海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014-10-16_10h48_57
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 09:59:55.64 ID:???0.net
     アジア杯(15年1月、オーストラリア)のメンバー選考に向けて年内最後の代表戦となる11月の親善試合2試合で、U―19日本代表FW南野拓実(19=C大阪)がA代表に招集される可能性が高まった。

    0―4と惨敗したブラジル戦から一夜明けた15日、日本協会の霜田正浩技術委員長(47)は11月14日のホンジュラス戦(豊田ス)と同18日のオーストラリア戦(ヤンマー)に関して若手抜てきを示唆。日本代表はブラジル戦後に解散し、国内組は15日に羽田空港着の航空機で帰国した。

    屈辱の敗戦から一夜明け、霜田技術委員長と手倉森ヘッドコーチ兼U―21代表監督はシンガポールからミャンマーへと飛び立った。目的はU―19アジア選手権で1次リーグを突破し、4大会ぶりのU―20W杯出場に王手をかけたU―19日本代表の視察。17日に北朝鮮との準々決勝を控えるチームでお目当ては当然エースの南野だ。原専務理事もこの日、急きょ別便でミャンマーへ向かった。

    11月の親善試合2試合はアギーレジャパン発足後、初めて同じ時期にU―21とU―19という年代別代表の活動がなく、霜田委員長は「全世代が(招集の)対象」と話した。協会関係者によると前夜のブラジル戦後にアギーレ監督らとスタッフ会議を開催。今後「A代表と年代別代表を兼任する可能性がある選手の情報や招集方針について話し合った」。リオデジャネイロ五輪を目指すU―21世代ではDF植田らがいるが、U―19世代では、南野に“2階級特進”によるA代表入りの期待が高まる。

    スピードに乗ったドリブル突破や正確なシュート力が持ち味の南野は、19歳ながら4月にザックジャパンの代表候補合宿に招集された。W杯ブラジル大会でも予備登録メンバーに入り、開催中のU―19アジア選手権では3戦3得点。8強入りへ勝利が絶対条件だった韓国との1次リーグ最終戦(13日)で全2得点と勝負強さも備える。アギーレジャパンはここまで4戦3得点で1点はオウンゴール。南野は個人技でもゴール前に迫る能力を備え、決定力不足に悩むA代表にとっては新たなオプションになり得る。

    アギーレ監督は就任から4試合で30人の選手を招集し、25選手を起用。ブラジル戦でさえ森岡や小林を先発に抜てきしてアジア杯メンバー選考の場に活用するなど大胆な手法で絞り込みを進めている。アジア杯に向けた最後の2試合では全世代シャッフルのサバイバルレースで
    連覇に向けた最強メンバーを見極める。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/16/kiji/K20141016009109120.html

    U-19南野をアギーレ監督が抜てき!? 五輪、U-20と史上初の兼任も
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2014101602000188.html
    U19エース・南野、あるぞ3世代代表!
    http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20141015-OHT1T50412.html
    南野3世代掛け持ち A代表が招集検討
    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/10/16/0007421446.shtml
    アギーレ監督、次は“3世代掛け持ち”19歳・南野を呼ぶ!
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20141016/jpn14101605020007-n1.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413421195/

    続きを読む

    2014-10-15_23h12_28
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 22:07:42.36 ID:???0.net
     国際親善試合が14日に各地で行われ、フランス代表はアルメニア代表と対戦し、3-0で勝利した。

    試合後、ユヴェントス所属のMFポール・ポグバは、ファンの少年にユニフォームを求められたが、代わりにショートパンツを差し出したところ、拒否されていたことが明らかになった。フランス紙『レキップ』など各紙が報じている。

     ユーロ2016開催国のため予選を免除されているフランスは、形式上グループIに所属し、同グループの国々と順に親善試合を行っている。

    この試合で主力を温存したフランスは、マルセイユ所属のFWアンドレ・ピエール・ジニャクの活躍により快勝し、途中出場だったポグバは、ドリブル突破からファウルを受けペナルティキックを獲得するなど勝利に貢献した。

     試合後、チームメイトと喜びを分かち合うポグバのもとに、一人の少年が近づいてきた。少年はポグバに対してユニフォームを求めたが、同選手はユニフォームには先約がいることを説明。

    残念な様子の少年を見かねて、その場でショートパンツを脱ぎ、謝りながら少年に差し出したが、少年は受け取ることなく去っていってしまった。

     プレーではフランス国民を納得させられているポグバだが、残念ながら少年を満足させることは出来なかったようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00242115-soccerk-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413378462/

    続きを読む


    20131103-00000002-wordleaf-001-10-view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 20:59:47.07 ID:???0.net
    15日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次がサッカー日本代表のブラジル戦敗北に厳しくコメントする一幕があった。

    サッカー日本代表は14日の国際親善試合のブラジル戦でネイマールに4点を奪われ、0対4で敗北した。

    番組でこの話題が取り上げられると、加藤は「僕、個人的に言っていいですか」と切りだし、物言いたげな様子。

    「なかなかブラジルと試合ってできないじゃない」「僕は、今いる、今アギーレが選んだ選手の中でベストで行くべきだと思いました」などと思いを吐露した。

    さらに加藤は、日本代表が本田圭佑、香川真司、長友佑都らを先発からはずした状態で挑んだことについて

    「ブラジルが『えっどうなってるの?』ってちょっと混乱するとか、新しく出る選手たちがもっと発奮して、頑張ってブラジルをかき回すんじゃないかという思いもあったかもしれません」とアギーレ監督の胸中を推察した。

    しかし「でも僕は今回ベスト(メンバー)でブラジルと見たかった」と強く訴えた。

    また、加藤は「『ブラジル強かった強かった』ってみなさんおっしゃってますけど、あれ100%のブラジルじゃないと僕は思います」と分析し、「7割6割ぐらいのブラジルにあれだけやられてしまっている」と嘆いた。

    最後に加藤は「選手選考が入ってるんだったら、ピッチに立ってる選手、落ちるかもしれないんだからもっと自分のプレー僕は見せてほしかったな」

    「アジアカップまでには形にしてほしいなと思いますね」などと厳しい言葉で代表にエールを送り、話題を締めくくった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9361592/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413374387/


    続きを読む



    132: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/10/15(水) 01:56:14.41 ID:bwUhLlXx0.net

    早くね?

    134: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/10/15(水) 02:01:15.61 ID:J0Awf4gP0.net
    香川の帰還
    no title

    no title
    引用元http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1413286520/

    続きを読む


    1: 麦わらイサキ ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 10:04:04.23 ID:???0.net
    ブラジルと対峙し果敢に仕掛けた武藤「目標ができた」
    14/10/15 02:05

    [10.14 国際親善試合 日本0-4ブラジル シンガポール]

     試合前の宣言どおり果敢に仕掛けた。0-2の後半7分から途中出場したFW武藤嘉紀(F東京)は後半23分、左サイドからドリブルで縦に仕掛け、DFジウをかわす。深くえぐってゴール前にクロスを入れたが、惜しくもDFにクリアされた。

     試合前、「積極的に行かずに、消極的に行ってしまうと、自分と相手との技量の差は測れない」と話していたドリブラーはその言葉どおりに1対1で勝負を仕掛けた。「積極的に行かないと世界との差は見えない」。一人目は抜き去ることができた。しかし、得点にはつながらず、チームも劣勢のまま失点を重ねた。

    「何とか流れを変えたかったけど、相手のペースのまま進んでしまった。途中出場は流れを変える役割、得点に絡むことが求められるけど、そこは何もできなかった」

     砂混じりの劣悪なピッチコンディションの中、テクニックの差も如実に感じた。「ブラジルの選手はあれだけ悪いピッチでもタッチが大きくなったりしない。芝のせいにはできないけど、技術だったりスピードで大きな違いを感じた」と率直な感想を口にした。

    「生まれて初めてこれだけの差を感じた。まだまだ自分が下手だと思ったし、もっともっとうまくなりたいと思った」。サッカー王国・ブラジルと対峙し、痛感させられた現実。しかし、同時に世界のトップがどういうレベルにあるのかを肌で感じることもできた。「そのレベルにまで自分が上がっていきたいという目標ができた」。初のブラジル戦を終えた22歳のアタッカーはより一層、目を輝かせた。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149372-149372-fl
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1413335044/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ