1:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:53:31.31 ID:CAP_USER9.net
Jリーグが開幕してはや1ヶ月。見応えのある白熱したゲームが続いているが、ほとんどの選手たちのコンディションは、まだまだ上がりきってはいない。そのなかで、ひと際高いパフォーマンスを発揮している選手がいる。それが横浜F・マリノスの齋藤学だ。

中村俊輔が磐田に移籍したことで、今季から新たに横浜FMの背番号10を背負った齋藤が、どういったプレーを見せてくれるのか楽しみにしていたが、予想以上に左サイドを完全に支配している。ドリブルで相手DFを翻弄する姿は、昨シーズンよりも切れ味が鋭くなっていると言っていい。

3-2で勝利した浦和との開幕戦では、ドリブルでの仕掛けから先制点と決勝点をアシストし、敵将ミハイロ・ペトロビッチ監督を「マリノスというより、齋藤選手に負けた」と脱帽させた。

その勢いは翌節の札幌戦でもとどまるところを知らず、すべてのゴールに絡む活躍でチームを3-0で開幕2連勝に導いた。齋藤が負傷欠場した第3節の鹿島戦は0-1で敗れたが、かえって彼の存在の大きさを際立たせることになったともいえる。気になる負傷は全治1週間ほどということで、ひと安心だ。

3月23日(日本時間:3月24日の深夜0時30分~)にアウェーでのUAE戦を控える日本代表にとっても、齋藤学の活躍は明るい話題だ。齋藤は昨年もJリーグで高いパフォーマンスを発揮していたが、W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦を前に行なわれた、オマーン代表とのテストマッチでは「齋藤らしさ」を発揮できなかった。

代表戦で結果を残すことができずに、そのまま調子を落として代表から疎遠になる選手も多いなか、齋藤は再び這い上がってきた。彼が今シーズンのJリーグで見せるプレーは、もう一度代表でのチャンスを与えたくなるものだ。前回の苦い経験を、次こそは代表でも活かしてくれると期待している。

ただし、日本代表では齋藤に与えられるプレータイムは決して多くはないだろう。齋藤が得意とする左サイドは、原口元気がしっかりポジションを確保しているからだ。それでも、齋藤には攻撃のリズムを変える武器がある。途中交代から、Jリーグで見せるようなドリブル突破でアクセントをつけてもらいたい。

齋藤が代表のサイドの層を厚くする存在なのは間違いない。しかし、日本代表の最大の問題は、4-2-3-1の「3」の中央を任せられる選手がいないこと。司令塔として攻撃を組み立てるこのポジションは、ここ数年は香川真司が担ってきたが、コンディションが上がらないことで清武弘嗣の存在感が増している。その清武も、今年から古巣のセレッソ大阪に復帰したものの、右太ももの違和感が原因で今季初出場は第3節までズレ込んでしまった。

つづく
2017-03-16_10h25_02
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010008-sportiva-socc&p=1

スポンサーリンク


2:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:53:57.03 ID:CAP_USER9.net
「故障から復帰したのなら大丈夫」と思われがちだが、選手のコンディションというものは、試合を重ねることでしか本当には上向かない。練習では無意識に負傷箇所をかばおうとして力をセーブしてしまうからだ。それが試合となると、「勝ちたい」という意識が故障を忘れたプレーを生む。体力面に関してもそうだ。練習でどれだけできたとしても、激しいせめぎ合いが必要な試合とでは、消耗具合は大きく違う。

札幌戦でフル出場した清武がコンディションを上げていくには、試合という本番を数多くこなすことが必要なのだが、再開されるW杯予選までに残されているJリーグでの試合数は1試合しかない。さらに、現段階では清武の故障の状況は詳細に明かされていないが、もし原因が筋肉系のトラブルだったとしたら、再発しやすいうえに長引くこともある。清武がどこまでパフォーマンスを元の状態に戻せるのかは未知数としか言えない。

香川真司は2017年になっても所属クラブで出場機会に恵まれず、試合に出られても途中出場からのわずかなプレータイムだけで、コンディションを高めて本来のパフォーマンスを発揮するのが難しい状況が続いていた。

それでも3月11日のヘルタ戦は久しぶりに先発出場の機会を得ると、現地メディアがチーム最高点の評価を与えるほどのプレーを見せてくれた。香川が自信を取り戻すキッカケをつかんだことは明るい材料だ。ただし、清武と同じで、日本代表戦までの時間がないため、次節の3月17日のリーグ戦が香川にとってはとても重要になる。

不透明な状況ながらも、清武と香川が共にW杯予選に間に合う兆しを見せていることは大きいが、まだ両選手とも予断を許さない状況にあるのも事実。希望的観測からこれまで何度も苦い結果を招いたことを忘れてはならない。昨年のW杯予選前半戦で苦戦した大きな要因は、所属クラブで出場機会を得られずにコンディションが上がらなかった海外組に、「W杯予選ではやってくれるだろう」と安易な期待をしたことにもあるのだ。

年が明けてからの海外組が、所属クラブでどういった起用をされているかを見ると、本田圭佑と長友佑都は昨年から状況は変わらず出場機会を得ることができずにいる。だが、ほかの選手に目を向ければ、大迫勇也はケルンでレギュラーとして起用され、マインツの武藤嘉紀も故障から復帰した年明けからはコンスタントに出場機会を得ている。プレミアリーグでは岡崎慎司もスタメンを取り戻し、新年からベルギーリーグのゲントへ移籍した久保裕也は、3試合連続ゴールを決めるなど好調をアピールしている。

1トップの候補には大迫、岡崎、武藤がいる。右サイドMFにはサウジアラビア戦と同様に本田圭佑に代わって久保裕也を起用するのに加え、岡崎を右サイドに使う手もあり、さらには小林悠(川崎F)という選択肢もある。原口のいる左サイドMFでは、齋藤も期待を抱かせるアピールを見せてくれている。それだけに、あとは清武か香川の復調待ちというのが現状だ。

しかし、これはあくまでも4-2-3-1というフォーメーションから考えた場合のことに過ぎない。コンディションがよく、パフォーマンスを計算しやすい選手から起用していくと割り切って考えれば、4-4-2という布陣を採用する手もある。2トップと右MFの組み合わせを、大迫、岡崎、武藤、久保、小林悠の5選手から選び、2トップを横並びではなく縦関係にすれば、4-2-3-1との違いを最小限にできる

つづく
3:Egg ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:54:06.06 ID:CAP_USER9.net
ただ、このフォーメーションは現在の日本代表にはメリットがある半面、課題もある。4-4-2の場合、ボランチの選手には遠藤保仁(G大阪)や中村憲剛(川崎F)のように、パスを捌き、展開しながら機を見てゴール前のスペースに出ていく能力が求められる。しかし、今の代表でボランチをつとめる長谷部誠、山口蛍、永木亮太といった選手たちは、どちらかといえばパスを捌くよりは、相手からボールを奪取することを得意にしているタイプだ。

もちろんJリーグにも、パスを特長にするボランチはいる。井手口陽介(G大阪)は負傷を抱えているため無理はさせられないが、9月のUAE戦で代表に抜擢された大島僚太(川崎F)も日本代表に値する選手だ。パスを捌き、機を見てゴール前のスペースに飛び込む能力は、若手で随一と言っていい。ただ、大島は前回のUAE戦で抜擢されたものの、敗戦後にハリルホジッチ監督から名指しで批判された。これをバネにして大きく飛躍してくれるのがベストではあるが、現時点で彼に全てを賭けるのはリスクもある。

というのも、重圧がある試合に抜擢され、それ以降に挽回のチャンスが与えられなかった大島に、再び重圧のある試合を任せて結果が出なかった場合、大島が受ける精神的な痛手は想像に難くないからだ。

これは大島だけに限らないことだが、堂安律(G大阪)や三好康児(川崎F)など、今後の日本サッカー界を担うべき才能を持つ若手は、一歩ずつ経験を積ませていくような起用をしてもらいたい。「温室で育てても強くならない」という意見もあるが、日本はまだ、ブラジルやアルゼンチンなどの強豪国のように放っておいても次から次に才能豊かな選手が育つ環境ではない。それだけに、高い能力の選手は大切に育てていかなければいけない。

大胆な策だと思われるかもしれないが、ボランチとして招集することを提案したいのが高萩洋次郎だ。2014年まで広島でプレーし、その後はオーストラリアのシドニーに移籍してACLを戦い、2015年途中から昨年までは韓国KリーグのFCソウルを経て、今年からFC東京でプレーしている。開幕前はボランチが課題と思われていたFC東京だが、高萩が中盤で攻守に存在感を発揮していることが開幕の好スタートに繋がった。

海外クラブを経験したことでフィジカルの強さと守備力が向上していることに加え、広島時代はトップ下をつとめただけにパス能力も高い。代表としての経験値もユース世代から年代ごとの代表で中心としてプレーし、2013年の東アジアカップではA代表も経験している。海外を含めたさまざまな環境でプレーし、精神的なたくましさが増している30歳は、代表招集されても自分を見失うことなく、求められる役割をしっかりと果たしてくれるはずだ。

最終予選は8月にオーストラリア、9月にサウジアラビアという強敵が待ち構えるが、次のUAE戦がW杯出場をかけた大一番と言っても過言ではない。昨年9月にホームで黒星を喫した相手でもあり、日本サッカー界の総力を上げて「勝ち点3」を掴み取ってもらいたい。
6:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:55:27.74 ID:MHFgPmOk0.net
斎藤は呼ばれてるじゃないか
高萩は突出したプレーも見せてないだろう
7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:55:42.16 ID:178PkU6s0.net
長ェ
14:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:00:42.28 ID:MHFgPmOk0.net
斎藤は以前から呼んでるだろう
改めて新入りみたいになってんだろう
12:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 08:59:28.84 ID:gvZc7rEW0.net
なげえよ
斎藤とあともう一人誰よw
17:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:04:42.00 ID:g1tmbbbu0.net
斉藤と高萩じゃね
大島や堂安三好とかはがんばって欲しいってニュアンスかと
国内からパンキに滑り込めるとすれば左は斉藤で右兼最前線は小林ゆうだろうね
21:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:08:40.27 ID:/ljKrwTI0.net
齊藤大好きだけど怪我がちのイメージ強くて、代表の主軸としてはどうなんだろって気がしてる
でも去年も一昨年も30試合以上出てるんだな
24:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:15:04.10 ID:jS4PBj6f0.net
キ○ン○グ○カ○ズ
41:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:42:29.82 ID:PUda26I20.net
>>24
>キ○ン○グ○カ○ズ

キケンオグラカテズ
51:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:01:59.53 ID:MLlUaSB10.net
>>41
評価する
30:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:27:38.80 ID:8KlI4XjIO.net
OBなら武藤推せよw
37:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:34:58.39 ID:JOZX3sKX0.net
連携期待できないんなら、足速い奴とか背の高い奴とか入れないとな
40:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:41:54.64 ID:c51lkY5q0.net
福田は真っ当だよ
俺が感心したのは香川と清武を並べて使った試合で
「パスは繋がってるけど全然ボールが前に進んでませんよね?」って
みんな思ってたけど言えないことをズバッと言ってのけた時だ
38:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:35:40.47 ID:gOwFpIwB0.net
監督経験のない福田の推薦なんぞアテにならん
42:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:44:08.12 ID:PWxNLjr00.net
監督経験は無くともプロ経験はあるから2ちゃんの誰よりも説得力はあるってことだな
45:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:49:27.85 ID:nEVDAW5c0.net
斎藤よりも乾試してやれよ
47:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 09:50:54.79 ID:bd8jENtO0.net
今の高萩は良くない。
49:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:00:54.78 ID:CMXYHERA0.net
442のプレーメーカータイプのボランチは小林祐希がいるだろ
高萩はそこそこだろ
50:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:01:45.81 ID:U5URah3B0.net
連勝中に高萩を「柏木と違って戦える選手になった!」
「山口と違って上手い!」とかゴリ押してた瓦斯サポが
脚にフルボッコにされたら
あっという間に意気消沈しててワロタ
58:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:11:56.31 ID:s9AlCH5c0.net
斎藤のドリブルはオマーンにさえ通用しなかったけどどうなんやろな
高萩もガンバ戦見るとそんなに良いとは思えん
61:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:17:25.37 ID:MHFgPmOk0.net
どいつもこいつも斎藤推しだな
代表に呼んでるし原口いるから右サイドやらんと出れないよ
64:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/03/16(木) 10:21:12.30 ID:c51lkY5q0.net
香川が復調してるからありえないが
トップ下斉藤が面白いんじゃないかと思ってる

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489622011

スポンサーリンク