海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    2015-01-10_16h42_50
     AFCアジアカップのグループC、イラン対バーレーンの試合が11日行われた。

     イランはデヤガーやブラジルW杯でゴールを決めたグーチャンネジャードが先発。監督交代により戦術が浸透していないバーレーンがどのような戦いを挑むのか注目された。

     20分にはデヤガーが抜け出し、GKと一対一になるも決めきれない。その後もイランがチャンスを作るもオフサイドにかかってしまう。40分にはネクナムが直接FKを狙うも大きく枠を外れた。

     一方のバーレーンも縦へのスピードがあり、ゴール前へ進む場面を作る。

     それでも前半アディショナルタイム、イランが均衡を破る。CKのこぼれ球をハジサフィがコントロールから右足ボレーで突き刺した。直後に前半終了。イランがいい時間帯にリードを奪った。

     バーレーンは58分、ロングボールをコントロールしたジャイシー・ジョンが左足で強烈なシュートを放つもGKがファインセーブを見せる。

     少ないチャンスを活かそうとするバーレーンに対し、イランがリードを広げる。71分、CKからショジャエイが合わせて2点目を奪った。

     試合は2-0でイランが勝利。バーレーンも互角に渡り合う場面もあったが、イランは勝負所をわかっている印象だ。10大会ぶりの大会制覇へ、好スタートを切ったと言えるだろう。

    【了】
    続きを読む

    2015-01-10_16h42_50
    AFCアジアカップのグループC、UAE対カタールの試合が11日行われた。

     UAEはオマール・アブドゥラフマン、カタールはハルファン・イブラヒムと、攻撃のカギを握る10番が揃ってスタメンとなった。

     8分、UAEはアーメド・ハリルが持ち込みPA内で倒れるも笛は鳴らない。

     立ち上がり、UAEが相手ゴール前まで侵入する場面もあったが、カタールも対応。互いにボールを持った時はしっかりビルドアップしながら攻め手を探っており、入りとしては悪くない。

     そんな中、先にゴールを奪ったのはカタール。22分、裏へ抜け出したムンタリのシュートはGKがストップ。しかし、こぼれに反応したハルファンが、GKの頭上を越えるシュートを決めてスコアを動かした。

     それでもUAEも劣勢ではなくゴールの可能性はあった。すると37分、右サイドからのクロスをアーメド・ハリルが頭で合わせる。相手にブロックされるも跳ね返りを自ら押し込み同点。試合を振り出しに戻した。

     51分、UAEが逆転に成功する。PA左角でFKを得る。アーメド・ハリルが右足で入れると誰も触らないまま、ボールはゴールへ吸い込まれていった。流れを掴んだUAEは57分にもFKからGKが弾いた所をアリ・マブフートが詰めて3-1とした。

     追いかけるカタールは63分、先制点を決めたハルファンに代えてイスマイル・モハメドを投入する。試合終盤にはゴールへ迫る場面もあったが決めきれない。

     すると89分、UAEはカウンターからO・アブドゥラフマンが持ち込むとマブフートとふたりで崩しすと最後はマフブートが決めて4-1。

     UAEは先制こそ許したが、その後4点を奪って初戦を勝利で飾った。
    続きを読む

    380081_heroa (1)
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 10:48:04.08 ID:???0.net
    “ネクスト・フォルラン”はやってくるのか?

    2015年を迎え、Jリーグは2ステージ制という新たな一歩を歩み出そうとしている。今年も各クラブが様々な補強に動いているが、去年の今頃は何といってもフォルラン来日報道が大きく取り上げられていたことが記憶に新しい。果たして今季、Jリーグに“ネクスト・フォルラン”はやって来るのだろうか。

    昨季はガンバ大阪の三冠達成で幕を降ろしたJリーグ。浦和レッズの差別行動問題による無観客試合、山形GK山岸範宏の劇的ヘディングゴールなど“毎年恒例”のように話題に事欠かなかったJリーグだが、その始まりはなんといってもディエゴ・フォルランの来日だろう。

    2010年の南アフリカW杯でMVPと得点王に輝いた現役のウルグアイ代表選手が日本でプレーするかもしれない、という報道があった当時は、久々の大物外国人選手の加入に心を躍らせたファンも多いはずだ。

    結果的には所属したセレッソ大阪はまさかのJ2降格、フォルラン自身もコンディション不良によりリーグ後半戦はチームから外されるなど、期待外れに終わってしまった。

    しかし、一時はポジティブな話題を提供してくれたのも事実。今季もぜひ彼のような大物外国人をJリーグでも見てみたいものだ。そこで世界のサッカーに目を向けてみると、移籍金が発生せずにフリーで獲得できる可能性のある大物選手が数多く存在していた。

    その中でも、今夏で契約満了となる選手を紹介しよう。彼らは今年の夏に契約満了となるため、もし仮にJリーグにやってくるとすれば、2ステージ制の後半戦からとなるが、果たして彼らの中からJリーグにやってくる選手はいるのだろうか。

    ■DF・MF編

    まずはDF・MF編。様々なビッグクラブで確かな実績を残した選手ばかりだ。

    【DF】
    コロ・トゥーレ(リバプール/コートジボワール)
    マクスウェル(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
    クリスティアン・マッジョ(ナポリ/イタリア)
    マルティン・デミチェリス(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
    マキシ・ペレイラ(ベンフィカ/ウルグアイ)

    【MF】
    マシュー・フラミニ(アーセナル/フランス)
    セイドゥ・ケイタ(ローマ/コートジボワール)
    マイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
    ラファエル・ファン・デル・ファールト(ハンブルガーSV/オランダ)
    エステバン・カンビアッソ(レスター・シティ/アルゼンチン)

    キャリックとカンビアッソは契約延長間近といわれていたが、まだ合意には至っていない。しかしキャリックはルイス・ファン・ハール監督から副キャプテンに任命されるなど信頼が厚く、契約延長の可能性は高いとされている。

    ローマのケイタは昨季まで中国でプレーしていた経験もある。「チャンピオンズリーグでプレーするためにローマに来た」と話していたケイタだが、再びアジアの地でプレーすることはあるのだろうか。

    >>2以降につづく
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150111-00010011-footballc-socc&p=1
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420940884/

     
    続きを読む

    2015-01-11_11h12_56
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 10:30:57.43 ID:???0.net
    ミランは10日、セリエA第18節でトリノと対戦し、敵地で1-1と引き分けた。フィリッポ・インザーギ監督は先制してから苦しんだことに落胆し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得について話していてはいけないと強調している。

    開始早々にMFジェレミー・メネスが自ら得たPKを決め、均衡を破ったミラン。逆転負けした前節サッスオーロ戦からの巻き返しを目指す中で、幸先の良いスタートを切ったかに思われたが、反撃に出たトリノに苦しむこととなった。

    前半終了間際にはDFマッティア・デ・シリオが2枚目のイエローカードをもらって退場。

    数的不利に陥ると、後半は防戦一方となった。それでも懸命に踏みとどまっていたミランだが、メネスも下げてアレックスを投入した直後の81分にCKから失点。逆転弾は許さなかったが、3試合白星なしとなった。

    インザーギ監督は試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』で次のように話している。

    「先制してから我々は追加点を奪う条件をつくった。11人対11人のうちにもっとうまく試合をコントロールしなければいけなかったんだ。我々はまたもCKから失点してしまった。これは改善しなければいけない。そして数的不利になってから大きく苦しんだ。セットプレーで助けとなるはずだったアレックスが入ってすぐに失点したのは信じられないよ」

    「3位? もうそのことを話してはいけない。すぐにコッパ・イタリアの試合もあるんだ。我々は改善しなければいけない。特にリードを奪っているときの戦い方においてね。もっと注意を払わなければいけない。引きすぎたのが間違いだった。選手たちにもっと勇敢に戦うように言ったんだけどね。我々は苦しんだらすぐに自信を失ってしまう。改善しなければ。我々はミランなのだから」

    1月11日(日)10時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00000002-goal-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1420939857/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ