがワンチャンスをものにする。27分、FKのこぼれ球をゴール前のカニがヘディングでパスし、ペナルティエリア左のマリオ・スアレスへ。M・スアレスが放ったシュートは、相手DFに当たりながらゴール左に決まり、アトレティコ・マドリードが先制に成功する。

    前半アディショナルタイム、エメル・トプラクが最終ラインから持ち上がり、ソン・フンミンへとボールが渡る。ソンがペナルティエリア手前まで侵入し、オーバーラップしたウェンデウにスルーパス。ウェンデウの折り返しが決定機に繋がるが、飛び込んだハカン・チャルハノールはシュートまで持ち込めなかった。このまま1-0でアトレティコ・マドリードがリードして前半が終了する。

    アトレティコ・マドリードは、後半開始からラウール・ガルシアを投入し、勝利を掴みに行く。

    一方、2試合合計スコアで追いつかれてしまったレヴァークーゼンも、勝ち越しを狙い攻める。58分、ベララビにチャンスが訪れたが、シュートはオブラクがなんとか防いだ。

    ホームで攻めるアトレティコ・マドリード。80分、ヘスス・ガメスの浮き球のパスをアントワーヌ・グリエスマンが落とし、アルダ・トゥランがシュート。しかし、ここはなんとかベルント・レノが弾き返した。

    83分、アトレティコ・マドリードはマリオ・マンジュキッチを下げ、最後のカードとなるフェルナンド・トーレスを投入する。

    しかし、90分間で決着はつかず、前後半15分の延長戦に突入した。延長前半は両チーム大きなチャンスを作ることなく終わる。延長後半立ち上がりの106分、右サイドを突破したアルダ・トゥランのパスからR・ガルシアが右足でシュートを狙うが、レノがなんとかCKに逃れた。さらに116分、R・ガルシアのクロスにトーレスが飛び込んだが、ここもレノの正面だった。

    このまま120分を終えても決着がつかず、勝負はPK戦に持ち込まれた。先攻のアトレティコ・マドリード、R・ガルシアのシュートは、クロスバーの上に外れてしまう。後攻のレヴァークーゼン、チャルハノールのシュートは、オブラクの正面となり止められてしまう。2人目は両チームともに成功。アトレティコ・マドリードの3人目、M・スアレスは右上に決めて成功する。

    一方レヴァークーゼンの3人目、トプラクが失敗してしまう。アトレティコ・マドリード4人目のコケのシュートは、レノが横っ飛びでセーブ。レヴァークーゼン4人目のゴンサロ・カストロが決めて、スコアをタイに戻す。アトレティコ・マドリード5人目のトーレスは右端に決めて成功する。レヴァークーゼンの5人目、シュテファン・キースリンクがゴール左に外し、アトレティコ・マドリードが3-2でPK戦を制し、ベスト8進出を決めた。

    【スコア】
    アトレティコ・マドリード 1-0(PK:3-2) レヴァークーゼン

    【得点者】
    1-0 27分 マリオ・スアレス(アトレティコ・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00292286-soccerk-socc
    SOCCER KING 3月18日(水)7時32分配信
    2015-03-18_07h46_16
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00292286-soccerk-socc.view-000
    先制点を奪ったM・スアレス(手前)

    試合スコア
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2015/chmp/chmp-10767873.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1426631737/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ