suares
リヴァプールMFスティーブン・ジェラードが、この夏バルセロナへ移籍したFWルイス・スアレスについて、昨年夏にアーセナルへ移籍しないように話していたと明かした。

キャ プテンのジェラードは、L・スアレスがチームを去ったことを残念に思っている。同選手が残留すれば、プレミアリーグのタイトルを狙えたはずだと考えている からだ。一方で、L・スアレスがスペイン移籍を夢見ていたことから理解も示した。イギリス『テレグラフ』がジェラードのコメントを伝えている。

「L・スアレスがいれば、僕らは優勝候補になっていたと思う。彼が移籍したのは残念だ。でも、彼のことを思うとうれしいよ。彼は自分が望むもの、そして自分にふさわしいものを手にしたんだ」

「彼の奥さんはバルセロナにいたし、夢のためにあれほどハードワークした選手に不満は言えないよ。最初から彼の夢はレアル・マドリーかバルセロナでプレーすることだったんだ。昨年夏は、彼と話して『アーセナルには行くな』と言ったよ」

L・スアレスのバルセロナ移籍に一定の理解を示したジェラードだが、アーセナルに移籍することは納得がいかなかったようだ。

「彼 がアーセナルに移籍していたら、本当に悲しかっただろうし、落胆していただろう。アーセナルに敬意を払っているけど、彼らにL・スアレスは良すぎる選手だ。僕は言ったんだよ。ウチで30ゴールを決め、プレミア年間最優秀選手賞やメディアの年間最優秀選手賞を獲得すれば、マドリーかバルセロナが(獲得に) 来るはずだってね」

「去年は周囲の人から間違った助言を受けたのだと思う。僕自身、スペインのクラブとの(移籍話の)経験があったし、良 いプレーをすれば彼らが戻ってくるのは分かっていた。彼自身のために僕はそう考えたんだ。リヴァプールファンの敬意を得るために、彼は少なくとももう1年 続けるべきだった」

その1年が過ぎ、スペインへ移籍したことについて、ジェラードは再度理解を示している。

「多くの人が、彼はさらにもう1年僕らとやるべきだったと思うかもしれない。でも、僕の大きな夢がリヴァプールでプレーすることだったように、外国人選手たちにとっての大きな夢は、レアル・マドリーかバルセロナでプレーすることなんだ。これは事実だよ」
http://news.livedoor.com/article/detail/9100892/

スポンサーリンク



わかるよジェラード。
普通に考えてチームメイトが国内のライバル行ってほしくないもんね。

聞いてるかー?
ペルシとナスリ。
あー、セスクも。
ジェラードはんめっちゃアーセナルのことdisってる……
ジェラードは前にも同じような話してた気がするけど何度もアーセナルを貶める必要あんのかな?それにスアレスがいたらかなりの確立でリーグ取れた思うけどね。
ジェラードがアーセナルのことを軽くバカにしてる
ジェラードさんもなかなか言ってくれるじゃないですか。
今季楽しみにしてますよ。
待てよ!?ジェラードが余計な助言言わなければアーセナルにスアレス本当に来てたかも知れないのかな
まあ実際ジェラードの言うとおりスアレスはアーセナルには良すぎる選手だと思うよ。ファンペルシやスアレスいてもタイトル獲れなかったアーセナルもリバプールも同じようなもんでしょ。
まて、アーセナルが少し弱いみたいになってる…

プレミアに贔屓があまりない俺から見たらどっちが上の順位でもおかしくないと思ってたけど…

ジェラードさんからしたら
少しリヴァプールが上なのかな?
ジェラードにあんなこと言われて悔しいのは、私だけではないと思います。
アーセナルにはなんとかPL優勝して見返して欲しいです!
ジェラードのコメントは普通でしょ。
同じリーグのチームには行って欲しくないでしょ。
ジェラードといいモウといいほんと無礼講が多いな
ジェラードの言いたいことはわかるがわざわざそれを話す必要はない
アーセナルを応援する者としていい気はしない

スポンサーリンク