海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1:豆次郎 ★:2018/11/14(水) 06:27:53.98 ID:CAP_USER9.net
    11/14(水) 6:10配信

    サッカー日本代表の
    ■南野は香川、堂安は本田、中島はメッシ

    10月、森保ジャパンが臨んだパナマ、ウルグアイとの2連戦で、南野拓実(ザルツブルク)、堂安 律(フローニンゲン)、中島翔哉(ポルティモネンセ)の若手アタッカー3人が持てる能力を存分に発揮し、連勝(3-0、4-3)に貢献した。


    何しろトップ下の南野はパナマ戦で1ゴール、ウルグアイ戦で2ゴールを挙げ、森保ジャパンの初陣だったコスタリカ戦から数えて3戦連続得点をマーク。

    右MF堂安はウルグアイ戦でスペースのないなか、酒井宏樹(マルセイユ)とのワンツーでゴール前に侵入するや鮮やかな切り返しで相手DFを外し、代表初ゴールをゲット。

    そして左MF中島は、ウルグアイ戦において得意のドリブルで相手守備陣を翻弄(ほんろう)しただけでなく、南野の先制点をアシストし、際どいシュートをたびたび放つなど、存在感を見せつけた。

    サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が言う。

    「ウルグアイ戦での南野はスゴかった。先制点はパナマ戦でのゴールと同様、ゴール前中央で敵DFを背負いながらパスを受け、一瞬の反転で敵を置き去りにしてシュートまで持っていったのですが、背負ったのがアトレティコ・マドリーでセンターバックを張るゴディンですからね。

    ゴディン相手にあのプレーができるのなら、どんなDFに対しても同じことができるはず。南野は今、選手として急激に伸びています。その高いレベルを維持できれば、世界的な選手になれるでしょう」

    同じくサッカージャーナリストの西部謙司氏は、南野のプレーに古巣・C大阪の先輩の姿を重ねる。

    「香川真司(ドルトムント)に似て、俊敏でボールコントロール力に長(た)け、狭い場所でプレーできるタイプですが、よりシュート意識が強い。現時点で、森保ジャパンのトップ下の一番手は南野で決まりでしょう」



    続いて堂安。ウルグアイ戦での日本代表初ゴールシーンを「時間がフッと止まったような感覚があった。不思議とどこに打っても入る気がした」と、週刊プレイボーイで隔週連載中のコラム『堂安律の最深部』で振り返ったが、彼も、ベテランジャーナリストのおふたりから高い評価を受けた。

    「ウルグアイの左サイドはMFもDFも相当攻撃的だったのですが、堂安は同じ右サイドの酒井とのコンビネーションで、相手の裏を取ってどんどん攻め立てました。結局ウルグアイは日本の右サイドからの圧力に対抗するため、後半に入るとMFとDFを前後入れ替え、守備を固めざるをえませんでした。

    堂安はひとりでグイグイ仕掛けるというより、周囲の選手と絡みながら決定機をつくるアタッカーなのですが、ウルグアイ戦は彼の持ち味がよく出ていました。そして得点シーンは、猛烈なスピードで突っ込んでいって、なおかつあれだけ強いパスを完璧に切り返してゴディンを置き去りにしました。南野や中島も含め、どんなに速いボールでも難なくコントロールできるのも彼らの強みです」(後藤氏)

    「身長172cmでありながら、フィジカルコンタクトをものともしない。ウルグアイ戦では大柄な選手と競り合った場面でも、腕一本入れば勝てるという強さを見せていました。サイズは違いますが、けっこう本田圭佑(メルボルン)と共通点があるんです。

    左利きの右サイドで、当たりに強くて、強烈なシュートも打てる。しかも本田より敏捷性(びんしょうせい)とテクニックがある」(西部氏)

    そして中島に対しては、特に西部氏から惜しみない称賛が送られている。

    「ケタ違いのプレーでしたね。スピードがあり、小柄なので、メッシ(バルセロナ)と同じで相手DFの歩幅が合わず、ウルグアイは彼をどうやっても止められない。自分の間合いに入っているのに小刻みに動けるため、DFは中島を制御することができないんです。

    その上、シュートもパワー抜群。もうキレッキレの無双状態でした。彼がウルグアイ守備陣に与えた心理的圧力は大きかったと思います」(西部氏)


    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-01075330-playboyz-socc

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/14(水) 05:48:07.63 ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントのMF香川真司は代表ウィーク期間中にスペインのバルセロナを訪れ、海岸沿いで自主トレーニングに励む様子をSNSで報告した。
    二枚の写真をアップし、ファンから「気持ちよさそう」「移籍?」など様々な声が上がっている。

    【関連写真】「逆光でもかっこいい」「移籍?」と反響! 香川真司が公開、バルセロナ海岸沿いで“ランニング&逆光”ショット





    香川は足首の負傷により9月29日のブンデスリーガ第6節レバークーゼン戦(4-2)以降は公式戦を欠場。

    10月31日のDFBポカール2回戦ウニオン・ベルリン戦(3-2)で復帰を果たし、6日のU-23チームのレギオナルリーガ(4部相当)第12節ロートヴァイス・エッセン戦に先発出場。

    前半7分、同16分、同28分と得点に絡み、スウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクのハットトリックを演出すると、さらに後半3分にもFWドミニク・ワーナーのゴールをお膳立てし、1試合4アシストとさすがの存在感を示している。

    10日のリーグ第11節バイエルン・ミュンヘン戦で香川はベンチ外となるも、チームは3-2と勝利し、開幕11試合無敗で首位をキープしている。

    そんななか、香川は13日に自身のSNSを更新。その2日前に「旅」と綴り、空港で撮影したと思われる写真をアップしていた。

    そして13日には「太陽」「波」「ランナー」の絵文字を組み合わせ、ハッシュタグで「#barcelona」と発信。バルセロナの海岸沿いと見られる美しい場所でトレーニングしている様子を公開した。

    青々とした海と晴天をバックに“逆光ショット”も併せて投稿している。

    返信欄では「気持ちよさそう」「リフレッシュ出来そう」「海の見える素敵な場所」「満喫して」「絵になりますね」「逆光でもかっこいい」などのコメントが並んだ一方、
    名門バルセロナの本拠地で撮影した写真にファンから「移籍?」という声も上がった。

    11/13(火) 22:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00147645-soccermzw-socc

    写真
    20181113-00147645-soccermzw-000-view
    続きを読む

    1:ストラト ★:2018/11/14(水) 07:16:12.30 ID:CAP_USER9.net
    女優の清原果耶(16)が日本テレビ系で中継される「第97回全国高校サッカー選手権大会」(12月30日開幕)の14代目応援マネジャーを務めることが決まった。

    14年に芸能事務所アミューズの「オーディションフェス2014」で、応募3万2214人からグランプリに輝いた若手ホープ。NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15年)で女優デビューすると、7月期のNHK「透明なゆりかご」ではドラマ初主演を飾り、透明感のある演技が話題を呼んだ。

    歴代の応援マネジャーには新垣結衣(30)、広瀬すず(20)らがいる若手女優の登竜門。現役高校生の清原は「自分の中で新しい世界に踏み込むような感覚。ワクワク、楽しみ、好奇心という気持ちが大きいです」と笑顔を見せた。

    サッカーの知識は少ないが、勉強あるのみ。「あまりサッカーに詳しくない人も、楽しんで番組を見てもらえるように。仲間との絆や、(選手への)監督の愛に触れていければ。熱い応援を送りたい」と意気込んだ。

    新たな試みとして、4人組パフォーマンスグループ「s**t kingz」(シットキングス)のリーダー・shoji(34)の振り付けの下、現役高校生とコラボした応援ダンスムービーを製作する。小学5年から2、3年、ジャズダンスのレッスンを習って以来の挑戦に、清原は「踊ることが好きなので、精いっぱい力強い踊りを披露できたら」。
    ダンスでも高校サッカーを盛り上げていく。

    ◆清原 果耶(きよはら・かや)
    2002年1月30日、大阪府生まれ。16歳。
    16年NHK「精霊の守り人」でヒロインの少女期を好演。
    同年「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で映画初出演。
    17年映画「3月のライオン 前編/後編」「ちはやふる ―結び―」に出演。
    8月から「Seventeen」専属モデル。
    大塚製薬「オロナミンC」、日本生命保険のCMに出演中。
    特技は歌とダンス。身長162センチ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000326-sph-ent

    「14代目高校サッカーマネージャー」に決定 清原果耶









    清原果耶



    続きを読む

    1:Egg ★:2018/11/13(火) 22:35:23.05 ID:CAP_USER9.net
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが妻のアンナ・オルティスさんとの馴れ初めについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

    下部組織を含めてバルセロナに22年間在籍し、今夏から神戸に加入したイニエスタ。妻アンナさんとの出会いは11年前に遡るという。その時の様子をスペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』で明かしている。

    「たまたま友達といる時に、レストランでウェイトレスとして働いている彼女に出会ったんだ」

    「すぐ恋に落ちたよ。一目惚れだった。だけど彼女はそっけなくて、最初は全然うまくいかなかったんだ」

    「口説き落とすのには本当に大変だった。いくつかのトリックも使わざるを得なかったくらいだよ」

    サッカーでは思い通りにボールを扱い、ピッチに魔法をかけるイニエスタだが、妻との恋の始まりはそう簡単ではなかったようだ。

    11/13(火) 21:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-05185317-gekisaka-socc

    写真





    つづく
    続きを読む

    1:真実は一つ ★:2018/11/13(火) 21:31:05.31 ID:CAP_USER9.net
    元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、今夏に名門バルセロナからJ1ヴィッセル神戸へ移籍し、オフを利用して日本の名所を巡っている。

    12日に自身の公式インスタグラムやツイッターを更新し、京都の有名な観光スポットとして知られる清水寺に出没。妻とともに撮影した一枚を投稿し、「なんて美しいんだ」と海外ファンからも反響を呼んでいる。

    昨季限りでスペインの名門バルセロナを退団し、新天地としてJリーグの神戸を選択。華麗なプレーで観る者を魅了している名手だが、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークをはじめ、鹿苑寺(通称:金閣寺)などにも足を運び、撮影した写真をたびたびSNSにアップしている。

    そして今回投稿したのは、京都の名所である清水寺でのショットだ。「日本を知る」とのコメントを綴ったイニエスタは、仁王門をバックに妻のアンナ・オルティスさんらと撮影している。

    返信欄では日本人ファンから「京都!」「紅葉楽しめましたか?」「満喫してください」「京都に来てたなら言って」「楽しそう」とのコメントが届けば、海外ファンからも「なんて美しいんだ」「素晴らしい場所」「美しき家族愛」「クール」などの声が上がっている。

    神戸は第24節からリーグ戦7試合未勝利(1分6敗)と苦戦を強いられ、一時はJ2降格の危機に晒された。だが第31節名古屋グランパス戦でフル出場したイニエスタが、華麗なループパスから元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの先制ゴールを演出し、2-1勝利に貢献。8試合ぶりの白星を手にすると、続くサガン鳥栖戦は0-0と引き分けて勝ち点1を積み重ねた。

    リーグ戦は残り2試合と最終局面に差しかかっているなか、神戸は勝ち点41のリーグ12位で、プレーオフに回る16位名古屋と勝ち点4差。第33節で清水エスパルス、最終節でベガルタ仙台と対戦するなか、イニエスタの活躍で次節に残留を決められるだろうか。

    2018-11-13_21h55_00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00147607-soccermzw-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ