2015-01-25_10h37_51
24日のリーガエスパニョーラ第20節コルドバ戦(2-1)で一発退場となったレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、『ツイッター』を通じて謝罪している。

C・ロナウドがレッドカードを提示されたのは、1-1の状況で迎えた82分。ポルトガル代表FWは得点を奪えない状況に苛立っていたためか、自身を執拗にマークしていたDFエジマールに対して蹴りを入れ、一発退場を命じられた。

C・ロナウドはこの件について、3300万人のフォロワーが存在する自身の『ツイッター』アカウントで、次のように記している。

「今日の試合における自分の軽率な行為について、みんな、特にエジマールに許しを請いたい」

一方でエジマールは、C・ロナウドの行為を気にしていなかったようだ。同選手は試合直後に、次のように語っていた。

「何も問題はない。彼のことを許すよ。世界最高の選手と考えている選手と、対立する必要なんてない。熱くなってしてしまったことだと思うし、ただそれだけだ。うまくいかず、少しナーバスになっていたんだろう」

スポンサーリンク


おすすめ記事


コルドバ 1-2 R・マドリード:C・ロナウドが一発退場も、ベイルがPK弾でレアルを救済



ロナウドは破局してイライラしてんだな😎
ロナウドまじかー😭
やりすぎたな これは…
ロナウドの赤は個人的な意見としては複数試合の停止だと思うけどどうなるんだろう?
ロナウドそれはやったらアカンわ。
ロナウド蹴りいれたんかいw相手の人の対応が大人すぎる。
ロナウドは軽率なプレーをしちゃったね。

明らかな暴行だからな〜
3試合以上の出場停止は
確定だろうな。
イリーナと別れたからおこだったのかロナウド

スポンサーリンク