海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    2015-10-04_23h21_07


    続きを読む

    2015-10-04_22h46_01
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 17:15:22.27 ID:???*.net
    GK:ファン・デル・サール
    オランダ代表であり、マンUの守護神を務めたファン・デル・サールがベストGKだ。同氏は同じくマンUのピーター・シュマイケルもワールドクラスと評価したが、ファン・デル・サールの方が足元が巧みで、ポゼッションに合うとの評価だ。

    右サイドバック:カフー
    ブラジル代表でワールドカップを獲得し、ミランでも数多くのタイトルを勝ち取ったカフーが選ばれた。チームへの献身性、主将としてのメンタリティなど、決して技術だけでは語れない選手だ。

    センターバック:自分
    センターバックには自身を選択。客観的に見てもスタムは優秀なDFで、スピードも高さもスピリットも持ち合わせている。

    センターバック:アレッサンドロ・ネスタ
    そんなスタムとコンビを組んだ元ミランのネスタが選出。イタリアを代表するDFで、弱点はほとんど見当たらない。やはり当時のミランの守備陣は鉄壁だった。

    左サイドバック:パオロ・マルディーニ
    DFラインはミランで占められた。ミランでマルディーニと共にプレイした者ならば選ばないわけにはいかないだろう。

    アンカー:ロイ・キーン
    中盤にはマンU時代のチームメイトであるキーンを選択。荒いところに注目が行きがちだが、中盤でシンプルにボールをさばける部分も評価した。

    インサイドハーフ:クラレンス・セードルフ
    技術はもちろん、運動量、縦への推進力、シュート精度など、中盤の選手に必要な能力をバランスよく揃えている。こちらもシンプルにボールをさばくことができ、ポゼッションに貢献できると評価。

    インサイドハーフ:ポール・スコールズ
    サー・アレックス・ファーガソンもワールドクラスと認めたスコールズが入った。同氏の選んだ中盤は派手ではないが、シンプルかつ技術を持った選手がチョイスされている。

    右ウイング:デニス・ベルカンプ
    オランダの英雄でもあるベルカンプは、何と言っても柔らかいボールタッチが魅力だ。狭いエリアでも確かな技術でボールを持つことができ、プレミアリーグでもその実力を証明したと評価した。

    左ウイング:ライアン・ギグス
    高精度なクロス、タッチライン際をえぐるドリブルと、ウインガーのお手本と言える選手だ。同氏もウイングにギグスを選ぶことは決めていたようで、FAカップのアーセナル戦で見せたドリブルが印象に残っていると語った。

    センターフォワード:ロナウド
    元祖ブラジルのロナウドだ。ロナウドは欧州初挑戦となったPSV時代にゴールを量産しており、その後PSVでプレイしたスタム氏にも強烈なインパクトを与えたようだ。

    守備のミラン、中盤が豪華なマンU、そして最前線に怪物がいるといった構図か
    。ロナウド以外派手なプレイをするといったイメージはないが、チームとしてまとまりそうな印象はある。
    中盤には黙々と自身の仕事をこなす職人が揃い、前線にもシンプルなギグス、アイディアを持ったベルカンプと揃う。同氏はデイビッド・ベッカムやルート・ファン・ニステルローイもいると語ったが、こう考えると当時のミランとマンUは恐ろしいチームだったと分かる。
    2015-10-04_18h01_27
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-00010017-theworld-socc
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443946522/

     
    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 09:43:07.16 ID:???*.net
    チェルシーは、3日に行われたプレミアリーグ第8節で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦し、1-3の敗戦を喫した。試合後、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が中継を行っていたイギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、判定への憤りを口にした。

    試合では、1-1の同点で迎えた57分にチェルシーのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがエリア内で倒れるも、シミュレーションの判定でイエローカードを提示されていた。モウリーニョ監督は、「レフェリーはチェルシーに有利な判定をすることを恐れている。明らかなPKが与えられなかった」と審判を批判。「FA(イングランドサッカー協会)が私を罰したいのなら、好きにすればいいさ」と、発言による罰則も受け入れる姿勢を示している。

    チェルシーは今シーズン、8試合を終えて2勝2分け4敗の16位に沈んでいる。昨季のリーグ戦とキャピタル・ワン・カップを制覇したとはいえ、同監督は自身の去就に不安を抱えているようだ。

    「クラブが私を解任したいのであれば、そうするべきだ。私は逃げ出したりしない」と覚悟を明かした。一方で、「私をクビにしたら、このクラブは危機を迎えるだろう。私はクラブ史上最高の監督だからね」とクラブへ警告も発した。

    そして、「優勝は非常に難しいものになった。首位まであまりにも距離がある。それでも、このチームががトップ4に入ると、私は確信している」と、今後について語っている。

    次節、チェルシーは17日にホームでアストン・ヴィラと対戦する。

    SOCCER KING 10月4日(日)5時17分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-00356429-soccerk-socc

    ジョゼ
    2015-10-04_15h43_33
    吉田途中出場のサウサンプトン、ペッレ1G1Aでチェルシーが今季4敗目(動画付)
    http://www.ballball.com/ja-jp/article/87630-chelsea-1-3-southampton/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443919387/

     
    続きを読む


    GettyImages-491144490-500x334
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 03:29:10.08 ID:???*.net
    プレミアリーグ第8節が3日に行われ、チェルシーと日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが対戦した。吉田は2試合連続でベンチスタートとなった。

    前節、チェルシーは敵地でニューカッスルとドロー。29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のポルト戦では1-2で敗れ、いまいち調子が上がらない状態が続いている。今節は2001年からホームで負けなしと相性が良いサウサンプトンを相手にしっかりと勝点3を奪いたいところだ。

    一方、サウサンプトンは前節のスウォンジー戦で勝利を収め、今シーズン2勝目を挙げた。王者相手に勝点を獲得し、巻き返しを図る。

    試合は10分にスコアが動く。チェルシーがエデン・アザールの突破から左サイドでFKを獲得すると、キッカーのウィリアンが右足で直接シュート。カーブがかかったボールがゴール右上隅に決まり、チェルシーが先制に成功した。ウィリアンは前節のニューカッスル戦、CLのポルト戦に続き、ほぼ同じ位置から3試合連続でFKを沈めた。

    続く24分、中盤でパスを受けたセスク・ファブレガスがワントラップから前線のアザールへパス。アザールが右足でミドルシュートを放ったが、ここはGKマールテン・ステケレンブルフの正面だった。さらに25分、今度はエリア手前左でボールを持ったセスクがエリア内左のオスカルへパス。オスカルが右足でシュートを狙ったが、ここもGKステケレンブルフがなんとかキャッチした。

    一方のサウサンプトンも前半途中から盛り返すと、終盤はペースを握る展開となる。42分、中盤でサディオ・マネがボールを持つと、エリア内左に進入したライアン・バートランドへスルーパス。バートランドは角度がないところからシュートを放ったが、ここはGKアスミル・ベゴヴィッチに止められてしまった。

    直後の43分、最終ラインのジョゼ・フォンテが前線にロングボールを送ると、グラツィアーノ・ペッレが胸で落とし、スティーヴン・デイヴィスが右足シュート。これがゴール左に決まり、サウサンプトンが同点に追いついた。このまま1-1で前半終了を迎えた。

    両チームともにハーフタイムで選手交代を行う。チェルシーはラミレスを下げてネマニャ・マティッチをサウサンプトンはオリオル・ロメウを下げてジェームズ・ウォード・プラウズを投入した。後半立ち上がりからサウサンプトンがチャンスを作る。48分、スティーヴン・デイヴィスが左サイドへ展開すると、ドゥシャン・タディッチの折り返しからマネがシュート。ここはGKベゴヴィッチがセーブしたが、ここから波状攻撃。マネ、ウォード・プラウズが連続でシュートを放ったが、いずれもゴールを割ることはできなかった。

    すると60分、左サイドのタディッチがガリー・ケーヒルからボールを奪うと、タディッチがペッレとスイッチ。前を向いたペッレがスルーパスを出すと、ジョン・テリーと入れ替わったマネがGKと一対一になる。マネは落ち着いてベゴヴィッチの股を抜くシュートを決め、サウサンプトンが逆転に成功した。

    リードを許したチェルシーは、64分にウィリアンを下げてペドロ・ロドリゲスを投入し、流れを変えにかかる。しかし、次のゴールを奪ったのはサウサンプトンだった。72分、カウンターからマネがドリブルで持ち上がり、エリア手前右のペッレへパス。ペッレが落ち着いてゴール左隅に右足シュートを蹴り込み、サウサンプトンが3点目を奪った。

    厳しい状況に立たされたチェルシーは74分、ハーフタイムに投入したマティッチを下げてロイク・レミーを送り込み、前線の枚数を増やした。一方、サウサンプトンは後半アディショナルタイム2分にマネを下げて吉田を投入し、守備固めを図った。

    チェルシーは最後まで攻めに出たが、サウサンプトンの守りを崩すことはできず、1-3で今シーズン4敗目となった。なお、吉田は試合終了までプレーした。次節、チェルシーはアストン・ヴィラと、サウサンプトンは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとそれぞれホームで対戦する。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20151004/356404.html

    【スコア】
    チェルシー 1-3 サウサンプトン

    【得点者】
    1-0 10分 ウィリアン(チェルシー)
    1-1 43分 スティーヴン・デイヴィス(サウサンプトン)
    1-2 60分 サディオ・マネ(サウサンプトン)
    1-3 72分 グラツィアーノ・ペッレ(サウサンプトン)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784621
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443896950/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ