海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/22(日) 13:03:49.55 ID:CAP_USER9.net
    鹿島のMF柴崎岳(24)が22日、チームのタイ遠征に帯同しなかった。スペイン1部ラスパルマスと早ければ来週にも契約に合意する可能性が出てきたと21日にスペイン紙マルカ(電子版)で報じられていた。

    今季で鹿島との契約が切れる24歳は、欧州移籍が実現しなければ今季も契約を結ぶことを前提に、17日の始動から鹿島の練習に参加。22~27日のタイ遠征についても、それまでにオファーがなければクラブは帯同させる方針を示していた。

    だが、この日の早朝、成田空港の出発ロビーに柴崎の姿はなかった。クラブ関係者は移籍の可能性があることを認め、準備している段階だと明かした。

    スポニチアネックス 1/22(日) 9:11配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000087-spnannex-socc

    写真
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 19:34:48.89 ID:CAP_USER9.net
    ラスパルマスは、「プランB」として鹿島のMF柴崎岳(24)がリストに入っていると、21日付のスペイン紙マルカが報じた。

    同クラブのトップターゲットはパリサンジェルマンFWヘセだという。柴崎とは12月から交渉していたが、ヘセ獲得に向けてラスパルマスは柴崎との交渉をストップしていたという。だが、ヘセ獲得が困難な状況であるため、ふたたび柴崎との交渉が再開したと報じた。

    同紙は、同クラブは柴崎の獲得は、選手としてだけではなく、日本市場を開拓が目的で、経済的にも魅力的だと伝えた。また、柴崎自身には、他のスペインリーグのクラブからもオファーが届いているが、ラスパルマスが1歩リードしていると報じた。
    2017-01-21_21h52_17
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-01768382-nksports-socc
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 18:43:27.75 ID:CAP_USER9.net
    Jリーグは20日、2017年より放映権契約を結ぶ「DAZN(ダ・ゾーン)」とのメディアブリーフィングを実施した。会見に出席したDAZNのジェームズ・ラシュトンCEOが質疑応答を受けた。会見の内容は以下のとおり。

    ――これほど複数台のカメラでの撮影となれば、スマートフォンなどでユーザーが任意で視点を変えられるようなサービスも考えているのか
    「こういったサービスはすでに他のプロダクトで提供している。アメリカでも導入している事例があるが、実際のユーザーの使用頻度は高くないというデータが出ている。
    今回のサービスではマーケティングリサーチを行い、ユーザーの中で関心があると分かれば前向きに検討していきたい」

    ――現在の加入者数は
    「この質問をよく受けるが、DAZNや他のサービスもそうだが加入者数については機密事項となっており、開示はひかえている」

    ――Jリーグのスタートで加入者がどれくらい伸びると考えているか
    「今回、Jリーグの放送始まることで期待を高めている。加入者の数の大きな影響が予測されているので大きな投資をした。Jリーグの加入者に対する影響はまだ十分に申し上げることはないが、参考になるのはスカイパーフェクトの例。何十万もの人たちが加入している。また、スタジアムで応援するハードコアなファン数は100万から150万と考えており、このファンにも是非加入してもらいたい」

    ――今後の展望は
    「今後のDAZNとしてどこまで加入者数を増やしたいかというと、日本にあるペイテレビの良い強豪でありたい。少なくとも彼らと同じ規模、その加入者数はミニマムだと考えている。今後もWOWOWやJsportsを参考にしていきたい」

    ――現在はどういう端末で見られているのか
    「細かな数字は言えないが70%の加入者は複数のプラットフォームで見ている。パソコン、テレビ、モバイルなどで視聴しているようだ。テレビならば、ソニーや東芝、サムソンなどでスマートテレビが視聴できる。またエックスボックスのアプリも開発しているしプレーステーションもサポートしていく。アップルテレビでも視聴でき、グーグルも現在は準備中だ」

    ――映像の制作はJリーグが行うということだが、解説者などはどちらが持つのか
    「中継はJリーグに帰属する。これは需要な条件と考えている。中継に関する著作権はJリーグだ。クラブやリーグに権利を返すことが重要だと思っている。詳しいことは水野から」

    「(水野氏)実況、解説のマネジメントは全てJリーグです」

    ――スタジアムにコアファンが150万人いるとのことだが、その人たちにもスタジアムで何かを提供していく考えはあるのか
    「その点も検討中で、NTTと協力している段階だ。そのためにもWi-Fiのサービスをスタジアムに整備する必要性がある。それはJリーグにとっても大事なこと。設備された段階でスタジアムにいらっしゃる方のためのものを提供したい。スタジアムにおけるサービスは、Jリーグファンのための提供なので、無料で提供したい。そこでDAZNを気に入ってもらって加入者になってもらうつもりだ。2つのプロダクト、別のアプリを提供するのではなく、サービスの一部としてスタジアムで楽しんでもらうことを意識している」

    ――DAZNとしてJリーグというコンテンツが新たに増えることは重要か
    「日本での取り組みは欧州と同等に重要だ。これからも国内のコンテンツを追加していきたい。そして日本だけでなく欧州でもそれは同じだ。Jリーグとのパートナーシップでコンテンツをいただくが、それは終わりではなく始まりとの位置付けだ」

    >>2以降につづく
    image
    超WORLDサッカー2017.01.20 17:51 Fri
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=265421&page=1
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 18:06:50.87 ID:CAP_USER9.net
    マンチェスター・Cは、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに対するオファーに耳を傾ける姿勢だ。20日付けのイギリス紙『メトロ』が報じている。

    過去5シーズンに渡ってチーム内得点王に輝いており、昨シーズンはプレミアリーグで24ゴールをマークしたアグエロ。チームを2度のリーグ制覇に導いたプレミア屈指のストライカーだが、マンチェスター・Cは放出も視野に入れているという。

    同紙によればグアルディオラ監督はクラブに、アグエロに対するオファーを受け付けるよう指示を送った模様だ。同選手のスタイルが指揮官のサッカーにマッチしきれていないと報じている。

    マンチェスター・Cは、以前から獲得が決定していたブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが今冬ついに合流。19歳ながら代表で6試合5ゴールを記録している同選手が、アグエロにとって脅威になるとも同紙は伝えている。

    前節エヴァートンに0-4で敗れたマンチェスター・Cは、プレミアリーグで5位に転落。首位チェルシーとの勝ち点差は「10」まで開いており、優勝争いからは一歩遅れている状況だ。巻き返しを図る次節は21日、2位トッテナムと対戦する。
    2017-01-21_19h14_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00544261-soccerk-socc
    続きを読む

    1:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/21(土) 14:05:54.85 ID:CAP_USER9.net
    名古屋グランパスは21日、2017シーズンのキャプテンにFW佐藤寿人、副キャプテンにGK楢崎正剛、FW玉田圭司、MF小林裕紀、MF八反田康平が就任すると発表した。

    佐藤は今季サンフレッチェ広島から名古屋に加入したばかりだが、いきなりの大役となった。キャプテン就任にあたって、同選手はコメントを発表している。

    「新生名古屋グランパスのキャプテンに任命していただき本当に光栄に思います。そして、同時に強い責任も感じています。生まれ変わった新しいグランパスをチーム全員の力で作り上げていきたいですし、一選手としては、ピッチ上で結果を出すことでみんなを引っ張って行きたいと思います。長丁場のリーグ戦となるJ2は、色々な状況が訪れると思うので、 絶対にチーム全員の力が必要です。どんな状況になっても一人も欠けることのないチームを、風間監督のもと、手を取りあって作っていきたいと思います」

    また、引き続き副キャプテンを務める楢崎は「副キャプテンとして、キャプテンをしっかりとバックアップしていきたいと思います。在籍年数としては僕が最も長いので、高い目標と強い責任感を持ち、チームのために 日々取り組んでいきたいと思います。33人の選手が一丸となり、一つの目標に向かって努力するために、自分の出来ることを精一杯頑張りたいと思います」とコメントを発表。佐藤を支えることを誓っている。

    3年ぶりの名古屋復帰で副キャプテンを務める玉田は、「副キャプテンだからといって、自分のやるべきことは変わらないと思っています。プレーはもちろん、自分の経験含め、自分ができることをしっかりとチームに還元していき、J1復帰という大きな目標を達成するために良い雰囲気をつくっていきたいと思っています」とコメント。これまでの経験でチームを引っ張っていく。

    また、昨季はアルビレックス新潟で主将を務めた小林は「副キャプテンだからということより、まずは個人的にしっかりとプレーすること、それでいてチームを広く見ながら、キャプテンの寿人さんを支えられるように頑張りたいです。気負い過ぎることなく、しっかりと自分を出していきたいと思います」と、清水エスパルスから新加入の八反田は「これまでキャプテンや副キャプテンに任命されたことがなかったので驚きましたが、 気負うことなく、寿人キャプテンを支えたいと思います。そして、副キャプテンの中では僕が一番若いので、特に若い選手に寄り添い、チームの一体感を生み出せるよう一年間全うしたいと思います」とそれぞれ意気込みを見せている。
    2017-01-21_17h13_48
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00544198-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ