2014-05-20_11h57_05
ブラジルW杯に臨むサッカー日本代表のDF長友佑都(インテル・ミラノ)が20日、イタリアでのシーズンを終えて成田空港着の航空機で帰国した。
 
日本のダイナモが、壮大な目標を掲げた。W杯への意気込みを問われると「このW杯を機に、長く語り継がれるような選手になりたい。もちろん世界で語り継 がれるような。そういうチャンスだと思い、日本を率いていきたい」。ブラジルW杯を、国際サッカー界の“レジェンド”となる礎とする腹づもりだ。

2011年から、イタリアの名門・インテルでプレー。今季は主に左MFとして5得点7アシストを記録したが「10得点10アシストを目標にしてきたので まだまだ。僕のプレーは3年たったら忘れられてしまうと思う。本当の意味で語り継がれる選手になりたい」と向上心は尽きない。

サッカー界の“レジェンド”となると、ペレ(ブラジル)やマラドーナ(アルゼンチン)、クライフ(オランダ)、近年ではロナウド(ブラジル)らの名前が 挙がるが、長友は「人によってさまざまだけど、僕にとっては(ハビエル・)サネッティですかね」とインテルで公式戦800試合以上に出場し、数々のタイト ルをもたらしながら今季で引退となった大先輩の名前を挙げた。

続きは↓のリンク先で
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140520-00000030-dal-socc



スポンサーリンク


おすすめ記事


長友さんお帰りなさい。鉢巻巻いてよ!

長友が帰国「負けることを意識してW杯に臨むことは考えられない」
sanspo.com/soccer/news/20… pic.twitter.com/aDRqH7JJQ5
RT @mknaing324: 仕事で成田空港に来たらちょうど長友選手がいた\(^o^)/ワォ pic.twitter.com/prGOgBoUEg

スポンサーリンク