海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014年05月

    BomFwt-CYAAuinA
    ミランの新たな指揮官はフィリッポ・インザーギ監督になるようだ。シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長とアドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は26日、オーナーの自宅アルコレで会議を行った。そこに、インザーギ監督もいたのだ。選択がなされたことの証だろう。
     
    そもそも、唯一と言える真の競争相手だったセビージャのウナイ・エメリ監督は、この日の午後にクラブとの契約延長に応じることを伝えており、“レース”から身を引いていたのだ。

    インザーギ監督はガッリアーニ代表取締役とともに、20時54分(現地時間)に到着し、会議は0時に終わった。誰もコメントは残しておらず、正式発表はまだなされていない。だが、もはやプリマヴェーラ(ユース)からインザーギ監督をトップチームへ昇格させるのは確実だ。

    つまり、クラレンス・セードルフ監督の時代はわずか4カ月で終わるということである。同監督は1月15日に就任し、最後に指揮を執ったのは今月18日のサッスオーロ戦。2年半の契約を結んだものの、後半戦で勝ち点35、ヨーロッパリーグ出場権獲得に迫るという結果は、クラブに続投を納得させるに不十分だった。
     
    マッシミリアーノ・アッレグリ氏の後任としてセードルフ監督を望んだのは、ベルルスコーニ名誉会長だった。彼が、ガッリアーニ氏の同意を受けてアッレグリ氏を解任したのだ。ガッリアーニ氏はセードルフ監督と良い関係にはなかった。

    だがこれから、ミランは契約解消の可能性など、セードルフ監督と“離婚”の方法を決めていかなければいけない。

    インザーギ監督については、再び経験のない指揮官をダメにしてしまう恐れから慎重論があった。ベルルスコーニ名誉会長が欧州での選挙が終わるのを待っていたこともある。実際、25日の夜にはすぐにガッリアーニ代表取締役と会っていた。

    それから24時間、“サミット”のメンバーにはインザーギ監督も加わった。契約について話すため、そしてもちろん、新たなミランをいかにつくるかを話し合うためだ。あとは、正式発表を待つのみである。
    http://news.livedoor.com/article/detail/8872390/
    続きを読む

    2014-05-27_08h07_23
    26日に行われた国際親善試合でベルギーはルクセンブルクと対戦し、5ー1で勝利した。

    開始3分、ベルギーは高い位置でのボール奪取からフェライニのパスを受けたルカクが幸先良くゴールネットを揺らすと、その後もエースが好調をアピール。13分に同点弾を許したが、23分と54分にもルカクがゴールを挙げ、ハットトリックを達成した。

    71分にシャドリの鮮やかなゴールで3点差としたベルギーは、終盤にデ・ブルイネのPKで締めくくり、5ー1で大勝。後半にはジャヌザイのデビューもあり、本番に向けて着々と準備を進めている。

    ワールドカップでグループHのベルギーは、アルジェリア、ロシア、韓国と同組。同日の国際親善試合でロシアはスロバキアに1ー0で勝利している。
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140527-00000036-goal-socc
    続きを読む

    2014-05-27_07h50_43
    「キリンチャレンジカップ、日本-キプロス」(27日、埼玉)

     サッカーのW杯ブラジル大会に臨む日本代表は26日、試合会場となる埼玉スタジアムで約1時間の公式練習を行い、27日のキプロス戦に向けて最終調整を行った。

     W杯に向け、連日の2部練習で体をいじめ抜いた指宿合宿を経て臨むキプロス戦。FW香川が「これだけ追い込んで代表で試合をするのは初めて」と話すよう に、疲労困憊(こんぱい)の中での試合となるが、ザッケローニ監督(61)は「フィジカルのキレや輝きは求められないが、判断力、頭のキレを求めたい」 と、体の重さをカバーする“頭脳プレー”を求めた。

     すべてはタフな環境で行われるW杯本大会を見据えてのこと。強豪国と渡り合うためには、疲労を抱えた中でも質を落とさないプレーが求められる。「W杯初 戦に100%を合わせられるように、逆算してプログラミングしている。この状態でどんなプレーができるのか情報を集めたい」と、狙いを説明した。

     「W杯では我々よりも質の高いチームがいる。だが、どんなチームにも次の3つの要素がそろってないと我々には簡単に勝てないと言いたい。インテンシティ(激しさ)と、クオリティ(質)とメンタリティ(精神力)だ」。大一番を見据え、実り多き国内最終戦にしてみせる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000017-dal-socc
    続きを読む

    2014-05-26_23h18_51
    チェルシーのオスカルとPSG移籍が決まったダビド・ルイスがリビングルームでシャンデリアを
    気にしながらサッカーテニス対決をしますが、最後はシャンデリアを破壊して終了w



    続きを読む

    2014-05-26_20h58_10
    香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド

    「ファンも期待してくれていると思うし、それに応えられるように結果を残す。W杯でもみんなに応援してもらえるようなサッカーを見せたい。コンディション的にはハードな中での試合だが、そんな中でもどこまでできるか。しっかりと準備したい。

    (背番号10をつけるが)特別に感じるし、それはどのクラブ、世界のどこでも一緒。それはすごくやりがいを感じることなので、そこで結果を残す選手が世界 のベストプレーヤーだと思う。そういったプレッシャーの中で自分もしっかりとやっていかなければいけないし、それを背負うことができるのは感謝している し、誇りに思う。

    (キプロスは仮想ギリシャのイメージがあるが)いろいろなイメージがあると思う。僕たちはどんな相手であれ、自分たちのサッカーをやる。良いイメージを残して、良いイメージを共有して結果を残したい。

    (伸長の大きな相手との対戦だが)自分のスタイルは動いて戦っていくスタイルだし、それは日本代表でも同じ。日本の良さである俊敏性であったり、連動性などすべてが必要になってくると思う」
    http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140526-00000009-spnavi-socc
    続きを読む

    d57d0fad56a39239202b4ab599e33b36

    ワールドカップ(W杯)を前に、ドイツ代表に悩みの種だ。くだらない話で、注目度を上げてしまった。

    ドイツ代表は離脱したラース・ベンダーの他、数名の負傷者を抱えている。そうしたことで頭がいっぱいのヨアヒム・レーブ監督に、また嫌なニュースが届いた。

    選手の一人が、未明のホテルで放尿したというのだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

    犯人はドルトムントMFケビン・グロスクロイツだ。犯行時刻は5月18日、場所はベルリン市内のホテルだという。

    前日の17日に、ドルトムントはDFBポカール決勝をバイエルン・ミュンヘンと戦った。ぶっちぎりでのリーグ戦優勝を決められた相手とのタイトルが懸かった一戦に、グロスクロイツらは並々ならぬ意欲で臨んだ。そして0-2で敗れた。

    悔しさと悲しさにまみれたグロスクロイツは、ナイトクラブに繰り出したらしい。そして明け方にホテルに戻るとロビーで他の宿泊客と言い争いになり、苛立ったグロスクロイツはその場に怒りと尿をぶちまけたというのだ。

    グロスクロイツは「僕は試合後、本当に苛ついていた。僕らはとても綿密にプランを立てていて、本当にこのトロフィーを勝ち取りたかった。記憶がないんだ。申し訳ない」と謝罪している。

    レーブ監督からは、当然お叱りの言葉を受けたという。その謝罪の気持ちと罪滅ぼしは今や、ブラジルの地で示すしかない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140526-00010000-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ