海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    1: Egg ★ 2019/11/14(木) 02:12:04.24
    14日に22年W杯カタール大会アジア2次予選でキルギス代表と対戦する日本代表が試合会場で初練習した。

    公開された冒頭15分間では、前日は宿舎でコンディション調整だったMF橋本も同じメニューを消化。練習前の前日会見では、森保監督が「明日の試合もチーム全体で無失点でできるように戦っていきたい」とW杯予選4試合連続完封勝利を目標に掲げた。

    キルギス戦では、W杯予選で「日本晴れ」の新ユニホームが男子代表では初披露となることも決ま

    11/13(水) 22:43配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-11131027-nksports-socc

    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:08:52.69
    昨夏以降のシュート決定率「2.3本」はメッシ、C・ロナウド、スアレスを上回る

    レアル・マドリードの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの決定力は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている――。スペイン大手紙「マルカ」が、レアル“現エース”の際立った正確性を報じている。

    ロナウドとともにプレーしている際は、アシスト役に回ることも多かったベンゼマだが、ロナウド移籍後のレアルでは最大の得点源となっている。それを象徴するスタッツが、得点数に対するシュートの割合だ。

    ロナウドがユベントスへ移籍した2018年夏からのデータで、ベンゼマはここまで41得点をマーク。これを上回っている選手は欧州内でもバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(63得点)、メッシ(60得点)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(47得点)の3人のみだ。

    そして、ベンゼマはその41得点を97本のシュートで決めているという。1ゴールに要するシュート数はわずか2.3本。メッシ(2.5本)、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(2.8本)、ロナウド(3.2)と並み居るストライカーたちを上回っているという。ベンゼマ以上の決定力を叩き出しているのは、レバンドフスキ(1.95本)のみ。その活躍が、欧州でも際立っていることがよく分かる。「マルカ」紙は「ベンゼマはメッシ、ロナウド、スアレスよりも正確」と絶賛している。

    記事では、過去に名将ジョゼ・モウリーニョ氏をもってして、「レアル・マドリードはベンゼマに大きく依存している」と言わしめたことを伝えている。スター選手の補強ばかりが話題に上るレアルだが、すでに頼れるストライカーが存在していることを忘れてはならないだろう。
    2019-11-14_09h50_01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228660-soccermzw-socc
    11/14(木) 7:40配信

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/11/14(木) 08:57:05.90
    背番号22を背負い、トップチームデビューを果たす

    no title


    スペイン1部のバルセロナは現地11月13日、2部B(実質3部)のカルタヘナとのチャリティーマッチを行なった。バルセロナBに所属する安部裕葵も、ベンチ入りを果たした。

    【動画】バルサの新ユニホームを身にまとい…安部裕葵がピッチに投入された瞬間はこちら!
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=66615

    バルサのトップチームは、代表ウィークのためにリオネル・メッシら11人が抜けているうえ、イバン・ラキティッチら負傷者も続出していることから、安部らBチームのメンバーが招集の対象となった。

    この試合の先発には、ジェラール・ピケ、ウスマンヌ・デンベレなどが名を連ね、安部はベンチスタートとなった。

    試合はバルサが主導権を握りつつも、カルタヘナの堅い守備に手を焼き、前半はスコアレスで折り返す。

    ようやく先制点が生まれたのは64分、リキ・プッチが細かいステップで持ち込みながらゴール前でDFを引き付けると、フリーになったカルレス・ペレスがシュート。Bチーム所属のふたりのコンビネーションで、ようやく1点をもぎ取る。

    1点をリードしたバルサは、76分にスコアラーのC・ペレス交代して安部を投入。そのまま左サイドハーフにはいった安部は、ボールを散らしながら自ら切り込むなど積極的な姿勢を見せる。

    そして89分、安部が投入されてリズムが生まれた左サイドから度々展開していたなか、セルヒオ・ロドリゲスのクロスにアレハンドロ・マルケスが足で流し込み、追加点を挙げた。

    試合はそのまま2-0で終了。デンベレら主力とともにプレーすることはなかったが、安部にとっては初のトップチームでの“デビュー戦”を勝利で飾った。

    11/14(木) 4:58配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00066615-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 07:11:52.20
    北海道コンサドーレ札幌は13日、札幌・宮の沢で4日ぶりに練習を再開した。FWジェイ(37)は、10日にキックボクシングを観戦し、RIZE世界フェザー級王者の那須川天心(21)と初対面したことを明かした。

    「すごく楽しかった。彼は他の選手と比べてすごく強かった。相当自信を持っている。『頑張って』と言ったら彼も同じようなことを言ってくれた」。キックと総合で38戦無敗(メイウェザー戦はエキシビション)の神童からパワーをもらった様子だ。

    次節23日ホーム・ジュビロ磐田戦までは日数がある。FW鈴木ら代表選手が不在での練習になるが、最年長は「少しだけ空いて良かった。残りの選手で毎日頑張らないと。最近失点が多いので守備の練習が必要」と、立て直す期間にする。今季は残り3試合。「勝ち点3を取らないといけない」と、那須川のように勝ち続けるつもりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-11130622-nksports-socc
    11/13(水) 18:14配信

    no title

    RIZE世界フェザー級王者の那須川(中央)と札幌FWジェイ。左はビッソル通訳(ビッソル通訳提供)

    続きを読む

    20191111-00149524-roupeiro-000-5-view

    848: 名無しに人種はない@実況OK 2019/11/13(水) 13:09:49.92

    リーガの13節ベストゴール5に久保のゴールが選ばれたぞ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ