海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014年10月


    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/31(金) 21:38:28.33 ID:???0.net
    ACミランに内紛!? 

    FWパッツィーニの妻シルビアさんが、インザギ監督に対する不満を自身のインスタグラムにぶちまけた。

    「平均してたったの3・8分で、どうやって優秀な選手かどうか言えるというの」と夫の出場時間が短いというグチを書き込むと、メディアも一斉に取り上げて問題に。

    これに対してガリアーニ副会長は、すぐにパッツィーニに電話。「信頼している」と話して事態を収拾したという。

    2014年10月31日18時38分
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20141031-1390068.html

    写真
    no title
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414759108/


    続きを読む

    E383ADE382A4E382B9E381A8E9A699E5B79D-51689

     ドルトムントに所属するFWマルコ・ロイスの争奪戦が激化の一途をたどっている。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が30日付で報じている。

     ロイスは、ドルトムントから移籍する際には1970万ユーロ(約27億5000万円)のリリース条項があるという。ドイツでも屈指のアタッカーが30億円以下で獲得できるとあれば、バイエルン・ミュンヘンが関心を示すことは当然と言える。

     実際、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「彼が高いクオリティーを持っていることは知っている」とし、「リリース条項は知っているし、我々は彼のようなドイツの若い選手に興味がある」と明かしている。

     また、ロイスは2017年6月30日までとなっている現在の契約を更新しない意思をクラブに伝えたとされている。

     この状況にプレミアリーグからも熱い視線が注がれており、中でもマンチェスター・ユナイテッドとリバプールが獲得に強い興味を示しているようだ。

     ユナイテッドは、今夏の移籍市場でも獲得の噂が囁かれていたが、ここに来て関心をより高めている。

     今季は負傷によって出遅れたものの、現在は戦列復帰して公式戦2戦連続得点中のロイス。香川真司とのコンビネーションも深まってきており、新たな相棒として期待が高まっているが、その関係も1シーズンで終りを告げるのだろうか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/9420700/


    続きを読む

    100r1111
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/31(金) 06:27:50.35 ID:???0.net
    元マンチェスターU監督のデービッド・モイズ氏(51)が、Rソシエダード(スペイン)の監督になる可能性があると、英ミラー紙(電子版)が報じた。

    4月にマンUを解雇された同氏は現時点でどこのクラブにも所属していない。

    現在、アラサテ監督(36)が指揮するRソシエダードはリーグ戦9戦で1勝3分け5敗の17位と低迷中。欧州リーグも予選敗退となっており、解任は時間の問題とみられている。

    スペインのラジオ局「コペ」によると、アラサテ監督が11月1日のマラガ戦で満足な結果を残せなかった場合、クラブは指揮官をモイズ氏にバトンタッチさせるかもしれないという。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20141030-1389581.html
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414704470/

    続きを読む

     日本代表FW本田圭佑が所属するミランは30日、MFリッカルド・モントリーヴォのけい骨骨折が完治し、間もなくチームの練習に復帰することをクラブ公式サイトで明らかにした。

     ミランは、モントリーヴォの手術を行った医師2人の診察により、同選手の負傷箇所が完治したとの検査結果を発表。さらに、モントリーヴォがチームのトレーニングに加わる前段階にあることを併せて伝えている。

     モントリーヴォは今年5月、アイルランド代表との国際親善試合でけい骨を骨折。ブラジル・ワールドカップの欠場を余儀なくされ、これまで復帰に向けたリハビリを続けていた。
    2014-10-31_14h24_41
    http://news.livedoor.com/article/detail/9419209/
    続きを読む

    2014-10-31_13h23_36
    続きを読む


    2014-10-30_23h22_15
     シャルケは30日、DF内田篤人と新契約を締結したと発表した。契約期間は2018年6月30日まで。

     今シーズン終了時に契約が満了するため、去就が注目されていた内田はシャルケとの契約延長を選択。内田は、「シャルケはファンも最高で、ここ数年間いつも僕のことを支えてくれた特別なクラブです」とシャルケへの想いを明かし、合意に至ったことを喜んだ。

     契約を満了すれば、8シーズンに渡りシャルケに在籍することとなる内田は、「また3年間、ファンのみなさんの信頼に応えて、良いプレーをしていきたい」と意気込みを語っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9417279/
    続きを読む

    4551-26115829
    1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2014/10/30(木) 21:38:00.61 ID:???0.net
    総額約150億円の大型補強をしながら、3勝5分け1敗の5位とスタートダッシュに失敗したアーセナルの周辺が騒がしい。

     英タブロイド紙が報じているのは、今シーズン終了後の政権交代の可能性で、アーセン・ヴェンゲル監督に代わる後任監督の具体的な名前も伝えている。

     無冠に終わり、かつチャンピオンズ・リーグの出場権(4位以内)も逃した場合、ヴェンゲルは辞任。現在、カルロ・アンチェロッティ監督の下でレアル・マドリーのアシスタントコーチを務めるポール・クレメントに指揮権を譲ることで、ヴェンゲルも合意したという。

     イングランド人のクレメントは、チェルシーの育成部門でコーチのキャリアを始めた人物で、アンチェロッティがチェルシーのトップチームを率いた時にアシスタントコーチに抜擢され、以後、パリSG、R・マドリーとイタリア人指揮官に従い補佐官を務めている。

     一方、約60億円の移籍金で加入した今シーズンの補強の目玉、アレクシス・サンチェスがチームに対して不満を募らせていると伝えたのは、チリの『ラ・テルセラ』紙だ。チームメイト、とくにメスト・エジルの貢献度の低さに苛立っているという。

     17年連続チャンピオンズ・リーグ出場中と、最後にはきっちりと帳尻を合わせるのがヴェンゲルの真骨頂だが、19年目を迎えた長期政権の行く末が気になるところだ。

    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=6020
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414672680/


    続きを読む

    no title
    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/10/30(木) 19:02:20.27 ID:???0.net
    【イタリア・ミラノ29日(日本時間30日)発】
    日本代表FW本田圭佑(28)のACミランが、アウェーでのカリャリ戦で1―1と引き分けた。2試合連続ドローで得点に絡めなかった本田だが、ある“リベンジ”には王手をかけている。

    本田はこの日も3トップの右FWとしてフル出場。得点には絡めなかったものの、前半5分にはFKからゴール正面にクロスを上げ、FWデヨングが頭で合わせるなど見せ場は作った。後半10分にもFWシャーラウィのシュートを引き出すなど、2試合連続のフル出場で存在感は示した。

    ここまで9試合で6得点。昨季まで酷評していた地元メディアや評論家たちは手のひら返しで称賛の声を送っている。

    それでも本田を徹底批判していた元クロアチア代表MFズボニミール・ボバン氏(46)だけはいまだに沈黙を守ったままだ。

    地元記者から「あとはボバンだけだな」という声も聞かれるように、イタリアテレビ局「スカイ」で解説者を務める超大物の発言に注目が集まっている。

    というのも、ボバン氏は本田のミランデビュー戦となった1月のサッスオーロ戦こそ「すばらしいシュートを持つ危険な選手だ」と褒めたが、その後は一貫して酷評。

    「ベンチにも入れないレベルの選手。イタリアに適応することはないし、どんなに練習しても、これからうまくなる望みもない」と一刀両断していた。

    ボバン氏と同じように本田を批判していたミランOBで元イタリア代表DFアレサンドロ・コスタクルタ氏(48)をはじめ多くの解説者が、今季の活躍を受けて「すばらしい」と態度を一変するなか、気難しい性格で知られるボバン氏は、今季の本田について、まだ見解を明かしていない。

    そこで地元記者たちもボバン氏が「いつ称賛に転じるのか?」と熱視線を送っている。“最後の大物”が称賛に転じた時、本田は糾弾された昨季の悪夢を完全に払拭するはずだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9415778/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1414663340/

    続きを読む

    B1HgQ0bCIAAbzJq


    続きを読む

    2014-10-30_17h43_26
     DFBポカール(ドイツ国内杯)は29日、各地で2回戦2日目を行い、ベスト16が出そろった。2連覇中の王者バイエルンは敵地でハンブルガーSVと対戦し、3-1で勝利した。故障から復帰後公式戦初先発となったMFフランク・リベリもゴールを挙げたが、終了間際に思わぬトラブルに巻き込まれた。

      “完全復帰”となった一戦でゴールも決めたリベリ。しかし、試合終了間際にアクシデントが発生。ピッチへ乱入したハンブルガーSVのサポーターが、一目散 にリベリの元へ駆け寄るとマフラーでフランス代表MFの顔を叩いたのだ。さらには怒りながら近づくリベリを煽るように、両手の中指を立てた。その後、乱入 した男は2人の警備員によって取り押さえられ、ピッチから連れ出された。

    全文は↓のリンク先で
    http://news.livedoor.com/article/detail/9415638/
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ