海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014年11月


    2014-10-27_07h51_13
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 19:40:18.51 ID:???0.net
    指揮官の決断は

     ACミランの日本代表FW本田圭佑が、30日の本拠地ウディネーゼ戦で先発復帰する可能性が浮上した。イタリア地元紙「トゥット・スポルト」が不発続きのFWフェルナンド・トーレスをベンチに下げて、本田を起用する従来型のシステムに戻す動きが出ていると報じた。

     同紙は、ゴールを生み出せないスペイン人ストライカーに厳しい意見を投げかけた。

    「監督は、トーレスが今季1点しか決めていないことをとがめてはいないが、ミランの戦術にまだ溶け込んでいない。ゲームオーバーだ。トーレスに与えられた猶予は終了した。ダービーでも失望させるプレーだった」

     しかし、記事には続きがある。今季チェルシーから2年間の期限付き移籍で加入したトーレスだけでなく、周囲が決定的なパスを供給できていない現実も指摘している。

    「彼だけのせいではない。それは明らかだ。凡庸で勇気をしぼませるような試合で、有効なボールはほとんどこのFWに届かなかった。次のウディネーゼ戦もホームのミランサポーターの前で試合をするが、(監督は)トーレスを外す可能性がある」

     インザーギ監督は、ダービー後の記者会見で不発のトーレスを完全擁護した。だが、指揮官には、新たなアイデアが求められているという。

    「パッツィーニをまた復活させるか、開幕直後のメネズを“偽の9番”として起用する戦術にするのか。そうすれば、サポーターたちのトーレスへの抗議を回避することができる。メネズを1トップにして、本田とエルシャラウィの戦術に戻すにしても、金曜日にベルルスコーニ会長がくるときに、インザーギ監督が彼の新たなアイデアを伝えることになる」

     FWジャンパウロ・パッツィーニの抜てきか、本田、メネズ、エルシャラウィという従来型の3トップに戻すのか。いずれにしてもインザーギ監督は現場介入の激しい元イタリア首相のオーナーが寵愛(ちょうあい)するトーレスを外すには、戦術変更を報告する必要があるという。

     今季6得点2アシストの本田は、5試合連続で沈黙しているが、ウディネーゼ戦で再び先発に名を連ねることになるかもしれない。

    11月25日(火)19時24分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141125-00010008-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416912018/


    続きを読む


    mmkyodo_wc2014_PK2014062499546002_BI_JPG_00
    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 15:41:20.84 ID:???0.net
    (一部抜粋)

    「本田は本来なら10番のポジションがベスト」

    ――このプレーに関しては、例えば左サイドだとシュートを狙う形には繋がりません。

    「だから僕は右サイドにいるんだ。モダンサッカーの主流もそうなっている。サイドからのクロスを持ち味にするウインガーもまだいるけれど、もはや求められるものはそれだけではなくなった。ウインガーにもゴールが必要になったんだ。ただ、僕も常に100%中に行くわけじゃない。縦に抜いてクロスというプレーも、ゼロではない」

    ――最近では、逆足で中央へ切り込み、得点を狙わせようとする監督は多い。

    バイエルンもそうだし、他のクラブもそう。サッカー界のこの流れは、僕にとっては大きなアドバンテージだった。

    ――ちなみに現在の日本代表も、左利きの本田圭佑を3トップの右に配しています。

    「本田はVVVでプレーしていたときから知っているけど、ボールが収まるし、シュートも持っている。本来なら10番のポジションがベストだと思うけど、ミランでも得点を重ねているように、彼の得点能力を活かそうとしているんだろう。彼はプレーメイカータイプで、スピードがあるわけじゃないから1対1で相手を抜くのは難しいかもしれない。しかし右を起点にパスで崩したり、エリア内に入ったりと、レフティならではのプレーがあの位置ではできる」

    グアルディオラ就任は向かい風かと思われたが。

    ウインガーとしてのロッベンの存在感がここ数年で強まっている要因は、指揮官ジョゼップ・グアルディオラにもある。グアルディオラの就任が発表された当初、世間の反応は「ロッベンにとっては難しいものになる」というものばかりだった。ロッベンはエゴイストだからペップの哲学に合わない、と。しかし新たな指揮官は、初めての対話でロッベンの心を掴んだという。「あれはイタリアでのプレシーズン合宿中のことだった。初めて1対1で話したときだ。会話の内容は、戦術や今後の方向性のことじゃなかった。彼はこう言った。『人生を楽しむんだ、お前がハッピーでいることが何よりも大事なんだ、サッカーを楽しもうじゃないか』とね。強い印象を受けた。30を超えて、まだ成長できているのは彼のおかげでもある」

    (全文)
    http://number.bunshun.jp/articles/-/822147
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416897680/


    続きを読む


    E38399E382A4E38
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 10:58:57.23 ID:???0.net
    レアル・マドリードに所属するガレス・ベイルは、スペインの首都で幸せに生活している。

    ベイルは入団して1年目でチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの決勝で得点を奪い、主役としてタイトル獲得に貢献。今シーズンも負傷はあったが、チームは絶好調だ。彼が幸せな理由はサッカーだけではない。スペインの食事も彼を幸福にしている。

    ベイルはスペインの生ハムであるハモン・イベリコ、ハモン・セラーノにはまっていることを告白した。ユーロスポーツが伝えている。 

    イギリス紙『デイリー・テレグラフ』のインタビューに応じたベイルはこう語っている。

    「僕たちは紅茶やチョコレートはイングランドから取り寄せているけど、スペインでもとてもおいしい食べ物を発見したんだ」

    ベイルがスペインの食べ物の中で特にお気に入りのが生ハムだという。彼は中毒であることを認めた。「僕は生ハムにとりつかれているんだ。イングランドに戻る時に、大好きだから、多くの生ハムを送ってもらうように頼んでいるんだ」

    とはいえ、好きな物ばかりを食べているわけではない。一流のアスリートだ。食事には気を遣っている。ベイルは栄養の摂取を管理するため、イングランドから専任のコックを連れてきている。

    「コックは野菜、フルーツ、肉など栄養摂取に適した食材であるか、買う時に注意を払い、僕らに的確な調理の仕方で食事を用意してくれるんだ」

    11月25日(火)10時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00253253-soccerk-socc

    ガレス・ベイル
    http://www.realmadrid.com/ja/football/squad/gareth-bale

    写真
    http://www.realmadrid.com/cs/Satellite?blobcol=urldata&blobheader=image%2Fjpeg&blobkey=id&blobtable=MungoBlobs&blobwhere=1203349758686&ssbinary=true
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416880737/


    続きを読む


    2014-11-24_07h08_24
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 10:24:59.40 ID:???0.net
    インテルとミランが対戦するミラノダービーが現地時間23日に行なわれ、インテルのDF長友佑都はフル出場を果たした。同点ゴールの起点となったクロスを送るなど攻守に貢献した同選手だが、試合後の伊紙の評価は低かった。

    イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のオンラインTV『ガッサ・オフサイド』では、インテルファンが同紙の採点に抗議。長友の評価点5.5は低すぎるとして、理由の説明を求めた。

    採点を担当したセバスティアーノ・ヴェルナッザは失点の原因となってしまったことが評価点を下げた要因であることを明かした。同氏は長友のパフォーマンスは悪くなかったとしながらも、「ジェレミー・メネズによるミランの先制シーンでは、他のインテルのDFと同じくボールウォッチャーになってしまいましたね」と語っている。

    「ミランのFWステファン・エル・シャーラウィのマークを外し、守備陣に穴を開けてしまいました。同じ理由でアンドレア・ラノッキアにも5.5をつけています」

     長友の採点については、イタリア国内でも評価が別れており話題を読んでいた。『コリエレ・デッロ・スポルト』は6.5と高評価を下し、『トゥット・スポルト』では6と及第点とみなしている。

    全体のパフォーマンスは悪くなかった長友だが、失点シーンの対応で評価が別れてしまった形だ。

    2014年11月25日 7時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9503509/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416878699/

    続きを読む

    2014-11-25_10h44_39


    続きを読む

    クロップ監督
    1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 00:05:01.36 ID:???0.net
    クロップ監督、リバプールの指揮官に?

    スポーツ報知 11月24日(月)23時53分配信

    イングランド・プレミアリーグのリバプールが次期監督候補にドルトムント(ドイツ)を率いるユルゲン・クロップ監督(47)をリストアップしている。英紙「デイリー・エクスプレス」が24日、報じた。

    リバプールは23日のリーグ、クリスタルパレス戦で1―3と敗戦。12試合を終えて4勝2分け6敗の勝ち点14で12位に低迷。首位のチェルシーとはすでに勝ち点差18となっている。

    欧州チャンピオンズリーグで1次リーグ敗退が決まったら、ブレンダン・ロジャーズ(41)が解任されると報じられている。その際に後任の最有力候補としてクロップ監督がリストアップされているようだ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141124-00000272-sph-socc

    関連スレ
    【サッカー】ドルトムントのクロップ監督、将来はプレミア指揮希望「私はドイツの次に働くなら、イングランドだ」©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1416612796/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416841501/


    続きを読む


    2014-10-27_12h39_42
    1: プーアル ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 20:34:55.85 ID:???0.net
    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーを放出し、パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表エディンソン・カバーニとバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーの獲得を画策しようとしている。英地元紙「インディペンデント」が報じた。

     ファン・ペルシーとマンUの間には、4年間の契約満了を迎えた場合、成果報酬として1000万ポンド(約18億円)が支払われる契約が結ばれているようだ。だが、今季平凡なプレーに終始していることで、クラブ側はカバーニとミュラーへの投資を考慮し始めているというのだ。

     オランダ代表FWも、自身のパフォーマンスが低下していることを認めている。

    「9試合3ゴールは十分ではない。チェルシー戦での絶好機に、私は3つのオプションを持っていた。チップキック。周囲を使う。そして、キーパーに向かって真っすぐ力強いシュートを打つ。結局、私は最もセーフティーな最後の選択肢を選んだ。しかし、もしも私に自信が備わっていたら、チップキックを選択していただろう。私は、もう一度自分の直観を信じなければならない」

     記事で引用されたデータによると、今季リーグ戦で3得点を記録しているのは35人いる。だが、その中でマンUのエースは、シュート数に対してゴール成功率が最も低い13.6%と、不名誉な数値を残している。

     ファン・ペルシーには、違約金2400万ポンド(約44億円)に加え、4年間の給料を合わせた6400万ポンド(約118億円)が支払われている。その相当額に見合った働きをしているのか。前取締役のデイビット・ヒル氏を含めたクラブ側は、それを疑問に感じていると伝えられている。プレミアリーグで2度の得点王に輝いたオランダ人ストライカーの周囲がにわかに騒がしくなり始めた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141123-00010004-soccermzw-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416828895/


    続きを読む

    2014-11-24_10h27_22
    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 09:55:17.72 ID:???0.net
    日本人対決実現も本田「スタメンで出たかった」…5戦不発は「実力ですよね」
    14/11/24 07:42
    [11.23 セリエA第12節 ミラン1-1インテル]

     日本代表MF本田圭佑の所属するミランはDF長友佑都の所属するインテルと対戦し、1-1で引き分けた。フル出場した長友に対し、本田は後半27分から途中出場。通算211回目の伝統の一戦で、初の日本人対決が実現した。

     今季初のベンチスタートとなった本田に出番が回ってきたのは後半27分。FWフェルナンド・トーレスと交代で入ると、3トップの右に入って攻撃を活性化させた。同32分にはエリア内で切り込んで左足を振り抜く。シュートはGKの正面を突いてしまったが、積極的なプレーを見せた。

     しかし試合後の本田に満足する様子は見られなかった。「前の4試合で結果を残せなかったことでレギュラー落ちしたということに尽きる。僕自身、最近のパフォーマンスが低調だったということを受け入れないといけないと思っています。今日に関しても少ないチャンスをものにするべきだった。本当のスターというのは一本のシュートをすぐに決めることが出来るんじゃないかなと思うので、反省しないといけない。結果を出さないと、このクラブでレギュラーで居続けることは出来ないので、危機感は常に持っています」。

     注目された日本人対決が実現したことについては「本当であれば、両方スタメンで出たかった。それでも日本人のサッカーファンにとっては、盛り上がってくれたんじゃないかなと。盛り上がってくれたなら、サッカー選手として嬉しいことですし。次はスタメンで出れるように、しっかり準備したい」と話した。

     開幕7試合で6ゴールと、得点を量産した本田だが、ここに来て5試合連続無得点と、勢いが影を潜めている。これについては「実力ですよね、これが」とキッパリ。「最初は警戒されてなくて、ここで警戒されて、左足をどう防いだらいいかを研究されれば、結果が出せない。ただそれを上回らないと、自分の思っているところに到達出来ない。そのためにはこういう失敗を繰り返して、トライし続けることが何より大事なんじゃないかなと。違う選択肢を選ぶことも出来るんですけど、それは求めていない。もう少し、先にビジョンを描いているつもりです」と冷静に捕えた。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?152222-152222-fl
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1416790517/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ