1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/30(火) 12:46:07.73
「非常に悔しいです」

ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀は、思わずため息を漏らした。

4月27日に行なわれたブライトン対ニューカッスルのプレミアリーグ第36節で、武藤は6試合連続となるベンチスタートを命じられた。前半33分、その日本代表FWに出番のチャンスがまわってきた。

開始14分の時点で、FWアジョセ・ペレスが負傷。痛みを抱えながらプレーしていたが、33分に交代となった。武藤は14分からウォームアップを開始。ペレスの代わりに投入されると思われたが、ラファエル・ベニテス監督が声をかけたのは、武藤とともにアップを始めていたMFケネディだった。

試合後、「前半にペレスが負傷してチャンスが早めにくるかと思ったが」と記者から質問されると、武藤は短くため息をつき、冒頭の言葉を漏らしたのだった。武藤は静かに語る。

「(ため息)もう......、今日はちょっとわかんないですね。やっぱり、あそこでファーストチョイスじゃなかったというのが非常に悔しいです。『何でかな』という疑問もありますけど、やっぱり監督が決めることなので。とにかく、やっていくしかない」

対戦相手の17位ブライトンは、直近6試合で5敗1分と絶不調。しかも、この6試合はいずれも無得点で、降格の危機に瀕している。

今回のニューカッスル戦でも、前半は攻守両面でまったく噛み合わず、守備陣は寄せもマークも甘かった。「プレミアリーグは結果がすべて」「結果を残さないと序列は変わらない」と常々口にしている武藤にとって、このタイミングで投入されれば、ネットを揺らす絶好のチャンスだった。

それだけに、失望は大きかったようだ。

「今までやったチームのなかで(ブライトンが)一番、力がないように思えました。だからこそ、みんな試合が終わった後は、すごくフラストレーションが溜まっていたというか。雰囲気も悪かった。自分としては、アジョセ(・ペレス)がケガしたときに出られれば最高でしたけど(ため息)。
2019-04-30_14h26_56
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00858690-sportiva-socc
4/30(火) 8:37配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
成績

スポンサーリンク


おすすめ記事




2: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:46:49.34
(記者:前半は相手の守備が緩かった)ゆるゆるでしたね。後半1-0の場面でも、カウンターで味方がフリーになっている場面もあったので、『ここで出られたらなぁ』と思いましたけど。1-1の同点になった瞬間、相手はノリノリになっちゃって。だけど、そこでどうにかしないといけないのかなと思います」

ブライトンが後半30分にクロスボールから同点に追いつくと、息を吹き返した。武藤が投入されたのは、失点から6分後のこと。「上下動しろ」と、ラファエル・ベニテス監督から指示を受け、後半36分から5-4-1の右MFの位置に入った。

残り時間は9分。なんとかして流れを引き寄せたいという思いは、投入直後に「相手DF→GK」の順でパス回しを積極的に追いかけたことでも伝わってきた。

しかし、なかなか好機に絡めない。相手に押し込まれ、武藤も右サイドで守備に回る時間が長かった。武藤としてはゴールがほしい。しかし、チームは劣勢――。ジレンマを抱えながらプレーした。

「(出番は)追い込まれて、押し込まれているときの(ラスト)10分だった。自分たちが点を獲りにいく10分ではなかった。でも、あそこでワンチャンスを決めないと、今の序列は変わらない。非常に......(ため息)難しいかな。今日はフラストレーションが溜まる試合でした。

とにかく『前へ上下動しろ』と言われたけど、もう(味方が)疲れてきてしまっていて、前の選手も力が残っていなかった。加えて、相手の勢いが増していたから、ボールをもらえる回数も少なかった。いつものニューカッスルらしくなかった」

試合は、このまま1-1で終了。3分間のアディショナルタイムと合わせ、武藤は12分間プレーした。
4月1日のアーセナル戦以来となる途中出場となったが、決定的な得点チャンスはなく、ボールタッチも少なかった。武藤の言葉どおり、日本代表FWにとって難しい試合になった。

今シーズンの残り試合はふたつ。次節は優勝争いを演じているリバプール戦だ。負傷したペレスは打撲を負っただけのようで、次節には間に合うかもしれないが、それでも強豪リバプールが相手であるだけに、武藤は気持ちを高めている。

「こういう注目されている試合だったり、大舞台だったりすると、自分もモチベーションが上がる。だからこそ(出番の)チャンスがほしい。リバプールが相手でも点を獲れる自信はあるし、優勝がかかっているところを止められれば、それだけでも目立てると思うので。もうそこしかないかな。どうなるかわからないですけど、とにかくもうやるしかない」

リバプール戦のようなビッグマッチで結果を残すことができれば、来シーズンの起用法にもつながってくる。ブライトン戦で味わった悔しさを胸にしまい、次節リバプール戦に向けて気持ちを切り替えていた。

5: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:50:11.41
素直にドイツにいれば良かったのに

6: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:50:43.70
出場数はそこそこあるんだけど途中出場ばかりで500分くらいしか出てない

8: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:51:09.67
移籍した時は嬉しかったが新城で出られるレベルではない

9: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:52:26.59
監督と合わないのだろ
前に使わない理由に英語力を言い訳にしていたり、それはおかしい

10: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:52:28.66
この世代の日本のアタッカーほんとサッカー脳が無い

16: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:56:50.32
>>10
サッカー脳とかいうよくわからんものがあった世代を教えてくれ





11: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:53:33.43
実力不足なんじゃないの?

12: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:54:04.69
ロンドン補強してたから武藤の出番は無くなると思ってたけど速攻で見切り付けられててわろた

13: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:54:13.84
もっと落ち着け

15: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:55:30.43
レベル高いリーグに移籍しても
試合に出れないんだったら意味がない


失敗例

22: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:58:44.76
武藤は視野が狭いからな

23: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 12:58:51.21
チャンス貰えるだけいい方だぞ
プレミアは競争が厳しいからスタメンは難しい

26: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:02:08.95
似たようなことばっか言ってるな

29: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:06:48.82
点に絡めない攻撃の選手は要らない

30: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:07:06.28
デ・ヘアから点取れていい思い出になっただろ
もう日本に帰るかドイツに戻れ

35: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:11:39.48
ブンデス出るのが早すぎた
大迫なんかより、はるかに得点も得点率も高かったのにもったいない

39: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:21:46.41
ブンデスならサイドでも充分やれるけど、プレミアでは流石に無理

40: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:25:48.75
マンU戦の1点だけでどうしてそこまで偉そうにできるの?
武藤が出場しなくなってからチームは持ち直したわけだし
本当ならベンチ外になっても文句は言えないはず

41: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 13:27:19.66
ちょっと意気込みすぎて焦ってるんでないの
余計視野狭くなるぞ

47: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 14:09:06.11
語学は大事

49: 名無しさん@恐縮です 2019/04/30(火) 14:13:00.34
使われなかったら「なぜ使われないのか分からない。フラストレーションがたまる。」みたいなことしか言わないし、こんなに応援しづらい選手はマジで初めて見るわ

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556595967/ 




スポンサーリンク