海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    2019-01-20_11h23_49

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/20(日) 10:39:45.09
    <ブンデスリーガ:ライプチヒ0-1ドルトムント>◇19日◇ライプチヒ

    MF香川真司が所属するドルトムントはアウェーでライプチヒに1-0で勝利した。

    前半19分にMFビツェルが挙げた1点を守りきった。

    香川はベンチ入りしなかった。

    2連勝の首位ドルトムントは14勝3分け1敗の勝ち点45で、2位バイエルン・ミュンヘンとの6差を守った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00452600-nksports-socc
    1/20(日) 9:12配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/ger/ger-11157847.html
    試合スコア

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
    順位表

    MF 香川真司 今季成績

    第1節 ベンチ外
    第2節 ベンチ外
    第3節 ベンチ外
    第4節 後半25分~出場
    第5節 後半17分~出場
    第6節 ベンチ外
    第7節 ベンチ外
    第8節 ベンチ外
    第9節 ベンチ外
    第10節 ベンチ外
    第11節 ベンチ外
    第12節 ベンチ外
    第13節 ベンチ外
    第14節 ベンチ外
    第15節 ベンチ外
    第16節 ベンチ外
    第17節 ベンチ外
    第18節 ベンチ外

    続きを読む

    mig

    1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 03:46:06.59
    3位は決まらない模様

    2: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 03:46:29.27
    ブラジルの痛いンゴは今どうなんけ?

    3: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 03:47:27.11
    なお、どっちが1位でどっちが2位なのも決まらない模様

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/20(日) 08:45:24.58
    バルセロナで活躍した元スペイン代表MFシャビ(アル・サッド)は、その優雅なプレーから時に味方や敵がどのように動くか、あらかじめ分かっていたのではないかと思わされることもあった。ピッチ上で、相手の動きを先読みしていた慧眼の司令塔は、現役引退後もサッカーでは何が起こるのかを分かっているのかもしれない。韓国のスポーツ総合サイト「スポータルコリア」によると、UAEで開催されているアジアカップでは、シャビの大会開幕前の予想が次々と的中しているという

    大会の開幕が近づく2018年末、カタールのニュース番組に出演したシャビは、アジアカップの大会結果を予想したという。アジアカップでは18日までに決勝トーナメント進出チームが出揃ったが、ここまでの結果とシャビの予想を照らし合わせると、驚くべき的中率を誇っていることが分かった。

    決勝トーナメント1回戦の対戦カードを見ると、「韓国vsバーレーン」「カタールvsイラク」「UAE vsキルギス」「オーストラリアvsウズベキスタン」「ヨルダンvsベトナム」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsオマーン」となっている。

    シャビは決勝トーナメント1回戦の対戦カードを、それぞれ「韓国vsオマーン」「カタールvsイラク」「UAE vsイエメン」「オーストラリアvsウズベキスタン」「シリアvsバーレーン」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsレバノン」と予想していた。日本とサウジアラビアの一戦など4カードを的中させ、シャビが予想したイエメン、シリア、レバノンの3カ国はグループリーグで姿を消したが、16強進出チームを81%の確率で当てている。

    アジアでは多くの国が力をつけており、予想を当てるのは以前ほど簡単ではない。そのなかで、高い的中率を見せているシャビは、この先のアジアカップがどのような大会になると予想しているのか。

    シャビは現在プレーするカタールの初優勝を予言、森保ジャパンは準優勝

    シャビが予想した準々決勝の組み合わせは「韓国vsカタール」「UAE vsオーストラリア」「シリアvs日本」「中国vsイラン」となっている。グループリーグで1分2敗となったシリアは、B組最下位で大会を去ったため、「シリアvs日本」のカードは実現しないが、その他の3試合は実現する可能性が残っている。

    さらに準々決勝を勝ち上がる4カ国を、カタール、オーストラリア、日本、イランと予想したシャビは、決勝の対戦カードに「カタールvs日本」を選択していた。そして15年からカタールのアル・サッドでプレーしているシャビは、同国が森保ジャパンを破って悲願の初優勝を遂げると結んでいる。果たして、大会はシャビの予想どおりに新王者誕生という結末を迎えるのだろうか。
    2019-01-20_09h13_13
    1/20(日) 8:20配信フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00163506-soccermzw-socc&p=1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/20(日) 07:48:25.97
    [1.19 リーグアン第21節 ニーム0-1トゥールーズ]

    フランス・リーグアンは19日に第21節を行い、日本代表DF昌子源が所属するトゥールーズは敵地でニームと対戦し、1ー0で勝利した。4日に加入した昌子は初先発でリーグアンデビューを果たした。

    昌子の海外挑戦がスタートした。4日にトゥールーズに加入した昌子は先発入りを果たし、3バックの左で起用される。前半5分には相手の縦パスを素早くカット。そのまま味方にパスを出し、攻撃へとつなげていく。また積極的に周囲に声をかけ、ジェスチャーを交えてコミュニケーションを取っていった。

    前半28分、PA内で味方に当たったボールが昌子の体に当たり、ニームの選手がハンドを主張。敵地のスタジアムが騒然とするも、主審はハンドの判定を取らず。その主審の判定に抗議した相手指揮官が退席処分となった。

    前半30分過ぎにはベンチから昌子に指示が出る。しかし、その指示は声ではなくスタッフが書いた紙。昌子は指揮官から紙を受け取ると、注意深く目を通していった。

    するとトゥールーズが前半41分に先制する。右サイドのDFケルビン・アミアンがアーリークロスを上げ、最前線のFWヤヤ・サノゴがスライディングでワンタッチ。トゥールーズがスコアを動かし、1-0で前半を折り返した。

    後半19分にはアクシデント。サイド際でMFイッサイガ・シラが相手選手と交錯した際に口論に。異常に気づいた昌子はいち早く両者の間に割り込み、仲裁に入った。

    試合はそのままトゥールーズが1-0で勝利した。昌子は初戦という状況と、1対1の対峙が激しいリーグアンの戦いに不慣れな中でもフル出場で完封に貢献。新天地で好スタートを切った。
    2019-01-20_09h08_46
    1/20(日) 5:52配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-20058871-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ