1: Egg ★ 2020/01/27(月) 21:58:01.20
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリアラジオ『TMW Radio』のインタビューに応じ、セリエAなどについて語った。

過去にユヴェントスやインテルなどビッグクラブの指揮官を歴任し、ミランではスクデットを獲得した経験を持つザッケローニ氏。そんなザック氏が今シーズンのセリエAにおける優勝争いについて自身の見解を示した。

「ユーヴェが本命であることに変わりはない。ナポリが途中で脱落し、インテルもポイントを取りこぼし始めた。ラツィオはコッパ・イタリアから敗退。期待に応えることができなかったが、素晴らしい成績を残す可能性はある。それでもユーヴェが他のどのチームよりも実力がある。ただカルチョには不確定要素がつきまとう。サプライズが起きるかもしれないね。ユーヴェの覇権が終わることで、リーグにより関心が寄せられるようになるだろう」

「インテルについては現在、中盤の選手の得点が少ないように思う。(アシュリー)ヤングや(ヴィクター)モーゼスを獲得し、両サイドの補強に努めている。(アントニオ)コンテはチェルシー時代にもモーゼスを配下に持ったが、あの時はスペースがなかった。これからモーゼスが貪欲な姿勢で実力を示すことができるか見守りたい。ファンは一定のレベルの選手を待ち望んでいる。素晴らしい貢献ができると良いね。セリエAは再び世界で最難関リーグになったのではないかと思う」

続いてザッケローニ氏は、低迷していたミランに変革をもたらした新加入のFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて言及。38歳のスウェーデン人FWを絶賛した。

「リーダーシップを発揮し、チームに平静をもたらした。イブラは偉大なプロフェッショナルだ。かつてのような運動量はないが、決定力は健在だ。彼がバロンドールを受賞したことがないなんて恥ずべきこと。行く先々で優勝した選手であり、重要な局面で均衡を動かすことができるという点では、(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドにも勝る。彼ほど何度も移籍を経験し、様々なリーグで優勝を重ねてきた選手はいない。スペインは最も難しいリーグではない。イタリアには他にはない戦術という要素がある。C・ロナウドはやって来たばかりだが、イブラはここで長年プレーし、優勝してきた」

1/27(月) 19:42配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010029-goal-socc
no title

スポンサーリンク


おすすめ記事






2: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 21:58:37.93
ねーよ

3: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 21:59:05.65
またCLで勝ったらな

4: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 21:59:18.29
いやプレミアだろ
昨シーズンのCLELの勝ち上がり見ろやハゲ

5: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:00:22.42
それはない

7: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:00:30.10
あっちでもイブラと呼ばれるのか

9: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:02:50.18
イブラやべえゴールチャンス外してたぞwww
本田がタイ戦でやったくらいやばいやつ

10: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:04:54.32
ローマとナポリに専スタあれば盛り上がるんだがな

16: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:24:23.96
セリエAが世界最難関かどうかは知らないが
Jリーグがそうなればいいですね^_^

18: 名無しさん@恐縮です 2020/01/27(月) 22:27:17.87
相変わらず弁が立つな
よくイタリアメディアからインタビューされる理由がわかる

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1580129881/




スポンサーリンク