1:春の呪い ★:2018/08/30(木) 18:30:37.71 ID:CAP_USER9.net
グループステージ敗退という格好で今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)から去った前大会王者のドイツ代表。ヨアヒム・レーブ監督は29日に開かれた記者会見で、主な敗因に自身の戦術アプローチを挙げた。

2014年のブラジル大会では世界王者に輝いたドイツだが、ロシアではメキシコとの初戦を0-1で落とすと、スウェーデンには2-1で勝つも、グループステージ最終節の韓国戦は0-2と敗れて、まさかのグループステージ敗退。その直後の数日間は「フラストレーション、失望、怒りの日々だった」と振り返るレーブ監督だが、「勝利するときと同様、失敗でも原因は一つだけではない」と語りながら、次のように自身の見解を述べた。

「我々は特に2010年大会、2014年大会と過去のW杯、そして今回のW杯をもう一度細かく分析し、データを照らし合わせた。2010年の大会では堅い守備、コンパクトさを象徴するチームで臨み、特に数々のスピーディーなカウンターにより準決勝まで勝ち上がり、良い大会を過ごせた。もちろん、それからも常に発展を続け、2014年は優勝を成し遂げている。今年は、2014年の結果としてポゼッション、相手を完全に圧倒することで勝利を収めようとするチームとなっていた」

レーブ監督の考えでは、2014年大会を制したことで、プレースタイルを変えざるを得なかったようだ。

「すべてのデータにおいて一つの事柄が明かされる。2014年はすべてに関してバランスが取れていたことだ。2014年以降、2018年に向けてポゼッションにおいて発展をせざるを得なかった理由は2014年大会にある。何故なら、そこから相手はより引いて守るようになったからだ。ブラジルでのブラジル戦(7-1でドイツが勝利)が影響し、常に守備に人数をかける相手と対戦することになったんだ」

「今回のW杯は以前の大会に比べて守備が最大限に重視される大会だった。ほぼ全チームは3人のアタッカーのみでプレーし、カウンター攻撃が非常に重視されるようになったんだ。以前と比べてはるかにたくさんのゴールはカウンターやセットプレーから生まれた」

「ということはポゼッションサッカーの時代が終わったのだろうか」と取材陣に問いかけ、次のように続けた。

「ドイツではバイエルン・ミュンヘン、フランスではパリ・サンジェルマン、スペインではバルセロナ、イングランドではマンチェスター・シティがそれぞれ高いポゼッション率を維持しながら、非常に攻撃的なプレーを見せるチームだ。だが、チャンピオンズリーグ(CL)で3連覇を成し遂げているのはレアル・マドリーという少しばかりか異なるスタイルのチーム。ポゼッションはリーグといった長期に渡ったコンペティションでは今後も重要であり続けるだろうが、CLやW杯などKOトーナメント式の大会ではスタイルを工夫しなければいけなくなる」

「私の最大の誤認識、最大の過ちは、相手を圧倒するサッカー、ポゼッションサッカーで、少なくともグループステージを突破できると考えたことだ。だが、そのようなプレーを実践するためには、すべての条件が揃う必要がある。高いリスクを冒すため、すべてがフィットしなければいけなるなる。だが、それら条件は揃わなかったんだ。傲慢だったとも言えるだろう。私はそのアプローチを極めて、(そのシステムを)さらに完璧にしたかった。より安定感のある安全なプレーに向けて、チームを準備しなければいけなかったね」

戦術面でのバランスの傾きを主な敗因に挙げるレーブ監督。チームマネジャーのオリバー・ビアホフ氏とともに登壇し、2時間近くの会見では、さらに敗退につながったもう一つの要因として、「情熱を掻き立て、試合ごとにその熱気が増していかなければいけないが、今大会ではチームに新たな刺激を与えること、新たな火を起こして大きな炎を掻き立てることができなかった」とも認めている。しかし、今後については「戦略面でのバランスが整え、情熱もまた吹き込むことができれば、とても良い基盤となるだろう」と前向きな姿勢も示し、チームの立て直しへの意気込みをうかがわせた。
2018-08-30_19h45_02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000004-goal-socc

スポンサーリンク


おすすめ記事


スポンサーリンク


4:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:36:22.53 ID:Ws+OJUb30.net
敗因分析して公表をするのはええね
5:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:36:28.31 ID:FIJeXf3l0.net
これだけ分析できているなら大丈夫
近い将来王者に返り咲くだろう
6:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:37:11.08 ID:bGGkqLQD0.net
>>1
確かに強いところはカウンターとセットプレーばっかだったな。
11:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:39:58.51 ID:C9n3/vZj0.net
鼻くそほじりすぎた
18:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:42:46.70 ID:wXrVD0kO0.net
選手たちが徹夜でゲームやって寝不足だったんだろ
19:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:43:16.34 ID:8G9e8XyO0.net
仕掛ける気がなかったように見えたが
20:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:44:18.98 ID:ZHHn/pl70.net
敗因をしっかり分析して振り返るのはさすがだな
23:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:46:52.09 ID:RQ3iqoSk0.net
ワールドカップ1度優勝しただけでも十分だろ
24:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:48:08.14 ID:riG7GceV0.net
あれでクビにならないってドイツ人の心つかみまくってんだな
死にかけてたドイツから一時代築いた功績ってことなんかな
25:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:48:33.97 ID:drji77770.net
ドイツ選手のヤル気の無さは異常だったね
人種や宗教の問題で内部分裂してたのが原因ですかね
27:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:51:01.65 ID:snvLe55l0.net
スペインもドイツも単純に前線の能力不足なんだけどな
28:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:53:04.95 ID:Mz3JN9nW0.net
何か分かったような分からないような…
単に監督が長期すぎてマンネリ化しただけと思うけど、まぁユーロで事実は分かる
29:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:53:35.19 ID:KRyD0gD40.net
組織力が大事なスタイルなのに統率が取れてなかった
31:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 18:58:28.05 ID:nU9RC8Io0.net
そだねー
33:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:00:46.22 ID:VOocOAbc0.net
連動性が欠けていた印象。チームとして機能していなかった。
35:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:03:18.41 ID:65/DfHtX0.net
敗因は極端にやる気なかったエジル使ったことだろ
勝ったスウェ戦はエジル外してたんだし
39:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:05:42.08 ID:E7GNtwHu0.net
こういう分析をして会見を開いて公表する事にまず驚きと尊敬するわ
今回の結果は良かったかも知れないけど2014年日本サッカー協会は何をした?ベルギー戦について日本サッカー協会は何を学んだ?
46:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:07:59.44 ID:1BajGHpx0.net
カウンターこそがサッカーの華。
退屈なポゼッション重視のサッカーは
もはやアンチフットボールと化す。
47:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:08:46.39 ID:sHjpvBOl0.net
日本の監督の総括はポーランド戦後悔してるだけ?
55:名無しさん@恐縮です:2018/08/30(木) 19:30:02.48 ID:v/rJcZGX0.net
初戦でメキシコと当たったことが全てだろうな
ピークを初戦に持ってて是が非でも勝ちたかったメキシコと
ピークを決勝トーナメントにもってたドイツ
メキシコはドイツに勝った瞬間、何人か感極まって泣いてたもんな
その違いだろ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535621437


スポンサーリンク



スポンサーリンク