海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    tumblr_n7ng79StoY1r7jzw9o1_500
    【ブラジル・クイアバ23日(日本時間24日)発】日本代表はブラジルW杯1次リーグC組最終戦のコロンビア戦(24日=同25日)に向けクイアバ入りし、試合会場のパンタナルアリーナで最終調整を行った。決勝トーナメント進出は厳しい状況ながら、不調のFW香川真司(25=マンチェスター・ユナイテッド)は「こんな形では終わりたくない」と巻き返しを宣言した。

     ここまで1分け1敗。ザックジャパンが大逆転で決勝トーナメントに進出するためには、まず南米屈指の強豪に最低でも2点差をつけて勝利しなければならない。さらに同時間帯に行われるギリシャ―コートジボワール戦の結果次第となるが、会場で最終調整したイレブンはこのままで終わるつもりはない。


     なかでも不振の続く香川は「コロンビア戦に勝たないといけないのは誰もがわかっていること。自分たちを信じ、必ず勝てるようにやるだけ。最高の準備をしたいし、明日(24日)は最高のパフォーマンスを出していきたい」と力を込めた。


     初戦コートジボワール戦(14日=同15日)では低調なプレーでチームの足を引っ張り、第2戦ギリシャ戦(19日=同20日)ではスタメン落ち。途中出場でも結果を出せなかった。エースナンバー10を背負って臨んだ初のW杯でまさかの展開。屈辱を味わった香川は「こんな形で終わりたくない。このために4年間積み上げてきたんだから。それを出さないといけない。今は監督が言っていることに、どうこうはないし、みんなリラックスできている。チームがまとまっていけばやれる」。


     先輩からの“アシスト”もあった。前日にFW大久保嘉人(32=川崎)と卓球に興じてリフレッシュしたが、大久保によれば「空気を読んで勝たせました」。なんとか“勝ち癖”をつけようとわざと負けたんだとか。香川は大会前の卓球大会でも決勝で大久保に勝っているだけに、本当かどうかはわからないが、大久保は「明日、真司はやるよ。大丈夫ですよ」ときっぱり。香川から復活の雰囲気を感じ取っているのは確かだ。


     香川も手ごたえがあるようで、コロンビア戦で最低2点が必要なことに「一気に点が入るものではない。しっかり試合に入って、先制点を取ること。それが大切」。高温多湿の気候にも「もう2試合やっているし、問題はない。熱いのは相手も同じ。全く気にしない」。イレブン全員が奇跡を信じているなか、背番号10の意地を見せられるか。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8972251/
    続きを読む

    428096_heroa
    【ブラジル・クイアバ23日(日本時間24日)発】日本代表はブラジルW杯1次リーグC組最終戦のコロンビア戦(24日=同25日)に向けクイアバ入りし、試合会場のパンタナルアリーナで最終調整を行った。会見したアルベルト・ザッケローニ監督(61)も“クイアバの奇跡”に「自信がある」と言い切った。

     日本の運命を決める大一番を前に指揮官は珍しく自信をあらわにした。


    「明日は日本代表が考え方、精神力をきちんと準備してプレーできると思っている。今日のトレーニングでも意欲を持って集中力があった。私は自信を持っている」と強気に語った。


     さらに「日本はベストのチームではないかもしれないが、今までやってきた実績はすごい。彼らなら世界最強のチームになれると信じている」と崖っ縁に追い込まれても、1次リーグ突破を確信しているかのような口ぶりだ。


     そのためには今さらながらチームの“和”が必要だという。これまで全幅の信頼を寄せてきたエースFW本田圭佑(28=ACミラン)に関する質問に「チーム全体が大切。個人ですごいプレーヤーがいても一体となってバランスを出さなければいけない。調和がなければ個人の力は発揮できない」と返答。FW香川真司やFW岡崎慎司(28=マインツ)について聞かれても「攻撃は一人の選手に依存しない」と繰り返した。


     今大会は“迷采配”の連発で求心力の低下が指摘されている。


     強気な言葉で自身にも言い聞かせているのか? 代表監督としては最後となるかもしれない戦いへ向け「重要な試合になる。前向きな気持ちで臨める。日本のサポーターの方々から力をもらっているし、我々は明日絶対に成果を出さなければならない」と会見を締めくくった。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8970915/
    続きを読む

    2014-06-24_11h13_59

    クリス・スモーリングとバラク・オバマの肩書はかなり違う。前者はマンチェスター・Uに所属するイングランド代表DF、後者はアメリカ大統領である。


     ワールドカップのおみやげを作るある会社は、大変は間違いを犯してしまった。イングランドのユニフォームを着たスモーリングの写真をマグにプリントするはずが、間違えてオバマ大統領の顔を使ってしまったのだ。

     イギリスに本拠地を置く小売業『Wholesale Clearance』は、マグ、マウスパッド、コースターといったW杯のおみやげ用の商品にロイヤリティ無料の写真をプリントする仕事を請け負っていた。

     しかし、写真の選択を任された若いインターンが、Googleでスモーリングを検索したところ、検索結果に表示されたオバマ大統領の写真をスモーリングと勘違い。間違いが発覚するまでに、2,000個のマグにオバマ大統領のプリントが施されてしまったという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00204844-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ