海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします




    2015-01-07_08h41_30
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/07(水) 07:23:24.11 ID:???0.net
    6日に行われたセリエA第17節、ユヴェントス対インテルの一戦は、1ー1の引き分けに終わった。

    首位ユヴェントスは、テベスとジョレンテが2トップを組み、その下にビダルという布陣。インテルはユヴェントスキラーとしておなじみのイカルディを最前線に置き、コバチッチとエルナネスが1列後ろを担当。長友佑都が不在のサイドバックは、カンパニャーロとダンブロージオが入った。

    前半は一方的な展開。ユヴェントスは2分、マルキージオが惜しいシュートを放つが、これは枠外。 インテルがホッとしたのもつかの間、5分にはスコアが動く。

    右サイドに流れたジョレンテが横パスを送ると、ビダルが華麗なファーストタッチでメデルをかわして縦に突破。フリーであげたクロスにテベスが飛び込み、インテルの守備を完璧に崩した。先制後もユヴェントスは主導権を握り続ける。12分、CKのチャンスでビダルが狙うが、ダンブロージオにブロックされる。27分にはラノッキアのパスを奪ってからの速攻でビダルがミドルシュートを放ったが、ハンダノビッチの好守に遭った。

    35分にはポグバが個人技で突破して決定機をつくったが、再びハンダノビッチがセーブ。インテルは守護神の助けで、何とか失点を1に抑えた前半だった。

    後半に入って53分、インテルはクズマノビッチを下げて新戦力のポドルスキを投入。一方のユヴェントスは、63分にジョレンテが下がってモラタが入った。

    ポドルスキ投入後も苦しい戦いが続いていたインテルだが、ユヴェントスキラーが少ないチャンスを生かす。64分、グアリンが縦にパスを入れると、左から中央へななめに走ったイカルディがコントロール。ペナルティーエリア右から右足を振り抜き、ゴール左に決めた。

    ここからはどちらにも2点目のチャンスが続く。

    69分、ユヴェントスはピルロの強烈に変化するFKが枠をとらえたが、またしてもハンダノビッチに阻まれる。70分にはモラタがペナルティーエリアに侵入しようかというところでカンパニャーロと競って転倒。ユヴェントス・スタジアムはPKを期待したが、主審をあざむくことはできず、シミュレーションでモラタに警告が出た。

    81分にはインテルに決定機。イカルディのプレスでボヌッチからボールを奪うと、左からポドルスキが持ち上がり、ペナルティーエリアに入ったところでクロスを送る。だが、わずかにイカルディは届かず、決めきれない。

    インテルは86分、危険なタックルをしたコバチッチが一発レッドで退場となると、終盤はユヴェントスが再び押し込んだ。だが、チャンスを生かせず、試合は1ー1で終了。イタリアダービーは勝ち点1を分け合う結果に終わっている。

    同日の試合ではローマが勝利を収めており、首位ユヴェントスのリードは勝ち点1となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-00000039-goal-socc
    GOAL 1月7日(水)7時15分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420583004/
     
    続きを読む


    2014-12-30_16h47_37
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 18:23:11.93 ID:???0.net
    英デーリーメール紙(電子版)は、プレミアリーグのレスターが、マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)に移籍金800万ポンド(約15億3000万円)で獲得オファーを出していると報じた。

    同紙によるとレスターはクロアチア代表FWクラマリッチ(リエカ)を第1候補にFW獲得を検討しているが、岡崎やデフォー(米MLSトロント)にもオファーを出しているという。

    1月6日(火)18時2分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00000058-nksports-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420536191/

      続きを読む


    podolski-500x354
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 13:14:20.63 ID:???0.net
    今冬の移籍市場でアーセナルから日本代表DF長友佑都が所属するインテルへ半年の期限付きで移籍したドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが4日、元ドイツ代表の英雄ローター・マテウス氏から受けた批判に対し、「かなり笑える」と一蹴した。5日のイギリス紙『デイリー・メール』などが報じた。

     現在ドイツのテレビ局『スカイ』で解説者を務めるマテウス氏が「ポドルスキは最近、プレー回数よりもツイート回数の方が多いと有名だ。サッカーに集中する必要がある」と批判すると、ポドルスキはすぐさまツイッターで「マテウスが振る舞い方について正確なアドバイスをすべき人間かと、かなり笑える話だ」と、『笑い泣き』、『花嫁』、『矢が刺さったハート』の絵文字を使用し、過去5回の結婚を経験しているバツ4のマテウス氏を暗に批判し返した。

    一方、ポドルスキは3日のインスタグラムでアーセナルに対し、「ありがとう」と、自身がプレーした過去の写真付きで掲載しているほか、5日にはインテルのシャツを身にまとった姿と、練習の紅白戦でゴールを決める動画を載せており、期限付き移籍後の完全移籍も現実味を帯びている。

    1月6日(火)13時3分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150106-00267226-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420517660/


    続きを読む


    E4B985E4BF9DE581A5E88BB1E38389E383AAE38396E383AB
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 10:28:08.12 ID:???0.net
    バルセロナの下部組織に所属する13歳MF、久保建英にアーセナルとマンチェスター・シティが興味を示しているようだ。

    「日本のメッシ」として世界中から注目を集める久保だが、バルセロナは未成年選手の登録に関し違反があったとして、複数の選手が公式戦出場禁止を言い渡されており、その中に久保の名前も含まれている。

    昨年末の12月30日にはスポーツ仲裁裁判所がバルセロナに対してFIFAが下した処分が妥当と判断しており、久保あバルセロナに残っても18歳まで公式戦に出場できない状況が続くといわれている。

    『Mirror』によれば、久保の家族は退団の方向に向かってるようであり、2012年の久保獲得競争でバルセロナに敗れたアーセナルとマンチェスター・シティが再び興味を示しているとのこと。

    http://qoly.jp/2015/01/06/arsenal-and-manchester-city-revive-interest-for-takefusa-kubo
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420507688/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ