海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします



    1:Egg ★:2018/04/24(火) 08:17:08.42 ID:CAP_USER9.net
    フローニンゲンは23日、ガンバ大阪からレンタル移籍中のMF堂安律(19)に対して、買取オプションを行使したことを発表した。

    昨夏にG大阪からのレンタルでフローニンゲンに加わった堂安は、オランダ1部リーグ・エールディヴィジで8得点を決めるなど活躍。堂安の貢献もあって、19日に行われた第32節ユトレヒト戦(1−1)で1部残留を決めたフローニンゲンは、この日本人MFの買取オプションを行使したことを発表している。

    フローニンゲンと堂安の契約期間は、2021年夏までの3年間。なお買取オプションの行使額は、200万ユーロ(約2億6500万円)と報じられている。

    クラブ幹部のロン・ヤンス氏は、堂安との契約を喜びつつ、その活躍を絶賛している。

    「これだけ若い時期に、まったく違う文化の中で素早く適応して急成長するというのは、本当に素晴らしい。シーズン中にも成長を続け、チームにとって日を追うごとに欠かせない存在となった。この少年に大きな賛辞を贈りたい」

    「彼の将来について直接話し合った時、フローニンゲンにとても感謝していた。ドウアンは、疑いようなくフローニンゲンに満足している。そして、大衆も彼を愛している。サポーターも同じ気持ちなのは理解しているよ」

    欧州挑戦1年目で、リーグ戦27試合出場8ゴール4アシストを記録する堂安。データサイト『Opta』によると、アリエン・ロッベン(現バイエルン)に並び、10代の選手としてリーグ歴代3位タイのゴール数となっている。

    現在14試合連続スタメンと、すでにチームに欠かせない存在となった19歳の活躍は、オランダ最高峰の舞台で飛躍できるだろうか。

    4/24(火) 5:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000035-goal-socc

    写真

    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 08:58:53.04 ID:CAP_USER9.net
    F東京のFW久保建英(16)が、日本サッカー界史上最年少でCMデビューすることが23日、分かった。日本協会関係者によると、キリンビバレッジ社と広告契約を結んだことが判明。今後全国で発売が予定される日本代表公式飲料のCMキャラクターに抜てきされた。5月下旬から放送予定で、Jリーグ最年少となる15歳5か月1日でデビューした神童が、今度はお茶の間を沸かせることになる。

    日本サッカーの将来を担う16歳が、早くもお茶の間デビューを果たす。複数の関係者によると、久保はキリンビバレッジ社がロシアW杯に向けて新たに販売する日本代表公式飲料のCMに出演することが決定。5月下旬から全国で放送する予定で、一両日中にも発表される見通しだ。

    日本代表メンバーでも、現在単独で全国放送のCMに出ているのはMF本田圭佑(パチューカ)やDF長友佑都(ガラタサライ)ら数えるほど。代表歴のない選手が起用されることはめったにない。10代では1996年にMF中田英寿が日清ラ王、99年にMF小野伸二がアクエリアスのCMに、ともに19歳で出たが、16歳での出演はサッカー界では前例がない。

    久保は2016年11月5日のJ3長野戦(駒沢)で、Jリーグ最年少となる15歳5か月1日でデビュー。昨年11月に16歳でF東京とプロ契約を結ぶと、今季は3月14日のルヴァン杯・新潟戦(味スタ)で、同杯史上最年少となる16歳9か月10日でトップチーム初得点をマーク。試合後には「いやぁ、今までの人生の中で一番うれしいです」とはにかみながら喜んだ。その爽やかな印象が企業イメージにマッチすると判断され、今回の出演に至ったもようだ。

    同社はF東京のクラブスポンサーにもなっているが、新たに練習着の胸スポンサーになることも判明。炭酸飲料「キリンレモン」のロゴが入る見込みで、今月中にもお披露目される予定だ。順調に成長を続ける16歳の注目度は、グラウンド内外でますます高まっていく。

    ◆主な10代スポーツ選手のCM出演

    ▽サッカー 中田英寿(19)→日清食品「日清ラ王」(96年)。小野伸二(19)→日本コカ・コーラ「アクエリアス」(99年)

    ▽フィギュアスケート 浅田真央(15)→王子製紙「ネピア」(06年)。

    ▽卓球 福原愛(6)→ハドソン社のゲームソフト「さめがめ」(95年)。張本智和(14)→教育サービス大手「学研教室」(18年)。

    ▽ゴルフ 石川遼(16)→ヨネックス(08年)

    ▽スキージャンプ 高梨沙羅(16)→森永製菓「ウイダーinゼリー」(13年)。

    ▽プロ野球 松坂大輔(19)→キリンビバレッジ、全日本空輸、日立製作所など5社(00年)。田中将大(19)→大塚製薬「オロナミンC」(07年)。藤浪晋太郎(19)→上新電機(14年)※敬称略。年齢は全て当時

    4/24(火) 5:06配信スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000215-sph-socc

    写真
    続きを読む

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 06:58:21.04 ID:CAP_USER9.net
    マルセイユは23日、リール戦(21日)で負傷交代した日本代表DF酒井宏樹(28)について、左膝内側側副じん帯の捻挫で少なくとも3週間離脱するとの検査結果を発表。じん帯断裂などの重傷ではなく、順調なら5月中旬には復帰できる見通しで6月開幕のW杯ロシア大会の出場に影響する最悪の事態は避けられた。

    酒井宏は、同日に自身のツイッターを更新。「どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました」と重傷とならなかった自身の体に感謝。さらに「EL(欧州リーグ)もリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着られるようリハビリ頑張ります!」と今季中の復帰に強い意欲を示した。

    4/24(火) 6:00配信 スポニチ
    2018-04-24_08h21_27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000014-spnannex-socc
    続きを読む

    vOvg5wIs_400x400

    1:Egg ★:2018/04/24(火) 07:33:00.70 ID:CAP_USER9.net
    長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地再開発の事業者を公募している三菱重工業が、サッカースタジアム整備などを提案した通信販売大手「ジャパネットホールディングス」(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを、優先交渉権者とする方針を決めた。関係者への取材で分かった。三菱重工業は週内にも正式発表し、用地の売買契約などの手続きを進める。

    再開発予定地は三菱重工業長崎造船所幸町工場の跡地約7ヘクタール。ジャパネットは外資系不動産会社とともに、今季からサッカーJ1に昇格した子会社の「V・ファーレン長崎」のホームスタジアムとする2万3000席規模のスタジアムや、マンション、ホテル、商業施設、オフィスビルなどの建設計画を提案していた。長崎商工会議所など地元経済3団体は、ジャパネットの構想を支持している。

    V長崎は現在、トランスコスモススタジアム長崎(県立総合運動公園陸上競技場、同県諫早市)をホームとしている。

    関係者によると公募には、JR九州や商業施設運営会社など五つのグループがホテルや商業施設などの整備を提案していた。

    三菱重工業によると、幸町工場は1943年の開設で、再編に伴い来年度中に県内の工場などに機能移転を終える見通し。跡地活用について同社は2016年に社内に検討会を設置。県や市の意見も踏まえ「多世代が交流し、活気あふれる持続可能なまちづくりを先導する拠点」をコンセプトに掲げていた。【加藤小夜、浅野翔太郎】

    4/24(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000005-mai-bus_all
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ