海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2014年12月


    2014111800634
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 07:19:52.39 ID:???0.net
    日本代表のハビエル・アギーレ監督(55)が、1~6年の職務停止処分になる可能性があると11月29日付メキシコ紙バンガルディアなどが報じた。

    八百長行為への関与が認められた場合、最長4年の懲役刑が科されるが、最低でも職務停止処分になるとの法律家の見解を紹介。「有罪判決ならアギーレは日本代表監督のポストを降りることになるだろう」と伝えている。

    同28日付スペイン紙マルカによると、2011年5月のスペインリーグ最終節・レバンテ-サラゴサで不正があったとして、スペイン検察庁が関係者30人以上を1日にも起訴する方針だという。

    同紙は、その中に当時サラゴサを率いていたアギーレ監督が含まれているとしている。現在、欧州に滞在中のアギーレ監督は日本協会側に「大丈夫」と伝えているようだが、来年1月のアジア杯などへの影響も懸念される。

    12月1日(月)7時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00000012-sanspo-socc

    メキシコ各メディア

    Posible inhabilitacion para Javier Aguirre de uno a seis anos
    http://www.aztecadeportes.com/notas/futbol-internacional/2014-11-28-11-08/posible-inhabilitacion-para-javier-aguirre-de-uno-a-seis-anios/

    Vendria lo peor, Aguirre podria ser inhabilitado
    http://estoenlinea.oem.com.mx/38888-vendria-lo-peor-aguirre-podria-ser-inhabilitado/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417385992/


    続きを読む

    2014-12-01_03h50_46
    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 03:26:51.07 ID:???0.net
    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第13節

     フランクフルト 2-0 ドルトムント
    1-0 アレクサンデル・マイアー(前5分)
    2-0 ハリス・セフェロヴィッチ(後33分)
    ◇ フランクフルトの長谷部誠はフル出場
      乾貴士は先発し後半アディショナルタイムの前までプレー
      ドルトムントの香川真司は先発し後半29分までプレー
      丸岡満はベンチ入りせず

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627054
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2014-15/13/2407342/livematch_eintracht-frankfurt-32_borussia-dortmund-17.html
    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56

    ミスから自滅のドルトムントが最下位転落…香川は途中交代
    ゲキサカ 12月1日(月)3時21分配信

    [11.30 ブンデスリーガ第13節 フランクフルト2-0ドルトムント]
     ブンデスリーガは30日、第13節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でMF長谷部誠、MF乾貴士の所属するフランクフルトと対戦し、0-2で敗れ、最下位に転落した。香川、長谷部、乾の日本人3選手がそろって先発した一戦。香川は後半29分、乾は後半45分までプレーし、長谷部はフル出場した。

     負ければ最下位転落となるドルトムントだが、立ち上がり早々に失点する苦しい展開となった。フランクフルトは前半5分、自陣からのDFマルコ・ルスのクリア性のロングフィードにFWアレクサンダー・マイヤーが抜け出し、右足で先制点。マイヤーは今季8ゴール目となり、得点ランキングでも単独トップに立った。

     いきなりリードを奪われたドルトムントも前半7分、カウンターから香川がドリブルで中央を持ち上がり、MFヘンリク・ムヒタリアンにスルーパス。決定的な形をつくったが、ムヒタリアンのシュートはGKの好守に阻まれた。同24分にはFWピエール・エメリク・オーバメヤンのシュートをGKが弾いたところにMFケビン・グロスクロイツが詰めたが、シュートは左ポストを直撃。最後の決め手を欠き、同点ゴールを奪えなかった。

     ドルトムントはDFルーカス・ピシュチェクが右太腿裏を痛めて前半38分にFWアドリアン・ラモスと交代するアクシデント。グロスクロイツが右SBに下がって対応した。1点ビハインドで折り返した後半6分にはオーバメヤンのスルーパスにラモスが抜け出すが、左足のシュートはGKがビッグセーブ。その後も押し込みながら、1点が遠かった。

     後半29分には香川、MFセバスティアン・ケールを下げ、MFイルカイ・ギュンドガンとMFミロシュ・ヨイッチを投入。2人を同時交代し、交代枠を使い切った。ところが、そのわずか4分後にまさかのミスから追加点を許した。

     フランクフルトはマイヤーが前線にロングボールを入れると、GKロマン・バイデンフェラーがゴールを空けて前に飛び出したが、DFマティアス・ギンターがヘディングでバックパスしたボールがズレてしまい、ゴール前を転々とするボールをFWハリス・セフェロビッチが左足で無人のゴールに押し込んだ。GKとDFの連係ミスで痛恨の失点。0-2の零封負けで3試合ぶりの黒星となり、ついに最下位に転落した。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00232127-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417372011/


    続きを読む


    99: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 01:04:06.16 ID:D6u6eOhy0.net
    エッシェンの顔キャプ職人はよ

    109: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 01:04:43.10 ID:sLwrB3hs0.net
    >>99
    ( ゚д゚ )

    124: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 01:05:30.31 ID:H3CwlfAD0.net
    >>99
    しょうがないにゃあ
    no title
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417363096/


    続きを読む

    1: はぶたえ川 ’ー’川φ ★@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 00:58:16.47 ID:???0.net
    14/15 イタリア セリエA 第13節

     ミラン 2-0 ウディネーゼ
    ■ ウディネーゼ、マウリツィオ・ドミッツィが一発レッドで退場(後17分)
    1-0 ジェレミ・メネズ(後20分)PK
    ■ ミラン、ミカエル・エッシェンがイエロー2枚目で退場(後26分)
    2-0 ジェレミ・メネズ(後30分)
    ◇ ミランの本田圭佑は先発し後半37分までプレー

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634842
    http://www.raisport.rai.it/dl/raiSport/speciali/live/calcio/live.shtml?slug=milan_udinese_20141130&comp=serie_a&year=2015
    先発フォーメーション図
    no title

    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=53

    本田が決勝PKを獲得、ミランは6試合ぶり勝利
    ゲキサカ 12月1日(月)0時52分配信

    [11.30 セリエA第13節 ミラン2-0ウディネーゼ]
     セリエAは11月30日、第30節を行った。日本代表MF本田圭佑の所属する ミランはホームでウディネーゼと対戦し、2-0で勝利した。ミランは10月19日のベローナ戦以来、6試合ぶりの勝ち点3を手にした。

     前節、初の日本人対決が実現するなど、注目を集めたミラノダービーを1-1で引き分けたミラン。しかしここ5戦未勝利と、足踏みが続いている。連敗こそないが、11月を未勝利で終えるわけにはいかない。ミラノダービーで今季初のベンチスタートとなっていた本田だが、1節で先発に復帰。今期の定位置、右FWで出場した。

     前半から本田、FWジェレミー・メネズを中心にミランが攻めた。9分には本田のパスからメネズがシュートを放つが、DFに阻まれてしまう。同17分にはセットプレーからDFアディル・ラミがヘディングシュート。しかしこれもGKにライン上で弾き出され、先制点とはならなかった。

     試合が進んでもミランが攻勢を続ける。だが39分の本田の落としから放ったメネズのシュートはわずかに枠左。同43分にはメネズのクロスに本田が飛び込むが、わずかに合わない。同アディショナルタイムにも本田がボレーシュートを狙うが、GKの正面を突いてしまった。

     後半に入るとややウディネーゼの時間帯が続いたが、徐々にミランが盛り返すと、迎えた後半17分、左クロスのこぼれ球に反応した本田がエリア内で倒されPKを獲得。このプレーでウディネーゼDFマウリツィオ・ドミッツィは一発退場となった。本田が獲得したPKだが、メネズが蹴り込み、ミランに先制点が入った。

     しかしミランも後半25分、MFマイケル・エッシェンが2枚目のイエローカードを貰ってしまい、再び戦いは10人対10人に。だが後半30分、メネズが左サイドからエリア内にドリブルで駆け上がると、そのまま右足シュート。豪快なシュートがゴールネットに突き刺さり、勝利を決定づける追加点が生まれた。

     積極的に攻撃に絡んだ本田だが、結局この日もゴールを挙げることは出来ず、後半37分にお役御免。6試合ぶりの勝利に貢献したが、本田自身は6試合連続不発となった。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00231974-gekisaka-socc
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1417363096/


    続きを読む

    ↑このページのトップヘ