海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



スポンサーリンク


    スポンサーリンク

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 12:19:03.68 ID:CAP_USER9.net
    ド派手なバブルの日々にいよいよ釘を刺された格好だ。欧州ならびにアジアの複数メディアは15日、中国サッカー協会が自国リーグにおける外国人出場規定を3人に減らすことを決定したと報じている。

    カルロス・テベスやアクセル・ヴィツェル、そしてオスカルなど、次々とワールドクラスの名手を迎え入れ、その隆盛を楽しんでいる中国スーパーリーグだが、“身内”によるルール変更が彼らの足かせとなりそうだ。

    『Asia Today』を含む複数の韓国メディアによると、この1ヶ月間だけで115億円以上の莫大な支出が他国へ流出する現状を恐れた中国サッカー協会は、自国リーグにおける外国人選手の出場枠を従来の5人から3人へ縮小することを決断。

    曰く、同協会はこの突然のルール訂正を3月より開幕する新シーズンから早速適用することになるという。

    これらの変更を受け、『Asia Today』は「今回のルール改正による最も大きな犠牲を被るのは安い年俸でプレイする韓国人選手だ。破格の年俸を受ける欧州からの助っ人外国人との競争に敗れ、彼らは端へと追いやられるだろう。中国でプレイしていた韓国人選手にとって今回の訂正案はまさしく青天の霹靂ともいえる」と綴り、韓国人プレイヤーの行く末を案じている。

    ここ1~2年で凄まじく勢いを強めてきた中国による“選手爆買”だが、その天井がいよいよ見え始めてきたと言えるだろう。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/16(月) 12:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00010006-theworld-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 12:58:01.97 ID:CAP_USER9.net
    ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑がチェルシーのMFエデン・アザールらと、米国カリフォルニアでNASLのサッカークラブ設立に興味を示しているという。イタリアメディア『MLSSoccerItalia.com』が報じている。

    上海申花でプレーする元チェルシーのFW デンバ・バがアメリカサッカーコーチ協会のイベントでその構想を明かしている。「僕と投資家仲間で、サンディエゴでサッカークラブを設立しようという話になっている。NASLのライセンスを取得しているところだ」

    デンバ・バの投資家仲間には、サッカー選手も含まれており、そのうちの1人が本田圭佑だという。本田は自身のマネジメント事務所であるホンダエスティーロの支部をサンディエゴに置いており、この地には非常に縁がある。またホンダエスティーロはオーストリア2部のクラブ、ホルンを運営しており、ロサンゼルスでサッカーキャンプを開催したこともある。

    本田のほか、デンバ・バの親友であるアザールもサッカークラブの設立に興味を示しているという。「僕らのプロジェクトに非常に関心を示していて、いろいろ僕に聞いてくる」とデンバ・バは話している。すべてが順調に進めば、この構想は3月にも公式に発表され、クラブ設立が実現するのは2018年になる見込みだという。

    GOAL 1/16(月) 12:25配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000005-goal-socc

    写真



    NASL A SAN DIEGO: CI PENSANO HONDA, HAZARD E DEMBA BA
    http://www.mlssocceritalia.com/nasl-a-san-diego-ci-pensano-honda-hazard-e-demba-ba/

    写真
    続きを読む

    1:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 12:21:59.98 ID:CAP_USER9.net
    2017年01月16日(Mon)12時01分配信
     
    マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、プレミアリーグの優勝争いからの脱落を認めたとも取れる発言をしている。15日付の英メディア『BBC』などが伝えた。

    現地時間15日に行われたプレミアリーグ第21節の試合で、シティはエバートンに0-4の大敗を喫した。この敗戦で5位に順位を下げ、首位チェルシーとの差は10ポイントに広がっている。

    試合後にグアルディオラ監督は、首位との差が開きすぎたかどうかという質問に対し「その通りだ。10ポイントは大きな勝ち点差だ」と返答。優勝争いが絶望的となったことを認めたとも取れる様子を見せている。

    いずれにしても、目の前の試合に集中して戦い続けていくしかないという姿勢も示している。「選手たちにはここ3週間か1ヶ月ほど、順位表のことは忘れるようにと言ってきた。次の試合に集中してベストを尽くすしかない。シーズンを終えてから、我々のレベルやパフォーマンスがどうであったか判断しよう」

    グアルディオラ監督にとっては、このエバートン戦は監督としてのキャリアでリーグ戦最悪の敗戦となった。チャンピオンズリーグでは過去にも同じ0-4での敗戦を経験しているが、古巣のバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンを率いていた時期も含めてリーグ戦での4点差負けは過去になかった。

    【了】
    20170116_pep_getty
    https://www.footballchannel.jp/2017/01/16/post194108/
    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 00:35:50.47 ID:CAP_USER9.net
    UEFA 欧州の歴代最高監督10名
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2435932.html

    ブライアン・クラフ:サッカー界の偶像破壊者
    ヨハン・クライフ:バルセロナを再生した男
    ビセンテ・デル・ボスケ:マドリーとスペイン代表の優しき指揮官
    アレックス・ファーガソン:ユナイテッドの知将
    エレニオ・エレーラ:カテナチオのキング
    ウド・ラテック:1970年代のバイエルンの機軸
    バレリー・ロバノフスキー:サッカー科学者
    リヌス・ミケルス:トータルフットボールの生みの親
    ジョゼ・モウリーニョ:“スペシャル・ワン”
    アリゴ・サッキ:イタリアサッカーを変えた男

    ◆レジェンドの名前が並ぶ

    13日、UEFAは公式サイトでサッカー史に残る名将10名を発表した。

    ノッティンガム・フォレストでUEFAチャンピオンズカップを連覇するなど黄金期を築いたブライアン・クラフ氏や、マンチェスター・ユナイテッドでリーグタイトルやチャンピオンズリーグなどあらゆるタイトルを獲得したアレックス・ファーガソン氏が選ばれる中、現在マンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラが外れている。

    これには英『squawka』も驚いている。

    グアルディオラはバルセロナで黄金期を築き、3冠達成など世界を支配。バイエルンでも国内リーグを3連覇するなど成功を収めている。こうしたタイトルだけでなく、グアルディオラはポゼッションを軸とした新たなスタイルを見出し、サッカー界に強烈な印象を与えた指揮官でもある。

    ポゼッション率がこれほど注目されるようになったのも、グアルディオラがバルセロナで圧倒的なサッカーを見せてからかもしれない。

    しかしグアルディオラは今回のベスト10には入れず、一方でレアル・マドリードやチェルシーを指揮した現マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョは選ばれている。

    モウリーニョはポルト、インテルと異なるクラブでチャンピオンズリーグを獲得しており、チェルシーでも国内リーグを制するなど成功を収めている。それでもバルセロナサポーターとしては、グアルディオラが外れてライバルのレアルを指揮していたモウリーニョが選ばれたことを不満に感じている者もいるかもしれない。

    その他はスペイン代表を率いてワールドカップなどを制したビセンテ・デル・ボスケ、バルセロナなどを率いてサッカー界に新たなアイディアを植え付けたヨハン・クライフ氏、ミランで黄金期を築いたアリゴ・サッキ氏、バルセロナ、インテルなどで多くのタイトルを獲得したエレニオ・エレーラ氏、バイエルン、ボルシアMGを指揮してドイツを支配したウド・ラテック氏、ディナモ・キエフやウクライナ代表で指揮を執ったヴァレリー・ロバノフスキー氏、クライフ氏などを指導し、バルセロナやオランダ代表で数々のタイトルを獲得したリヌス・ミケルス氏が選ばれている。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/15(日) 22:40配信
    http://www.theworldmagazine.jp/20170115/01world/104525

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 06:11:10.89 ID:CAP_USER9.net
    【スコア】

    スポルティング・ヒホン 2-3 エイバル

    【得点者】
    [エ]アドリアン・ゴンザレス(4分)
    [ス]カルロス・カルモナ9分)
    [エ]ペドロ・レオン(21分)
    [エ]アントニオ・ルナ(23分)
    [ス]ナチョ・カセス(58分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10930827
    http://www.marca.com/eventos/marcador/futbol/2016_17/la-liga/jornada_18/spo_eib/asilovivimos.html

    15日にリーガエスパニョーラ第18節が行われ、エイバルは敵地モリノンでスポルティング・ヒホンに3-2と勝利した。MF乾貴士は先発して74分までプレーしている。

    リーガ10試合連続スタメン出場を果たし、完全にエイバルの主力となっている乾。

    エイバルは先日行われたコパ・デル・レイ5回戦でオサスナを破りクラブ史上初のベスト8進出を決めたものの、リーガでは4試合未勝利が続いており、ここで悪い流れを断ち切りたいところだ。

    エイバルは4分に幸先良く先制する。乾のドリブル突破をスポルティングDFがカットしようと試み、跳ね返ったボールがペナルティーエリア内に転がる。これを追ったアドリアンがリージョに倒されてPKを獲得。アドリアンが自ら決め、エイバルにリードをもたらした。

    だが10分、スポルティングが追いつく。前線からのプレッシングで相手のフィードを妨げると、それをエリア外でクリアしようとしたGKリエスゴがキックミス。それを見逃さなかったカルモナが無人のゴールに蹴り込んだ。

    エイバルは12分、GKリエスゴがカルモナと衝突する。一旦は続行したエイバル守護神だが、やはり痛みに我慢できずGKジョエルが交代でピッチに入った。

    試合はこう着状態になりつつあったが、20分に再びエイバルがスポルティングを突き放す。ミドルレンジからアドリアンが得意の左足を強振。GKクエジャルのファンブルを誘い、こぼれ球をペドロ・レオンが押し込んで追加点を奪った。

    勢いに乗るエイバルは22分、またしてもアドリアンのミドルシュートがGKクエジャルを強襲する。弾いたところに今度はルナが詰め、2点差とした。

    38分には、乾が左サイドでリージョと激突。頭を打ち、治療のためピッチ外に出る。止血と頭への衝撃を防ぐ目的で帽子を被り、血が付いたためユニフォームを着替えてピッチに戻った乾だが、背番号なしのユニフォームを渡されてしまい、再びピッチから出て着替える羽目になった。

    その直後、乾はスローインをめぐりカルモナと小競り合いになる。ボールを渡す際にやや時間をかけた乾をカルモナが後ろから突き飛ばし、乾も胸を突き出してそれに対抗。戦う姿勢を示す。最終的にはチームメートが駆け付けて両者を引き離した。

    後半に入ると、最初のチャンスを迎えたのはエイバルだった。49分、P・レオンが左サイドを突破してクロスを入れ、これをGKクエジャルが弾く。そこに乾が現れた。シュートを打っても良かったかに見えたが、乾はバックパスを選択。エンリッチがスライディングシュートを放つも、ゴールラインすれすれでアルバレスがクリアした。

    2点リードで前半を折り返したエイバルだが、今季第9節エスパニョール戦で前半3点のリードを奪いながら後半に追いつかれてドローを演じた過去がある。すると57分、カセスのシュートがエイバルDFに当たってゴール。スポルティングが1点差に詰め寄る。

    エイバルのメンディリバル監督は65分、アドリアンに代えてフラン・リコを投入。さらに74分、乾に代えてルベン・ペーニャをピッチに送り込み、交代枠3枚を使い切った。エイバルはスポルティングの猛攻にさらされながら、逃げ切ってアウェーで貴重な勝ち点3を得た。この勝利で暫定9位につけた。一方のスポルティングは降格圏内の18位に位置している。

    GOAL 1/16(月) 4:29配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000022-goal-socc

    写真
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ