海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:56:45.04 ID:CAP_USER9.net
    中国のプロサッカー「中国スーパーリーグ」で今年3月のシーズン開始から、1チームのこれまでの外国人枠を大幅7人から5人に、試合に出場できる外国人枠も5人から3人に減らす方針であることが分かった。英BBCが報じた。

    これは中国スーパーリーグが移籍する外国人選手を爆買いした結果、昨年は英・プレミアリーグの1億4900万ユーロ(約193億1300万円)を超える推定約1億5500万ユーロ(約200億9000万円)に上るなど巨額の移籍金及び高年俸が支払われているためだ。今回の外国人選手枠規制で、「中国のサッカーバブルは終焉する」とBBCは報じている。

    中国スーパーリーグは数年前から、国外の実力選手を獲得。この傾向は年々強まり、圧倒的な強さを誇る広州恒大の年間予算は500億円ともいわれる。このため、他のチームも補強のために、札束を積み上げている、

    江蘇蘇寧がチェルシーのラミレスの獲得に支払ったとされる移籍金は3300万ユーロ(約42億7700万円)。河北華夏はローマのジェルビーニョ獲得に1800万ユーロ(約23億3300万円)。インテルのフレディ・グアリンを獲得した上海申花は1300万ユーロ(約16億8500万円)と大金を投じている。

    このほかにも、山東魯能泰山はブラジル王者コリンチャンスからDFジウ(移籍金約11億円)、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が監督に就任した北京国安も、コリンチャンスからMFレナト・アウグスト(同約10億円)を獲得している。

    プレミアリーグや各国代表になったスター選手も、中国スーパーリーグの巨額の年俸に魅かれて、中国入りするようになっている。

    しかし、このような各チームの巨額投資に待ったをかけようと規制の強化に動いたのが中国サッカー協会だ。今年初め、規定を改正して、外国人選手枠を縮小することを発表。各チームの外国人選手数を7人から5人にし、1試合に出場できる選手枠も5人から3人に変更した。

    協会は「各チームの中国人選手数を増やすことで、試合に出場できる中国人選手の数が増えることになり、中国人選手が活躍する機会が増える」と規定改正の理由を説明する。しかし、これを額面通り受け取るファンは少ない。

    中国の場合、なにごとも中国共産党が決定することから、ネット上では「中国指導部が現在推進している腐敗撲滅や贅沢禁止令の延長だ。特に、習近平国家主席は中華主義の国粋主義者だけに、外国人によって、中国のサッカーリーグが乗っ取られているのが嫌なのではないか」や、「習近平は日ごろから『中国がサッカーワールドカップで世界一になるのが夢』とか言っているが、中国人選手重視ではいつまで経っても、中国のサッカーの実力は向上しない」などの意見が書き込まれている。
    2017-01-22_19h55_35
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00000011-pseven-spo&p=2
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:06:19.23 ID:CAP_USER9.net
    9a152b53-920a-401c-8eee-b01a5253a4fa
    ミランやレアル・マドリーでもプレーしたブラジル代表MFカカ。

    現在はMLSオーランド・シティFCに所属している彼が、ヨーロッパの選手たちにある忠告をしたと公式HPが伝えている。

    カカ(オーランド・シティMF)

    「時折ヨーロッパからやって来る選手がいて、彼らはここでは楽にやれるだろうと思っている。

    (MLSでのプレーは)チャレンジだよ。それを選手たちは理解しなければならない。簡単じゃない。

    ここに来た時、僕は『No、(MLSは)ハードだ』と言った。

    選手たちのパフォーマンス、フィジカルはかなりいいよ。

    僕らにとって本当に難しい。ヨーロッパのハイレベルでプレーすることに慣れているからね。

    ここに来た時、いい結果を得るためには同じように100%のパフォーマンスをしなければならないんだ」

    カカはMLSに来る際、ベッカムなどにアドバイスを貰っていたそう。“先輩”たちからは、全ての試合がフィジカルで困難なものだと伝えられていたという。

    http://qoly.jp/2017/01/22/kaka-warns-european-players-that-mls-is-not-easy-iks-1
    続きを読む

    2016-12-19-kashima-shibasaki-02_yzxl35uq4cad1xl3ug0pcfmys
    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 18:18:26.12 ID:CAP_USER9.net
    スペイン1部ラスパルマスが、鹿島のMF柴崎岳(24)と早ければ来週にも契約に合意する可能性が出てきたと21日、スペイン紙マルカ(電子版)が報じた。

    20日時点でリーグ10位につけるラスパルマスは、1月の移籍期間で本命として狙っていたパリSGの元U-21スペイン代表FWヘセ・ロドリゲス(23)の獲得が難しくなったため、「プランB」として一時中断していた柴崎側との交渉を再開。スペインの複数クラブもオファーを出しており競合となっているが、交渉でリードするラスパルマスは週明けの合意を目指しているという。
    http://mainichi.jp/articles/20170122/spn/00m/050/008000c
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 17:07:58.10 ID:CAP_USER9.net
    AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに移籍する可能性が高まった。21日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

    母国スウェーデンでは、FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)の後をつぐ者として大きな期待がかかっているイサク。スウェーデン紙『Aftonbladet』が伝えたところによれば、今冬にもドルトムントへと移籍することになるようだ。

    今シーズン、所属するAIKソルナにてリーグ戦24試合に出場して10得点をマークしている17歳には、レアル・マドリードを含む数多くの欧州のトップクラブが関心を示しており、先日はスウェーデン代表2試合目にして最年少での初得点(17歳113日)をもマークしている。

    ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、ブレーメン戦前のインタビューで「肯定も否定もしない」と語った。

    しかし、スウェーデンからの情報によれば、イサクはドルトムント入りを決断。再びスウェーデンへとレンタルされるのではなく、移籍が噂されるFWアドリアン・ラモスが抜けるドルトムントにそのまま残ることになるという。移籍金額は約900万ユーロ(約11億円)となる模様。果たして“黒いイブラヒモヴィッチ”がどこへ移籍するのか、その去就に注目が集まる。
    2017-01-22_18h54_38
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544468-soccerk-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 14:59:19.33 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】
    ジェフユナイテッド千葉 1-3 FC琉球

    【得点者】
    0-1 28分 富樫佑太(琉球)
    0-2 45分 才藤龍治(PK)(琉球)
    0-3 50分 OG(熊谷アンドリュー)(琉球)
    1-3 65分 菅嶋弘希(千葉)

    http://www.jleague.jp/match/nyc/2017/012201/livetxt/

    2017 JリーグDAZNニューイヤーカップ沖縄ラウンドの第1戦が22日に行われ、ジェフユナイテッド千葉(J2)とFC琉球(J3)が対戦した。

    千葉、琉球、北海道コンサドーレ札幌(J1)の3チームで争われる沖縄ラウンド。フアン・エスナイデル新監督体制でJ1昇格を狙う千葉は、10年ぶりに復帰したMF羽生直剛や、新加入のMF清武功暉らが先発に名を連ねた。一方、J2昇格を目指す琉球はMF富樫佑太やFW才藤龍治がスタメン起用された。

    序盤から細かいパス回しで試合の主導権を握った琉球は28分、ペナルティエリア手前中央で知念雄太朗からのパスを受けた富樫が右足ダイレクトのシュートをゴール左隅に突き刺し、先制に成功した。さらに前半終了間際の45分、エリア内でファウルを受けた才藤がPKを自ら成功させ、琉球が2点をリードして前半を折り返す。

    2点ビハインドの千葉はハーフタイムに8名を入れ替え、FW船山貴之や、青森山田高校から加入した高橋壱晟らを投入した。後半立ち上がりの50分、千葉は自陣でルーズボールを拾った熊谷アンドリューが浮き球でGK岡本昌弘にバックパスを送ると、風に乗ったボールはワンバウンドして岡本の頭上を超え、オウンゴールとなってしまった。

    千葉は65分にゴール前の混戦から菅嶋弘希が左足のシュートを決めて1点を返したが、その後は得点を奪うことができず、試合はこのまま3-1で終了。琉球が千葉を下して白星スタートを切った。千葉は25日に、琉球は28日にそれぞれ札幌と対戦する。
    2017-01-22_16h31_03
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544462-soccerk-socc


    DAZNニューイヤー杯 公式
    http://www.jleague.jp/nyc/2017/

    動画
    https://grabyo.com/g/v/7DlqCgVz4vs
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ