no title
DF内田篤人の所属するシャルケは、27日のブンデスリーガ第6節で、MF香川真司とMF丸岡満の所属するドルトムントと対戦。“ルール・ダービー”と なったホームでの一戦で、2-1と勝利した。試合を受け、ドイツメディアでは、出場各選手のプレーを採点。フル出場した内田は、2節連続でベストイレブン に選ばれた。

 負傷から復帰して2試合目の内田は、ドイツ紙『ビルト』でチームトップタイの「2」(最高点1、最低点6)と高評価を受け、前節に続いて今シーズン2度 目のベストイレブンに選出。ドイツ誌『キッカー』では、「3.5」の評価だったが、チームトップとなる66回のボールタッチ数を記録したと、伝えられた。

 なお、57分から途中出場した香川は、ビルト紙で「3」、キッカー誌では「3.5」と採点された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00237167-soccerk-socc

スポンサーリンク

tumblr_ncmtgcJHLQ1sgovp0o5_500

tumblr_nclrdhQWRW1qjdqo2o1_500

スポンサーリンク