海外サッカー日本人選手速報 WORLD SAMURAI

海外で活躍している日本人選手の情報を中心にお届けします

    2015年01月

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 16:19:14.73 ID:???0.net
    本田圭佑が所属するミランは、24日のセリエA第20節、敵地でのラツィオ戦に1-3と敗れ、フィリッポ・インザーギ監督に解任の可能性が浮上していることが分かった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

    ミランは後半戦初戦のラツィオ戦で、FWジェレミー・メネズのゴールで先制したものの、その後はラツィオに一方的に攻め込まれ、1-3と逆転負け。2015年に入って1分け3敗となり、これで1月はセリエAで1度も勝利を収めることができず。1941年以来となる1月の未勝利となっている。

    このため、同紙は、27日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦でミランが敗れれば、インザーギ監督が解任される可能性があると報道。後任にはマウロ・タソッティ、ローマやゼニト指揮官を歴任したルチアーノ・スパレッティの名が候補に挙がっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00275156-soccerk-socc
    SOCCER KING 1月26日(月)13時16分配信
    2015-01-26_16h59_42
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00275156-soccerk-socc.view-000
    ミランを率いるインザーギ監督
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422256754/

     
    続きを読む


    ダウンロード (9)

    1: 浜野Gomez ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 12:00:09.68 ID:???0.net
    1月22日、『Telegraph』は「国際サッカー連盟(FIFA)の大型スポンサーである3社の契約が満了となった」と報じた。

    記事によれば、それらはカストロール(石油会社)、コンチネンタル(タイヤメーカー)、そしてジョンソン&ジョンソン(医療品メーカー)の3社であるとのこと。

    FIFAのスポンサーについては、昨年末に日本の電機メーカーであるソニー、そしてエミレーツ航空の契約が更新されずに満了となっていることが明らかになっている。

    世界的な5企業とのパートナーシップが切れることになったFIFAは、総額でおよそ10億ポンド(およそ1760億円)に及ぶスポンサーフィーを失ったと考えられている。

    これらのスポンサーはビジネス面での判断によって契約が延長されなかったと発表されているものの、近年浮上しているワールドカップ招致をめぐる汚職疑惑が影響したとも伝えられている。

    http://qoly.jp/2015/01/24/fifa-losed-five-big-sponsors
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422241209/

     
    続きを読む

    [1.25 セリエA第20節 インテル0-1トリノ]

     セリエAは25日、第20節を行った。インテルはホームでトリノと対戦し、0-1で敗れた。前節のエンポリ戦で、ロベルト・マンチーニ監督が就任して以降、リーグ戦では初の無得点ゲームを演じていたインテルだが、2試合連続の無得点で、15年初黒星を喫した。
    2015-01-26_02h39_34
    詳しい試合内容はソース元で
    http://news.livedoor.com/article/detail/9713854/

    続きを読む

    461082386-620x455
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 23:39:10.20 ID:???0.net
    進退を懸けて臨むラツィオ戦

    ACミランのフィリッポ・インザーギ監督が、24日の敵地ラツィオ戦で1-3で敗れ、解任危機に立たされていることを認めたと、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

    ミランは元フランス代表ジェレミー・メネズのゴールで先制したが、ラツィオに反撃を受けて逆転負けを喫した。記事では「インザーギ監督は今リスクを迎えた」とし、1941年以来となる一月リーグ戦で勝ち星のない極度の不振から指揮官が就任わずか8カ月での更迭危機に立たされていると伝えられている。監督自身も試合後に去就問題について、「イエス、火曜日の試合は決定的な試合。問題が僕なら、辞任する。だが、このまま前進する」と語っている。

    さらに、記事では「試合後、ロッカールームでミーティングを開いた。クラブは心配している。周りを見始めている…イタリア杯の結果に監督の運命はかかっている」とも報じている。

    そのため、インザーギ監督は、27日のラツィオとのイタリア杯では進退を懸けて臨むことになるようだ。アジアカップで準々決勝UAE戦で敗れ、チームに合流予定の日本代表MF本田圭佑にとっては右ウイングで起用し続けてくれた恩師に報いる最大のチャンスとなりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010005-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 1月25日(日)20時2分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422196750/

     
    続きを読む

    2015-01-25_23h50_48
     豪州で行われているサッカーのアジア杯で準々決勝敗退に終わった日本代表が25日、成田空港に帰国した。日本にとっては96年大会以来19年ぶりとなる8強止まりの屈辱となったが、八百長騒動の渦中にあるハビエル・アギーレ監督(56)は、今後への手応えを口にした。

     「チームの最終結果には悲しみを感じている」としつつ「このチームは4試合とも相手を上回った良いサッカーを見せていた。チームがこの戦いを続ければ、勝つ試合が敗戦よりも多くなるだろう。これで日本が死んだと思われてはいけません。しっかり生きていて、しっかり戦います」と、キッパリ。3月にはJリーグを視察し、若手選手発掘に力を入れることを明言。「Jリーグから今一度、若い選手を呼びたい。代表をリフレッシュさせたい」と話した。

     一方で、一向に収まる気配のない八百長騒動については「(告発の受理については)私もメディアで流れている情報しか知らない。私にも、私の弁護士にも正式には何も届いていない」と、日本協会と同じ見解を示した。
    続きを読む


    no title
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 13:02:23.02 ID:???0.net
    ■南野の技術はチーム内でも頭ひとつ抜きん出ている。

    日本代表がオーストラリアでアジアの頂点を目指して戦っていた一方で、次代の日本を担うと期待されている若き才能はオーストリアで新たな戦いの準備を始めていた。

    U-22日本代表にも選出されている南野拓実がザルツブルクへ渡ってから2週間。彼はいま新天地で何を感じているのだろうか? チームがドバイ合宿へと向かう前にその感触を尋ねておきたかった。

    「(手応えは)感じていますけど、試合になってみないと分からないので、なんとも言えないですね」午前にフィットネス・トレーニングをこなした南野はそう答えた。この言葉の真意はどこにあるのだろうか? 午後に行なわれるチーム練習を見て確かめることにした。

    午後3時、ザルツブルクの選手たちが再びピッチに姿を現わし、チーム練習が始まった。軽くアップを終えると、ペナルティエリア程の広さで20人程の選手が2チームに分かれてボールポゼッション練習が始まった。

    このグリッドは2つに分けられており、選手のグリット間の行き来は禁止。しかしボールはひとつしかないため、片側のグリットの選手たちはボールが逆側のグリットにある間はただそれを眺めているだけだ。

    だがそれにも理由がある。練習の強度が非常に高いのだ。グリッドが小さいため必然的にボールへの寄せは速くなって目まぐるしく攻守が入れ替わり、選手たちは息を突く間もなく動き回らなければならない。

    多くの選手にミスが目立つなか、それでも南野はその高い技術をしっかりと発揮していた。相手の素早い寄せにも慌てずしっかりと相手の動きを見極め、ミスすることなくボールをつないでいく。

    どうやらチーム内でもボールを扱う技術の高さは頭ひとつ抜きん出ているようだ。

    ■すでに“でき上がっている”チームに入り、試合で結果を出せるか。

    これから南野に必要になっていくのはチームに溶け込むこと、そして試合で結果を出すことだ。チームに溶け込むというのは単に新たな環境に慣れ、監督やチームメイトとコミュニケーションを取って周囲からの理解を深めていくことだけではない。

    ザルツブルクは、たった一度の練習を見ただけで明らかなほどアグレッシブなサッカーを展開するチームだ。最後の試合形式の練習で左ウイングの位置に入った南野も前線から積極的にプレスを掛けていき、時折「タクミ、グットだ!」という声が監督から飛ぶこともあった。

    とはいえ、すでにコンセプトに基づいて“でき上がっている”チームに、加入して間もない南野が入れば、そこに綻びが生まれてしまうかもしれない。それは「試合になってみないと分からない」ことだ。いかに南野が技術的に頭ひとつ抜けているとは言え、まずはザルツブルクのサッカーを学び、戦術理解度を高める必要がある。

    だが、これからの練習試合でチャンスを得る機会はあるはずだ。練習を一般見学していた男性の「タクミはスピードがあって良い選手だと思うよ」という印象は誰もが持っており、ファンもすでにその実力を認め始めている。だからこそ南野は、“試合で”その実力をしっかりと示さなければならない。

    南野自身も「練習はあんまり関係ないんでね」と、試合で結果を出していくことの重要性を理解している。

    1月25日(日)12時34分配信  全文
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010003-sdigestw-socc&p=1
    引用元http://r.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422158543/

     
    続きを読む

    E382A2E383B3E38387E383ABE382BDE383B3E3839EE383B3EFBCB5
    1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 18:15:56.56 ID:???0.net
    2015年01月25日 16時00分
     マンチェスター・ユナイテッド史上に残る失敗補強となるか――。“ロナウジーニョ2世”として注目を集めた元ブラジル代表MFアンデルソン(26)がもがき苦しんでいる。今シーズン出場機会を失っているため移籍オファーを待っているが、現状は打診すらないと英メディア「テレグラフ」が報じている。
     
     同メディアは「冬の移籍市場がオープンしてから3週間たつが、ユナイテッドは一つのオファーも受け取っていない」とアンデルソンの市場人気が大幅に下落していると伝えた。
     
     そしてこのままオファーがないようならば「ユナイテッドはアンデルソンが新しいチームを見つけるために、契約解除も検討するだろう」と無償で放出する可能性があると予測。そうなれば「ユナイテッドで最も失敗した補強の一つとして名を残すだろう」と歴史に残る失敗になることを強調した。
     
     アンデルソンは10代で名門マンチェスター・ユナイテッドに2600万ポンド(約46・4億円)で引き抜かれ、将来を嘱望されたタレント。華麗なテクニックと創造性あふれるプレーから元ブラジル代表ロナウジーニョ(34)の後継者として期待されていた。移籍当初はプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇に貢献したが、近年はけがやフォームを崩し出場機会を減らしていった。
     
     2014年の1月にセリエAのフィオレンティーナ(イタリア)にレンタル移籍するも、輝きは取り戻せなかった。今季もファンハール監督の下、開幕から戦力外扱いされ、プレミアリーグでは1試合のみの出場にとどまっている。
     
     ユナイテッドは昨夏250億円ともいわれる大型補強を敢行したとともに、余剰戦力を整理。日本代表MF香川真司(25=ドルトムント)やポルトガル代表MFナニ(28=スポルティング・リスボン)などが放出され、アンデルソンも放出候補となっていたが、話がまとまらずに残留していた。
     
     イングランドでは南米出身の選手は苦戦するといわれるが、アンデルソンはユナイテッドで170試合以上に出場。南米出身の選手としてはクラブ最多記録を保持している。まだまだこれからピークがきてもおかしくない年齢のアンデルソン。再び輝きを取り戻し、本家ロナウジーニョばりの笑顔をピッチで見せられるだろうか。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/359618/
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422177356/

     
    続きを読む


    2015-01-25_13h39_31
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 11:19:54.15 ID:???0.net
    4歳ですでにプロ選手になるという夢を。

    15歳でプロのピッチに立ち、ノルウェー代表デビューを果たした早熟の天才児は、さらに16歳で世界屈指の名門レアル・マドリーと契約――。ノルウェーが生んだ神童、マルティン・ウーデゴーとは、はたして何者なのか。ここに至るまでの足跡を辿る。

    ※ワールドサッカーダイジェスト2015年2月5日号より抜粋して編集。同誌掲載時はレアル・マドリー移籍決定前。

    ――◆――◆――

    Martin ODEGAARD
    マルティン・ウーデゴー/1998年12月17日生まれ、身長176センチ・体重60キロ。ノルウェー代表歴3試合・0得点(2015年1月24日現在)。

    ――◆――◆――
    ノルウェー史上最高のバイアスロン選手として名高いオーレ・アイナル・ビョルダーレンを輩出したドランメン(首都オスロの南西約40キロ)で、マルティン・ウーデゴーは生まれ育った。

    歩きはじめるのとほぼ同時にボールを蹴りはじめ、父ハンス・エリックとともに庭でサッカーをするのが日課だったマルティン少年が、初めてサッカークラブに入ったのは4歳の時。この頃からすでにプロのサッカー選手になるという夢を抱いていたという。10歳の時には、1試合で15ゴールを決めたという逸話も残る。

    愛読書は、ズラタン・イブラヒモビッチの自伝「アイ・アム・ズラタン」。向上心の塊のような性格で、サッカーが上手くなりたい一心で、小さい頃からつねに限界に挑戦してきたという。憧れのリオネル・メッシがリーガ・エスパニョーラで新しいフェイントを披露すれば、すぐさまそれにトライした。

    テレビでサッカーを観はじめた頃は、父親がファンだった影響もありリバプールばかりを応援していたが、画面上でメッシを追いかけるようになってからは、バルセロナが贔屓のクラブに加わった。

    ストレームスゴドセトの下部組織で才能を育んだウーデゴーは、2012年、13歳でトップチームの練習に参加。翌13年にはバイエルンとマンチェスター・ユナイテッドへの短期留学を経験した。

    ストレームスゴドセトのトップチームに昇格したのは、15歳になってすぐの14年1月。4月、15歳と117日でリーグ戦のピッチに立ち、ノルウェーリーグの最年少出場記録を更新すると、そこから次々に最年少記録を塗り替えていく。

    5月、15歳150日でリーグ初得点をマークし、最年少得点記録を更新。
    8月、15歳253日でノルウェー代表にデビュー(UAEとの親善試合)し、最年少デビュー記録を更新。
    10月、15歳300日でEURO2016予選のブルガリア戦に出場し、同予選の最年少出場記録を更新。

    こうして一躍、時の人となったウーデゴーは、欧州のビッグクラブがこぞって触手を伸ばす、移籍市場の超人気銘柄に。春秋制のノルウェーリーグが11月に終了してからは、品定めをするように欧州の各クラブを訪問し、レアル・マドリー、バイエルン、バルセロナ、マンチェスター・U、アーセナル、そしてリバプールの練習に参加している。

    無限の可能性を秘めた驚異のティーンエージャー、それがウーデゴーだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010001-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 1月25日(日)11時0分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422152394/

     
    続きを読む

    2015-01-25_10h37_51
    24日のリーガエスパニョーラ第20節コルドバ戦(2-1)で一発退場となったレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、『ツイッター』を通じて謝罪している。

    C・ロナウドがレッドカードを提示されたのは、1-1の状況で迎えた82分。ポルトガル代表FWは得点を奪えない状況に苛立っていたためか、自身を執拗にマークしていたDFエジマールに対して蹴りを入れ、一発退場を命じられた。

    C・ロナウドはこの件について、3300万人のフォロワーが存在する自身の『ツイッター』アカウントで、次のように記している。

    「今日の試合における自分の軽率な行為について、みんな、特にエジマールに許しを請いたい」

    一方でエジマールは、C・ロナウドの行為を気にしていなかったようだ。同選手は試合直後に、次のように語っていた。

    「何も問題はない。彼のことを許すよ。世界最高の選手と考えている選手と、対立する必要なんてない。熱くなってしてしまったことだと思うし、ただそれだけだ。うまくいかず、少しナーバスになっていたんだろう」
    続きを読む

    no title

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/25(日) 08:42:23.15 ID:???0.net
    FW南野拓実の所属するオーストリア1部のザルツブルクは24日、カタールリーグのアル・スィーリーヤSCとテストマッチを行い6-0で勝利している。

    ザルツブルクは現在カタールでトレーニングキャンプを行っており、カタールでの初の実戦となった。

    南野は先発で出場し、14分にゴールを決めて2試合連続得点となっている。テストマッチで多くの選手を入れ替える中、南野はフル出場した。

    試合後に南野は、公式サイトを通じて「2試合目のテストマッチでもゴールを決められて嬉しい」と喜びを語り、「日に日に良くなっている。チームの連携もピッチ上でも、それ以外でも向上している。とても助けになっている」と、手ごたえを感じているようだ。

    テストマッチとはいえ、実戦を2試合を行い連続得点。先発へ向けて大きなアピールとなっている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150125-00010009-footballc-socc
    フットボールチャンネル 1月25日(日)8時0分配信
    引用元http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1422142943/

     
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ