1:3倍理論 ★:2018/06/12(火) 11:58:01.75 ID:CAP_USER9.net
2018-06-12_15h53_40

求めらえる下の世代の底上げと躍動

ロシア・ワールドカップ初戦のコロンビア戦(19日/サランスク)がいよいよ1週間後に迫ってきた。本日12日15時(日本時間22時)にオーストリア・インスブルックで開催される国際親善試合・パラグアイ戦が本番前最後の重要なテストマッチとなる。対戦相手のパラグアイは、ロシア大会本戦出場を逃がしたものの、FIFAランキングは32位と61位の日本より格上となる。

西野朗監督率いる新体制が本格始動して3週間が経過した。チームの戦い方や方向性が完全に定まったわけではないが、指揮官はあえてこの試合をこれまで控え組だったメンバーのテストに使うことを明言した。そのアプローチには大きなリスクも伴うが、チャンスを与えられる面々にはチームの流れをガラリと変えるようなインパクトを残してもらうしかない。

パラグアイ戦の先発は、GK東口順昭、DFが右から酒井宏樹、植田直通、昌子源、長友佑都、ボランチが右に山口蛍、左に柴崎岳。2列目右は原口元気、同左に乾貴士。トップ下に香川真司、1トップに岡崎慎司という陣容が有力視される。一方で、11日の前日練習では、右サイドバックに遠藤航、左SBに酒井高徳が入り、山口がアンカーに陣取って香川と柴崎がインサイドハーフ、右MFに武藤嘉紀が回るという4-3-3の形もテストされた模様だ。

西野監督がどちらを採用するかは分からないが、フレッシュな面々で臨むことは間違いない。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代からずっと出ずっぱりだったGK川島永嗣、DF吉田麻也、MF長谷部誠といった主軸が不在になることも確実視される。このメンバー構成でどこまで南米の強豪国に迫れるのか。そこは、ロシアW杯後を視野に入れても注目すべき重要ポイントだ。今こそ、若い世代の躍動に大きな期待を寄せたい。

「サブ組で勝てれば、またチームとしてよい競争になる。スタメンで出ていた選手たち含めて(チーム全体が)ピリッとした雰囲気で練習に臨めるようになるかもしれない。チームを引き締めるきっかけになる気がする」と、2016年リオデジャネイロ五輪世代のリーダーである遠藤は語気を強める。

下からの底上げがなければ、チームはいつまでも活性化されない。2010年南アフリカ大会経験者が5人、2014年ブラジル大会経験者が11人、平均年齢28.3歳という実績重視の現代表に新たな風を吹かせる意味でも、彼ら若手世代には何らかの存在感を示してもらう必要がある。

パラグアイ戦の先発予想メンバーで言えば、最終ラインを統率するであろう昌子と植田、司令塔役を担う柴崎らがそこに該当する。とりわけ、センターバックの2人はロシアを含め、近い将来の日本代表を担っていく必要がある。それだけの能力と存在感をここで発揮できれば、吉田や槙野智章らアラサー世代へのさらなる刺激にもなるだろう。彼らに何らかのアクシデントが起きないとも限らない。今こそ底力を示すべき時だ。

スポンサーリンク


おすすめ記事


スポンサーリンク


2:3倍理論 ★:2018/06/12(火) 11:58:20.92 ID:CAP_USER9.net
立ち返るは原点。ボールへの激しさ

「まずはボールへの激しさ。相手に負けないように入りからやっていかないといけない。パラグアイはチームとして前から激しく行っていると映像を見て思ったし、そこで負けていたら話にならない」。植田は神妙な面持ちで語る。そういった「デュエル」の部分は、ハリル体制の頃に比べると明らかに下降線をたどっていると言わざるを得ない。

「今はボールを奪いに行くというより、人についてる感じだと思う。相手をサイドに追いやっても、結局そこに立っているだけ。やっぱりボールにアプローチしていかないと好きにやられる。人に行くことに対しては、ここ2試合は前ほどできていないのかな」。ハリル時代、レギュラーを担っていた山口蛍は問題点をズバリ指摘する。

植田や昌子、山口、原口などはハードワークを前面に押し出してデュエルで戦える選手。彼らが率先してパラグアイからボールを奪取し、攻めの起点を作れれば、最前線に陣取る岡崎の裏への飛び出し、トップ下・香川の創造性も生きてくる。乾の推進力もより発揮できる可能性が高まる。

「後ろの選手は失点したら話にならない。0-0でずっと試合を進めていけるかは大きなテーマになってくる」(山口)だけに、今度こそは行くところと引くところを明確に判断し、失点を許さない強固な守備を作り上げるところからしっかりとやっていくべきだ。

走ること、戦うことがあってこその「戦術」

そのうえで、西野体制初ゴールを早く奪いたい。日本は、5月30日のガーナ戦、6月8日のスイス戦をともに0-2で落としている 。2試合無得点という結果から見ても、「いかにしてゴールを奪うか」は非常に難易度の高いテーマだ。

西野監督は前日会見で、「アタッキングサードに入る回数はスイスよりも多かったし、クロスもスイスより多く20本以上は上げていたが、タイミングが合っていない状況だった」と課題を口にした。しかし、世界レベルになれば屈強なセンターバックの陣取るチームが多く、イージーなクロスを上げているだけでは得点にはつながらない。180cmそこそこの大迫勇也や武藤、170cm台の岡崎に競り勝てと言っても無理な話だ。だからこそ、日本は動き出しの速さや走力、運動量で相手を凌駕していく必要がある。

「第一に走ること、戦うことを前提として戦術を言わないといけない」とは大迫の言葉だ。

西野体制移行後、どういう戦い方をしていくべきかに気を取られ、そのための話し合いに時間を費やした結果、日本は一番大事な「走る」「泥臭く戦う」といった原点を忘れがちになっていた。そこを取り戻さない限り、本大会でサプライズを起こすのは不可能だ。

8年前の南アフリカ大会で日本は対戦相手の3カ国より足で稼ぐ戦いができた。泥臭く走り、体を張り、だからこそグループ1位通過を果たせた。その成功例をパラグアイ戦で再現できれば、1週間後の大一番に希望が見えてくる。

前日会見で西野監督は日本で代表人気が盛り下がっていることを知らない様子だった。

ここで再び敗れるようなことがあれば、本当に日本中に絶望感が漂いかねない。最悪のシナリオを阻止すべく、出番を与えられた選手たちには強くこだわってほしい。タフでアグレッシブな戦いを見せること。泥臭く戦い抜き、勝利をつかむこと。そういった姿は、見るもの心を打つはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00010000-goal-socc&p=2
3:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 11:58:37.00 ID:Am4q0Q9i0.net
ハリルの原点
7:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:00:58.24 ID:12jH6Mef0.net
ハードワークはいいけどデュエルしたら負けちゃう選手たちにデュエルしろ言うてもな
必要なのはデュエル負けるの前提のカバーリング体制じゃないの
9:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:03:26.56 ID:HDRz43fu0.net
ハリルが正しかったって、はっきり分かんだね
11:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:05:01.51 ID:t/S04TlQ0.net
あれハリルでよかったんじゃね
12:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:05:07.50 ID:Hqjf+bzC0.net
>>1
結局ハリルサッカーしか日本代表の打開策は無いという・・・
16:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:07:24.55 ID:7/y0KJWM0.net
縦に早いサッカーやろうぜ!
27:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:14:16.87 ID:63C89KNc0.net
ハリルのやり方でいきます言いそうになる選手がでてきそうだな
36:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:22:21.99 ID:kwARqZYC0.net
岡田も日本人にはハードワークしかないんだって言ってたわ。
44:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:35:30.68 ID:q7K+K3MX0.net
それって、ハリル…
45:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:35:51.13 ID:/1ceGJOX0.net
クロスの本数では勝ちかw
49:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:39:44.00 ID:TS99v7gT0.net
ハリル関係なく当たり前のこと
52:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:41:29.06 ID:/+qm4wP40.net
パスサッカーでもハードワークとデュエルは成り立つしね
62:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:48:05.34 ID:k+Vma2OG0.net
>>52
ハードワークを口にするのがハリル時代からいた奴らで
中心にいる本田や西野は必要性を感じてないというのがね
本当にコミュニケーションとれてんのか
55:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:44:21.24 ID:MbE6YuaC0.net
これ当たり前のこと

ハリルみたいに選手のフィジカル頼りのバカ戦術を肯定する材料にはならないから勘違いするなよ?
60:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 12:47:21.21 ID:ZRsyt9oC0.net
>>55
現日本代表は当たり前とは考えてないから、こういう評論が出るんだろ
76:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 13:04:16.34 ID:BAXc/bUT0.net
ハードワークなら尚更若手の方がよくないか?チャレンジしない30分でへたるプロ達より
103:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 13:35:06.22 ID:JNOPF+Yo0.net
そのデュエルで圧倒的に負けてる現実を見ろや
146:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 15:05:04.78 ID:qW8CL5yg0.net
>>103
デュエルで負けてもいい。まったくやらないよりはな。
まったくデュエルすら試みないとしよう。相手は距離つめてパスカットに
チャレンジすればいいだけなので、非常に楽。
111:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 13:44:23.55 ID:PFIlSfzu0.net
どーせ本番になって切羽詰まったら突然パワープレーとかやり出すからw
132:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 14:15:39.81 ID:3uiqiUIa0.net
玉際の弱い強豪国など存在しないからな
どんなサッカーをするにしろ必須のスキル
別に100%当たり勝てなんて話ではない
152:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 15:12:12.46 ID:bQJAgO1M0.net
ハリール!カムバッーーク!
153:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 15:12:44.03 ID:QITBzRFg0.net
出来立てチーム対決だからいい試合になりそう(´・ω・ `)
156:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 15:19:30.00 ID:2buENhwl0.net
香川乾岡崎原口の前線なら何か面白くなりそうな気がする
いい方に転ぶか悪い方に転ぶかはわからんw

1トップ岡崎より岡崎香川の2シャドーがいいと思うけど
158:名無しさん@恐縮です:2018/06/12(火) 15:24:56.52 ID:0RM2b99S0.net
控えのGKも試すのか
川島はなんかおかしいしこのまま正GK交代でもええで

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528772281


スポンサーリンク



スポンサーリンク