海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    2014-07-02_15h13_52
     ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、ベルギー代表とアメリカ代表が対戦。スコアレスのまま延長戦に突入すると、ベルギーが2点を先行し、アメリカが1点を返す熱戦となった。2-1でベルギーが競り勝ち、7大会ぶりのベスト8進出を決めた。

     同試合にフル出場したアメリカ代表GKティム・ハワードが、ワールドカップ歴代最多のセーブ数を記録した。大手メディア『ESPN』などで記者を務めるアラシュ・マルカジー氏が、自身のツイッターでデータを明かしている。

     アメリカは、120分間の激闘で38本ものシュートを浴びた。マルカジー氏によれば、ハワードのセーブ数は16で、大会歴代最多。2失点を喫して敗れた ものの、ハワードは同試合でマン・オブ・ザ・マッチに選出され、グループリーグ第2節のポルトガル戦に続いて今大会2回目の受賞となった。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140702-00208143-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-07-02_10h39_20
    ベルギー代表の選手がファンにプレゼントを贈る企画で、フェライニがファンの少女にアフロのカツラをプレゼントしました。
    2014-07-02_11h40_11
    動画ではヤヌザイがフェライニのことを応援する少女のはがきを読み上げ、フェライニがその少女にプレゼントするアフロのカツラを箱に詰めるとこから始まります。


    続きを読む

    BrfFtN2CMAASLZN
    またもスーパーマンが現れた。今回は特別なメッセージもあったようだ。「ファルコ(ハヤブ サ)」のあだ名を持つイタリア人のマリオ・フェッリ氏が、1日に行われたベルギー対アメリカのワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、前半16 分にピッチに乱入した。ベルギーMFケヴィン・デ・ブルイネに止められ、その後セキュリティーによって連れ出されている。

    今回、フェッリ 氏はスーパーマンのTシャツに2つのメッセージを入れていた。一つは、「ファベーラスの子供たちを守れ」。ブラジルのスラム街の子供たちへのメッセージ だ。そしてもう一つは、「チーロは生きている」。5月3日のコッパ・イタリア決勝前にローマでのトラブルの中で撃たれ、6月25日に亡くなったチーロ・エ スポジトさんのことだ。

    フェッリ氏は『Radio 2』で次のように話している。

    「私はW杯の決勝トーナメントに残った唯一のイタリア人だ。前には50人の警官がいる。みんな親切だよ。電話に出るのに、彼らには母からの連絡だと言ったんだ」

    「ど うやってピッチに入ったか? フォトグラファーとしての入場許可を取っていたんだ。イタリアの新聞向けに、ファベーラスのフォトルポルタージュをやってい て、それで許可を取っていたんだよ。Tシャツを脱いで、スーパーマンのTシャツになったときに、スチュワードからよく見られなかった。それからピッチに 入ったんだ。オランダ対コスタリカの試合でも、身体の不自由な人用の席を取ってある。また4日後もピッチに入ることができたら、最高だろうね」

    フェッ リ氏が頻繁に同様のエピソードで話題になっていることを考えれば、驚くべきことだ。2011年には刑務所入りを命じられ、2018年までのスタジアム入場 禁止処分も受けている。ピッチ乱入はもうやらないと約束していたフェッリ氏は、「オオカミは毛が抜けても、その本性は抜けないのさ」とコメントした。

    フェッ リ氏は2010年南アフリカW杯で、準決勝のドイツ対スペイン戦でピッチに乱入。2009年11月のイタリア対オランダのフレンドリーマッチでも、当時の マルチェッロ・リッピ監督に“友人”であるFWアントニオ・カッサーノの招集を助言するためにピッチに入った。その数カ月後のサンプドリア対ナポリの試合 では、ピッチでアイドルであるカッサーノと抱き合っている。

    その数カ月後には、チャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー対ミラン戦、アブダビでのクラブW杯のインテル対マゼンベ戦、さらにウェンブリーでのCL決勝、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッド戦でもピッチに乱入している。

    フェッリ氏は現在27歳。Tシャツにいくつかの商標があったことは、彼のブラジル行きにスポンサーがいたことを示している。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8999622/
    続きを読む

    2014-07-02_07h46_08
    【スコア】
    ベルギー 2-1(延長) アメリカ

    【得点者】
    1-0 93分 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー)
    2-0 105分 ロメル・ルカク(ベルギー)
    2-1 107分 ジュリアン・グリーン(アメリカ)

    ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、ベルギー代表とアメリカ代表が対戦した。

     グループHを首位で通過したベルギーは、第3節の韓国戦から6選手を変更。ヴァンサン・コンパニが復帰し、アザールらと先発。19歳のFWディヴォック・オリギも名を連ねた。一方、グループGをドイツに次ぐ2位で通過したアメリカは、第3節ドイツ戦から2選手が変更され、3大会ぶりのベスト8進出を目指す。
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140702/208003.html?view=more
    続きを読む

    2014-07-02_03h44_52
    【スコア】
    アルゼンチン 1-0(延長) スイス

    【得点者】
    1-0 118分 アンヘル・ディ・マリア(アルゼンチン)

     ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、アルゼンチン代表とスイス代表が対戦した。

     グループFで3連勝を果たし、首位通過を決めたアルゼンチンは、第3節のナイジェリア戦から1選手を変更。同試合で負傷交代したセルヒオ・アグエロに代わって、エセキエル・ラベッシが先発メンバーに名を連ねた。一方、グループEを2勝1敗の2位で通過したスイスは、第3節のホンジュラス戦と同じ11人が先発し、ベスト8進出を目指す。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140702/207975.html?view=more
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ