海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 17:53:17.91 ID:CAP_USER9.net
    初めてオーストラリアU-20代表を見たのは、'95年のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)だった。ナイジェリアが開催を返上して急きょカタールで開かれた大会は、中田英寿、松田直樹、奥大介、森岡隆三、山田暢久、安永聡太郎らを擁する日本がアジア予選を初めて突破して世界大会に参加し、ベスト8(ブラジルに1-2で敗退)に進出した歴史的な大会として知られている。そして、オセアニア代表として出場したオーストラリアの印象も強烈だった。

    その2年前の'93年に自国で開催されたワールドユース選手権で4位に入っていたオーストラリアは、この'95年の大会でもエースのマーク・ビドゥーカを中心に、スピードとディシプリンに溢れる攻撃で日本同様にベスト8に進出していた。

    「巧い、強い、速い」

    彼らのことをそう表現したのは、同じスタンドで試合を観戦していた田中孝司・ユース代表監督だったか、それともコーチを務めていた山本昌邦だったか――。

    ビドゥーカをはじめ、ハリー・キューウェルやマーク・ブレシアーノなど、当時のオーストラリアはヨーロッパのトップクラブで活躍する人材を輩出するタレントの宝庫だった。

    たしかに今のオーストラリアも、現アジアチャンピオンであり、アジア最強国のひとつ――日本のよきライバルでもある。だが選手の質の低下は著しく、オーストラリア代表スタッフたち自身が認めるように、個人レベルではビドゥーカの時代とは比べるべくもないという。

    いったいオーストラリアで何が起こったのか?

    同地在住が長く、ロシアワールドカップ・アジア最終予選ではオーストラリア代表のスカウティングも担当した今矢直城(早稲田ユナイテッド監督)に現状を聞いた。

    ヨーロッパからの移民が激減したことが弱体化の遠因!?

    ――オーストラリアは、どうしてサッカーのレベルが下がったでしょう?

    「単純に育成じゃないかと思います。それと移民の問題も。以前はヨーロッパからの移民が多かったので」

    ――東欧系とかギリシャ系とか、マイナーなヨーロッパの国からもたくさん来ていた。

    「ヨーロッパ系がそんなに減っているわけじゃないけど、中国やインドなどお金のある人たちが入って来た。オーストラリアは税金で稼ぐので、税金をたくさん払ってくれる人を歓迎するんです。ヨーロッパの景気が良くない状況で、ヨーロッパからの移民がオーストラリアに来ることができないんじゃないでしょうか。昔は貧乏でもオーストラリアに住めた。オーストラリアン・ドリームじゃないけれど、自分で事業を立ち上げたり、成功した人もたくさんいる。それがひとつ」

    つづく
    no title
    9/20(水) 11:01配信 ナンバー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00828899-number-socc
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 18:07:46.70 ID:CAP_USER9.net
    9/20(水) 17:58配信
    GOAL

    ハンブルガーSV下部の伊藤達哉がドルト戦に向けてメンバー入り…同僚やコーチが太鼓判

    ハンブルガーSV(HSV)のU-23チームに所属するFW伊藤達哉は、トップチームが臨むブンデスリーガ第5節ボルシア・ドルトムント戦に向けた招集メンバーに含まれた。20歳の左ウィングは、日本代表DF酒井高徳や相手チームのMF香川真司らとともにピッチに立つ可能性が出てきた。

    2015年夏に柏レイソルのユースからHSVのU-19チームに渡った、身長は166cmと小柄な伊藤は、昨年夏から同クラブの2軍に相当するU-23チームでプレー。ドイツ4部にあたるレギオナルリーガ・ノルトで、これまで26試合に出場している。

    伊藤は、16日に行われた同リーグの首位攻防戦となった第8節リューベック戦で、左ウィングでプレーした。PKを奪うなど相手DFを鋭いドリブルで翻弄し、2本目のアシストも記録した。2-0の勝利に大きく貢献し、ドイツ誌『キッカー』も、そのトリッキーなプレーが観衆をうならせ、HSVの2軍の人気選手になっていることを伝えていたところだ。

    そんな絶好調の伊藤は、マルクス・ギスドル監督が率いるトップチームの練習へ参加が求められたという。ドイツ北部のアマチュアサッカーを専門とするサイト『フッシーフロインデ』によると、ドルトムント戦の招集メンバーに含まれたようだ。

    2軍のFWテルレス・クネルは、チームメイトの“出世”について「ここでの自信を上に持ち込めばいい。彼はここでずば抜けた試合を見せ、素晴らしいドリブルを持っていることを自覚している。どんなチームにとってもプラスになるだろう」とコメント。同僚に大きな期待を寄せているようだ。

    また、コーチのクリスティアン・ティッツも「彼には(トップでプレーすることが)できると信じている。最高なプレシーズンを送り、レギオナルリーガで力強いパフォーマンスを見せてきたのでね。タツヤの1対1でのクオリティーはものすごくて、並はずれ。スタートしようと途中出場しようと、彼に幸運とグッドマッチを祈る。私は彼とともに喜んでいる」と太鼓判を押している。
    2017-09-20_21h30_24
    Goal編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010003-goal-socc
    続きを読む

    1:pathos ★@\(^o^)/:2017/09/20(水) 20:01:58.58 ID:CAP_USER9.net
    セリエA第5節が19日に行われ、ボローニャと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦し、長友は第2節ぶりにスタメンに復帰した。

    試合はホームのボローニャに先制を許す展開に。32分、ボローニャのイタリア人FWシモーネ・ヴェルディに左足で強烈なシュートを決められてしまった。追いつきたいインテルは74分、ペナルティエリア内でイタリア代表FWエデルが倒されてPKを獲得する。きわどい判定ではあったが、このチャンスをアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディがしっかりと決め、試合はこのまま終了した。インテルは開幕から続いていた連勝が4でストップしている。

    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はこの試合でフル出場を果たした長友に対し、「5点」と厳しい評価を下している。「ヴェルディは捕えることのできない、向かいの家の住人で、ナガトモにとって悩みの種だった。前半終了間際には、斜めからシュートを放ったが、枠を捕えることはできなかった」とコメントを添え、得点を決めたヴェルディの勢いを止めきれなかったと指摘した。

    チーム内での最高点は元スロヴェニア代表GKサミール・ハンダノビッチの「7点」となっており、一方の最低点はポルトガル代表MFジョアン・マリオで「4点」と発表されている。

    インテルは次節、24日にホームでジェノアと対戦する。
    GettyImages-849713814_a
    https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20170920/645153.html?cx_art=newarrivalcat
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/20(水) 18:09:43.35 ID:CAP_USER9.net
    「ベンチから飛び出してすぐさま仕留めた」。

    文句なしのマン・オブ・ザ・マッチだ。英国の各メディアがその働きぶりを称えた。
     
    リバプールと対戦したレスター・シティをカラバオ・カップ(リーグカップ)のベスト16に導いた岡崎慎司。0-0の58分に投入されると、7分後の65分に先制点を奪って見せる。CKの流れから味方がヘディングでつないだ球を強引にねじ込んだのだ。さらに78分には、右サイドでの力強いドリブルからイスラム・スリマニにパスを送り、アルジェリア代表FWが鮮やかなグラウンダーショットを決める。日本代表FWは1ゴール・1アシストの出色の出来で、レスターの2-0快勝劇に貢献した。
     
    まずはレスター地元紙の『Leicester Mercury』だ。「シェイクスピアが先発落ちした日本代表のレスポンスに感銘」と題し、クレイグ・シェイクスピア監督の「常日頃から高い集中力でトレーニングに臨み、完璧な準備をしている。それがシンジという男なんだ。ベンチスタートであってもあれだけの仕事をやってのけるシンジを、誇りに思う」とのコメントを紹介。加えて同紙は、「日本代表の遠征後は疲れが目立ち、スタメンを外れていたがついに本領を発揮した。試合を決めるパフォーマンスだ」と報じた。
     
    岡崎を「日本のヒットマン」と例え、「ベンチから飛び出してすぐさまリバプールを仕留めた」と表現したのが、タブロイド紙の『The Sun』だ。同紙はさらに「オカザキはひと時も無駄にしなかった。精力的に動き回って流れを変え、2得点に絡む圧巻の内容。リバプールにカラバオ・カップから“サヨナラ”させたのだ」と書き綴り、「凄まじい集中力とプレー精度だ」と評した。
     
    そして、米スポーツ専門チャンネルの『ESPN』UK版。「チャンスを浪費したリバプールに天罰を下した」と銘打ち、「殊勲者はもちろん1ゴール・1アシストのオカザキ。32分間の出場で見事に勝利をもたらした。45分間でピッチを去った(リバプールの)コウチーニョとは大違いの奮闘ぶりだった」と記した。
     
    両チームともターンオーバーを採用したカップ戦。レスターはエースのジェイミー・ヴァーディをメンバー外とし、ベンチにはケレチ・イヘアナチョ、アーメド・ムサ、リャド・マハレズといった飛び道具がベンチに控えていたが、シェイクスピア監督は迷わず岡崎を送り込んだ。『ESPN』は「その指揮官の選択が英断だった。選手交代で流れを掴んだレスターはシュート8本で効率良く2得点を挙げ、5点は取れただろうリバプールは21本のシュートを無駄にしたのだ」と論じた。
     
     レスターは土曜日のプレミアリーグ5節で、ふたたび本拠地にリバプールを迎える。

    9/20(水) 11:30配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00030166-sdigestw-socc

    写真

    続きを読む

    GettyImages-842231648

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/09/20(水) 17:04:32.62 ID:2UgjQ/ui0.net
    今も普通に強いけどガチればヨーロッパのトップと肩並べそう
    2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/09/20(水) 17:05:17.78 ID:9+ZAybf0a.net
    デンプシーすきだったで
    3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/09/20(水) 17:05:44.42 ID:2UgjQ/ui0.net
    >>2
    ええな
    ドノバン好きやった
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ