海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    tumblr_n5yzhyvaKl1sgovp0o1_500
    ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表は22日、鹿児島県指宿市で合宿2日目の練習を実施した。

     練習には、発熱の影響で静養となった酒井高徳と、帰国直後でチームに合流していない川島永嗣と長友佑都、本田圭佑を除く日本代表19選手とトレーニングパートナーの坂井大将、杉森考起の2選手が参加した。

     午前練習に引き続き、午後の練習も冒頭15分のみが公開され、フィールドプレーヤーはボール回しを実施。その後、2組にわけて、内田篤人と吉田麻也、香 川真司、山口蛍、杉森の5選手がビブスなし、長谷部誠と森重真人、酒井宏樹、柿谷曜一朗、齋藤学の5選手がビブスを着用して、5対5のボール回しを行っ た。また、遠藤保仁と今野泰幸、岡崎慎司、大迫勇也、坂井がビブスなしで、大久保嘉人と伊野波雅彦、青山敏弘、清武弘嗣にコーチを加えたチームがビブスを 着用し、GKを入れたミニゲームをこなした。

     日本代表は、25日まで指宿市内で合宿を行い、同日に東京で壮行会を実施。27日に国内最後の試合となるキプロス代表戦に臨む。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140522-00191972-soccerk-socc
    続きを読む

    suarez_2476867a
    現地報道では復帰期間の見解が分かれる
     ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが代表合宿中の練習で膝を痛め、MRI検査を受けた結果、半月板の損傷が見つかり、緊急手術を受けることになった。

     “死の組”となったグループDで同組のイングランド・メディアが5月22日付で一斉に報じたところによると、21日、スアレスは練習中に膝をひねり、違和感を訴えたという。スキャンの結果、半月板に損傷が見つかり、22日中に緊急手術を受けることになった。

     しかし、復帰に関してはメディアによって見解が多少異なっている。 
     
     ウルグアイでの報道をそのまま流したBBCの電子版は、「現地では全治に15日から20日間と伝えられた」と報道。ところが英高級紙『デイリー・テレグ ラフ』は22日付の紙面で「通常、この類いの故障は全治4~6週間」と伝え、W杯開幕には間に合うとしたウルグアイでの報道を鵜呑みにすると「スアレスに かなりの無理を強いることになる」との見解を示した。

     また高級紙『ガーディアン』も全治には「4~6週間かかる」とテレグラフと同意見。すでに3週間後に迫っているウルグアイの開幕戦、6月14日のコスタリカ戦は無論、19日のイングランド戦、24日イタリア戦と続くグループリーグの出場は「疑わしい」と伝えた。

     スアレスは今季、プレミアで33試合に出場して31ゴール。ゴールデン・ブーツ(得点王)に輝き、2位に躍進したリバプールの大黒柱として活躍した。英 大手ブックメーカー『ラッドブロークス』のW杯得点王オッズでもメッシ9倍、ネイマール11倍に続く15倍でロナウドと並び、その活躍が注目されていた。

    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140522-00010001-soccermzw-socc
    続きを読む

    1400599010046_italia_coverciano_5_01885_immagine_obig
     ブラジル・ワールドカップに出場するイタリア代表は20日から本大会へ向けた合宿を開始。しかし、合宿2日目にして事件が起きた。

     今シーズン、各国の試合で度々問題となっていた人種差別行為だが、フィレンツェ郊外コヴェルチャーノで行われている合宿に参加中のFWマリオ・バロテッリに対し、練習の一般公開中にある男性から「バロテッリ、ネーグロ!(黒い奴)クソ野郎!」という罵声が飛んだ模様だ。

     バロテッリに関しては、セリエAのシーズン中も人種差別主義のコールが対戦相手から起こったため、制裁を受けたクラブがあった。そのこともあって、現地 では応援ムードの和やかな練習風景観戦が一気に凍りついた。バロテッリは「信じられない。こんなことが起こるのは、ローマとフィレンツェだけだ」と静かな 怒りを近親者にもらしたという。

    続きは↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00191862-soccerk-socc
    続きを読む

    tumblr_n5rl50DFff1t4nj0ro1_500
     マンチェスター・ユナイテッドMF香川の代理人を務めるドイツ人のトーマス・クロート氏が、香川の来季去就について語った。

    インテル・ミラノ、ナポリなども獲得に興味を示していると報じられる中、同氏はドイツ誌キッカーに「まずW杯でプレーしてからマンチェスターUのファンハール新監督のプランがどのようなものか見極めたい。現状では移籍は難しい」と話した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00000071-spnannex-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ