海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014年09月

    2014-09-01_03h16_33
    【スコア】
    ミラン 3-1 ラツィオ

    【得点者】
    1-0 7分 本田圭佑(ミラン)
    2-0 56分 サリー・ムンタリ(ミラン)
    3-0 64分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
    3-1 67分 オウンゴール(ラツィオ)

    セリエA第1節が31日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランとラツィオが対戦した。本田は3トップの右で先発出場した。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00227355-soccerk-socc
    続きを読む


    2014-09-01_02h11_45
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 01:03:55.52 ID:???0.net
    バーゼル柿谷が今季2点目!!ヤングボーイズ久保との日本人対決を制す
    ゲキサカ 9月1日(月)0時57分配信

    [8.31 スイス・スーパーリーグ第7節 バーゼル3-1ヤングボーイズ]

     スイス・スーパーリーグは31日、第7節を3試合行った。日本代表FW柿谷曜一朗の所属するバーゼルはホームでFW久保裕也の所属するヤングボーイズと対戦し、3-1で勝利した。

    柿谷と久保は共にベンチスタート。柿谷は後半20分から途中出場し、同36分に今季リーグ戦2点目を挙げて、勝利に貢献した。一方の久保は後半41分から途中出場した。 開始早々の前半3分、バーゼルが試合を動かす。

    右クロスをFWシュケルツェン・ガシが右PA内にフリーで走り込んだFWデルリス・ゴンサレスに頭で落とす。これをゴンサレスが落ち着いてニアに右足で流し込み、先制点を挙げた。

    一方のヤングボーイズは、ミドルシュートを積極的に放つなど反撃に出る。前半19分、CKの流れから左クロスをファーサイドのDFグレゴリー・ビュトリヒが頭で中央に折り返し、DFアラン・ロシャがダイビングヘッド。決定機だったが、至近距離でGKトマーシュ・バツリークに阻まれ、同点とはならなかった。
     
    すると、前半20分にバーゼルがショートカウンターから追加点を挙げる。FWシュケルツェン・ガシが中央突破からスルーパス。これに反応したFWマルコ・シュトレラーが左足で右サイドネットに突き刺し、2-0とした。しかし、ヤングボーイズも同32分にFWサムエル・アフムの左クロスをMFラファエル・ヌゾロが頭で押し込み、1-2で再び1点差とし、前半を折り返した。
     
    後半はヤングボーイズが前線から積極的に守備を行い、試合の主導権を握る。すると同16分、相手DFの裏に出たボールにヌゾロが反応し、飛び出したGKバツリークに倒されて、PKを獲得。
    しかし、MFミラン・ガイッチがゴール正面を狙ったボールをGKバツリークに止められ、またもヤングボーイズは同点の機会を逃した。
     
    バーゼルは後半20分にガシに代えて柿谷を投入。同23分、左PA内でパスを受けた柿谷が中央に切り返して右足を振り抜く。これは相手DFの左足に当たったが、GKの頭上を越えてゴールへ飛んでいく。このボールをゴール直前でゴンサレスが頭で押し込み、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。
     
    柿谷の今季2点目は幻に終わったかと思われたが、後半36分、相手のクリアミスで右サイドを抜け出したゴンサレスがドリブルでPA内に侵入。相手DFをかわし、GKを引きつけて中央に折り返す。これを走り込んだ柿谷が無人のゴールに右足で押し込んで、3-1とダメを押した。試合は、このまま3-1で終了。バーゼルは連勝、ヤングボーイズは4試合ぶりの黒星を喫した。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00138727-gekisaka-socc

     バーゼル 3-1 ヤングボーイズ
    1-0 D. Gonzalez(前4分)
    2-0 M. Streller(前20分)
    2-1 R. Nuzzolo(前32分)
    3-1 柿谷曜一朗(後36分)
    ◇ バーゼルの柿谷曜一朗は後半20分から途中出場
      ヤングボーイズの久保裕也は後半41分から途中出場

    http://int.soccerway.com/matches/2014/08/31/switzerland/super-league/fc-basel/bsc-young-boys-bern/1695175/?ICID=HP_MS_369_03
    順位表
    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/classif.cgi?swiss&1415&140830

    スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/swiss
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1409501035/

    続きを読む

    2014-09-01_00h45_09
    ドルトムントは31日、マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司を獲得したと発表した。契約期間は2018年6月までの4年。移籍金は明らかになっていない。

     ドルトムントのスポーツ・ディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏は、「香川復帰の可能性はこの数日間で生まれた。当然、我々は彼の持つ大きなクオリティを、再びチームに加えることを決断したよ」と喜びのコメントを残している。

     2010年夏にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した香川は、早々にチームにフィット。チームは同シーズン、9年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、香川 は2011年1月のアジアカップで負傷したため、優勝を決めた試合には出場できなかったが、最終節には復帰。リーグ戦18試合出場で8得点を記録した。

     翌シーズンは中心選手としてリーグ戦31試合出場で13得点。チームはリーグ戦連覇を決めるとともに、カップ戦との国内二冠を達成した。2012年夏、 マンチェスター・Uへ移籍金1600万ユーロ(推定)で加入。初年度はリーグ戦20試合出場で6得点を挙げ、日本人初となるプレミアリーグ制覇を経験し た。しかし、翌シーズンはデイヴィッド・モイーズ体制下のチームの中で出場機会が低下。公式戦で無得点に終わった。今シーズンもルイス・ファン・ハール新 監督の下、出場機会を失っていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00226537-soccerk-socc
    続きを読む

    2014-09-01_00h31_37

    【スコア】
    マインツ 0-0 ハノーファー
     

    ブンデスリーガ第2節が31日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツと、同MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファーが対戦。岡崎は1トップ、清武はトップ下、酒井は右サイドバックでそれぞれ先発出場した。

     開幕戦でバーダーボルンと対戦したマインツは、岡崎が先制点を挙げる活躍を見せたが、2-2の引き分けに終わり、ホームでのリーグ戦初勝利に気合いが入る。対するハノーファーは、DF内田篤人所属のシャルケと対戦。2-1の逆転勝利を収めている。

    詳しい試合内容は↓のリンク先で

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140901-00227342-soccerk-socc
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ