海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    real-480x480

    1: 風吹けば名無し 2020/06/03(水) 07:46:07.20
    カシージャス、サルガド、エルゲラ、パボン、ロベルト・カルロス、グラヴェセン
    ベッカム、ジダン、ラウール、ロナウド、オーウェン

    3: 風吹けば名無し 2020/06/03(水) 07:49:34.69
    ほとんどオランダ代表だった暗黒時代あったよな

    4: 風吹けば名無し 2020/06/03(水) 07:51:03.60
    そう考えるとカシージャス凄いな

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/06/05(金) 05:27:35.51
    1位は2億人超のフォロワーを誇るスーパースター

    世界の名だたるセレブたちを抑えて、今年もダントツの首位に輝いた。

    今回、英『Buzz Bingo』社が集計して発表したのが、最新の「インスタグラム収入ランキング2020」だ。2019年3月からの1年間で、世界のインフルエンサーたちがどれだけインスタで稼いだかを明らかにした。

    1位に躍り出たのは昨年と同様、世界最多2億2000万人のフォロワーを誇るクリスチアーノ・ロナウドだ。インスタ収入は昨年集計分から250万ドル(約2億7300万円)多い、総額5003万ドル(約54億5000万円)だ。

    ナイキ社やオリジナルブランドの香水や腹筋強化グッズなど数多のスポンサーを抱えるポルトガル代表FWは、ひとつの広告投稿でなんと117万ドル(約1億3000万円)を稼ぎ出しているという。同社は「彼のインスタグラム収入はユベントスでの年俸3300万ドル(約36億円)よりはるかに多い」と書き添えている。

    2位に食い込んだのはCR7の永遠のライバル、リオネル・メッシだ。とはいえその収入は3004万ドル(約33億円)と、かなりの差を付けられている。1タイアップ投稿あたりの収入も76万ドル(約8300万円)にとどまった。それでも相当にスゴイのだが……。

    3位はケンダル・ジェンナー、4位はカイリー・ジェンナーのお馴染みセレブ姉妹。ちなみに妹カイリーの1広告投稿あたりの収入は150万ドル(約1憶6000万円)でC・ロナウドをも凌ぐ。5位はインドのクリケット選手であるヴィラット・コーリ、6位には元イングランド代表の“プリンス”デイビッド・ベッカムが健在ぶりを示している。

    そのほかサッカー選手ではネイマールが8位に、ズラタン・イブラヒモビッチが10位に入り、世界10傑のうち半数をサッカー界の人物が占めた。20位以内ではロナウジーニョが14位に、ロベルト・レバンドフスキが17位にランクインしている。

    トップ20でスポーツ選手はサッカーとクリケットの8人で、あとはウィル・スミス(俳優)やセレーナ・ゴメス、ジェニファー・ロペス(ともにミュージシャン)、キム・カーダシアン(モデルほか)といった著名人が名を連ねている。

    英『Buzz Bingo』社が集計した「インスタ収入ランキング2020」トップ20は次の通りだ。
    2020-06-05_08h31_19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f7ae0493948d35510b7a4844634e0c7fb9993cd
    6/5(金) 5:18配信

    続きを読む

    71WtCCwa6HL

    1: 風吹けば名無し 2020/06/04(木) 22:38:06.61 ID:L6/1NfTs0
    面白いのに話題にならない

    2: 風吹けば名無し 2020/06/04(木) 22:38:14.76
    わかる

    4: 風吹けば名無し 2020/06/04(木) 22:38:32.35
    高校とユースの問題めちゃくちゃかいてるな

    続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/06/04(木) 22:07:33.653
    no title

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2020/06/04(木) 10:04:22.32
    フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が、勝利の喜びを語った。

    フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第24節延期分でブレーメンと対戦。長谷部は先発し、同じく先発したブレーメンFW大迫勇也との日本人対決も実現した。試合は60分にフランクフルトが先制。長谷部のインターセプトを起点に、フィリップ・コスティッチのクロスからアンドレ・シウバが先制点を奪う。さらに、途中出場のシュテファン・イルザンカーがセットプレーから2ゴールを挙げ、フランクフルトが3-0で勝利をつかんだ。

    フランクフルトは連勝となり、フル出場の長谷部は喜びを語る。

    「勝利は僕らにとってとてつもなく重要なものです。これで降格圏とは8ポイント離れました。土曜日のマインツ戦で勝ち点3を取れば、また上を見ることができます」

    なお、長谷部は、ブレーメン戦でブンデスリーガ通算308試合に出場。韓国のレジェンドであり、フランクフルトの先輩でもあるチャ・ブンクン氏の記録に並んだ。次節のマインツ戦で出場すれば、アジア人におけるブンデスリーガ最多出場記録を更新することとなる。
    2020-06-04_21h00_29
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1fe5910b38f6eee19382f275d16607b63980744

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ