海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 13:21:30.99
    ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、今シーズン終了後に退任することがクラブの決断であると認めた。

    2014年から5シーズンにわたってユヴェントスを指揮したアッレグリ監督。セリエA3連覇を成し遂げたアントニオ・コンテ前監督の後を継いだ同指揮官は、在任中に5度のスクデット獲得、4度のコッパ・イタリア制覇など11個ものタイトルを獲得する。しかし、同クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、2014-15、2016-17シーズンと2度の決勝進出を果たすも、ビッグイヤー獲得には至らず、今シーズンに関してはベスト8で敗退した。

    イタリア国内では突出した力を持つユヴェントスだが、CL制覇にまたしても手が届かなかったことを受け、17日にアッレグリ監督の退任を発表。そして、翌18日に行われた会見で、同指揮官は残り2試合でクラブから離れる経緯などについて語った。

    「イタリアでこれからも成功を収め続け、チャンピオンズリーグでも最高の結果を残せるポテンシャルを持ったチームから私は離れる。残念ながら、今シーズン我々はいくつかの場面で良い結果を残せなかった。そして、ユヴェントスの将来にとって何がベストであるかを議論した」

    「その結果、クラブは私が新シーズンの指揮を執らないことがベストであると決めた。ただし、私と会長の(アンドレア)アニェッリ、ディレクターの(パヴェル)ネドヴェド、(ファビオ)パラティッチとの関係は最高のままだ。今はチームを去るのにベストなタイミングだ」

    また、将来については「これからどうなるかはわからない。少しばかり休憩も必要だ。7月15日が過ぎれば仕事に戻りたくなると感じるかもしれないし、これからの状況を見極めることになるだろう。もしくは、1年間自分自身や家族のために時間を費やすかもしれない。いずれにせよそのうちわかるだろう」と言及するに留めた。

    アッレグリ監督は、20日のアタランタ戦で本拠地アリアンツ・スタジアムでのラストゲームを迎え、26日のセリエA最終節サンプドリア戦が5年間の集大成となる。
    2019-05-19_18h17_32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010008-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/19(日) 15:45:27.64
    「(ヴィッセル)神戸はどうしたんだ? 選手は適性のあるポジションでプレーしているのか? 
    コレクティブな力をまったく感じず、それぞれがプレーに迷っている。まるで素人の思いつきのような布陣だ!」

    イニエスタではなくポドルスキ。神戸には泥沼脱出の旗手が必要だ

    知り合いのスペイン人記者が、試合中にSNS通信アプリでメッセージを送ってきた。彼は前監督のフアン・マヌエル・リージョと親しい。チームの変わりように、呆気にとられたようだった。

    この日、神戸は公式戦8連敗目を喫した。「アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキの不在が響いた」というレベルではない。それぞれの選手は奮闘していたものの、糸の切れた凧のように無軌道で、チームとしてなす術(すべ)がなかった。神戸の選手たちは、失意の中でもがいている。

    5月18日、日産スタジアム。13位と低迷する神戸は、7位の横浜F・マリノスの本拠地に乗り込んでいる。

    立ち上がりは、互角以上の戦いを演じていた。ボールが落ち着かず、攻め切れない横浜FMを尻目に、高いラインを保ちながら、むしろ優勢ですらあった。右サイドを崩し、西大伍のクロスをダビド・ビジャがボレーで狙う。あるいは、敵陣内でのボールを巡る争いに勝利し、三田啓貴のパスから西がGKと1対1となってシュートを放った。

    「前半は相手のプレスもあって、いいパスコースを見つけながら前に行こうとしたが、後ろで持ちすぎていた面もあったかもしれない」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)。

    しかし、前半20分を過ぎると、神戸は徐々にサイドで起点を作られ始める。自然とバックラインが下がってしまい、攻守に乱れが生じる。選手たちは気合いだけで不具合を調整し、前へ押し出していたが、崩れるのは時間の問題だった。

    31分だ。左CBの宮大樹が左サイドに開いて、左足でサイドチェンジを試みる。それはプレッシャーを回避し、一気にポジション的優位を作るプレーのひとつだが、「攻撃と同時に守備のポジションを取る」という戦術的リスクヘッジはなかった。相手にカットされると、わずか2、3秒でゴール前まで持ち込まれ、フリーのマルコス・ジュニオールに先制点を叩き込まれている。
    2019-05-19_17h51_18
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00860270-sportiva-socc
    5/19(日) 14:57配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
    順位表

    続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2019/05/19(日) 12:42:23.54
    リーグ・アン第37節が18日に行われ、DF酒井宏樹が所属するマルセイユはDF昌子源が所属するトゥールーズと対戦し、5-2で勝利を収めた。酒井と昌子は共にフル出場を果たした。

    1-1で迎えた50分、ルーカス・オカンポスの落としに反応した酒井が左足を振り抜き、勝ち越しゴールを記録。同選手にとってこれがリーグ・アン初ゴールとなった。さらに、2-2で迎えた61分には、右サイドからグラウンダークロスを入れると、クリントン・エンジがワンタッチでゴールへと流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後も追加点を挙げたマルセイユは、1ゴール1アシストを記録した酒井の活躍もあり、敵地でトゥールーズに勝利した。

    最終節となる次節は24日、トゥールーズは敵地でディジョンと、マルセイユはホームでモンペリエと対戦する。

    【スコア】
    トゥールーズ 2-5 マルセイユ

    【得点者】
    1-0 26分 アーロン・レヤ・イセカ(トゥールーズ)
    1-1 29分 モルガン・サンソン(マルセイユ)
    1-2 50分 酒井宏樹(マルセイユ)
    2-2 61分 マックス・グラデル(トゥールーズ)
    2-3 76分 クリントン・エンジ(マルセイユ)
    2-4 90分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    2-5 90+1分 フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    2019-05-19_13h57_19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00938534-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/19(日) 12:01:41.62
    <ブンデスリーガ‥デュッセルドルフ2-1ハノーバー>◇18日◇メルクールシュピールアリーナ(ドイツ・デュッセルドルフ)

    デュッセルドルフFW宇佐美貴史(27)が移籍を明言した。日本代表FW原口元気(28)が所属のハノーバーに勝利。宇佐美はベンチスタートも出場はなかった。

    試合後に今季を振り返り「前半戦は試合にも絡みながらですけど、その中でなかなか数字を残せなかったというのは、後半戦に引きずる…後半戦なかなかうまくいかなかった要因にもなったかな、と思いました」。

    今後については「ここ(デュッセルドルフ)でないことは確かですね」と明言し「ただ(来季の所属クラブが)どうなるかとか、僕の希望とかは、ここでは話せないことですし、まだ僕自身分からない状況なので、何も言えないですね」。本人サイドは古巣のガンバ大阪復帰を希望している。
    2019-05-19_12h36_13
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-05190135-nksports-socc
    5/19(日) 7:32配信

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2019/05/19(日) 11:13:45.52
    5/19(日) 10:52配信
    リベリとロッベンがバイエルンに涙の別れ、7連覇を置き土産に退団

    【AFP=時事】18-19ドイツ・ブンデスリーガ1部は18日、第34節の試合が行われ、リーグ7連覇を達成したバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)では、今季限りで退団するフランク・リベリ(Franck Ribery)とアリエン・ロッベン(Arjen Robben)の最後のプレーに、チームメートが涙した。

    バイエルンにそれぞれ12年と10年所属し、今季限りでの退団が発表されているリベリとロッベンは、試合前には観客の大歓声を浴びて涙をこらえているようにも見えた。

    それでもバイエルンでの最後のリーグ戦となるフランクフルト(Eintracht Frankfurt)戦が始まると、両者は交代出場からどちらもゴールを決め、チームもボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)とのリーグ前半戦の勝ち点9差を覆し、逆転優勝を飾った。

    ロッベンはスカイ・ドイツ(Sky Germany)に対して「こういう試合が終わった後だから、いろいろな感情が体中を駆け巡っている」「言葉にはならない。ただ味わうしかないよ」とコメントした。

    リベリは「一番重要なのは、自分たちがきょう優勝したことだ。この特別な瞬間のために、僕の家族も総出でフランスからやって来ていた」と話している。

    エースのロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)は「きょうはただ勝つだけでは足りないとみんな思っていた。ドイツの覇者が誰かを示す必要があった」「フランクとアリエンのためにも優勝したかった。開始前に2人の家族が目に入ったときには泣きそうになった」とコメントした。

    トーマス・ミュラー(Thomas Mueller)は「二人にとって夢のような結果になった。今年はストレスがたまったし、いらいらすることもすごく多かったから、これ以上は望めない」と話した。

    リベリが12年にわたって慕ってきたウリ・ヘーネス(Uli Hoeness)会長も、リベリの4点目のゴールが決まると客席で涙を見せた。会長は「交代出場の時点で感極まっていたのに、あの素晴らしいゴールで涙をこらえきれなくなった」「先発じゃないのが分かって、ここ数日はすごく悲しそうにしていたからね」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000008-jij_afp-socc
    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ