1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/18(木) 12:11:39.63
バルセロナが、久保建英(FC東京/17歳)の復帰を視野に入れているのはほぼ間違いない。

”バルサの機関紙”とも揶揄されるエル・ムンド・デポルティボは、復帰を既定路線として書き立てている。マドリード系のマルカまでが「レアル・マドリードも興味を示している」と伝え、状況を煽っており、風雲急を告げつつある。

久保が18歳になる今年6月、ひとつの結論が出るのだろう。ただし、もし復帰した場合でも、当面はトップチームではない。セカンドチームであるバルサBが主戦場になるだろう。

そもそも、バルサBとはどのような存在なのか。

バルサBは、ラ・マシアと言われるバルサの育成組織の頂点と言えるだろう。ラ・マシアで育った選手たちが最終的に行き着く場所。そこで大人たちを相手にプレーし、試練を受け、「トップチームに昇格できるかどうか」の審判を下される。いわば登竜門。リオネル・メッシもアンドレス・イニエスタも、バルサBでのプレーを経て、トップに定着したのだ。

バルサBは現在、2部B(実質3部)に所属している。昨シーズンまでは2部で戦っていたが、あえなく降格。今シーズンは第33節終了段階で6位と、昇格プレーオフを狙える順位(4位以内)を争っている。

選手構成は基本的に、「U-21バルセロナ」に近い。現在は「ジョゼップ・グアルディオラに近い」と言われる戦術家、ガルシア・ピミエンタ監督が率いている。ピミエンタはラ・マシアで、メッシ、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、セスク・ファブレガス(モナコ)、チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、セルジ・ロベルト(バルセロナ)などを指導してきた実績がある。

現在のメンバーは、2017-18シーズンにUEFAユースリーグ(ユース年代の欧州チャンピオンズリーグ)で優勝した選手が中心。エースは「左利きのイニエスタ」、アレックス・コジャード(19歳)か。左サイドバックのフアン・ミランダ(19歳)は昨年12月、スペイン国王杯でトップデビュー。アンカーのオリオル・ブスケッツ(20歳)はセルヒオ・ブスケッツから後継者に指名され、同じくトップデビュー済み。右サイドバックのムサ・ワゲ(20歳)はセネガル代表としてロシアW杯に出場、日本戦で得点を記録した。

そして来季は、久保と同年代の選手たちがバルサBに昇格する予定と言われる。デポルティボ・ラ・コルーニャで活躍した元スペイン代表フラン・ゴンサレスの息子、ニコ・ゴンサレスなどは、すでにバルサBでデビュー。ちなみに彼らもUEFAユースリーグで準決勝に進出し、連覇に挑んでいる。
 
久保の復帰に向け、これ以上のタイミングはないだろう。
2019-04-18_12h44_46
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00010000-sportiva-socc
4/18(木) 6:20配信

スポンサーリンク


おすすめ記事




3: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:12:34.94
しかし、在籍選手はまるでサバイバルゲームのように入れ替わる。つまり、1シーズンで結果を叩き出さなければ、お払い箱に。バルサでプレーする望みはほぼ断たれる。下からの突き上げは激しい。各年代にメッシ、イニエスタ、ブスケッツの”二世”がいるのだ。

たとえば15歳には、オランダでメッシ二世として騒がれたシャビ・シモンスがいる。16歳には、ギニアビサウから来た移民の子で爆発的なスピードを誇る”アフリカのメッシ”アンス・ファティがいる。そして17歳には、ボールを自在に操るハイチ系アメリカ人で”次世代のメッシ”コンラッド・デ・ラ・プエンテがいる。各国から、選りすぐりの選手が集められているのだ。

もし18歳になる久保がバルサに復帰しても、平坦な道はないだろう。実は逆風も吹きつつある。

かつてバルサでは、高い技術とコンビネーションを鍛え上げたメッシ、イニエスタ、シャビ・エルナンデスなど、小柄な選手が目立った。しかし昨今は、フィジカル的なインテンシティも必要とされ、ボールをつなぎ倒すパス戦術は鈍化しつつある。バルサの特殊性は薄れつつあるのだ。

必然的に、ラ・マシアでも選手が大型化している。例えば、ギニア人の16歳MFイライクス・モリバは「ポール・ポグバとヤヤ・トゥーレを合わせたスケール感」と絶賛され、ダイナミックなプレーを得意とする。過去のラ・マシアにはいなかったタイプだろう。3年契約、200万ユーロ(約2億6000万円)で契約を更新し、移籍違約金は1億ユーロ(約130億円)に設定された。

 

4: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:12:57.86
はたして、久保のポジションはどこになるのか。サイドアタッカー、もしくはインサイドハーフ。突破力と得点力を重んじるなら前者だが、昨今のバルサはサイドに爆発的なスピードを持つ選手を置く傾向がある……。

久保はFC東京ではサイドアタッカーだが、インサイドでもプレーできる力を示している。2列目でラインを行き来し、ボールの出し入れ、展開力に鋭さを見せる。ボールを失わず、相手のマークをはがせ、ゴールにも迫れる。

バルサの系譜では、メッシよりもセスク、チアゴ、カルラス・アラニャーに近いか。バルサ出身ではないが、マンチェスター・シティのスペイン代表MFダビド・シルバも同じ匂いがする。

いずれにせよ、厳しい生存競争が待っている。よしんばバルサBで活躍しても、トップでプレーするチケットが手渡されるわけではない。トップで与えられた出場機会で、周りが納得するような爪痕を残せるか――。それは簡単なことではない。

久保がその世界に挑むなら、ロマンを感じる闘争となる。

7: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:14:06.27
カンテラの若手なんかほとんど使ってないもんな





10: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:16:08.58
茨城の道よりマシ

11: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:16:11.76
マラドーナ二世も現れては消え現れては消え

12: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:16:40.41
メッシ13世

13: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:16:44.81
結局、バルサ復帰もレアル行きも夢物語で終わるんだろうな…

18: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:19:10.53
◯◯のメッシ多過ぎワロタ

23: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:23:16.44
メッシってボジョレーヌーボーみたいなものなんだな

28: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:30:13.29
成長したら二世でも何でもなかった奴ばかりだと

30: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:33:08.30
どちらかというとイニエスタだろ

33: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:34:31.39
全くメッシとはスタイルが違うのだが・・・

34: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:34:52.01
マラドーナも二世だらけだったもんな

36: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:35:17.67
オランダのメッシ、アフリカのメッシ、次世代のメッシ
ワロタ

37: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:35:25.30
メッシの大安売りだなw

40: 名無しさん@恐縮です 2019/04/18(木) 12:36:34.35
ブスケツの後継者のブスケツは他人同士

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555557099/ 




スポンサーリンク