dazn-og

1:3倍理論 ★:2018/04/20(金) 14:22:27.85 ID:CAP_USER9.net
音楽や映画の市場に海外から訪れているデジタル配信の大きな波が、スポーツ界にもやってきている。その台風の目といえる存在が、スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」だ。2016年8月に日本でサービスを開始し、2018年4月現在、ドイツ、オーストリア、スイス、カナダでもサービスを提供している。

日本では月額1750円(税抜)で130以上のコンテンツが年間7500試合以上、テレビやスマートフォン、PC、ゲーム機など、マルチデバイス環境で見放題。明治安田生命Jリーグや、プロ野球をはじめ、MLB、F1?、UFC、Vリーグ、NFL、WTAなど、多くのメジャーなスポーツコンテンツをカバーし、日本における契約数は200万件を目標に日々成長している。

DAZNを運営するのは、英国を拠点に世界展開するデジタルスポーツコンテンツ&メディアグループのPerform Group。 2007年にプレミアムTV(スポーツ部門でのインターネットとモバイルソリューション事業)とインフォーム・グループ(スポーツのデジタル権利事業)の合併により誕生した。

今回、DAZNのCEOでPerform GroupのCEOでもあるジェームズ・ラシュトン氏が緊急来日。英国生まれで、学生時代はサッカー選手だったそうだ。好きなチームは「バーミンガム・シティFC」で、前職では同チームのコマーシャルディレクターを務めた。そんなスポーツ通のラシュトン氏に、日本進出を決めた理由、勝ち続けるための戦略を、日経BP総研マーケティング戦略ラボ 上席研究員 品田英雄が聞いた。

品田英雄(以下、品田):私もDAZNでサッカーや野球を楽しんでいる視聴者ですが、今回は、まだDAZNを知らない読者にも分かりやすいように、少し振り返りながら話を聞かせてください。

2017年にJリーグとDAZNが10年間、約2100億円という大規模な放映権契約を締結して、「明治安田生命J1、J2、J3の全試合生中継」が始まりました。この年、Jリーグは過去最高の観客動員を記録し、DAZNで全試合を見られるようになった効果も大きいのではないかと話題になりました。先日、Jリーグの村井満チェアマンのお話を聞く機会があったのですが、DAZNの登場で日本のサッカーファンの観戦スタイルが大きく変わったと感じているそうです。CEOの立場からビジネス、マーケティング的な視点で見たときに、これまでの日本での成果、状況をどのように捉えていますか?

ジェームズ・ラシュトン(以下、ラシュトン):ローンチの当初から、必ず公の場でお伝えするようにしていたのが「ファンファースト」、つまり、ファンのために何ができるかを最優先にしたい、という思いでした。契約数200万突破という目標も、達成が見えてきています。ファンの皆様に評価いただけている成果と、非常にうれしく思っています。

品田:そもそもDAZNはどのような経緯で始まったのですか?

ラシュトン:何年か前、日本という市場も視野にDAZNをどうやってローンチするか、を考えていたときのことです。私はゴルフも大好きなんですが、たまたま日本で「マスターズ・トーナメント」をテレビ視聴していました。すると、試合の途中で「2時間のアニメ番組を放送するので中断する」というアナウンスが入ったんです(笑)。非常にフラストレーションがたまりまして、一人のスポーツファンとして、見たいときに見たいものが見られる、ストレスフリーの状況が絶対に必要だと…。その瞬間ですね。「やっぱりDAZNは日本でやるべき」と思ったのは…。あと、現状のいわゆる、ペイTVなどにおいて、スポーツというものの価値が、日本のファンに手ごろな値段で届けられているか、という疑問を抱いたことも、DAZNを立ち上げた理由として、大きいです。それまで、日本におけるスポーツの有料視聴の場合、安くはない料金を支払わなければなりませんでした。私どもは月額1750円(税抜)で提供しています。

品田:最近驚いたのは、2018年4月5日、中日ドラゴンズの松坂大輔投手が12年ぶりに先発で登板した試合がありました。ファンの注目が高い試合だったのに、東京では中継を見られなかったんです。もしや、と思ってDAZNを見たら、ライブ中継している。これってすごいことですよね。日本のプロ野球11球団のライブ中継が始まったんですね。メジャーリーグで活躍するエンゼルスの大谷翔平選手の試合も見られます。

ラシュトン:日本においては、やはりプロ野球も非常に重要なコンテンツだと、ローンチの当初から意識していました。そして今回、メジャーリーグのみならず、日本のセントラルリーグ、パシフィックリーグの11球団の試合を放映できるようになったことを、大変誇りに思っています。もう放映局がファンに対し、どのスポーツを見るべきかを決める時代ではないと思うんです。よりたくさんのコンテンツを見られる環境を用意し、ファンが自分で選択できることが、我々が目指すところです。

スポンサーリンク


おすすめ記事


スポンサーリンク



2:3倍理論 ★:2018/04/20(金) 14:23:10.05 ID:CAP_USER9.net
品田:次に、テクノロジー的な側面からお聞きしたいのですが、どんなところに気を付けて、映像を作る、番組を作るということを工夫していらっしゃるんですか?

ラシュトン:重視している点が2つあります。1つは映像をどのように流すか、です。私たちは大画面のテレビでスポーツを見る楽しさを大切にしています。臨場感を出すためにゴール近くに設置するカメラの台数を増やすなど、ライブ中継を楽しめる画作りに向けて、高い性能を持ったプロダクション機能を持っていると自負しています。特にこの1年は、ストリーミングのクオリティーを維持し、高精細な映像を安定的に見ていただけるよう、開発を行ってきました。

 2つ目は、「ファンファースト」に向けた、サービスに関するテクノロジーです。好きなスポーツのシーズンが終わると、もうほかのスポーツを見たくないというファンも多いんです。そこで、契約を一時的に「ポーズ」できる機能を加えました。また、一般にペイTVでは入会からセットアップまで2、3日かかると思いますが、DAZNは3~5分で視聴を始められます。キャンセルも、モバイル環境ですぐできます。このように、サービス面的なファンクションに対してのテクノロジーにも常に投資をしています。

品田:「ポーズ」しなくても、複数のスポーツを1年中楽しむような視聴スタイルが今後、広まるといいですよね。例えば、今話題のテニスプレーヤー、大坂なおみ選手がWTAツアーでプレーする様子も、DAZNでは見られます。WTAの放映を決めたのは、大坂選手の活躍を見越してのことだったんですか?

ラシュトン:そうです、と言いたいところですが、実際は運が良かった結果です。大坂選手に注目が集まる以前から、我々は女子プロテニスを本当に愛してきましたので、放映ラインナップに入れていました。WTAは今、日本ではDAZN独占です。新しいスポーツジャンルのファンを獲得できている良い例だと思います。

品田:世界的なスポーツの盛り上がりという意味では、今年はサッカーのワールドカップがあり、2019年はラグビーワールドカップ、2020年は東京五輪です。どういう取り組みを考えていますか?

ラシュトン:残念ながら、放映権を現在は持っていません。だからといって、スポーツファンが集う大きなお祭りごとのストーリーの中に我々が入るべきではないとも思わないです。例えば、代表チーム結成の裏側や、知られざるヒストリーなどをテーマに、オリジナルドキュメンタリーといった独自番組を作ることで、盛り上がりに一役買えるのではないか、と考えています。

品田:最後に、今後の目標をお聞かせください。獲得すべき新たなマーケットはどこですか?

ラシュトン:この2年間でDAZNというビジネスモデルが非常に有効であると分かりました。今後、いつどこで何カ国オープン、というのは、非常に申し上げにくいのですが、何カ国かでの展開を目指します。Jリーグのように、今まで日本のマーケット、日本のファンのみに向けて放映していたものを、海外市場に向けて放映することも視野に入れています。

現在、みなさんにお見せできているのは氷山の一角に過ぎません。これまでの投資や開発の結果、ようやく少しずつ形としてお見せできるようになってきました。もう少ししたら、もっと面白いことが見えてきますので、楽しみにしてください。

品田:ではその時を楽しみにしています。

ラシュトン:私が品田さんにお約束した以上、現場は絶対にやらなくてはいけないですね(笑)。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/179/1052703/040300055/?P=3
4:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:23:49.23 ID:qUim2tLk0.net
>Jリーグのように、今まで日本のマーケット、日本のファンのみに向けて放映していたものを、
>海外市場に向けて放映することも視野に入れています。



進撃のDAZN
進撃のJリーグ
17:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:29:19.06 ID:xVvWq4u10.net
最初から投資したかね回収できんのかと思ったが、一強になりつつあるやんけ。やるな
19:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:29:44.61 ID:m+FxWKcP0.net
おい
来年もブンデスやれよ
25:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:32:35.66 ID:dy0YalmB0.net
ちょっと高いかなぁ
他に加入してるの
・アマゾンプライム(3900年間)
・Netflix(650月額)
だから、別物と分かっていてもそう感じちゃうわ
31:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:35:02.39 ID:HT5mzRwP0.net
DAZNは何で遅延なくせないの?
クラブ公式のゴールツイートのほうが1分以上速いんだけど
34:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:36:17.18 ID:reMvYxKP0.net
>>31
インターネット使ったライブ配信はどうしても遅延はでるものだぞ
35:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:36:36.35 ID:TziA27Al0.net
Netflix、DAZN、Amazonプライム
この3つで死角はない
43:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:40:56.18 ID:MaGcd6qY0.net
遅延なんとかしたら最強なんだが
48:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:42:44.61 ID:cOa1bUO20.net
孫って何でサッカーに目を付けないんだ、三木谷とかサッカー市場のスポンサーで楽天の名前売ってるのに
54:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:44:38.56 ID:K+HPelWF0.net
>>48
ソフトバンク、FIFA新大会を検討する投資家グループに参画-FT
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-12/P73EJF6JTSEB01
56:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:45:03.55 ID:VikdPNai0.net
>>48
孫はもうベッカムのクラブに投資してるし
FIFAの新しい体会にもソフトバンクが投資するかもって話が出てただろ
49:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:42:44.98 ID:ZHbM4dgj0.net
停止したシーンから再開できるようにしろよ
いつまで待たせるんだ?
57:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:45:08.11 ID:5Mb5epSg0.net
>>49
それはやって欲しい
時間覚えるの面倒くさいな
53:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:44:27.95 ID:m9e8BolE0.net
大阪なおみはラッキーだったな
これで一気に200万に近づいた感ある
やっぱ独占は強い
61:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:47:15.41 ID:6rQRsw050.net
残りの1球団はやっぱり巨人だったか
62:名無しさん@恐縮です:2018/04/20(金) 14:48:12.35 ID:5Mb5epSg0.net
巨人、motoGP、ACL全部日テレ案件

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524201747


スポンサーリンク



スポンサーリンク