海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    14WC_OMB


    1 :レコバたんヽ(゜∀。)ノφ ★ 2013/10/18(金) 04:26:58.75 ID:???0
    FIFA(国際サッカー連盟)は17日、ブラジル・ワールドカップ欧州予選プレーオフで
    シードとなる4チームを発表した。

     プレーオフに進出した8チームのうち、シードとなる第1ポットには同日発表のFIFA
    ランキング上位チームであるポルトガル(14位)、ギリシャ(15位)、クロアチア(18位
    )、ウクライナ(20位)が選出され、フランス(21位)、スウェーデン(25位)、ルーマニ
    ア(29位)、アイスランド(46位)は第2ポットとなった。

     第1ポットと第2ポットのチームが対戦する方式の欧州予選プレーオフは、21日に
    組み合わせ抽選会が行われる。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8166921/

    続きを読む

    img_js_contents


    1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2013/10/18(金) 12:12:30.19 ID:???0
    サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は18日、
    海外リーグを対象にしたくじを11月23日から販売すると発表した。
    Jリーグのシーズンオフを埋める形で来年2月まで販売され、
    サッカーくじの販売は通年化する。

    サッカーくじは国内のJ1、J2の試合が対象だったが、海外の試合にも
    拡大できるようにする改正スポーツ振興投票法が18日に施行された。

    対象はイングランドのプレミアリーグと下部リーグ、FA杯、
    ブンデスリーガで、ビッグなど予想が不要な「非予想系くじ」で実施
    される。2013年度の販売は10回程度を予定している。

    くじの売り上げにより増えた収益は、20年東京五輪に向けた国立競技場の
    改築費に充てることが検討されている。

    ソースは
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20131018-1205846.html
    ■日本スポーツ振興センター http://www.jpnsport.go.jp/
     2013年10月18日 BIG、海外リーグを活用し販売を通年化へ ドイツ、イングランドのリーグ・カップ戦を対象に、BIG、BIG1000、mini BIGの3商品を販売!
     http://www.jpnsport.go.jp/sinko/LinkClick.aspx?fileticket=MoDxfmcdQw4%3d&tabid=311&mid=658

    続きを読む

    kagawa4


    1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2013/10/18(金) 12:23:22.70 ID:???0
    イングランドプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドの
    日本代表MF香川真司(24)が、セリエAのインテル・ミラノの
    来年1月の移籍市場での獲得候補に挙がっていることが17日、
    明らかになった。

    インテルはインドネシア人実業家のエリック・トヒル氏(43)に
    株式の70%を売却。新聞社、テレビ局を所有するメディア王で
    資金力豊富な同氏は、インドネシア人の父を持つベルギー代表
    MFナインゴラン(カリャリ)ら選手の補強を計画。
    日本代表DF長友佑都(27)と香川の共演プランも視野に入れている
    という。

    一方、16日に日本代表から英国に戻り、チームに再合流した香川は
    「チームで(レギュラーを)勝ち取らないといけない」と、
    今季リーグ出場1試合という苦境の打破に集中。
    19日のサウサンプトン戦(ホーム)へ、気温11度と肌寒い
    マンチェスターで調整した。

    ソースは
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20131018/ser13101805040000-n1.html

    続きを読む

    title_main_03


    1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノ φ ★ 2013/10/18(金) 08:13:18.77 ID:???i
    日本代表監督のラモス瑠偉氏(56)がJ2岐阜の来季監督に就任する可能性が急浮上した。

    既に打診を受けており、就任に前向きな姿勢。
    クラブ内での最終調整がつけば、正式決定となる見通しだ。指導力に加えてタレント性もあり、チームの注目度が大幅にアップするのは確実。
    J2で低迷する岐阜再生の切り札となる。

    岐阜は今季、8勝7分け20敗で現在21位。自動的にJ2残留となる20位以内を目指して全力を注いでいる。一方で、来季へ向けてチームを根本的に
    強化する方針を固め、行徳監督に代わる新監督として、ラモス氏をリストアップした。
    ラモス氏もビーチサッカーのW杯が終了して一区切りついたことから「もう一度Jリーグで監督をやりたい」と話しており、就任は岐阜のJ2残留が前提になるもようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000030-spnannex-socc

    続きを読む

    b0171914_11243896


    1 : ◆IkIUShldMZ.m @勉強ふりかけφ ★ 2013/10/18(金) 07:19:54.02 ID:???0
     欧州遠征でセルビアとベラルーシに連敗した日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(60)と
    内組の選手が17日、帰国した。最近の不振によりイタリア人指揮官の進退を問う声も浮上する中、
    日本協会の原博実技術委員長(54)は14年W杯ブラジル大会まで指揮を任せる方針を示唆。
    11月の欧州遠征からの巻き返しに期待を寄せた。

     W杯予選敗退国にまさかの連敗。ザッケローニ監督の進退を問う声が増す中、
    成田着の航空機で指揮官らとともに帰国した原技術委員長は、
    解任の可能性を真っ向から否定した。
    「この前の試合だけを見たらいろいろ言われても仕方がないと思う」と不振を認めながらも、
    指揮官の去就については「何かそういう雰囲気だから、
    1、2試合を見て考えるとかは全くない」と説明した。

     ザッケローニ監督は11年1月のアジア杯を制覇。
    W杯予選も世界最速で突破を果たし、周囲の期待は膨らんだ。
    だがコンフェデ杯は3戦全敗。8月14日のウルグアイ戦も2―4と大量失点で敗れた。
    今回の遠征は2試合とも無得点に終わったことで、期待は一気に不安へと変わっていった。
    ■ソース
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/10/18/kiji/K20131018006828960.html
    続く

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ